2013年01月

2013年01月28日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1149信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2013年1月28日(月)    第1149信 ☆
====================================

≪連絡≫『世界キリスト教情報』へのご支援を新年早々お願いしましたところ、
ご理解された方から相次いでお応えいただきました。ありがたく感謝申し上げま
す。今信で、お願いは終了させていただきますが、これからもご芳志はお受けい
たしますので、お志しをお持ちの方のご協力をお待ちしています。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さい。
 ◆三菱東京UFJ銀行 支店番号422 口座番号3811065
 ◆みずほ銀行 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は法人ではありませんので、ご支援いただきましたも
のが主宰者個人の収入になることをご了承願います。また個人の活動ですので、
健康など一身上の事情で休止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支
援いただいても、それが今後の配信をお約束するものではないことをご理解願い
ます。

            = 目 次 =
     ▼カトリック「復帰」にルーテル世界連盟が「懸念」
     ▼ソーシャル・ネットワーク主題の「世界広報の日」教皇メッセージ
     ▼教皇がベトナム共産党書記長と会見
     ▼エジプトでコプト教徒への襲撃が激化
     ▼エルサレムのアルメニア教会に新総主教
     ▼イエスの時代のシナゴーグ発見か
     ▼北朝鮮が統一教会系の米国人に名誉市民証授与
     ▼ポーランドのグレンプ枢機卿死去
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎カトリック「復帰」にルーテル世界連盟が「懸念」

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)教理省長官のゲルハルト・、ミュ
ラー大司教が1月11日、ルーテル派をカトリック教会に「復帰」させるための
『オルディナリアーテ』検討の余地がある、と発言した。これに対しルーテル世
界連盟(LWF)のマルチン・フンヘ総幹事が1月18日、概略次のような懸念
をLWI通信に表明した。
 ルーテル派は、思想、良心、宗教という基本的権利の推進を堅持している。こ
の基本的権利はまた、ルーテル派信徒が、ローマ・カトリック教会に属し、自ら
の信仰をその教会で証ししようと望むなら、その離脱がわたしたちルーテル派に
は苦痛ではあるが、そのような選択をする権利があることを意味している。
 しかしながらLWFは、ルーテル派としての同一性と伝統を維持しつつカトリ
ック教会に属するという、極めて少数のルーテル派の要求に沿うために、カトリ
ック教会内に特別な組織を設立する可能性があるとの情報を、大きな関心をもっ
て受け止めている。
 教派的な固有性を結合するということへの神学的疑問に加えて、LWFの懸念
は、『オルディナリアーテ』のような組織を創設することがエキュメニカル(教
会一致を目指す)運動に深刻な反動をもたらすことになる、という事実に関する
ものである。
 それは、進行中のエキュメニカルな対話の一部である、教会論の諸問題に関し
て一つの理解を作り出そうということへの挑戦でもある。
 2017年の『宗教改革記念』をエキュメニカルな理解と協力という精神で行
おうとしている全世界のLWF加盟教会に対する間違った「合図」ともなろう。


――――――――
◎ソーシャル・ネットワーク主題の「世界広報の日」教皇メッセージ

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は「第47回世界広報の日」のテー
マ『ソーシャル・ネットワーク=真理と信仰の扉、福音宣教の新たな空間』(仮
訳)に関するメッセージを1月24日発表した。
 カトリック教会がジャーナリストの保護者としている聖フランシスコ・サレジ
オの記念日に発表されたメッセージで教皇は、ソーシャル・ネットワークの中に
福音をもたらす必要を強調した。
 ソーシャル・ネットワークは、バランスと尊重、プライバシーへの注意をもっ
てその価値を生かす時、対話を促進し、人々の絆を強めることができると教皇は
指摘、その空間は福音宣教と人間的発展の道具に、また祈りや観想、御言葉をわ
かちあう方法になりうると説き、教皇はソーシャル・メディアにおける信者らの
関心と取り組みを呼びかけた。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、カトリック教会の「世界広報の日」
は、福音宣教の中でも特に新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、映画など広報機関を用
いて行う宣教について、教会全体で考えることを目的としている。典礼暦の聖霊
降臨に先立つ日曜日(2013度は5月12日)を記念日とする国が多いが、日
本では復活節第6主日(5月5日)に記念している。□

――――――――
◎教皇がベトナム共産党書記長と会見

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は1月22日、バチカン(ローマ教
皇庁)を訪問したベトナムのグエン・フー・チョン共産党中央委員会書記長と会
見した。
 同書記長は、バチカン国務長官タルチジオ・ベルトーネ枢機卿、国務省外務局
長ドミニク・マンベルティ大司教とも会談した。ベトナム共産党書記長が、教皇
や国務省高官との会見は今回が初めて。
 教皇と書記長の会見では、ベトナムとバチカンとの間の諸課題が話し合われ、
未解決の問題に対する迅速な解決と、これまでの協力関係の一層の強化で一致し
た。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、バチカンとベトナムの最近の関係発
展は、1990年代にさかのぼる。92年にベトナム政府の宗教委員会使節が初
めてバチカンを訪問。99年、バチカンの使節がハノイへ。以降、ベトナム側か
らは2000年に外相、02年に副首相、05年に再び宗教委員会使節、07年
に首相、09年に国家主席をバチカンに迎えている。バチカン側からも数年ごと
にベトナムに使節を派遣、宗教の自由をはじめとする、両国間の懸案事項を話し
合ってきた。□

――――――――
◎エジプトでコプト教徒への襲撃が激化

 【CJC=東京】エジプト南部ケナ州マラシュダ村で、キリスト者(コプト教
徒)の60代の男性が6歳の少女に性的暴行を加えたとの噂が広がり、イスラム
教徒がコプト教会を襲撃する事態になった。
 村ではコプト教徒が所有する店舗や自動車が、イスラム教徒村民に焼き討ちさ
れ、1月18日には、村民が村の中央にある『アブ・ファム教会』を取り囲み、
投石したり、壁をよじ登り十字架を壊そうなどとした。警察が催涙弾を発射、群
衆を強制的に解散させた。
 教会の隣に居住する村民は、「私たちをテロの対象にしている。攻撃の理由を
見つけようとしている」と語ったが、報復を恐れ匿名を条件にしている。「彼ら
の背後に誰がいるかは、分かっている。『道徳推進・悪徳防止』組織がこの2カ
月ほど、村のカフェに来ては、村民に禁煙を命じ、イスラム教徒にはモスクに行
って祈るよう強制していた」と言う。
 エジプトのキリスト者とイスラム教徒との間の抗争は、ホスニ・ムバラク政権
が民主化闘争で打倒されて以来、国内の治安悪化に伴い増加している。
 コプト教徒は、ムバラク政権崩壊後の権力空白が、コプト教会とその財産襲撃
を超保守的なイスラム過激派に横行させるのではないか、と懸念している。
 コプト教徒は、エジプト総人口8500万の約1割を占めるが、国家による差
別に長らく不満を持っている。コプト教徒は中東ではキリスト教共同体としては
最大規模。
 抗争は、教会堂建設、土地所有、両派信徒間の情事にからんだものがほとんど。


――――――――
◎エルサレムのアルメニア教会に新総主教

 【CJC=東京】エルサレムのアルメニア教会は第97代総主教に総主教座大
聖具保管者ヌルハン・マヌーギアン大主教を1月24日選出した。
 新総主教は1948年、シリアのアレッポ生まれ。71年叙階。昨年10月死
去したトルコム・マヌーギアン総主教の後任。□

――――――――
◎イエスの時代のシナゴーグ発見か

 【CJC=東京】イスラエル北部ガリラヤ湖北西岸のミグダル(マグダラ)で
イスラエル考古局の学者ディナ・ゴルニ氏らが、イエス・キリストの時代のもの
と見られるシナゴーグ跡を発掘した。これまで発見した古代のシナゴーグでイエ
スの時代にまで遡れるのは、これを含めて僅か7カ所しかないという。
 当時、マグラダは漁村として繁栄していた。イエスも住み、福音を述べ伝え、
数々の奇跡を行ったと推測される。
 シナゴーグが発見されたのが地下50センチという浅さから、これまでその上
に新たな建築が行われていないと見られ、関係者は「ポンペイのように、発見さ
れるのを待っていたのだ」と語っている。
 エルサレムの教皇庁研究所長のフアン・マリア・ソラナ神父は、エルサレムに
赴任した7年前から、巡礼を迎える為の教会とホテルをガリラヤ湖畔に建設する
のが夢だった。4年がかりの募金で、土地を購入、整地を始めたところで、シナ
ゴーグを発見したもの。
 新約聖書は、イエスがマグダラで宣教したと特定してはいないが、ソラナ神父
は、シナゴーグ発見で、再検証が必要になろう、と語る。
 イエスが実際にこのシナゴーグにいたことがあるか、は推測の域を出ない。ソ
ラナ神父は「最初のキリスト教共同体がシナゴーグに集まったことは確かだ。忠
実なユダヤ教徒だったのだから当然のこと」と言う。
 発掘が完了すれば、露天博物館として遺跡を保全した、とソラナ神父。当初計
画していた教会とホテルは近隣に建設するそうだ。□

――――――――
◎北朝鮮が統一教会系の米国人に名誉市民証授与

 【CJC=東京】北朝鮮が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)との合弁会
社『平和自動車』の最高経営責任者(CEO)で、米国市民権を持つ朴相権氏に
平壌市の名誉市民証を授与した。朴氏が1月22日明らかにした。
 朴氏は、韓国・聯合ニュースのインタビューで、名誉市民証を前月授与された
として、「私がこれまで彼らに示してきた信頼が認められたもの。北朝鮮で今後、
より自由かつ積極的に事業することを承認された」と語った。□

――――――――
◎ポーランドのグレンプ枢機卿死去

 【CJC=東京】ポーランド・カトリック教会のヨーゼフ・グレンプ枢機卿
(ワルシャワ名誉大司教)が1月23日死去した。83歳。
 グレンプ枢機卿は1929年生まれ。56年司祭叙階。67年から同国の主席
司教ヴィシンスキー枢機卿の秘書を15年間務めた。81年、ヴィシンスキー枢
機卿の死後、グニエズノ大司教およびワルシャワの大司教代理、ポーランドの主
席司教になった。83年、枢機卿に任命。昨年3月に肺がんの手術を受けていた。
 葬儀は26日から3日間行われ、28日、ワルシャワの聖ヨハネ大聖堂に埋葬
された。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(1月27日)=http://www.cwjpn.com
★「外出できない」状況=現地司教が明らかに=内戦激化のマリ
★カトリック児童福祉の日=日本の献金、昨年8カ国に送付
★信仰年=大阪教区=典礼暦に沿って期間分け=信仰養うプログラム実施
★改定「入管法」=外国籍の人に障壁=難解・複雑、しかも“落とし穴”
★被災者、孤独な人励ます=山本三重子さん 連絡員として仮設回る=岩手・釜
石市

 =キリスト新聞(1月26日)=http://www.kirishin.com
★改憲阻止運動の展開を=2月11日を前にして(西川重則)
★東神大次期学長に芳賀力氏=同志社大学は村田晃嗣氏に
★「東アジアキリスト教交流史研究会」設立=国家の枠を超え歴史的探究
★「カトリック新聞オンライン」開始=ネット生かして福音宣教
★イスラエルの考古学者=イエス生誕の地に別説

 =クリスチャン新聞(1月27日)=http://jpnews.org
★自殺減少傾向でもなお増加=若者の自死予防 生きる意味模索で=いのちの電
話の経験生かし=電話+面接相談「クリニック絆」
★『いのちより大切なもの』被災地へ=「試練の中で慰め、励ましに」
★アーバナ学生宣教大会に100か国16000人=中国、アフガン=迫害の現
場からも証し=日本語集会で震災復興へ祈り
★クリスチャン歌手ら=ゴスペルリンキングで仙台集合=レーナ・マリア 被災
地で歌う
★エジプト:新憲法はイスラム色が濃厚

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月21日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1148信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2013年1月21日(月)    第1148信 ☆
====================================

≪連絡≫『世界キリスト教情報』へのご支援を新年早々お願いしましたところ、
ご理解された方から相次いでお応えいただきました。直接お礼申し上げることの
出来ない方もいらっしゃいますので、ここでありがたく感謝申し上げます。これ
からもご芳志はお受けいたしますので、よろしくお願い申し上げます。
 『世界キリスト教情報』は、創刊以来、ボランタリー活動としてまいりました。
「無償」を前提としておりますが、活動が皆さまのお支えによっていることも確
かです。そこで『世界キリスト教情報』に昨年1年間お付き合いくださった方に
お願いします。年間1000円を1口として、出来れば数口ご支援いただけませ
んでしょうか。ブログなどに転載使用されておられる場合は、「原稿料」として
もご配慮下されば幸いです。
 『世界キリスト教情報』は法人ではありませんので、ご支援いただきましたも
のが主宰者個人の収入になることをご了承願います。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さいませ。
 ◆三菱東京UFJ銀行 支店番号422 口座番号3811065
 ◆みずほ銀行 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、健康など一身上の事情で休
止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、それが今
後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。

             = 目 次 =
     ▼キリスト者迫害がアフリカで強まる
     ▼エジプト大統領が3年前にユダヤ人侮辱発言
     ▼バチカンの同性婚反対に女性がトップレス抗議
     ▼パリで同性婚反対大規模デモ
     ▼教皇がフィンランドのエキュメニカル使節と会見
     ▼教皇がトゥィッターにラテン語アカウント
     ▼ロンドンに無神論者の「教会」出現
     ▼映画『レ・ミゼラブル』の関係者がロケ地教会に救いの手
     ▼イタリアでも犬が飼い主葬儀の教会に日参
     ▼665年続いた「殺人の代償」は無効とスイス裁判所
     ▼エルサレムをインターネットで巡礼
     ▼ティッサ・ベラスリヤ神父死去
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎キリスト者迫害がアフリカで強まる

 【CJC=東京】キリスト者に対する迫害が2012年には、イスラム過激派
の台頭に伴ってアフリカで増大している。キリスト教宣教団体『オープン・ドア
ーズ』(本部・米カリフォルニア州)が明らかにした。
 このほど発表された年間報告によると、アフリカのキリスト者迫害増加には、
イスラム教過激派組織『ボコ・ハラム』によるナイジェリア教会攻撃で多数のキ
リスト者が犠牲になったことが関心を呼んだが、各国政府に過激派の影響増加も
見逃せない。
 北朝鮮が『調査では迫害国のトップに11年連続で上げられている。続いてサ
ウジアラビア、アフガニスタン、イラク、ソマリアが並ぶ。
 北朝鮮では、キリスト者であるというだけで約7万人が投獄されている、との
推測がある。聖書を持ち歩くだけで処罰されるという。
 中国では、キリスト者の処遇は改善されており、迫害度は、2011年度の第
21位から12年度37位にまで低下した。5年前まではトップ10位にいたこ
とからすると大変動。なお100人以上のキリスト者が獄中にあり、政府の監視
は厳しいものの、「家の教会手入れ、聖書やキリスト教書の密輸取り締まりは大
規模には行われなくなった」と『オープン・ドアーズ』は指摘する。
 抗争が激化しているシリアが「特別関心国」となった。迫害度が11年の36
位から12年は11位に浮上している。
 シリアのキリスト者は、反体制勢力からの圧力にさらされるだけでなく、キリ
スト教抑圧を目指してシリアに入って来たイスラム聖戦主義者による抑圧も受け
ている、と『オープン・ドアーズ』のロン・ボイド=マクミランCSOが指摘す
る。□

――――――――
◎エジプト大統領が3年前にユダヤ人侮辱発言

 【CJC=東京】米紙ニューヨーク・タイムズが1月15日、エジプトのムハ
ンマド・モルシ大統領が就任前の2010年にユダヤ人を侮辱し、エジプト人が
憎悪を維持するよう呼びかける発言をしていた、と報じた。モルシ氏の発言を記
録したビデオが2本見つかったという。
 1本は、イスラエルのガザ封鎖に抗議する集会で、ムスリム同胞団幹部だった
モルシ氏が「我々は子や孫を、ユダヤ人、シオニストに対する憎悪で育むことを
絶対に忘れてはいけない」などと述べている。別の1本は、テレビインタビュー
でシオニストを「パレスチナ人を攻撃する吸血動物。戦争をしかける猿と豚の子
孫」と呼んでいる。□

――――――――
◎バチカンの同性婚反対に女性がトップレス抗議

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)の同性婚反対に抗議して女性4人
が1月13日、教皇べネディクト16世の日曜日恒例の祈りを目当てにサンピエ
トロ広場に集まった人たちの前でトップレスになった。警察が素早く取り押さえ、
教皇の祈りも中断されることはなかった。
 4人の背中には「ゲイを信ず」とか「黙れ」などと描かれていた。ヌードにな
った中の1人、インナ・シェフチェンコさんは「今日ここにいるのはホモフォビ
ア(同性愛嫌悪者)に抗議するため」と語っている。□

――――――――
◎パリで同性婚反対大規模デモ

 【CJC=東京】フランスのフランソワ・オランド政権が計画する同性婚合法
化に反対する大規模デモが1月13日、パリ市内のエッフェル塔周辺で行われた。
主催者発表で80万人、警察発表で34万人が参加した。
 右派で野党の国民運動連合(UMP)のほか、カトリック教会や福音派、イス
ラム教団体などが参加、計画の撤回を要求した。
 オランド大統領は2012年5月の大統領選の際にも同性婚の合法化を公約と
して掲げていた。国民の半数強は同性婚に賛成している。
 パリ大司教のアンドレ・ヴァントロワ枢機卿は、参加者にメッセージを送り、
支持と激励を表明、フランス市民が「同性婚について本当に考えていることを行
進で示すように、との期待を述べた。
 主催者側は、地方からの参加者のため、高速列車5本とバス900台を確保し
たという。
 政権は同性婚を認める法案を月内にも提出する方針。□

――――――――
◎教皇がフィンランドのエキュメニカル使節と会見

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は1月17日、フィンランドのキリ
スト教各派関係者からなる使節と会見した。この使節は、フィンランドの保護者
とされている聖エーリックの祝日19日を機会にバチカンを訪問した。
 教皇は会見で、18日から始まる『キリスト教一致祈祷週間』を前に、キリス
ト者として祈りの中に一致し、共に聖性を追求すること、さらに神学的対話や協
力を深めていく必要がある、と述べた。
 聖エーリックは、12世紀のスウェーデン王で、当時フィンランドを征服、北
欧におけるカトリックの布教に大きな役割を果たした。現在、フィンランド国民
の大半は福音ルーテル教会に属している。□

――――――――
◎教皇がトゥィッターにラテン語アカウント

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は1月17日、トゥィッターにラテ
ン語のアカウントを開設した。バチカン放送(日本語電子版)が報じた。
 教皇のラテン語アカウント(@Pontifex_ln)は、英語、スペイン語、イタリア
語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ポーランド語、アラブ語に続いて9
番目。
 教皇自身のラテン語トゥィートはまだ公開されていないが、開設されたページ
には、「教皇ベネディクト16世のトゥィッター公式ページへようこそ」と、ラ
テン語で記されている。
 教皇は2012年11月、ラテン語とラテン文学、ラテン語の使用についての
研究を目的に、教皇庁立ラテン語アカデミーを設立している。□

――――――――
◎ロンドンに無神論者の「教会」出現

 【CJC=東京】英国で最初の無神論者の「教会」がロンドン北郊イズリント
ンの『ザ・ネイブ』で1月6日最初の会合を開いた。参加者約200人。『ザ・
ネイブ』は教会堂跡を公演スペースに衣替えした場所。
 現地紙『イズリントン・ガゼット』によると、「神のいない教会」を設立した
コメディアンのサンダーソン・ジョーンズとピッパ・エヴァンスは、無宗教の人
たちが集まって、互いに啓発出来る場所が欲しかったという。
 「日曜集会」とも呼ばれるこの「教会」は、教会に幻滅した元信者や懐古趣味
的な無神論者、さらには「善意を実行に移そう」とする共同体感覚を求めている
人なら誰にでも、チャンスを与えようというもの。□

――――――――
◎映画『レ・ミゼラブル』の関係者がロケ地教会に救いの手

 【CJC=東京】映画『レ・ミゼラブル』の制作者と出演者が、撮影場所にな
った英南東部オックスフォードシャーのエウェルムにある『処女聖マリア教会』
の窮状を知って、1万ポンド(約140万円)を寄付することになった。
 教会に新しい暖房施設を設置するための費用で、主演の俳優ヒュー・ジャック
マンが映画のプロデューサーたちに掛けあった結果という。ジョナサン・メイヤ
ー牧師は英紙『デイリー・スター』の取材に「作品のスピリチュアルなメッセー
ジが皆の心を一つにした」と語っている。□

――――――――
◎イタリアでも犬が飼い主葬儀の教会に日参

 【CJC=東京】イタリア南部プーリア州ブリンデイジ南方のサンドナーチで、
飼い主マリアさん(57)が2012年11月に死んでからも、毎日のように葬
儀の行われた『サンタ・マリア・アッスンタ教会』に通う12歳のジャーマンシ
ェパードの雑種トミーが現地の話題になっている。
 「野原のマリア」と呼ばれていた飼い主は一人暮らしで、トミーの他にも救助
犬3匹を飼っていた。トミーたちは散歩や買い物に行くマリアさんの後を、いつ
もついて回っていたという。
 トミーはマリアさんの葬儀の日に葬送の行進に加わり、教会でもひつぎのそば
を離れなかった。その後は毎夕、ミサを知らせる鐘が鳴ると、欠かさず教会に行
き、祭壇の前に陣取っている。
 教会のドナート・パンナ神父が、トミーがいなくては何も進まない、と言うま
でになった。□

――――――――
◎665年続いた「殺人の代償」は無効とスイス裁判所

 【CJC=東京】AFP通信によると、スイス北東部グラールス州で1357
年に起きた殺人事件の代償として、地元住民らが教会に毎年支払いを続けてきた
聖体ランプの燃料費約70スイス・フラン(約6600円)について、同州の裁
判所は2012年12月、住民に今後の支払い義務はないとの判断を下していた、
とスイス公共放送局RTSが1月8日報じた。
 この取り決めは1357年にコンラート・ミューラーという男が起こした殺人
事件がきっかけで始まった。被害者の魂を救済し遺族による復讐を防ぐためにミ
ューラーは地元の教会にランプを贈り、その燃料費を「永遠に」支払い続けると
約束したという。□

――――――――
◎エルサレムをインターネットで巡礼

 【CJC=東京】キリスト者にとってエルサレムは聖地。巡礼として訪問した
いと思っても、イスラエルとパレスチナとの対立、ユダヤ教とキリスト教の対立、
さらには費用の問題もあって、夢の実現は容易ではない。
 2012年、技術と信仰のために150万米ドル(約1億3500万円)を投
じて設立された『エルサレム・コム』(Jerusalem.com)が、インターネット上
で仮想の巡礼を実現させた。
 米アップル社のタブレット『iPad』にダウンロードするか、オンラインで
『エルサレム・3D・ツアーズ』(Jerusalem 3D Tours)にアクセスして利用出
来る。巡礼地として有名な聖墳墓教会、生誕教会や『嘆きの壁』(西壁)、ゲッ
セマネなどを訪問出来る。説明はあるが英語。
 コンピューター・グラフィック技術を駆使しているだけに、同種のインターネ
ット案内に比べて、「自由に歩き回れる」のが特徴という。
 また実写を利用したものにインターネットのサイト『3D・イスラエル・コム』
(3DISRAEL.COM)がある。そこに『エルサレム・バーチャル・ツアーズ』(Jeru
salem Virtual Tours)が設けられており、約30カ所の名所に入り込んだカメ
ラが天地周囲をくまなく写しとったものを、カーソルを操作しながら見ることが
出来る。動画ではなく、各名所で撮影場所は1カ所だけだが、あたかもそこに立
って天地周囲を連続して見る気分にさせられる。□

――――――――
◎ティッサ・ベラスリヤ神父死去

 ティッサ・ベラスリヤ神父が長年にわたる闘病の後、1月17日、スリランカ
のコロンボで死去した。88歳。宣教会オブレート会士。
 1990年に刊行した著作『マリアと人間解放』でカトリック教会と対立、9
4年、スリランカ司教団が警告を発し、バチカン(ローマ教皇庁)教理省から、
同書で主張されている論議の撤回を求められたが拒否、信仰に関する声明への署
名にも拒否したため97年1月に破門された。その後、署名を受け入れたため、
98年1月に破門は撤回された。
 論議となった問題には「原罪」「無原罪の懐胎」「救済におけるイエスの掛け
替えのない役割」が含まれている。
 葬儀ミサは18日、ファティマ教会で行われた。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(1月20日)=http://www.cwjpn.com
★神の愛に「心を開いて」=平和実現へ―教皇、外交使節への年頭演説で促す―
★フランス=非正規滞在者が闘争への支持求め=バチカン大使館占拠=政府に
「より人間的な扱い」を要求
★「『さようなら原発』=1千万署名市民の会」記者会見=新政権の動き 深く
懸念
★東京教区=避難所を開設=難民ら対象 神父が実家寄贈
★「カトリック新聞オンライン」スタート!

 =キリスト新聞(1月19日)=http://www.kirishin.com
★大阪高裁=大谷隆夫牧師らの威力業務妨害罪=一審支持し控訴棄却
★カトリック中央協議会が小冊子=HIV/AIDSの予防啓発に
★日基教団東日本大震災救援対策本部=活動継続へ献金訴え
★竹下ユキさんCD「街角のマリアたち」=キリスト教書店も扱う
★キリスト生誕の地でクリスマス=ベツレヘムに1万人訪れる

 =クリスチャン新聞(1月20日・休刊)=http://jpnews.org

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 21:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年01月14日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1147信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2013年1月14日(月)    第1147信 ☆
====================================

≪連絡≫新年にあたりまして、あなたにお願いがございます。
 『世界キリスト教情報』は、創刊以来、ボランタリー活動としてまいりました。
「無償」を前提としておりますが、活動が皆さまのお支えによっていることも確
かです。そこで『世界キリスト教情報』に昨年1年間お付き合いくださった方に
お願いします。年間1000円を1口として、出来れば数口ご支援いただけませ
んでしょうか。ブログなどに転載使用されておられる場合は、「原稿料」として
もご配慮下されば幸いです。
 『世界キリスト教情報』は法人ではありませんので、ご支援いただきましたも
のが主宰者個人の収入になることをご了承願います。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さいませ。
 ◆三菱東京UFJ銀行 支店番号422 口座番号3811065
 ◆みずほ銀行 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、健康など一身上の事情で休
止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、それが今
後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。

= 目 次 =
▼あのニュータウンの小学校に「四つ足の牧師」
▼中国のキリスト者がインターネット活用
▼教皇のトゥイッターは出足好調
▼バチカンでは新年からクレジット使えず
▼ユダヤ人は「教会の敵」と聖ピオ10世会指導者
▼米ワシントン・ナショナル大聖堂でも同性婚
▼「イエスの妻」断片にはまだ調査が必要?
▼UCAN通信が日本語サイトを開設
  ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎あのニュータウンの小学校に「四つ足の牧師」

 【CJC=東京】米コネチカット州ニュータウンのサンディ・フック小学校を
2012年12月14日見舞った大量射殺事件の後、初めて同校児童が1月3日
登校したところ、出迎えたのは「四つ足の牧師」と呼ばれる慰安犬ゴールデン・
リトリバー7匹だった。
 米宗教専門『RNS』通信によると、ルーテル教会ミズーリ・シノッド系の福
祉団体『ルサラン・チャーチ・チャリティーズ』(LCC、本部イリノイ州アデ
ィスン)が派遣したもの。
 「学校に行きたがらない児童もいると伝えられたので、『慰安犬』の話をした
ところ来てほしいとのことだった。児童たちと向き合う教師にとっても慰安犬は
必要だ」とLCCのティム・ヘツナー会長。
 慰安犬プログラムは2008年から開始された。ハリケーン・カトリーナ救援
活動の際に、被害者にとってペットの重要さを認識したという。「犬は安全だし、
無条件の愛を示す。犬には人の傷を感じ取る独特の能力がある」と同会長。
 現在慰安犬は60匹。6州の信徒の家庭に飼われている。ハリケーン・サンデ
イの救援に北東部地方に派遣され、竜巻に襲われたミズーリ州ジョプリンにも出
動したほか、高齢者の家庭や学校、病院にも派遣されている。昨年、慰安犬とハ
ンドラーの大会を初めて開催したが、活動拡大が必要という点で一致したという。
 活動は、キリスト教宣教の一部でもある。「慈悲、哀れみ、そして苦難の中に
ある人たちにイエス・キリストの存在を伝える」ことだからだ。
 犬はもちろん回心をすすめはしない。ハンドラーも活動している時は同じだと
ヘツナー氏。
 「わたしたちは、人々にキリスト教を押しつけない。いつも人々に祈ろう、と
呼び掛けるわけでもない。しかし祈りを求められたら、わたしたちはそれに応え
る。わたしたちがそこにいること自体が多くのことを語っている」と言う。□

――――――――
#007◎中国のキリスト者がインターネット活用

 【CJC=東京】中国のキリスト者が、インターネットのSNS『微博(ウエ
イボー)』を使って、信仰を確認しあったり、信仰迫害に反対の発言をするなど、
当局の検閲に挑戦している、と米宣教専門『コンパス・ダイレクト・ニュース』
が報じた。
 キリスト教バンド『レインボー・カム』が音楽オーディション番組に登場した
時には、ネットで投票を呼び掛けた。すると数日で投票数は数千人規模になり上
位につけるまでになった、とか。□

――――――――
◎教皇のトゥイッターは出足好調

 【CJC=東京】教皇べネディクト16世がトゥイッターを始めて1カ月、8
言語全体でフォロワーは250万人に達した。教皇庁広報評議会顧問のパオロ・
パドリニ神父は、教皇にこれほど多くのフォロワーを集められて良かったが、大
事なのは教皇が「トゥイッターと共生し、参画しよう」としていること、と言う。
 「教皇が自分の言葉で登場するという事だけを見ても、ソーシャルメディアに
参加することは福音伝道だ」と同神父が1月11日、CNA通信に語っている。
 教皇の最初のトゥイートは、2012年12月12日。自己紹介メッセージを
掲出した英語のアカウンドへの応答(リトゥイート)は6万4000人を超えた。
スペイン語では3万3000人だった。
 1月11日までに教皇が発信したトゥイートは僅か21回、クリスマスには思
い出を語り、シリア紛争終結への祈りを求めもした。
 現在、フォロワーは英語で140万人を超え、スペイン語で57万5000人、
イタリア語で26万5000人を数えている。フランス語、ドイツ語、ポーラン
ド語、ポルトガル語、アラビア語でも発信している。最も少ないアラビア語でも
フォロワーが1万8000人いる。
 米国のバラク・オバマ大統領のフォロワーはほぼ5年で2500万人に達した。
ダライラマは600万人という。□

――――――――
◎バチカンでは新年からクレジット使えず

 【CJC=東京】バチカンでは新年早々、クレジットカードが使えなくなり、
全て現金支払いになった。イタリア銀行が12月31日、バチカン市国内の端末
でのクレジットによる支払いを拒否したため。
 疑惑を持たれた資金の洗浄に関する欧州の規制にバチカンが完全に対応してい
ないことが理由。
 訪問客がほとんど訪れるバチカン美術館に入場するにも、ローマ市内で先に換
金して現金で支払うことになった。□

――――――――
◎ユダヤ人は「教会の敵」と聖ピオ10世会指導者

 【CJC=東京】カトリック教会では超保守団体と見られている『聖ピオ10
世会』会長のベルナール・フェレイ司教が、ユダヤ人を「教会の敵」とし、ユダ
ヤ人指導者が第二バチカン公会議を支持したことは同公会議が彼らのものであり、
教会のものではなかったことを示している、と語った。『カトリック・ヘラルド』
紙が報じた。
 ローマ(バチカン)が『聖ピオ10世会』に教会法上の認知を与えることに強
く反対する、ユダヤ人、フリーメーソン、近代主義者は「教会の敵」だ、と言う。
 フェレイ会長は、「教会の外におり、何世紀にもわたって教会の敵だった」彼
らが、『聖ピオ10世会』に第二バチカン公会議受け入れを強制するようバチカ
ンに働き掛けたのだ、と言う。カナダ・オンタリオ州ニューハンバーグの『アワ
・レディ・オブ・マウント・カルメル・アカデミー』での2時間近くの話し合い
の際に発言したもの。
 同会長は、バチカンからは何年も、同会がカトリック教会に全面復帰するため
の方策について、混迷したメッセージを受け取っている、とも語った。バチカン
のトップは、公式声明が、教皇べネディクト16世の真意を反映してはいないか
ら、気落ちしないようにとも伝えられた、と言う。□

――――――――
◎米ワシントン・ナショナル大聖堂でも同性婚

 【CJC=東京】米首都ワシントンにあるナショナル大聖堂が、同性婚を司式
することを発表した。同大聖堂のディーン・ゲイリー・ホールは、結婚は信仰生
活を生きる道具だ、と語っている。
 同大聖堂は、聖公会首座主教とワシントン教区の主教座聖堂とされている。聖
公会は2012年の大会で、同性間の結合祝福のための典礼を認めており、同大
聖堂の決定は当然の成り行きと受け取られている。
 しかし今回の決定は、同大聖堂が非公式ではあるが、国家の礼拝堂と見なされ
ており、バラク・オバマ大統領の2期目の就任式も行われる場所だけに米国社会
に与える影響は小さくない。□

――――――――
◎「イエスの妻」断片にはまだ調査が必要?

 【CJC=東京】米ハーバード神学校の雑誌『ハーバード神学評論』の1月号
には、同校のカレン・キング教授の「イエスの妻」と読める聖書パピルス断片に
ついての論文が掲載されると期待を呼んでいたが、試験が遅れているとの理由で、
掲載が延期されたことが明らかになった。
 キング教授は、2012年9月にローマで開催された『コプト研究国際協会』
の会議で、パピルス断片を発見した、と発表した。
 1月号のために提出された最初の原稿では、パピルスには北部エジプトの古代
コプト語で「イエスは彼らに『わたしの妻』」と記されていた、とあったが、後
になってその部分が削除されたという。
 断片は縦4センチ横8センチで4世紀のもので、2世紀ごろの福音書を書き写
した可能性もある。キング教授らは、『イエスの妻による福音書』ではないか、
と見ているようだ。□

――――――――
◎UCAN通信が日本語サイトを開設

 【CJC=東京】アジアのカトリック通信として地歩を固める『UCAN』通
信が、1月から日本語サイトを開設した。同通信と日本のカトリック司教協議会
が提携を協議してきており、独ケルン大司教区の支援を受け実現した。
 UCAN通信は、英語でニュースを発信していたが、中国語、インドネシア語、
韓国語、ベトナム語でも発信するようになった。ベトナム語のサイトは同国教会
と提携している。
 日本語サイトは『カトリック新聞オンライン』上に設定された。□

――――――――
《メディア展望》
各紙は年始休刊です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月07日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1146信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)      2013年1月7日(月)    第1146信 ☆
====================================

≪連絡≫2013年の配信を始めます。今年もよろしくご愛読のほど、お願いい
たします。
 新年早々ではございますが、あなたにお願いがございます。
   ※
 『世界キリスト教情報』は、創刊以来、ボランタリー活動としてまいりました。
「無償」を前提としておりますが、活動が皆さまのお支えによっていることも確
かです。そこで『世界キリスト教情報』に昨年1年間お付き合いくださった方に
お願いします。年間1000円を1口として、出来れば数口ご支援いただけませ
んでしょうか。ブログなどに転載使用されておられる場合は、「原稿料」として
もご配慮下されば幸いです。
 『世界キリスト教情報』は法人ではありませんので、ご支援いただきましたも
のが主宰者個人の収入になることをご了承願います。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さいませ。
 ◆三菱東京UFJ銀行 支店番号422 口座番号3811065
 ◆みずほ銀行 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、健康など一身上の事情で休
止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、それが今
後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。

             = 目 次 =
     ▼2012年キリスト教10大ニュース
     ▼教皇が「世界平和の日」記念ミサ
     ▼『宗教間・文化間対話のための国際センター』始動
     ▼東方教会のクリスマスにコプト教会は緊張
     ▼シリア反政府勢力がキリスト者男性の首はねる
     ▼韓国の民主化運動家呉在植氏がソウルで死去
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎2012年キリスト教10大ニュース

 2012年キリスト教10大ニュースを『世界キリスト教情報』が選定した。

☆「不信仰」が今や世界第三の巨大「宗教」に
 米調査機関『ピュー・リサーチ・センター』の「宗教と公的生活に関する部門」
が行った調査では、2010年の世界総人口69億人の84%、58億人が何ら
かの宗教に属している。ただ特定の宗教に属さない「不信仰」者が11億人おり、
「宗教」としては第三勢力になっていることがわかった。

☆英国国教会総会は女性主教認めず
 英国国教会は11月20日開いた総会で、女性が主教に就任することを可能と
する議案について投票を行い、否決した。

☆コプト正教会の教皇シェヌーダ3世死去、後継者にタワドロス主教
 エジプト・アレキサンドリアのキリスト教『コプト教会』の最高指導者、第1
17代教皇シェヌーダ3世が3月17日死去した。後継者として11月4日、タ
ワドロス主教(60)が選出された。新教皇の選出は1971年以来41年ぶり。

☆教皇が9月14~16日にレバノン訪問
 中東地域の緊迫情勢の中で、教皇ベネディクト16世は9月14日から16日
までレバノンを司牧訪問した。教皇は「困難な状況に直面する子らに、父として
常にそばにいる」ことを伝えたく思ったと述べた。

☆ロシア正教会首脳が中国訪問
 ロシア正教会モスクワ総主教座の対外教会部門責任者ヒラリオン府主教が、6
月19日から22日まで北京を訪問した。現在、中国では仏教、カトリック、イ
スラム教、プロテスタント、道教の5宗教だけが認可されており、正教会は外さ
れている。

☆米豪でも『オルディナリアーティ・ペルソナーリ』発足
 教皇べネディクト16世は1月1日、米国の『オルディナリアーティ・ペルソ
ナーリ』(属人的司教区)を発足させ、その指導を聖公会の前ニューメキシコ主
教ジェフリー・N・スティンソン司祭に委ねた。
 教皇ベネディクト16世が、オルディナリアーティの3番目をオーストラリア
に6月15日設置した。

☆バチカンがルーテル派にも門戸開く?
 ルーテル派が、カトリック教会との完全相互聖餐関係(フルコミュニオン)に
入るため、聖公会の聖職者・信徒のために設けた『オルディナリアーテ』のよう
な組織設立を提案するとなれば、それは検討に値する、とバチカン(ローマ教皇
庁)のキリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿が語った。

☆『新求道共同体』に教皇が最終的な承認
 教皇べネディクト16世は1月20日、バチカンのパウロ6世ホールに集まっ
た『新求道共同体』(ネオカテキュメネイト)のメンバー約7000人と接見、
同共同体を「聖霊が現代に与えてくれた特別な賜物」と評価、その活動に最終的
な承認を与えた。

☆独カトリック教会が信徒に教会税納税を指令
 ドイツ・カトリック司教協議会は9月20日、教会税を納入しない信徒は今後、
さまざまな秘跡を受けられず、また教会の諸活動に参加出来ない、という指令と
司牧書簡を発表した。

☆ダライ・ラマに2012年度『テンプルトン賞』
 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(76)が2012年度の『テンプル
トン賞』を受賞した。ダライ・ラマの「普遍的な倫理、非暴力、世界諸宗教の間
の調和のための、全地球を覆う比類な発言」を評価したもの。

☆『イエスの十字架は紀元33年4月3日の金曜日』
 イエスが十字架に付けられたことは新約聖書に記されているが、その日付に関
する最新の研究を『インターナショナル・ジオロジー・レビュー』誌が報じた。
 マタイによる福音書27章に記された地震に着目、『スーパーソニック・ジオ
フィジカル』のジェファーソン・ウィリアムズ氏らが、死海周辺を調査したとこ
ろ、紀元前31年と紀元26年から36年の間の計2回大規模地震が発生してい
ることが分かった。それによって十字架による死は、紀元33年4月3日の金曜
日の出来事と算出した。

   ※

 2011年の10大ニュースは次のようなものだった。
☆伊アッシジで世界各宗教指導者会議開催
☆カトリックへ英国国教会(聖公会)から転会始まる
☆教皇ヨハネ・パウロ2世の列福式、バチカンに大群衆
☆バチカン・WCC・WEAが「改宗」問題で共通指針
☆離婚者を「真理と慈愛で」受け止める、とバチカン高官
☆米長老教会(PCUSA)が同性愛教職を容認
☆米UCCが教憲から「天におられる父」表記外す
☆エジプトで少数派コプト教徒への抑圧激化
☆英YWCAなどキリスト教団体が宗教色消す名称に変更
☆東日本大震災に世界のキリスト教会が素早く救援

――――――――
◎教皇が「世界平和の日」記念ミサ

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は1月1日、バチカンのサンピエト
ロ大聖堂で「神の母聖マリア」の大祝日のミサを行った。カトリック教会の典礼
暦は、1年の最初の日を「神の母聖マリア」に捧げると共に、「世界平和の日」
を記念する。
 ミサ説教で教皇は、広がる貧富の差や、利己主義・個人主義的傾向、節度の無
い資本主義、様々な形のテロリズムや犯罪など、未だ世界に緊張をもたらしてい
る原因を列挙した。こうした中で、平和は神の賜物であり、人間は平和のために
作られていると述べた教皇は、世界で行なわれている様々な平和実現への取り組
みを、人類の平和に対する召命を証しするものとして励ました。バチカン放送
(日本語電子版)が伝えた。
 「世界平和の日」は1968年、ベトナム戦争が激化する中、時の教皇パウロ
6世が、平和のために特別に祈る日として制定した。46回目となる今年のテー
マは、「平和を実現する人々は幸いである」。□

――――――――
◎『宗教間・文化間対話のための国際センター』始動

 【CJC=東京】『宗教間・文化間対話のための国際センター』が新年からウ
イーンで活動を始めた。同センターはサウジアラビアのアブドラ・ビン・アブド
ゥルアズィーズ国王が提唱、サウジ、スペイン、オーストリアの3政府が共同で
設置した。
 運営には、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教などの代表が参加する。
キリスト教からはバチカン(ローマ教皇庁)も協力している。
 同センターは、各宗教指導者の研修や各宗教が他地域のメディアでどう扱われ
ているかについても研究する。開設費約1500万ユーロ(約17億円)と、3
000万~4500万ユーロと見込まれる3年間の運営費はサウジ政府が全額負
担する。
 サウジは国内で厳格な宗教政策をとっており、センターにもサウジ色が前面に
出たことから、地元オーストリアでは反発の声も上がった。□

――――――――
◎東方教会のクリスマスにコプト教会は緊張

 【CJC=東京】ユリウス暦を採用する東方教会のクリスマスは今年はグレゴ
リオ暦では1月7日。エジプトではコプト教会信徒たちが6日夜から7日未明に
かけ、クリスマスイブの深夜ミサに参加した。
 エジプトではイスラム組織『ムスリム同胞団』出身のムハンマド・モルシ大統
領が誕生後初めて迎えたクリスマス。同大統領は、新憲法施行を図るなど、社会
のイスラム化を進めている。
 コプト教徒はイスラム教を国教とするエジプトで、人口約8300万人のうち
1割弱を占めてはいるものの少数派として抑圧の対象とされて来た。
 保守的なイスラム教徒が多い南部などでは両教徒間の抗争も続発している。コ
プト教徒への敵対的な発言も繰り返され、将来さらにイスラム化が進むことへの
不安などで、エジプト出国を考えている信徒もいる。□

――――――――
◎シリア反政府勢力がキリスト者男性の首はねる

 【CJC=東京】シリア反政府勢力が、キリスト者男性の首をはね、死体をイ
ヌのえさにした、と英紙『メール』が12月31日報じた。
 レバノン・カトリック修道会カルメル会のアグネス=ミリアムドラクロワ修道
 女(60)が伝えたもの。シリア北部トルコ国境近くのnラス・アルアインのタ
 クシー運転手アンドレイ・アルバシェ氏(38)が反政府勢力に襲われ、首を
 切断された死体は路傍に捨てられ、野犬が群がっていたという。
 同修道女は、「アルバシェ氏の罪といえば、兄弟が反政府勢力を批判し、山賊
のような活動だ、と非難したことだけだ」と語っている。
 同修道女は、英国など西側諸国が、人権侵害の事実が明らかなのに、反政府勢
力を支持している、と非難する。殺人、誘拐、性的暴行、略奪が当たり前になっ
ている、と言う。
 シリアではアル・アサド政権への反抗が抗争化した2011年3月以来、4万
4000人が殺害された、とメール紙は報じている。□

――――――――
◎韓国の民主化運動家呉在植氏がソウルで死去

 呉在植氏(オ・ジェシク=韓国の民主化運動家)が1月3日、ソウルのソウル
大学病院で死去した。79歳。葬儀は、韓国キリスト教協議会によって7日、同
病院で行われた。
 民主化活動に取り組み、朴正熙(パクチョンヒ)軍事政権を告発した月刊誌
『世界』(岩波書店)の連載「韓国からの通信」の筆者・池明観氏に情報提供し
た。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(1月6日)=http://www.cwjpn.com
★教皇「世界平和の日」メッセージ=平和を実現する人はいのちを守る
★アジア司教協議会連盟=第10回総会=20数カ国から参加=ベトナムで初開

★広島教区の山口・下関ブロック、長崎純心大学=献金活用し人送る=「ありが
たい」被災地支援の方法
★被災生徒受け入れ=「看護師として働きたい」=京都・舞鶴=日星高等学校の
学費・寮費免除制度
★佐賀・鳥栖カトリック幼稚園=教職員が全員信者に=園児も増え続け、200
人超す

 =キリスト新聞(1月5日・休刊)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(1月6/13日)=http://jpnews.org
★慰め、癒し、恵みの御手を被災地に=南三陸町で祈りの行進「追悼記念会」
★改憲の動き 危機訴え=投票前=日本バプテスト連盟 理事長が異例のアピー
ル=「総選挙にキリスト者市民の責任を」
★有志呼びかけ緊急祈祷会=震災を悪用 平和憲法骨抜きに
★JECA北関東=「原子力発電に関する見解」公表=世界管理への命令違反悔
い改め
★JEA信教の自由セミナー=「天皇元首化」を警戒=現実は皇室伝統と体系併


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)