2013年12月

2013年12月30日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1197信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)    2013年12月30日(月)    第1197信 ☆
====================================

≪連絡≫2013年は今信で納刊です。年初は1月6日から発行します。良い年
を迎えられますようお祈りいたします。(主宰者)

           = 目 次 =
     ▼混乱の世界にクリスマス
     ▼中国はクリスマス祝祭を規制?
     ▼イラン大統領と最高指導者がツイッターでクリスマス祝福
     ▼アサド大統領が教皇に書簡、和平会議に向け立場説明か
     ▼イラク首都のキリスト者地区で爆発
     ▼「政教分離」徹底に米国で反発も
     ▼教皇フランシスコ教皇は米信者にも高い人気
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎混乱の世界にクリスマス

 【CJC=東京】首都の知事が収賄容疑で辞任を余儀なくされた日本、鉄道ス
トが長期化する韓国、ナンバーツーを処刑した北朝鮮、少数民族問題に揺れる中
国……さらにはタイ、イラン、ウクライナ、シリア、エジプト、南スーダン、中
央アフリカ、ナイジェリアと世界各地で混乱が続く中、2013年のクリスマス
を世界は迎えた。
 教皇フランシスコは12月24日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ
大聖堂でクリスマスイブの深夜ミサを行った。大聖堂には各国外交団など教会関
係者、信徒約1万人が集まった。聖堂前のサンピエトロ広場にも数万人の信徒や
観光客が集まり、教皇のスピーチは大型スクリーンで伝えられた。
 広場にはドイツのバイエルン州ヴァルトミュンヘンのモミノキが装飾を施した
枝を広げ、その隣では、大型の「プレゼピオ」(イエス降誕の場面を再現した馬
小屋の模型)が置かれた。
 3月に着座以来、最初のクリスマス・ミサで教皇は、「聖なる誕生を最初に目
撃したのは地元の羊飼いたちだった」と羊飼いの果たした役割を強調、信仰心の
大切さを説いた。
 教皇は、「心が閉ざされ、誇りや偽り、利己主義に支配されているなら、われ
われの内面と周囲には暗闇が垂れ込める」として、神の「愛」と「許し」を説き、
「神と同胞を愛する者は光の中を歩く」「同胞を憎む者は闇に包まれ、進む道が
分からなくなってしまう」と述べて平和を呼び掛けた。
 正教会はユリウス暦に従い、1月7日にクリスマスを祝うが、ロシアのカトリ
ックとプロテスタント信者たちは25日にクリスマスを祝った。
 モスクワのマーラヤ・グルジンスカヤ通りにあるカトリック聖堂で、カトリッ
ク教会のモスクワおよびロシア中部パオロ・ペッツィ大司教によって、ミサが行
われた。
     ◇
 教皇フランシスコは25日、国際社会に向けたクリスマスのメッセージを発表
し、シリアや南スーダン、中央アフリカの紛争に速やかに終止符を打つよう訴え
た。
 教皇はバチカンのサンピエトロ広場に集まった世界各国の巡礼者を前にバルコ
ニーからクリスマスのメッセージを読み上げ、シリアや南スーダンなどで激化す
る戦闘の終結に向けた対話を呼び掛けるとともに、世界の国民がそれぞれ「調停
者」となり平和実現に努力するよう求めた。
 教皇はまたアフリカ難民やフィリピン台風被災者への支援を呼びかけた。さら
に地中海で相次いだ難民や移民の遭難について「二度と起きてはならない」と指
摘。難民船を装った人身売買は「人道に対する罪だ」と述べた。
 教皇フランシスコは正午、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂の
中央バルコニーから、クリスマスのメッセージ発表した後、ローマと世界に向け
た教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」(ローマ市と全世界へ)を贈った。
 英国国教会と聖公会共同体の最高指導者カンタベリー大主教のジャスティン・
ウエルビー氏も着座以来最初のクリスマスに際し、カンタベリー大聖堂で、英国
の貧者と世界各地の紛争被害者が直面している「不正」に焦点をあてて説教した。
大主教は、中東でキリスト者共同体が、信仰のために迫害を受けていることを非
難した。□

――――――――
◎中国はクリスマス祝祭を規制?

 【CJC=東京】共同通信が、米政府系放送局ラジオ自由アジア報道として伝
えるところでは、中国で住民の権利回復運動をしていた河南省濮陽市のキリスト
教会の牧師、張少傑氏が当局に拘束されたことに反発する信者や弁護士を、警察
当局などが弾圧し、各地の教会にクリスマス祝祭の規模縮小や、都市部での開催
中止を要求していたことが分かった。
 一方、張氏らの支援者は12月24日、共同通信の取材に、張氏の自宅が同日、
100人近くの「暴徒」に取り囲まれて多数のけが人が出たと話した。信者らの
抗議集会を当局が指示して力で抑え込んだ可能性があると言う。□

――――――――
◎イラン大統領と最高指導者がツイッターでクリスマス祝福

 【CJC=東京】イランのハッサン・ローハニ大統領は12月25日、クリス
マス記念メッセージを投稿サイト『ツイッター』に掲載した。米CNNテレビが
報じた。
 ローハニ大統領の公式アカウントには、「愛と平和の預言者、イエス・キリス
トの祝福がありますように。メリークリスマス。特にイランのキリスト者へ」と
のメッセージが掲載された。
 同国の最高指導者セイエド・アリー・ハメネイ師のツイッターにも、「イエス
・キリストはまぎれもなく、敬虔なキリスト者と同様、イスラム教徒にとっても
尊い存在だ」と書き込まれた。さらに「マリアの子、イエス・キリストは、神の
恩寵と祝福と導きの使者だった」とツイートしている。
 モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相も、ツイッターに「クリスマスの精
神が来る年に喜びと平和、共感、思いやりをもたらしますように」とのメッセー
ジを寄せた。
 ローハニ大統領とハメネイ師のツイートを実際に投稿しているのが誰なのかは
不明だ。ザリーフ外相は英語が堪能で、ツイートは自分で書いているという。□

――――――――
◎アサド大統領が教皇に書簡、和平会議に向け立場説明か

 【CJC=東京】シリアのバッシャール・アル=アサド大統領が、カトリック
教会のフランシスコ教皇に書簡を送った。2011年に内戦勃発以来、大統領が
教皇に書簡を送るのは初めて。
 シリアのヨセフ・スウェイド国務相ら外交使節団が12月28日、バチカン
(ローマ教皇庁)で国務省長官のピエトロ・パロリン大司教と会談した際、使節
団が持参した書簡を手渡した。シリア政府の姿勢を説明しているという。詳しい
内容は明らかにされなかったが、国営シリア・アラブ通信によると、1月22日
からスイスで開かれる和平会議「ジュネーブ2」にアサド政権として参加の用意
を示したという。
 バチカン広報事務所長のフェデリコ・ロンバルディ神父も、パロリン国務長官
が、シリアのスウェイド国務相ら外交使節団と会談したことを明らかにした。会
談には外務局長のドミニク・マンベルティ大司教も同席した。
 バチカンはジュネーブ2には参加しないが、教皇フランシスコは、シリアでの
戦闘の終結と人道支援の実現を強く訴えており、クリスマス・メッセージでも言
及している。
 反政府勢力を支持し、行方不明となっているイタリア人イエズス会士パオロ・
ダログリオ神父の消息への懸念もバチカン側は表明したものと見られる。□

――――――――
◎イラク首都のキリスト者地区で爆発

 【CJC=東京】イラクの首都バグダッド南部のキリスト者が多いドーラ地区
で12月25日、教会付近や市場で自動車爆弾などが爆発し、ロイター通信によ
ると、少なくとも24人が死亡した。教会でクリスマスのミサが行われた後で、
犠牲者のほとんどがキリスト者という。犯行声明は出ていない。
 イラク人口の9割以上はイスラム教徒だが、キリスト者も40万~60万人い
ると見られる。□

――――――――
◎「政教分離」徹底に米国で反発も

 【CJC=東京】サンタは既に世界中の子どもたちにプレゼントを配り終わっ
たかもしれないが、米国では一部の議員や保守団体はなお、「クリスマスを妨害
する試み」と見なす動きへの警告を続けている。
 「クリスマス戦争」とも呼ばれるこの動きは、「メリークリスマス」と書かれ
たカードの代わりに。「ハッピー・ホリディズ」だとか「シーズンズ・グリーテ
ィング」と書かれたカードが使われることでも分かる。
 テキサス州では、学校の子どもたちが退役軍人たちに「メリークリスマス」と
書かれたカードを渡そうとしたところ、特定の宗教の言葉を禁じた規則に反する
として復員軍人援護局に拒否されるという出来事があった、とAFP通信。バラ
ク・オバマ大統領の公式なカードにもクリスマスへの言及はない。
 共和党のダグ・ランボーン下院議員(コロラド州)ら37議員は、このような
動きをクリスマスに対する攻撃と見なし、「クリスマスのシンボルと伝統は、そ
れを祝う人々が使うために保護されるべきだ」とする決議案を提出した。
 拘束力のないこの決議案の提出には民主党議員2人も加わった。その1人ニッ
ク・レイホール下院議員(ウエストバージニア州)は、「『メリークリスマス』
という由緒あるあいさつの言葉を、『ハッピーホリデーズ』などといった空虚な
言葉に置き換えるなんて、ばかばかしいの一言に尽きる」と言う。
 ランボーン議員はクリスマスイブの12月24日、FOXニュースに対し、
「声高に意見を主張する少数派が、クリスマスを祝いたい残りの人々に対して腹
を立てている」と述べ、「こういった禁止措置に甘んじてはいけない」と世間に
呼び掛けた。
 だが、FOXニュースの番組に出演した著名テレビ伝道師でテキサス州ヒュー
ストンにある全米最大のメガチャーチ『レイクウッド教会』のジョエル・オステ
ィーン牧師は、こうした見方に対して冷静な姿勢。クリスマスから宗教的な意味
合いをなくしたいと考える特定の団体があると指摘した上で、「私はそれほど心
配していない」と述べ、「誰もが私と同じように信仰をしているわけではない。
この国にいる全員がキリスト者というわけではない」と加えた、とAFP通信は
報じている。□

――――――――
◎教皇フランシスコ教皇は米信者にも高い人気

 【CJC=東京】世界のカトリック信者約12億人の頂点に立つ教皇フランシ
スコは、米国でも高い支持を得ていることが、CNNテレビと調査機関『ORC
インターナショナル』が12月24日に発表した世論調査結果で分かった。
 回答者のカトリック信者のうち88%がフランシスコ教皇の実績を評価すると
答え、ほぼ4人中3人が教皇に好感を持っていると回答した。米国人の教皇に対
する好感度としては過去最高。
 人工妊娠中絶や同性愛といった問題に関心を向けていることについてもほぼ3
分の2が評価したほか、85%は教皇を「極端なリベラルでも極端な保守でもな
い」と評し、「現代社会に沿っている」も86%に上っている。□

――――――――
《短信》

〇新旧教皇が互いに「メリークリスマス」
 教皇フランシスコ(77)がクリスマスを前に12月23日、前教皇ベネディ
クト16世(86)と面会した。
 教皇は、ベネディクト16世が居住しているバチカン庭園内の観想修道院マー
テル・エクレジエを訪れ、約30分間滞在。互いに「メリークリスマス」とあい
さつし、教皇は「元気な姿を見れてうれしく思う」とベネディクト16世に話し
たという。(CJC)

〇反プーチンのバンド女性2人に恩赦
 インターファクス通信によると、ロシア正教会の聖堂でウラジーミル・プーチ
ン大統領らを批判する歌を歌ったとして、暴徒行為罪で服役していたパンクバン
ド『プッシー・ライオット』のメンバー2人が12月23日、恩赦によって釈放
された。
 釈放されたメンバーはマリヤ・アリョヒナさん(25)とナジェージダ・トロ
コンニコワさん(24)。アリョヒナさんは「恩赦は人道的な措置ではなく、P
Rだ。断れるなら断っていた」と語ったという。(CJC)

――――――――
《メディア展望》
 キリスト教界各紙は年末休刊しています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress★gmail.comまで。(送信の際は★印を @ に変更してください)
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――




skjweekly at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月23日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1196信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)    2013年12月23日(月)    第1196信 ☆
====================================

           = 目 次 =
     ▼教皇が3月25日にイスラエル訪問へ
     ▼降誕教会修復は自治政府の各派仲介から
     ▼クリスマス祝わなくても処女降誕信じる
     ▼教皇の見解の多くに同意、とモスクワ総主教
     ▼中央アフリカ抗争2日間で1000人殺害
     ▼タグレ枢機卿が被災地復興へ団結呼び掛け
     ▼聴覚障害者は告解をコンピューターで
     ▼前聖公会修道女のための修道院が元旦に発足
     ▼教皇が誕生日朝食会にホームレス男性ら招待
     ▼イタリアでホームレス向け「ミシュラン」
     ▼サンピエトロ広場で男性が焼身自殺図る
     ▼韓国エキュメニカル運動指導者の姜文奎氏死去
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇が3月25日にイスラエル訪問へ

 【CJC=東京】教皇フランシスコが3月25、26の両日、イスラエルを訪
問する、とイスラエル当局が発表した。バチカン(ローマ教皇庁)はまだ正式発
表していない。
 イスラエル筋によると、バチカン側はすでに教皇訪問の詳細を詰めており、パ
レスチナ自治区へも立ち寄ることにしている。その場合、ベツレヘムでミサを行
うものと見られる。教皇はエルサレムでもミサを行う予定。□

――――――――
◎降誕教会修復は自治政府の各派仲介から

 【CJC=東京】ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムの降誕教会で
「4世紀の建立以来、最大規模」の修復作業が行われている。
 老朽化した天井からの水漏れで、教会の建物やモザイク画に被害が出ているが、
修復作業は長年、放置されてきた。理由として挙げられるのが、降誕教会の管理
権を分け合うキリスト教の各宗派の対立。現在はローマ・カトリック教会、東方
正教会、アルメニア使徒教会が区分所有・共同管理しており、各派が作業実施で
合意できなかった。
 パレスチナ自治政府が各派間の仲介を進めて来たが、今回の修復が実現したの
は、2011年6月に『国連教育科学文化機関』(ユネスコ)世界遺産委員会に
よって、早急な保護が求められる危機遺産として『世界遺産』登録が認められた
ことと共に、イタリアの専門家がハイテク技術を駆使して調査した結果、緊急修
復が必要としたため。
 時事通信によると、バンダク自治政府議長補佐官(キリスト教担当)は「建立
以来、これほどの規模の修復計画はなかった」と評価する。
 第1期の工事は今年9月に始まり、1年で天井と窓を修復する。それ以降も入
り口や外壁などの修復を数年かけて順次行う計画という。□

――――――――
◎クリスマス祝わなくても処女降誕信じる

 【CJC=東京】米国ではクリスマスを宗教的な休日として家庭で祝っている
人の91%がイエスは処女マリアから生まれたと理解しているだけでなく、贈り
物など家庭でクリスマスを祝ったり、クリスマスを祝わない人でも51%が処女
降誕を信じていることが分かった。
 キリスト教専門調査機関『ピュー・リサーチ・センター』がクリスマスを目前
に12月上旬、2001人を対象に調査した結果だ。
 クリスマスを苦手とする人の多くが商業化をあげている。物質主義がいやとす
る人が3分の1、2割が支出が重荷としており、ショッピングを好まず、モール
や店が混雑するのを嫌う人も1割。□

――――――――
◎教皇の見解の多くに同意、とモスクワ総主教

 【CJC=東京】ロシア正教会の最高指導者キリル総主教は、教皇フランシス
コが着座以来示した見解の多くに賛意を表した。
 「わたしたちは、教皇フランシスコ選出に大きな期待を寄せている。それは、
教会、世界、社会に対し教皇が今日明言し、示唆していることがわたしたちのビ
ジョンと一致するからだ」とキリル総主教は、バチカン(ローマ教皇庁)キリス
ト教一致推進評議会議長のクルト・コッホ枢機卿とモスクワで会談した際、語っ
た。ロシアのインターファクス通信が報じた。
 コッホ枢機卿は18日、アレクセイ・メシュコフ外務次官とも会談した。
 11月には、文化評議会名誉議長のポール・プパール枢機卿、ミラノ大司教の
アンジェロ・スコラ枢機卿、家庭評議会議長のビンチェンツォ・パリア大司教が
モスクワを訪問しており、外交関係、両教会間の関係進展をうかがわせる。□

――――――――
◎中央アフリカ抗争2日間で1000人殺害

 【CJC=東京】イスラム教徒とキリスト者間の対立に起因する戦闘で2日間
に約1000人が殺害された、と国際人権団体『アムネスティ・インターナショ
ナル』が報告書を発表した。これまで国連は、衝突による死者をバンギで約45
0人、国内その他で150人と推計していた。AFP通信が報じた。
 アムネスティの調査報告によると、バンギでは12月初め、キリスト教系の民
兵組織『反バラカ』がイスラム教徒の住宅を1戸ずつ襲撃し、約男性60人を殺
害した。
 これに対する報復として、イスラム教系の武装勢力連合『セレカ』が2日間で
1000人近くを殺害し、民家を組織的に略奪したという。
 キリスト者が過半数を占める中央アフリカでは3月に、反政府勢力『セレカ』
がクーデターで実権を握って以来、国内では混乱が続き、『セレカ』による暴力
事件やレイプ、虐殺などに対抗するためキリスト教系住民が自警団を結成、抗争
が激化している。□

――――――――
◎タグレ枢機卿が被災地復興へ団結呼び掛け

 【CJC=東京】フィリピンの邦字紙『マニラ新聞』によると、同国カトリッ
ク司教協議会(CBCP)のルイス・アントニオ・タグレ枢機卿(マニラ大司教)
は12月22日、クリスマスに向けたメッセージを発表した。台風「ヨランダ」
(国際名は「ハイヤン」)の被災地復興に向け「今年のクリスマスは一致団結を
しなければならない」と呼び掛けている。
 枢機卿は、がれきの山と化した被災地の状況に触れ「今年はクリスマスの真の
意味を理解する初めての機会になるだろう。一致団結という行為は、価値観の見
直しや自己を反省する時に必要になる」と強調した。□

――――――――
◎聴覚障害者は告解をコンピューターで

 【CJC=東京】聴覚障害があり、話すことが出来ない信者でもノートパソコ
ンを使えば告解出来るのでは、と『聖ダミアンの告解室』を米アリゾナ州フェニ
ックス在住のロムアルド・ザントゥア司祭が考案した。
 同司祭はフィリピンで『希望の使徒』共同体を開設するなど活躍し、現在は引
退して米アリゾナ州フェニックス在住。
 『聖ダミアンの告解室』の目的は、聴罪司祭とのコミュニケーションを円滑に
すること。米国では手話でコミュニケーションしようとしている人が約50万人
と推定されている。一方で「手話の訓練を受けていない司祭がほとんど」と言う。
 特別なソフトウエアを組み込んだパソコン2台を特定の告解室の机に置いて、
告解者と司祭が相互に文章を打ち込むと、双方の画面に映し出される。告解が終
わると、それまでの文章は全部消去される仕組み。
 『聴覚障害者のための全国カトリック事務所』(NCOD)と『身体障害者に
関する全国カトリック・パートナーシップ』(NCPD)がシステム改善に協力
した。
 教会法では、聴覚障害者が手書きの文字でやり取りするか、認定された通訳を
通じることは認められているが、とにかく告解は人と人との間で直接行われるこ
とを前提としている。
 米国では、文章を手書きすることはほとんど行われていない。「書く」より
「打つ」社会なのだ。通訳もいつどこでも待機しているわけではない。手話の出
来る司祭は今後も求められるだろうが、その司祭もいない時の代替手段になるの
が、このシステムの目指すところ。聖座(バチカン)の承認を早く得たいと同司
祭たちは願っている。
 『聖ダミアンの告解室』と名付けられた由来の聖ダミアンは、ハワイ・モロカ
イ島に隔離されたハンセン氏病患者への宣教にあたり、自身も発病した。モロカ
イ島からの移動を禁止され、告解が出来ない困難にも苦しめられた。□

――――――――
◎前聖公会修道女のための修道院が元旦に発足

 【CJC=東京】前教皇ベネディクト16世が2012年、カトリック教会と
の関係を復活させた聖公会司祭・信徒のための組織オルディナリアーテを制定し
たが、前聖公会修道女のための自律修道院『聖母マリアの姉妹会』が、新年元日
に英中西部バーミンガムで発足する。
 聖公会を離脱した修道女10人がカトリック教会に受け入れられたのは201
3年の元日。8月以来、同地で共同生活を始めていた。□

――――――――
◎教皇が誕生日朝食会にホームレス男性ら招待

 【CJC=東京】バチカン放送によると、教皇フランシスコが77歳の誕生日
を迎えた12月17日、ホームレスの男性4人をミサと朝食会に招待した。また
同放送は、教皇の誕生日を祝って、アルゼンチン出身の教皇が好んでいる同国の
歌手、カルロス・ガルデルのタンゴの曲を放送した。
 朝食会が開かれたのは、教皇が3月に就任して以来、滞在しているバチカン
(ローマ教皇庁)内の宿泊施設『サンタ・マルタ館』。雰囲気は「とても和やか
だった」という。
 招かれたホームレスは、サンピエトロ広場周辺で寝泊まりしている数十人のう
ちの4人。バチカンは、教皇がホームレスの男性と話している写真を公開した。
 朝食会には教皇庁の職員やその家族らも出席。病気療養から復帰、活動をたピ
エトロ・パロリン国務長官も出席し、教皇に誕生日のお祝いを伝えた。□

――――――――
◎イタリアでホームレス向け「ミシュラン」

 【CJC=東京】イタリアのカトリック団体『聖エジディオ共同体』は12月
19日、無料で食事ができる情報をまとめたガイドブックを発行した。現地メデ
ィアが「貧者向けミシュランガイド」と呼ぶガイドブック、最新の2014年版
は全227ページ、1万3000部が刷られた、とロイター通信は報じている。
 経済危機で首都ローマではホームレスが増えている。ガイドブックには、炊き
出しなどを行っている施設68カ所、宿泊可能な保護施設42カ所、入浴施設1
6カ所のほか、診療やカウンセリングを受けられる場所も掲載されている。
 『聖エジディオ共同体』によると、ローマ市内のホームレスは約8000人で、
過去数年で約10%増えたという。□

――――――――
◎サンピエトロ広場で男性が焼身自殺図る

 【CJC=東京】バチカン市国のサンピエトロ広場で12月19日、イタリア
人男性(50)が焼身自殺を図った。警察とバチカン(ローマ教皇庁)によると
男性は病院に運ばれたが、全身の5割以上をやけどしており重症だという。
 AFP通信によると、この男性は、大聖堂前から延びるメーンストリート「和
解の道」近くにあるバチカン運営のサント・スピリト病院に清掃作業員として勤
務しており、前日18日には家庭内で大きなもめ事があったという。また別の病
院で持病の治療を受けており、現場には娘の電話番号を記したメモが残されてい
たという。□

――――――――
◎韓国エキュメニカル運動指導者の姜文奎氏死去

 【CJC=東京】韓国のエキュメニカル運動に貢献した姜文奎(カン・ムンキ
ュ)元韓国YMCA総主事が12月18日、ソウルで死去した。83歳。
 1998年から2006年までアジアを代表して世界教会協議会会長を務めた。


――――――――
≪短信≫

〇建築家の安藤忠雄に「フランス芸術文化勲章・コマンドゥール」
 フランス文化省は、芸術や文学において傑出した功績のあった人物に授与する
「フランス芸術文化勲章・コマンドゥール」の対象者に、大阪・茨木市の「光の
教会」、東京都・表参道の「表参道ヒルズ」などを手がけた建築家・安藤忠雄を
選定した。(CJC)

〇米NBCが『ザ・バイブル』続編を2015年に放送へ
 聖書の挿話をドラマ化し、全米で反響を呼んだヒストリー・チャンネルのミニ
シリーズ『ザ・バイブル』の続編『AD』がネットワーク局NBCで2015年
に放送されることが明らかになった。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月22日)=http://www.cwjpn.com
★教皇=「飢餓なくす行動を」=国際カリタスの活動を支持
★「特定秘密保護法」=宗教者の反対続く
★難民移住移動者委が声明=一斉送還に抗議
★「ザビエル聖堂」献堂=鹿児島から福岡・宗像に
★子どもを癒やす食育=「フランシスコの町」=児童養護施設=群馬・高崎

 =キリスト新聞(12月25日)=http://www.kirishin.com
★神に栄光を帰すること=遺族への本当の慰めに=キリスト教葬儀の現場から、
奥田幸平氏講演
★特定秘密保護法が成立=強硬採決に牧師・司教ら抗議
★日基教団伝道推進室=説教者・講師を派遣へ
★小林晃氏、政教分離・信教の自由を強調=〝教会こそ「靖国問題」に敏感に〟
=東京関東キリスト者平和の会
★クリスマス漫画を無料提供=伝道団体「ワンホープ日本」

 =クリスチャン新聞(12月22日・29日)=http://jpnews.org
★特定秘密保護法 強行可決=「たとい法令にそむいても」否=同日、廃止めざ
す牧師の会立ち上げ
★日本同盟基督教団=時代逆行に抗し 緊急祈祷会
★帝国主義化する国際環境にキリスト教の可能性を探る=聖学院大学=佐藤優氏
「イエスはキリスト」と告白がカギ=姜尚中氏「底辺からのアソシエーション」

★秘密保護法衆院通過の日=国会クリスマスに石破氏=藤田幸久氏「こんな日こ
そ必要」
★仮設で手作りキルトのクリスマスin石巻

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress★gmail.comまで。(送信の際は★印を @ に変更してください)
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――




skjweekly at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月16日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1195信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)    2013年12月16日(月)    第1195信 ☆
====================================

           = 目 次 =
     ▼教皇が米誌『タイム』の「今年の人」に
     ▼「兄弟愛は平和の基礎」と教皇メッセージ
     ▼イスラム教徒殺害でキリスト者に終身刑=エジプト
     ▼シリアで修道女12人拘束続く
     ▼ベツレヘムの『降誕教会』が修復中
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇が米誌『タイム』の「今年の人」に

 【CJC=東京】米ニュース週刊誌『タイム』は12月11日、年末恒例企画
の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」(今年の人)に、中南米出身としては初めて、
3月に着座した教皇フランシスコを選んだと発表した。教皇は、12月23日増
大号の表紙を飾っている。
 同誌は選定の理由として「この1200年でヨーロッパ出身以外の教皇」であ
ることを挙げている。ナンシー・ギブズ編集長は教皇フランシスコが「世界最大
の組織の一つである同教会の雰囲気や意識、優先する課題を劇的に変えた」とし
て、「世界という劇場で新人俳優が、老いも若きも、信者も懐疑派も含めてこれ
ほど多くから、これほど早く注目されるようになるのは、極めてまれなこと」と
指摘する。
 「この9カ月、富と貧困、公正と正義、透明さ、近代化、グローバリゼーショ
ン、女性の役割、結婚の本質、権力の誘惑など、現代に交わされる会話のまさに
中心に、彼は自分を置いた」と言う。
 バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所長のフェデリコ・ロンバルディ神父は1
1日、国際的なメディアの最も権威ある認定が「霊的、宗教的、倫理的価値を公
言し、平和とより大きな正義のために力強く語りかける人」に行われたことを評
価し、「教皇は名声や成功を求める人ではないが、もし多くの人がそのメッセー
ジを理解してくれたということであれば喜んでいると思う」とコメントした。
 「今年の人」の最終候補には、米中央情報局(CIA)元職員で、米英情報機
関の通信傍受に関する機密文書を暴露したエドワード・ジョセフ・スノーデン氏
やシリアのバッシャール・ハーフィズ・アル=アサド大統領、米国の同性愛運動
家エディス・ウインザー氏、テキサス州選出のテッド・クルーズ米上院議員の名
が上がっていた。
 『タイム』誌は、「今年の人」にこれまで教皇を2人選定している。1994
年はヨハネ・パウロ2世、63年はヨハネス23世だった。□

――――――――
◎「兄弟愛は平和の基礎」と教皇メッセージ

 【CJC=東京】2014年度『世界平和の日』に向けた教皇フランシスコの
メッセージが12月12日、バチカン(ローマ教皇庁)から発表された。カトリ
ック教会は、毎年1月1日を「世界平和の日」とし、戦争や分裂、憎しみや飢餓
などのない平和な世界が来るように祈る。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇フランシスコの初めての「世界
平和の日メッセージ」のテーマは、「平和の基礎、道としての兄弟愛」(仮訳)。
 全10章からなるメッセージを通して、教皇は「兄弟愛」のないところに正し
い社会と永続的平和を築くことはできないと説くと共に、暴力と死をもたらす者
たちに武器を捨てるようアピールしている。
 教皇は「兄弟愛」を人間の本質的側面として示しながら、人間同士の真の兄弟
愛には超越的な父性、すなわち神の父性が必要であると指摘。
 今日、兄弟愛への召命は「無関心のグローバル化」によって脅かされ、その無
関心はわたしたちを他人の苦しみに慣れさせ、自分の殻の中に閉じこもらせよう
としていると、教皇は警告している。
 今日の経済危機は、人間が神から遠ざかり、物質的な富の飽くなき追求に走っ
た結果であり、また人と人、共同体関係の疲弊に原因するものと教皇は明言。こ
の危機を経済発展モデルを再考し、生活スタイルを見直すきっかけとするよう勧
めている。
 さらに教皇は「兄弟愛は戦争の火を消す」とし、武力闘争を止め、相手と向き
合い、双方に正義・信頼・希望を育てるために、対話・赦し・和解の道をとるよ
う招いている。そして、ただ敵であると思っている相手が、自分の兄弟であるこ
とを発見し、上げた手を下ろすよう説いている。同時に教皇は、核兵器・化学兵
器をはじめ、あらゆる方面での軍縮を願っている。
 加えて、様々な形の社会的腐敗、組織的犯罪に見られるエゴイズムを教皇は非
難しつつ、これらは神を冒涜し、兄弟を苦しめ、被造物を破壊するものと述べて
いる。そして、今日の悲劇として、麻薬や、搾取的労働、人身売買、未成年虐待、
受刑者らの劣悪な環境などにも言及している。
 最後に、教皇は兄弟愛が自然を守り育てることに貢献すると説き、強欲や支配
的な傲慢をもって自然を扱わず、自然を無償の贈り物として大切にし、それを兄
弟への奉仕に役立てるよう呼びかけている。□

――――――――
◎イスラム教徒殺害でキリスト者に終身刑=エジプト

 【CJC=東京】エジプト北部カルビヤの刑事裁判所が、イスラム教徒1人を
殺害したとして、キリスト者3人に有罪判決を出した。カイロ近郊コスースでこ
の4月に発生した事件はキリスト者側に死者9人を出すなど、2013年に発生
した宗教紛争の中で、最悪の事件だったが、その犯人は逮捕されていない
 キリスト者被告3人のうち、ハニ・ファルーク・アワド氏には終身禁固刑、他
の2人には禁固15年が言い渡された。キリスト者の財産を略奪したとしてイス
ラム教徒9人が5年未満の禁固刑に処せられた。
 エジプトのキリスト者は総人口の約1割を占めているが、差別や宗派的抗争に
巻き込まれるケースが続発している。□

――――――――
◎シリアで修道女12人拘束続く

 【CJC=東京】シリアのダマスカス北方マアロウラで『聖テクラ』修道会の
修道女12人が12月2日拉致された。現地はキリスト者が多数居住する地域で、
宗教間対立の一環として拉致されたと見られる。教皇フランシスコは、解放を繰
り返し訴えている。
 カトリック慈善団体『教会緊急援助』とのインタビューで、シリア正教会のア
ルネメ主教は、修道女たちからの連絡がない、と語っている。情報では、修道女
たちはマアロウラから約20キロ離れたヤブルドにいる模様。
 同主教は、「修道女の即時解放を要請する。誰にも何も危害を与えていない。
体制側にも反対側にも組みしておらず、修道院では、戦禍を受けた難民をイスラ
ム教徒でも誰でも、宗教と関係なく援助している」と語った。
 メルキト典礼ギリシャ・カトリック教会の指導者グレゴリオス3世も修道女解
放を訴え、ギリシャ正教会総主教ヨハネ10世(アンテオケ)の手に即時委ねる
べきだ、と言う。
 グレゴリオス3世もアルネメ主教も、今年3月にアレッポ付近で拉致された総
主教の兄弟パウル・ヤジギ大主教とヨハネ・イブラヒム大主教の所在が今も不明
だ、と指摘する。
 アルネメ主教は、シリア紛争でキリスト者の受けた被害が大きいと言う。自ら
主教座を置くホムズでキリスト者3000人が犠牲となっており、さらに10万
人が脱出せざるを得なくなり、教会堂も多数破壊された、と述べている。
 シリア市民は戦争に疲れはてた、とアルメネ主教は「これが革命だとか改革だ、
さらには明確な基盤の上に新しい国家を設けるのだ、などとは誰も信じてはいな
い」と言う。
 今では1月にジュネーブで開かれる平和会議に希望を託すだけだとして、そこ
で紛争解決が図られ、正義と平和への希望がもたらされるのではないか、と期待
する人は多い。□

――――――――
◎ベツレヘムの『降誕教会』が修復中

 【CJC=東京】今年のクリスマスにヨルダン川西岸ベツレヘムに巡礼する人
たちには、イエス・キリストが生まれたとされる『降誕教会』(聖誕教会)が9
月から修復に入っており、不便さが増すことになるかも知れない。
 ただ作業員たちは、巡礼や観光客の通行や安全の妨げにならないよう慎重に進
めている、と言うのは現場責任者のアフィフ・トゥウエメ氏。
 『降誕教会』の保存状態のは急速に悪化している。天井や窓からの漏水は、モ
ザイク、床面、フレスコ画などへの浸食が著しい。今回の修復は、危機遺産指定
と共に、イタリアの専門家がハイテク技術を駆使して調査した結果、緊急修復が
必要とされたため。
 AP通信によると、修復費用は第1段階で約300万米ドル(1米ドルは約1
30円)と見積もられ、パレスチナ自治政府が100万米ドル相当を負担、民間
が80万ドルを拠出、残りは仏、露、ハンガリー、ギリシャなどが援助するとい
う。
 イエスが生まれたとされる洞穴を中心として、その上に4世紀に建設された聖
堂を、現在はローマ・カトリック教会、東方正教会、アルメニア使徒教会が区分
所有・共同管理しているが、権益を巡って対立が絶えず、聖職者同士の乱闘に発
展することも再三だ。
 『降誕教会』と関連資産群は、2011年6月に国連教育科学文化機関(ユネ
スコ)世界遺産委員会によって、早急な保護が求められる危機遺産として『世界
遺産』登録が認められた。投票は賛成13、反対6だった。
 パレスチナは前年10月、ユネスコに正式加盟しており、『降誕教会』を、イ
スラエルによる占領の影響で維持・補修が困難になっているとして、「国家」の
立場で危機遺産登録を申請したもの。登録は、イスラエル占領地の一部をユネス
コが「パレスチナ領」と認めたことになるので、イスラエルと米国はともに反対
票を投じた経緯がある。□

――――――――
≪短信≫

〇バチカンでツリーの点灯式
 バチカンで12月13日、クリスマスツリーの点灯式が行われた。高さ約25
メートルの今年のツリーはドイツ・バイエルン州ヴァルトミュンヘンから贈られ
たモミ。(CJC)

〇ハーレムで火事、教会や葬祭場にも被害
 12月13日夕、ニューヨーク市北部のハーレムのヘアサロンから出火した。
(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月15日)=http://www.cwjpn.com
★永遠のいのち―希望の源=「人生を照らす光」=教皇フランシスコ、一般謁見

★2015年は奉献生活の年=教皇 男子修道会総長らに語る
★「日本の信徒発見の聖母」=日本固有の祝日へ=教皇庁典礼秘跡省が承認
★東ティモールの浦善孝神父=「若い国」に学校を=貧しい若者 大切に育てる
★イエスの名刺=広がる「宣教」ツール

 =キリスト新聞(12月14日)=http://www.kirishin.com
★「福音主義」の歴史検証=日本福音主義神学会=「民主主義の危機に時代見つ
め」中村敏氏・「戦争経験と悔い改め原点に」山口陽一氏
★聖書協会世界連盟・カトリック聖書連合会=聖書出版・家庭伝道へ一致して=
合同会議に日本から渡部信氏
★〝原発輸出にストップを〟=大阪で超教派の反原発シンポ
★世界AIDS・DAY記念礼拝=〝HIV感染への偏見をなくそう〟
★「信仰年」終わりにあたり=教皇が使徒的勧告発表

 =クリスチャン新聞(12月15日・休刊)=http://jpnews.org

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress★gmail.comまで。(送信の際は★印を @ に変更してください)
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月09日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1194信

┏週刊━━━━━
┃世界
┃キリスト教
┃情報No.1194
┗━━━━━━━
 2013.12.9
(連絡先:cjcpress@gmail.com)

= 目 次 =
▼アパルトヘイト撤廃を主導したマンデラ元大統領死去
▽マンデラ氏死去に教皇や英女王が弔意
▽マンデラ氏10日に追悼式、15日に故郷で葬儀
▼国連安保理が中央アフリカへ3600人規模の部隊増派
▼独大統領が、人権政策に抗議しソチ五輪欠席
▼聖職者の性的虐待問題でバチカン諮問委員会設置
▼教皇フランシスコも「かつてバーの用心棒」
▼「切迫流産でも治療拒否」と、米女性がカトリック教会提訴
▼グーテンベルク聖書の画像がネットで公開
  ▼《短信》
  ▼《メディア展望》

――――――――
◎アパルトヘイト撤廃を主導したマンデラ元大統領死去

 【CJC=東京】南アフリカ共和国初の黒人大統領、ネルソン・マンデラ氏が12月5日、ヨハネスブルクの自宅で死去した。95歳。アパルトヘイト(人種隔離)撤廃を主導、人種によって分断されていた南アを統一したことで知られる同氏は、世界の人種的融和の象徴的存在となり、1993年にはノーベル平和賞をフレデリック・ウィレム・デクラーク元大統領と共同受賞した。
 同国のジェイコブ・ズマ大統領は国営テレビの演説で、マンデラ氏が「安らかに旅立った」とし、「非常に悲しい瞬間だ。わが国は最も偉大な息子を失った」と述べた。
 同氏は30年近く投獄されていた間に結核を患っている。同氏は肺感染症治療のため今年9月まで3カ月間入院するなど、長く闘病生活を送っていた。9月の退院後、南ア当局は、マンデラ氏が「重体だが、安定した」容体だと述べていた。しかしマンデラ氏の一部の家族は、同氏の容体が最近数日間、危険な状態にあると認めていた。□

◎マンデラ氏死去に教皇や英女王が弔意

 【CJC=東京】南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の死去について、バチカン(ローマ教皇庁)、国連や英王室からも哀悼の言葉が続いている。
 教皇フランシスコは12月6日、ジェイコブ・ズマ南ア大統領に弔電を送った。バチカンが発表した。教皇は弔電の中で「マンデラ元大統領は非暴力と和解、真実を礎に新生南アを造った。南アの人々が元大統領を範に正義と善を前面に打ち出すよう期待する」と述べた。
 英国のエリザベス女王は、「マンデラ氏と会ったときに感じた素晴らしい温かさを記憶している。彼は国のために懸命な努力を重ね、その遺産として、我々は今、南アに平和をみることができる」との声明を発表した。チャールズ皇太子も「彼は平和、正義、自由のために闘い、それによって人生を変えられた人は多い。彼の死は、そうした人々に大きな悲しみとなるだろう」と述べた。
 国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は5日、緊急に開いた記者会見で「正義の巨人だった。世界中の多くの人が、彼の無私無欲の闘いに多大な影響を受けた」と業績を評価した。
 一方、南アフリカ出身のナバネセム・ピレイ国連人権高等弁務官は6日、マンデラ氏について「おそらく同時代の最も偉大な精神的指導者だった」との声明を出して死を悼んだ。
 ピレイ氏は南アで弁護士として反アパルトヘイト活動家の弁護を担当。95年にマンデラ元大統領から黒人女性初の南ア高裁判事に任命された。
 オバマ米大統領は5日、ホワイトハウスで声明を読み上げ、「最も大きな影響力と勇気を持ち、この地球上の誰もが共有する深き良き人間性をそなえた人物を失った」とその死を悼んだ。オバマ大統領は「私の最初の政治的行動はアパルトヘイトに反対することだった」と自らの青年時代を回想し、「彼が刑務所から釈放された日、人間は恐怖ではなく希望に導かれることで何事かを成すのだと感じた」と自らの人生に与えた影響の大きさに言及した。
 中国の習近平国家主席は6日、南アのズマ大統領へ弔電を送り、「中国政府や国民を代表し、個人としても深い哀悼の意を表する」とのコメントを発表した。□

◎マンデラ氏10日に追悼式、15日に故郷で葬儀

 【CJC=東京】南アフリカ初の黒人大統領だったネルソン・マンデラ氏の死去を受け、同国各地の教会や礼拝所には12月8日、大勢の国民が集まり、祈りをささげた。
 マンデラ氏の葬儀は15日、故郷である東ケープ州のクヌ村で行われる。これに先立ち、ヨハネスブルクのサッカースタジアムで10日に追悼式を行う予定。□

――――――――
◎国連安保理が中央アフリカへ3600人規模の部隊増派

 【CJC=東京】国連安保理は12月5日、武装集団の抗争が続く中央アフリカ共和国に、アフリカ諸国による平和維持部隊の増派を認める決議を全会一致で採択した。
 中央アフリカではイスラム、キリスト両教徒間で暴力の応酬が激しさを増している。□

――――――――
◎独大統領が、人権政策に抗議しソチ五輪欠席

 【CJC=東京】ドイツのヨアヒム・ガウク大統領は、来年2月にロシア南部ソチで開催される冬季五輪の開幕式などを欠席する方針を決め、ロシア政府に伝えた。週刊誌『シュピーゲル』が12月8日報じた。同性愛宣伝禁止法をはじめとするロシアの人権政策に抗議するためという。
 ドイツでは大統領が国家元首。ガウク氏は旧東ドイツ出身で人権派の牧師として活動し、2012年3月に大統領に就任した。大統領就任以来、ロシアには公式訪問していない。
 『シュピーゲル誌』によると、五輪終了後にドイツ選手団を帰途のミュンヘンで出迎える予定。メルケル首相の対応は決まっていないという。□

――――――――
◎聖職者の性的虐待問題でバチカン諮問委員会設置

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、世界各地で発覚したカトリック聖職者による未成年者らへの性的虐待問題に対応するための諮問委員会を設置することを決めた。バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所が12月5日、記者会見で明らかにした。
 委員会構成などは未定。委員会は未成年者を性的虐待から守るための方策や犠牲者への精神的なケア、捜査当局への協力などについてガイドラインを策定し、教皇に提案する。
 今年3月に就任した教皇フランシスコは、この問題に「決然と行動する」よう指示していた。□

――――――――
◎教皇フランシスコも「かつてバーの用心棒」

 【CJC=東京】教皇フランシスコは12月1日、ローマ郊外の教会で信者たちと4時間にわたり歓談したが、その際、自分はかつて出身国のアルゼンチンでナイトクラブの用心棒をしていたと告白した。バチカン(ローマ教皇庁)機関紙『ロッセルバトレ・ロマノ』が報じた。
 教皇は用心棒のほかにも、床の清掃や化学研究所での実験に携わっていたこともあると打ち明けた。作家のクリストファー・ロウニー氏によると、アルゼンチンの枢機卿だった当時は午前5時半に起床して神父たちの衣類の洗濯をしていたという。
 用心棒だった過去については多くを語らなかったものの、文学や心理学を教えていたことが、教会に来る信者を増やした経緯などについて語ったとカトリック系メディアは伝えている。
 フランシスコ教皇は先に、教会改革を呼びかけた中で、「閉じこもって安全にしがみつく不健康な教会よりも、街に出て打たれ、傷つき汚れた教会の方がいい」と訴えていた。また「奇跡を起こせるとしたら何をしたいか」と聞かれ「病気の子供を治したい。苦しんでいる子供たちを見るのがとてもつらいから」と答えた。□

――――――――
◎「切迫流産でも治療拒否」と、米女性がカトリック教会提訴

 【CJC=東京】切迫流産の痛みの中、カトリック教会系の病院から2回自宅に帰された米ミシガン州在住のタマシャ・ミーンズさんが、あらゆる中絶を禁止する治療方針を課しているカトリック司教協議会を相手取り、訴訟を起こした。訴状を提出した『米国自由人権協会』(ACLU)が12月2日、発表した。司教協議会は訴訟についてのコメントを拒否した、とAFP通信が報じた。
 ミーンズさんは2010年12月、妊娠18週に早期破水を起こし、自宅そばにある唯一の病院『マーシー・ヘルス・パートナーズ』に駆け込んだ。
 病院側は妊娠を続けた場合に深刻な感染症に発展する危険性があることを告げず、鎮痛剤だけを渡し、1週間後、通常検診に訪れるよう伝え、ミーンズさんを自宅に帰したという。だがミーンズさんは翌日早朝、病院に再び駆け込んだ。出血と陣痛が始まったからだ。だが発熱が治まるやいなや、ミーンズさんは再び自宅に帰された。
 ミーンズさんはその夜、再び病院に戻った。「痛みと感染症の兆候があった」ものの、病院でできることはないと言われたという。しかし、退院許可書の作成中、胎児の足が子宮頸部から飛び出した。産まれた赤ちゃんは3時間後に死亡した。
 訴状によると、病院側はミーンズさんの事例を調査したものの、胎児の生存能力が確立する前に促進剤を使用して陣痛を起こすことを司教協議会が禁止しているため、陣痛促進剤を使用しなかったことは「適切」な行為だったと結論づけていたという。□

――――――――
◎グーテンベルク聖書の画像がネットで公開

 【CJC=東京】活版印刷の発明者とされているヨハネス・グーテンベルクが、1455年に印刷した聖書のスキャン画像を、バチカン(ローマ教皇庁)がネット上に公開した。
 今回公開された聖書は、バチカン図書館と英オックスフォード大学ボドリアン図書館の提携により、総予算200万ポンド(約3・4億円)を投じ、今後3年間で150万ページをデジタル化しようというものの一環。
 今回デジタル化されたのは、グーテンベルク本人がドイツで印刷工房を稼働させた直後に印刷した1冊だとされている。公開されたスキャン画像は、聖書全体を写したものや、一部の文字のズーム画像なども含めると、全部で668枚にのぼる。ズーム機能や、閲覧履歴機能なども備えられ、グーテンベルク聖書を簡単に見ることができる。
 グーテンベルク自身は、活版印刷技術を用いて世界で初めて印刷聖書を世に送り出した。そのほとんどのページが42行の行組で構成されていることから「四十二行聖書」などとも呼ばれている。
 この聖書原本は現時点で世界に48部が確認されており、バチカン図書館では羊皮紙のもの1部、紙のもの1部の計2部を所蔵している。一方、日本では、慶應義塾大学図書館と東北学院大学シュネイダー記念中央図書館がそれぞれ紙のもの1部を所蔵している。□

――――――――
≪短信≫

〇教皇フランシスコのろう人形がローマで展示へ
 ローマにあるろう人形館『ムゼオ・デレ・チェレ』に教皇フランシスコのろう人形が展示される。予定では12月8日公開。(CJC)


〇ワシントンを今年もラクダが練り歩く
 米ワシントンの連邦議会議事堂脇で12月3日、宣教団体『フェイス・アンド・アクション・イン・ネーションズ・キャピタル』のメンバーらが今年も、イエス・キリストの降誕場面を再現するイベントを行った。本物のラクダやロバ、羊も登場した。(CJC)

〇トリノの『聖骸布』が2015年公開
 北イタリア・トリノのカトリック教会チェザーレ・ノシグリア大司教が12月4日、『トリノの聖骸布』を2015年春から夏にかけて45日間、大聖堂で公開すると発表した。公開は10年春以来。(CJC)

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月8日)=http://www.cwjpn.com
★イエスに忠実なら=教皇フランシスコ=死が訪れる時さえも=安らぎのうちに向き合える
★教皇初の使徒的勧告=宣教する教会を強調
★特定秘密保護法案等めぐり=宗教者ら緊急集会=「いのち守る」ため宗派教団超えて
★聖書協会世界連盟とカトリック聖書連合会=より実践的な協力へ
★難民移住移動者委員会=入管について学習=ミサ中心にした養成の大切さも確認

 =キリスト新聞(12月7日)=http://www.kirishin.com
★〝知る権利〟守ろう=「特定秘密保護法案」衆院通過=宗教者〝戦前の弾圧〟再来懸念
★「特定秘密保護法案」に懸念=国際協力NGO代表らが要請書
★「信教の自由と政教分離」テーマに=〝憲法が国家神道拡大の歯止め〟=新宗連が公開講座
★「るつ記記念基金」=〝貧困克服には教育必要〟=フィリピンの青年支援30年
★〝再審無罪で喜ぶ顔見たい〟=「袴田巖さんを救う会」が署名活動

 =クリスチャン新聞(12月8日)=http://jpnews.org
★JEA宣教フォーラム=フクシマに聴き、応える=「宣教『と』支援」の神学を超え
★第1回Solaチャリティ陸上=スポーツで生きる勇気励ます
★「治安維持法と同じ危険」=「特定秘密保護法案」強行可決=ホーリネス弾圧を経験した2教団 初の共同声明
★クリスチャントゥデイ裁判=名誉棄損“引き分け”=東京地裁=謝罪請求は棄却
★クリスチャントゥデイ裁判=「来臨キリスト」疑惑=真実・相当性を認定=世界的組織の関連が解明

――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お申し込みは
cjcpress★gmail.comまで。(送信の際は★印を@に変更してください)
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――



skjweekly at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月02日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1193信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)    2013年12月2日(月)     第1193信 ☆
====================================

           = 目 次 =
     ▼「信仰年」閉幕ミサで教皇が使徒的勧告『喜びの福音』
     ▼教皇が「からだの復活」をテーマにキリスト教的死を考究
     ▼教皇がプーチン大統領と友好的に会談
     ▼クロアチアが同性婚に「ノー」
     ▼米最古の印刷本が14億円で落札
     ▼「司祭は政治問題に直接関与してはならない」とソウル大司教
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎「信仰年」閉幕ミサで教皇が使徒的勧告『喜びの福音』

 【CJC=東京】カトリック教会典礼暦で「王であるキリスト」の大祝日を迎
えた11月24日、バチカンで「信仰年」の閉幕ミサが教皇フランシスコによっ
て行われた。
 サンピエトロペトロ広場でとり行われた閉幕ミサには、世界各国から約6万人
の信者が参加した。教皇フランシスコを囲み、カトリック東方典礼をはじめ多く
の枢機卿・司教らが儀式を共同司式した。
 ミサでは、初めて使徒ペトロの聖遺物(遺骨)が祭壇にもたらされた。この聖
遺物箱は、普段はバチカン宮殿の教皇官邸の聖堂に保管されている。ミサ中の献
金は、台風で膨大な被害を受けたフィリピンの被災者におくられる。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇はミサの中で、「信仰年」を締
めくくるものとして、使徒的勧告『エヴァンジェリ・ガウディウム』(喜びの福
音)を、5大陸の教会と社会を代表する36人に手渡した。その内容が26日発
表された。
 使徒的勧告は、「福音の喜びは、イエスに出会う人々の心と全人生を満たしま
す」という言葉で始まる。教皇フランシスコは現代の世界に福音を告げるための
考察を展開すると共に、2012年10月にバチカンで開催された「キリスト教
信仰を伝えるための新しい福音宣教」をテーマにした第13回通常シノドス(世
界代表司教会議)の成果を活かし、取り入れている。
 この使徒的勧告で、教皇は「これからの教会の歩みの道のり」を、主に五つの
観点から示した。
 (1)「喜び」に特徴付けられる「福音宣教の新しい一歩」をしるすよう招い
ている。教皇はすべての信者に、自分の人生で体験したイエスの愛、その喜びと
友情を新しい熱意と活力をもって他の人々に告げるよう、キリスト者の恒久の使
命を強調している。
 (2)福音本来の新鮮さを取り戻すことから始まる、「創造力と大胆さをもっ
た刷新」を呼びかけている。このために教皇は、司牧・宣教上の回心と、教会が
より宣教的になるための構造改革の必要を述べている。そして、この司牧的回心
は、小教区、司教、教皇に至るまで及ぶべきものとしつつ、教会の合議性をより
高め、より良い宣教・教会活動のために必要以上の中央集権制、聖職者主義など
を見直し、地方教会の貢献を活かすと共に、信徒や女性の役割を広げることを提
案している。
 (3)「より開かれた、受け入れの心と慈しみある教会」へのアピール。教皇
は教会の扉は開かれているべきとし、教会は慈しみの場であり、断罪の場ではな
い、神は赦すことにおいて疲れを知らないと記している。皆が秘跡に近づきやす
いようにし、教会は「関所」ではなく、誰もが疲れた時に自分の場所を見出せる
「父の家」でなくてはならないとする。福音を告げることにおいて、そこには寄
添いと、尊重、同情、成熟に向けた忍耐があるべきであり、司祭の説教も単なる
道徳主義・教化主義に陥らず、常に希望を与えるものであるよう願っている。
 (4)「対話と出会い」。教皇は他のキリスト教教会、また諸宗教、そして無
宗教の人々との対話を促している。その対話は「明確なアイデンティティーと喜
び」に裏付けられたものであり、福音宣教を曖昧にするものではない。教皇は特
に今日においてイスラム教との対話を、非常に大きな重要性を持つものとして注
目。イスラム伝統国でキリスト教徒の信仰の自由が守られると共に、欧米におい
てイスラム教徒がその自由を享受できるようにと希望されている。
 (5)「教会は預言的な声」であるべきであり、たとえ反対の風潮の中でも、
勇気を持って話すことが要求されるとする点。教皇は教会が「貧しい人のための、
清貧な教会」であるよう説いている。「強者の論理」が勝る現在の経済システム
を根本から正しくないものとして訴え、切捨て、拒否される人々への関心を、政
治家や教会共同体に呼びかけている。教会が守るべき存在として、特に生まれて
くる子どもたちの命、家庭の絆を挙げている。□

――――――――
◎教皇が「からだの復活」をテーマにキリスト教的死を考究

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、バチカンのサンピエトロ広場で11月
27日、水曜恒例の一般接見を行った。
 教皇は、「使徒信条」中の「からだの復活を信じます」という部分を取り上げ、
「からだの復活」には、「イエス・キリストにおいて死ぬこと」と「イエス・キ
リストにおいて復活すること」の二つの側面があることを指摘、当日は前者につ
いて解説した。
 教皇は「死はすべての終わり」という、現代人が陥りやすい「死」に対する誤
った考えは、人間の生を「誕生」と「死」という2面からしか捉えられないこと
より来るものと述べた。
 「イエスの復活は、死の彼方のいのちに対する確信を与えただけでなく、わた
したち一人ひとりの死の神秘をも照らし出した」「イエスと共に生きるならば、
死の過ぎ越しにも、希望と平安をもって向き合うことができる」と、キリスト教
的な死の意味を観想するよう教皇は求めた。
 そして、天の御父のもとでのもう一つのいのちに向けて、死への良き準備をす
るよう教皇は勧め、そのためにも特に祈り、秘跡に近づき、兄弟姉妹への愛徳の
業に励むよう呼びかけた。□

――――――――
◎教皇がプーチン大統領と友好的に会談

 【CJC=東京】教皇フランシスコは11月25日夕、ロシアのウラジミール
・プーチン大統領をバチカン(ローマ教皇庁)に迎え、使徒宮殿で35分にわた
り会談した。ロシアの元首と教皇の会見は初めて。
 会談の内容は、ロシアにおけるキリスト教の貢献を始め、中東事情、特にシリ
ア情勢にもわたった。プーチン大統領は、サンクトペテルブルクで行われたG2
0サミットの際に教皇から送られた書簡に感謝の意を表明した。
 教皇が大統領にバチカン庭園のモザイクを贈ったのに対し、大統領はロシア正
教徒が崇敬するウラジミルのマドンナのイコンを送った。
 バチカン報道事務所長のフェデリコ・ロンバルディ神父は記者会見で、会談は
「友好的」かつ「建設的」だったと指摘した。大統領はモスクワ総主教キリル1
世の挨拶を伝達したが、教皇は謝意を述べたという。教皇のロシア訪問について
は話し合わなかった、と同神父は確認している。□

――――――――
◎クロアチアが同性婚に「ノー」

 【CJC=東京】クロアチアで12月1日、憲法に「結婚は男女間の結び付き」
との定義を盛り込むことの是非を問う国民投票が行われ、賛成66%、反対34
%で承認された。時事通信が報じた。クロアチアはカトリック教徒が人口の9割
近くを占めている。
 政府が同性カップルの権利を拡大する法案を検討したことで、将来の同性婚合
法化につながると懸念したカトリック組織が国民投票の実施に必要な署名を集め
た。
 中道左派の与党や人権団体が差別や人権侵害につながるとして反対票を投じる
よう訴えたのに対し、カトリック教会は「伝統的価値観を守るべきだ」と主張し
て賛成を呼び掛けた。□

――――――――
◎米最古の印刷本が14億円で落札

 【CJC=東京】国際競売会社『サザビーズ』が11月26日、ニューヨーク
で開いたオークションで、『ベイ詩編書』が1420万ドル(約14億5000
万円)で落札された。印刷本のオークション価格としては過去最高値。落札した
のは、米投資会社『カーライル・グループ』の共同創業者で共同最高経営責任者
(CEO)のデービッド・ルーベンスタイン氏。
 同氏が27日、電子メールで、独立前の米国で最初に印刷された同書を、全米
の図書館で展示する予定と発表した。
 『ベイ詩編書』は詩編150編を収録したもので、植民地時代に宗教の自由を
求めて英国から渡来し、マサチューセッツ湾沿岸に住み着いた清教徒がヘブライ
語聖書から翻訳、1640年に1700部が印刷されたが、現存が確認されちる
のは11部という。
 ベンジャミン・フランクリンが洗礼を受け、米国建国時の指導者だったサミュ
エル・アダムスが会員だったボストンのオールドサウス教会が、所有していた2
部のうち1部を資金捻出のため出品した。□

――――――――
◎「司祭は政治問題に直接関与してはならない」とソウル大司教

 【CJC=東京】韓国カトリック教会のソウル大司教・廉洙政(ヨム・スジョ
ン)氏は11月24日、司祭に役割について「一般信徒教令」などを根拠に、
「政治的、社会的問題に直接関与してはならない」との見解を表明した。現地紙
『東亜日報』が報じた。
 『カトリック正義具現司祭団』の全羅北道地域司祭らが朴槿恵(パク・クネ)
大統領の退陣を要求し、延坪島砲撃事件関連で問題発言をして波紋を広げている。


――――――――
《短信》

〇ベツレヘムでツリー点灯
 クリスマスを前にイエス・キリスト生誕の地とされるベツレヘムでの『聖誕教
会』前の広場に高さ15メートルほどのクリスマスツリーが立てられ、12月1
日夜、ライトアップが始まった。(CJC)

〇米伝道放送『RBN』の創設者ポール・クラウチ牧師死去
 心臓疾患で闘病の末、11月30日死去(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月1日)=http://www.cwjpn.com
★「キリストを中心に」=教皇「信仰年」閉年ミサで
★「宣教地司祭育成の日」=献金額、前年より微増
★第25回仙台教区サポート会議=地元社協、漁協の話聞く=宮城南三陸・米川
★東京純心女子大学・聖マリアンナ医科大学提携=看護系学生の教育で協力
★「反原発」でシンポ=宗教者、市民団体が一致協力=大阪で開催

 =キリスト新聞(11月30日・休刊)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(12月1日)=http://jpnews.org
★ローザンヌ連続シンポ=国家を超え市民社会を形成=「損なわれた世界で平和
を築き上げる」
★オペラで贈る 聖書と平和=ワーグナー&ヴェルディ生誕200年を記念
★特定秘密保護法案は現代の治安維持法に=日本基督教団大阪教区=平和と自由
祈る
★福音功労賞に国吉守氏、三谷康人氏
★ハンセン病国賠訴訟原告代表=田中民市さん死去

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress★gmail.comまで。(送信の際は★印を @ に変更してください)
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)