2014年01月

2014年01月27日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1201信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2014年1月27日(月)    第1201信 ☆
====================================

≪お願い≫『世界キリスト教情報』へのご支援に感謝申し上げます。支店番号だ
けでは送金出来ない、とご連絡を頂いております。下記に支店名を付記しました。
よろしくお願い申し上げます。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さい。
 ◆三菱東京UFJ銀行新丸の内支店 支店番号422 口座番号381106

 ◆みずほ銀行船橋支店 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、ご支援いただきましたもの
が主宰者個人の収入になることをご了承願います。また健康など一身上の事情で
活動を休止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、
それが今後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。(主
宰者)

                = 目 次 =
     ▼貧困対策に責任果たせ、とダボス会議の「勝ち組」に教皇
     ▼世界改革派教会共同体が本部をドイツへ
     ▼教皇が訪韓検討、「アジア青年大会」出席へ
     ▼インターネットは「神からの贈り物」と教皇
     ▼ビザンチン帝国時代の教会跡発見
     ▼教皇、オランド仏大統領と会見
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎貧困対策に責任果たせ、とダボス会議の「勝ち組」に教皇

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、1月22日から25日までスイス東部
のリゾート地ダボスで開催された世界経済フォーラムの年次総会に向け、貧困撲
滅へ参加者が一層責任を果たすよう求めるメッセージを発表した。
 教皇は、企業が貧困対策に一定の貢献を果たしたと評価する一方、「社会的に
疎外された人を増やした」とも指摘。「負け組」は日々の食べ物に困るような深
刻な貧困に直面していると指摘した。
 こうした問題に目を向けることで「全ての経済・金融活動が人間的な倫理観に
基づくようになる」と強調。世界の「勝ち組」経営者らが集まるダボス会議で貧
困問題に向き合うよう求めた。
 教皇のメッセージは、22日の開会セレモニーの中で、教皇庁正義と平和評議
会議長ピーター・コドボ・アピア・タークソン枢機卿によって読み上げられた。
 フォーラムが毎年この時期に開く総会議は、今回で44回目。世界の政治・経
済界の代表ら約2500人が集い、「世界の再形成:社会、政治、企業への影響」
をテーマに話し合うもの。
 カトリック教会からは、タークソン枢機卿の他、ナイジェリア・アブジャのジ
ョン・オナイケン大司教、フィリピン・マニラのルイス・アントニオ・タグレ大
司教、アイルランド・ダブリンのディアミド・マーティン大司教らが参加した。


――――――――
◎世界改革派教会共同体が本部をドイツへ

 【CJC=東京】世界改革派教会共同体(WCRC)が本部をジュネーブから
ドイツ・ハノーバーに移転、新事務所の開設式が1月12日行われた。WCRC
は、世界の改革派230キリスト教会の連合組織として1875年に設立され、
1948年から65年間、ジュネーブに本部を置いていた
 現在、WCRCは100国以上の230教会が加盟、ジュネーブに本拠を置く
世界教会協議会(WCC)とも密接な協力関係にあったが、スイスで活動を継続
するコストの負担から、常置委員会が移転を決意したもの。
 永世中立国としてスイスは欧州のほぼ中央に位置することから、国際機関の多
くがスイスに本部を置いている。キリスト教関係では世界教会協議会、ルーテル
世界連盟、世界学生キリスト教連盟、世界YMCA同盟などの本部がスイス西部
のジュネーブにある。
 いずれも運営費の高騰、特にスイス・フラン高の影響を受けている中で、WC
RCの「脱出」となった。□

――――――――
◎教皇が訪韓検討、「アジア青年大会」出席へ

 【CJC=東京】教皇フランシスコが8月に韓国を訪問する可能性があると、
バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所のフェデリコ・ロンバルディ所長が1月2
2日明らかにした。
8月13~17日に韓国中部の大田で開催される「第6回アジア青年大会」が教
皇を招待したのに応じるというもの。訪問を確定すれば、1989年のヨハネ・
パウロ2世以来25年ぶりの教皇訪韓となる。
教皇は、昨年ブラジルのリオデジャネイロで開催された「世界青年の日」に出席
した際、スリランカやフィリピンから招待されていることを明らかにする中でア
ジア訪問の意向を明らかにしていた。前任のベネディクト16世がオーストラリ
ア、欧米を訪問したがアジアには行かなかったことも指摘していた。ただロンバ
ルディ所長は、教皇のフィリピン・スリランカ訪問は年内にはないだろうと説明
している。
 教皇は1月13日、バチカン駐在の外交団と新年の挨拶を交わした際にも、韓
国との外交関係樹立50周年に触れ、朝鮮半島和解という賜物を神に願い、関係
者が休むことなく合意点と可能な解決方法を探ることを期待する、と述べていた。
 またソウル教区のアンドリュー・ヨム・スジョン(廉洙政)大司教(平壌教区
管理者兼任)を枢機卿に任命したことも、教皇の韓国への関心の強さを示してい
るようだ。□

――――――――
◎インターネットは「神からの贈り物」と教皇

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月23日、インターネットを「神から
の贈り物」と位置付け、信者らに対し「臆することなくデジタル世界の市民にな
る」よう呼び掛けた。毎年「世界広報の日」に関連して教皇が発表するメッセー
ジで明らかにしたもの。
 2013年の教皇選出後初めて迎えた「世界広報の日」に、アルゼンチン出身
の教皇は「インターネットは出会いと連帯の計り知れない可能性を与えてくれる。
これは真に良きものであり、神からの贈り物だ」として、「臆せずデジタル世界
の市民になろう。われわれのコミュニケーションが、痛みを和らげる薬と心を明
るくする美酒となるように」と促した。
 AFP通信によると、教皇は「よく思うことだが、もし通りに出て傷を負った
教会と、自分の殻に閉じこもったきり出られない教会のどちらかを選ばなければ
ならないとしたら、私は迷いなく前者を好む。この『通り』こそ、人々が暮らし
ている世界であり、確実に、愛情を持って人々に接することのできる世界だ。デ
ジタルの高速道路もその一つで、そこは傷ついた人々、救済や希望を求める男女
であふれている」と指摘した。
 ただし、デジタル世界に1日24時間つながっていたいという欲求のせいで、
かえって社会から孤立することがあってはならないと戒め、「デジタル高速道路
に単に『接続している』ことに甘んじ、そこを行き来しているだけでは不十分だ。
つながりは、真の出会いへと深める必要がある」と説いている。□

――――――――
◎ビザンチン帝国時代の教会跡発見

 【CJC=東京】イスラエル南部モシャブ・アルーマで、1500年近く前、
ビザンチン帝国時代の教会跡が発見された。現場は地中海沿岸のアシュケロンと
エルサレムの中間に位置し、当時は繁栄した都市だった可能性がある。
 イスラエル考古局の学者が、建築現場の事前調査で長さ約21メートル、幅約
12メートルのバシリカ(大聖堂)を発掘した。周辺のキリスト者の礼拝場所と
見られる。
 考古局のダビダ・ダガン氏は米キリスト教放送CBNに「一帯でビザンチン時
代の発掘を行っているが、教会はこれが最初だ」と語っている。
 教会の床はモザイクで、葡萄の樹が描かれた円形のメダル、動物やイエス・キ
リストを「P」と「X」の字を重ねるようにして表現した「キリストグラム」も
あった。その脇にはギリシャ文字のアルファとオメガが記されていた。礼拝に来
た人たちが「踏む」場所であることから、人間としての描写を意図的に避けたと
見られる。
 モザイクは慎重にはがして保存、公開も予定している。それ以外は、現場を覆
土し、調査は将来に委ねると言う。□

――――――――
◎教皇、オランド仏大統領と会見

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月24日、バチカン宮殿でフランスの
フランソワ・オランド大統領と会見した。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、会見は和やかな雰囲気のうちに行わ
れ、共通善に対する宗教の貢献が中心的話題となった。
 フランスと教皇庁の友好関係に触れながら、共通の関心問題における建設的な
協力のために、国家とカトリック教会の定期対話の重要性が強調された。また、
人間の尊厳の擁護と推進について、家庭、生命倫理、宗教共同体の尊重、信仰の
場の保護などがテーマとなった。
 国際問題では、貧困・発展・移民・環境などの問題が取り上げられた。中東、
アフリカなど紛争地域で、少数派の民族・宗教をはじめすべての社会構成員の参
加と対話による、社会の平和的共存の再構築が要望された。
 オランド大統領は、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン大司教および外務局
長ドミニク・マンベルティ大司教とも会見した。□

――――――――
《短信》

〇米大統領、3月に欧州歴訪、教皇とも会談へ
 バラク・オバマ大統領が3月24日からオランダ、ベルギー、イタリア、バチ
カンを歴訪すると発表した。バチカンでは教皇フランシスコとも会談する。(C
JC)

〇米聖書協会新会長にロイ・パターソン氏
 聖書翻訳団体『ウイクリフ』の関連会社シード社のロイ・パターソン会長兼C
EOを、米聖書協会が新会長に選任した。(CJC)

〇リオで4万回の落雷、キリスト像の親指欠ける
 リオデジャネイロは1月16日、激しい嵐に見舞われ、約4万回の落雷があっ
た。コルコバードの丘の上に立つ高さ約40メートルのキリスト像の右手の親指
が欠けているのが発見された。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(1月26日)=http://www.cwjpn.com
★教皇フランシスコ=「日本のキリシタン模範に」=迫害下のキリスト者励ます
★阪神淡路大震災から19年=追悼と新生の祈り 今年も=東北の子どもたちが
参加=兵庫・たかとり教会
★すべての子どもたちのために=祈りと支援呼び掛け=教皇庁宣教援助事業・カ
トリック児童福祉会
★名古屋教区=教区挙げて街頭へ=フィリピン台風の被災者支援
★「武器流入止めよ」=バチカン研究部会 =シリア内戦で声明文

 =キリスト新聞(1月25日)=http://www.kirishin.com
★キリシタンの歴史に学ぼう=〝迫害の中に信仰守る〟=教皇、一般接見で洗礼
強調
★教皇が新枢機卿任命=韓国ヨム・スジョン大司教ら
★東日本大震災から3年=被災地で記念礼拝開催
★神秘的な魅力持つロマネスク美術=「人間と神との意思疎通を表現」=オラニ
ェタ氏がスペインから初来日
★「袴田事件」の再審求め=支援者ら約7万4千人の署名提出

 =クリスチャン新聞(1月26日)=http://jpnews.org
★9条にノーベル平和賞を=一人の母の願いに賛同者・推薦人ノミネートへ
★本郷台サッカースクール エスペランサ=砂埃グラウンド 人工芝に=竣工記
念セレモニーで交流試合
★祈り会「きんぱち」=為政者、フィリピン台風、東北のため=ただただ主に祈
り求める
★心病む人、自死遺族支え=精神科医・平山正實氏を偲ぶ
★生涯キリスト教出版人=元新教出版社社長・秋山憲兄氏逝く

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




skjweekly at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月20日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1200信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2014年1月20日(月)    第1200信 ☆
====================================

≪お願い≫『世界キリスト教情報』へのご支援に感謝申し上げます。支店番号だ
けでは送金出来ない、とご連絡を頂いております。下記に支店名を付記しました。
よろしくお願い申し上げます。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さい。
 ◆三菱東京UFJ銀行新丸の内支店 支店番号422 口座番号381106

 ◆みずほ銀行船橋支店 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、ご支援いただきましたもの
が主宰者個人の収入になることをご了承願います。また健康など一身上の事情で
活動を休止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、
それが今後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。(主
宰者)

               = 目 次 =
     ▼国連、バチカンに児童虐待への対策迫る
     ▼日本のキリシタンの歴史に学べ、と教皇
     ▼性的虐待で前教皇384人の聖職剥奪
     ▼駐バチカン外交団に教皇が人工妊娠中絶で警告
     ▼教皇が「バチカン銀行」監督体制刷新
     ▼ロシア正教会では「神現祭」祝う
     ▼教皇がバレンタインに婚約カップル招待
     ▼教皇のハーレーがオークションへ
     ▼「心の痛み耐え難い」と小銃設計者カラシニコフ氏
     ▼情報「風船」を北朝鮮へ向け飛ばす
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎国連、バチカンに児童虐待への対策迫る

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は1月16日、カトリック教会聖
職者の未成年者への性的虐待を抑止のための取り組みついて、スイス・ジュネー
ブで開かれた国連・子どもの権利委員会に使節団を派遣、6時間に及ぶ質疑に答
えた。
 バチカン使節団の、元公益保護官チャールズ・シクルナ氏(マルタ大司教区補
佐司教)は、何をなすべきかをカトリック教会が理解していると主張した。AF
P通信によると、「特定の事案について、今とは違った対応が必要なことは理解
している」などと述べた。
 これに対しサラ・オビエド委員は、使節団に「あなた方(バチカン)は実行に
移す必要がある。われわれは具体的な行動を目にする必要がある」と述べた。
 国連が1989年に採択した『子どものための権利条約』締約国は、規則が遵
守されているかどうかを示した報告書を定期的に提出することが求められている。
報告書提出に同意しているバチカンが同委員会に最初に使節団を派遣したのは、
同教会の聖職者の児童虐待問題が明るみに出る前の1995年で、16日の派遣
は2回目。
 バチカンが提出した報告書と同日の質疑応答に基づき、同委員会は2月5日ま
でに勧告を行う予定。勧告内容は法的義務ではないが、道義的責任が問われるこ
とになる。
 英国に拠点を置く『子どもの権利国際ネットワーク』のベロニカ・イエーツ代
表は、AFP通信の取材に対し、「国連からのメッセージは明白。『あなた方
(バチカン)は規則を守っていない』『責務を果たそうという意欲がない』『否
定し話をそらしている』だ。人権を促進する国際機関がこう言ったのはこれが初
めてだ」と述べた。□

――――――――
◎日本のキリシタンの歴史に学べ、と教皇

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月15日、バチカンで、水曜恒例の一
般接見を行い、カテケーシス(教会の教えの解説)で、先週に続き、洗礼の秘跡
について述べる中で、長く激しい迫害の時代にも、洗礼によって脈々と受け継が
れた日本の「キリシタン」の信仰を紹介した。
 教皇は、キリストの神秘体の一部となり、神の民に加わるために必要な洗礼、
信仰を世代から世代へと伝えていくためにも重要な洗礼の意味を解説した。
 バチカン通信(VIS)によると、教皇は「神の民のための洗礼の重要さを語
る上で、日本のキリスト教共同体の歴史は模範となる」と述べ、禁教時代の日本
の信者たちの苦難の歴史を語った。
 「日本のキリスト教共同体は、17世紀初頭から厳しい弾圧を受けました。こ
れによって多くの殉教者を出し、司祭たちは追放され、信者数千人が殺害された。
日本に司祭はいなくなった。皆、追放されてしまったからだ。そこでキリスト教
共同体は、潜伏生活に入り、隠れた生活の中で信仰と祈りを守った」
 「子どもが生まれると父親か母親が洗礼を授けた。なぜならすべての信者は、
特別な状況においては、洗礼を授けることが出来るからだ」
 「そして2世紀半、250年の後、日本に宣教師が戻った時、何千人ものキリ
スト者が公然と姿を現し、教会は再び花開くことが出来た。彼らは洗礼のおかげ
で生き残った。これは偉大なことだ。神の民は子どもたちに洗礼を授け、それが
続くことによって、信仰が伝えられていく。日本の信者たちは、隠れながらも、
強い共同体の精神を保ち続けた。なぜなら洗礼が彼らをキリストにおいてただ一
つの体としたからだ。信者たちは孤立し、隠れてはいたが、常に神の民の一部だ
った」
 教皇は「この歴史からわたしたちは多くのことを学ぶことが出来る」と締めく
くった。□

――――――――
◎性的虐待で前教皇384人の聖職剥奪

 【CJC=東京】AP通信によると、世界各地で発覚したカトリック聖職者に
よる未成年者らへの性的虐待問題で、前教皇ベネディクト16世が2011~1
2年に計384人から聖職を剥奪していたことがバチカン(ローマ教皇庁)の内
部文書で分かった。この文書を同通信が入手、1月17日報じた。
 2008~09年は計171人であることが公表されており、それから大幅に
増えた。増加の理由は不明だが、10年に欧州など各地で次々と新たな性的虐待
問題が発覚したことが影響している模様。
 教皇庁は虐待を隠し、問題を起こした聖職者をかばってきた、と被害者団体な
どから非難されてきた。教皇庁は、ジュネーブで開かれた国連子どもの権利委員
会でも16日、虐待問題での一層の情報開示を委員から要求されている。□

――――――――
◎駐バチカン外交団に教皇が人工妊娠中絶で警告

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月13日、バチカン(ローマ教皇庁)
駐在の外交団と王宮の間で会見、新年挨拶の言葉を述べた。
 教皇は最近の世界情勢を展望しつつ、各地域の平和を願い、家庭、命、宗教の
自由、環境などの尊重を呼びかけられた。カトリック教会の「世界平和の日」の
今年度のテーマ、「平和への道と基盤としての兄弟愛」を掲げつつ、奉仕の精神
と平和的共存を育てる兄弟愛は、家庭において学ぶものと教皇は強調した。
 教皇はまた他、世界で見られる飢餓、人工妊娠中絶、子どもたちへの搾取と暴
力、人身売買、自然環境や資源の破壊などにも警告を発した。
 特に人工妊娠中絶について「恐ろしい事で、新たな“使い捨て文化”の一部で
ある」と、厳しい表現で非難した。教皇がこの問題に関し、自身の考えをこれほ
どはっきりと発言したのは昨年3月の即位後、初めて。
 ロイター通信などは、この発言に注目して報道した。
 2013年2月に南スーダンとの国交を樹立したことで、現在、バチカンと外
交関係のある国は180国。外交団にはさらにマルタ騎士団、欧州連合、パレス
チナの特別使節が加わる。□

――――――――
◎教皇が「バチカン銀行」監督体制刷新

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月15日、マネーロンダリング(資金
洗浄)関与の疑惑が消えない『宗教事業協会』(バチカン銀行)を監督する枢機
卿委員会のメンバーを大幅に刷新した。担当の枢機卿5人は、タルチジオ・ベル
トーネ前国務長官ら前教皇ベネディクト16世に任命された枢機卿で、任期はま
だ1年残っていた。しかしジャン=ルイ・トゥーラン枢機卿(諸宗教対話評議会
議長)を除く4人を事実上更迭、ピエトロ・パロリン国務長官らが新たに任命さ
れた。
 カトリック教会への寄付金などを管理する『宗教事業協会』は、不正な金融取
引に関与している疑いが消えず、欧州評議会は2012年、取引の透明性評価で
「不合格」の判定を下している。□

――――――――
◎ロシア正教会では「神現祭」祝う

 【CJC=東京】ロシア正教会は1月19日、「神現祭」(主の洗礼祭)を祝
った。イエスがヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼を受けたことを記念する祭日
で、ユリウス暦の1月6日に祝うものだが、グレゴリオ暦では19日に当たって
いる。
 モスクワおよび全ロシア総主教キリルはこの日、聖水式を行なった。モスクワ
では洗礼場所が50個所設けられた。□

――――――――
◎教皇がバレンタインに婚約カップル招待

 【CJC=東京】バレンタインデーを迎えるために特別な場所を捜している婚
約中のカップルを、教皇フランシスコが2月14日の一般接見に招待する。
 「ハイと言う喜びを永遠に」というこの企画は「(カトリック教会の)結婚準
備講座を修了したか、現在受講している婚約中のカップルを教皇接見に招待する」
とあり、1月30日までに教区を通じるか、電子メールで申し込むよう家庭評議
会のサイトで案内している。
 バレンタインデーは、結婚禁止令に背き密かに結婚式を執り行ったため273
年2月14日に殉教したとされる聖バレンタインにちなんだもの。□

――――――――
◎教皇のハーレーがオークションへ

 【CJC=東京】米オートバイメーカー『ハーレーダビッドソン』が教皇フラ
ンシスコに贈呈したハーレーが、パリで2月6日行われるオークションに出品さ
れる。英競売大手『ボナムズ』が1月13日発表した。
 同社によると、出品されるのは、『ハーレーダビッドソン』が創業110周年
を記念して昨年6月教皇に贈った1585CCのダイナスーパーグライド。ガソ
リンタンクに教皇のサインがあり、予想落札価格は1万2000~1万5000
ユーロ(約170万~210万円)。
 このハーレーは昨年11月に教皇が、イタリアのカトリック系慈善団体『カリ
タス・ローマ』に寄付していた。オークションの売り上げは、ローマ駅に設けて
いる無料の簡易宿泊所と食堂の改修費用に当てられるという。□

――――――――
◎「心の痛み耐え難い」と小銃設計者カラシニコフ氏

 【CJC=東京】旧ソ連時代にカラシニコフ自動小銃AK―47の設計者とし
て知られ、2013年12月23日、ロシア中部ウドムルト共和国イジェフスク
市で94歳で死去したミハイル・カラシニコフ氏が生前、自分が設計した小銃で
多数の人々が命を落としたことを悔やみ、「心の痛みは耐え難い」などと、ざん
げする手紙を書いていたことが分かった。ロシア紙『イズベスチヤ』が1月13
日報じた。
 同氏は13年4月7日、ロシア正教会の最高指導者キリル総主教に宛てて「私
の自動小銃が人々の生命を奪ったことは、たとえ敵の死であったとしても、私に
罪があるのではないか」と書いていた。
 同銃は旧東側諸国や発展途上国、紛争地を中心に広がり「人類史上、最も多く
の人を殺した武器」とも言われる。
 キリル総主教は、「愛国主義の手本で、国に対する正しい行いだ」と返答した
という。□

――――――――
◎情報「風船」を北朝鮮へ向け飛ばす

 【CJC=東京】民主主義の宣伝文書を詰め込んだ「風船」を米国の人権団体
『ヒューマン・ライツ・ファウンデーション』が韓国の『ファイターズ・フォア
・ア・フリー・ノース・コリア』と協力して1月15日、北朝鮮に向けて、非武
装地帯の南側から飛ばした。
 厳しい情報統制下にある北の市民に向け、知らされない世界の情報を伝える狙
い。
 「風船」は透明樹脂で作成された長さ6メートルほどの筒状のもの20個で、
タイマーが働くと「風船」が破れ着地するという。宣伝文書は総数50万冊。
 昨年7月にも飛ばす計画だったが、韓国当局に阻止された経緯がある。□

――――――――
《短信》

〇米長老教会から離脱保守グループ加盟教会100超える
 米長老教会(PCUSA)を2012年に離脱、『エバンジェリカル・カブナ
ント・オーダー・オブ・プレスビテリアン』(ECO)を結成したグループは、
13年末に加盟教会数が100を超えた、とニュースサイト『クリスチャン・ポ
スト』報道。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(1月19日)=http://www.cwjpn.com
★教皇フランシスコ 今年最初の一般謁見で語る=洗礼の秘跡が与える=希望と
ゆるし、愛する力
★教皇、5月に聖地訪問へ=エルサレム総大司教が歓迎
★司教と修道会の関係で=教皇、規範の改定命じる
★枢機卿 新たに19人=アジアからは2人=韓国と比の大司教
★神道に新年あいさつ=バチカンのトーラン枢機卿

 =キリスト新聞(1月18日)=http://www.kirishin.com
★〝和解と平和願い努力した人々の心踏みにじる行為〟=安倍首相の靖国参拝に
抗議相次ぐ
★「震災復興と宗教」テーマに日宗連セミナー=〝「政教分離」で公的支援受け
られず〟
★グテーレス国連難民高等弁務官が会見=「シリア・レバノンは危機」
★ルーテル学院大・神学校=新学長に江藤直純氏=新校長に石居基夫氏
★参加の呼びかけに300人=日本聖書協会主催クリスマス礼拝

 =クリスチャン新聞(1月19日・休刊)=http://jpnews.org

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




skjweekly at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月13日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1199信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2014年1月13日(月)    第1199信 ☆
====================================

≪お願い≫『世界キリスト教情報』は、創刊以来、ボランタリー活動としてまい
りました。「無償」を前提としておりますが、活動が皆さまのお支えによってい
ることも確かです。
 『世界キリスト教情報』に2013年の1年間お付き合いくださった方にお願
いします。年間1000円を1口として、出来れば数口ご支援いただけませんで
しょうか。ブログなどに転載使用されておられる場合は、「原稿料」としてご配
慮下されば幸いです。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さい。
 ◆三菱東京UFJ銀行 支店番号422 口座番号3811065
 ◆みずほ銀行 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、ご支援いただきましたもの
が主宰者個人の収入になることをご了承願います。また健康など一身上の事情で
活動を休止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、
それが今後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。(主
宰者)

               = 目 次 =
     ▼教皇が新枢機卿19人を指名
     ▼教皇が旧友を「専用車」に同乗させる
     ▼フィリピンで黒いキリスト像に今年も数万人殺到
     ▼対パレスチナの強硬派シャロン・イスラエル元首相死去
     ▼聖書の「フィクション」ラベル論議収まらず
     ▼ブラジルで福音派牧師狙撃
     ▼米の蛇遣い牧師は不起訴処分
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇が新枢機卿19人を指名

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月12日、バチカンのサンピエトロ広
場に集まった群衆を前に、新枢機卿19人の指名を発表した。ピエトロ・パロリ
ン国務長官、ゲルハルト・ルードビッヒ・ミュラー教理省長官の指名は予想され
ていたが、ハイチやブルキナファソからの指名は、教会が貧者への関心を深める
べきだ、との信念に沿った選考と見られる。
 アジアからは韓国ソウル教区のアンドリュー・ヨム・スジョン(廉洙政)大司
教、フィリピン・コタバト教区のオルランド・B・クエベド大司教が指名された。
 今回指名の中で次期教皇選挙資格のある80歳未満の枢機卿は16人。3人は
選挙権がない。その1人、故ヨハネ23世教皇の個人秘書だったモンシニョール
・ロリス・フランチェスコ・カポビッラは98歳。
 新枢機卿の正式任命は2月22日、バチカン(ローマ教皇庁)で行われる。□

――――――――
◎教皇が旧友を「専用車」に同乗させる

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)の慣習にとらわれないことを打ち
出した教皇フランシスコ。1月8日、水曜恒例の一般接見の際、サンピエトロ広
場を専用車「パパモバイル」で巡回、群衆の中にブエノスアイレス大司教時代に
協働したファビアン・バエズ神父を見つけ、「連れがいるのか、1人か」と尋ね
た。「1人ですよ」と答える神父に「来て、乗れよ」と言ったから神父はびっく
り。神父だけでなく護衛も、また慣習破りか、と衝撃を受けた、と伊紙『ナシオ
ン』が報じている。
 教皇は運転手に停車するよう指示、乗り込んできた神父に、「写真が世界中に
流れるぞ」とジョークを飛ばした。専用車はバエズ神父を教皇の隣に座らせたま
ま広場を巡ったという。
 簡易コミュニケーション・ツール「ツイッター」も利用している同神父、これ
までは「ブエノスアイレスの神父。私のミッションは羊を飼うこと」と履歴を紹
介していたが、専用車から降りて「履歴を変える。教皇フランシスコと一緒に今
日パパモバイルに乗り込んだ貧しい司祭」と書き込んだ。□

――――――――
◎フィリピンで黒いキリスト像に今年も数万人殺到

 【CJC=東京】マニラで1月9日、カトリック信徒の祭り「ブラックナザレ
祭」が開催された。政府は祭りを狙ったテロ攻撃の恐れがあると警告していたが、
主催者によると昨年の9万人を上回る参加者があった。AFP通信が報じた。
 毎年この日に行われる伝統の祭り。奇跡を起こすとして信仰を集める等身大の
黒いイエス・キリスト像を市内の『キアポ教会』(洗礼者ヨハネ教会)から運び
出し、はだしの信者たちが担いで、約6キロにわたって市街を練り歩く。
 パレードの間、像にはどうにかして触れようとする信者たちが殺到する。今年
も600人が負傷した伝えられる。
 ブラックナザレ像はメキシコから宣教師が17世紀初めにマニラに運んで来た
が、船の中で火事に遭い黒く焦げてしまったという。□

――――――――
◎対パレスチナの強硬派シャロン・イスラエル元首相死去

 【CJC=東京】2001年から06年までイスラエルの首相を務め、対パレ
スチナの強硬派として知られたアリエル・シャロン氏が1月11日、入院先のテ
ルアビブ近郊の病院で死去した。85歳。2006年1月に脳出血で倒れ、意識
不明の状態が続いていた。
 英委任統治下の1928年に現イスラエル中部でロシア系移民家庭に生まれた。
英国からの独立を目指すユダヤ人武装組織に参加。48年のイスラエル建国後の
4次にわたる中東戦争すべてに参戦した。
 政治家に転身後は、国防相時代の82年に故アラファト議長率いるパレスチナ
解放機構(PLO)の拠点を一掃するためレバノン侵攻を指揮。レバノン民兵に
よるパレスチナ難民大虐殺事件に関与したとして国際的な非難を浴びた。住宅建
設相などを歴任し、国際法違反の占領地でのユダヤ人入植地拡大を推進した。
 右派リクード党首だった2000年9月には東エルサレム旧市街のイスラム教
の聖地訪問を強行、パレスチナ人による第2次インティファーダ(民衆蜂起)の
引き金を引いた。
 01年に首相に選ばれてからは、テロ掃討作戦としてパレスチナ自治区へたび
たび侵攻、イスラム組織『ハマス』幹部らの暗殺も繰り返した。また故アラファ
ト議長を「敵」だとして軟禁、自治政府を「テロ支援体制」と認定して議長府を
爆撃した。「自爆テロ犯の侵入防止」としてパレスチナ人の街や村を分断する
「分離壁」の建設を強行した。
 パレスチナとの和平対話を一方的に打ち切り、ガザの入植地を撤去しイスラエ
ル軍を撤退する計画を05年8月に実行、同年11月には、突如パレスチナとの
2国家共存を目指す方針を打ち出し、リクード党を離党して中道政党カディマを
結成した。しかしその直後に倒れ、同氏がパレスチナとの和平の実現にどれほど
の決意と構想を持っていたかは不明のままに終わった。
 シモン・ペレス大統領は11日、「国を愛し、国に愛された勇敢な兵士であり、
勇気あるリーダーだった。難しい決断をし、実行するすべを知っていた」と死を
悼んだ。
 一方、イスラム組織『ハマス』のファウジ・バルフーム報道官は「暴君に神が
与えた運命だ。手がパレスチナ人の血に染まった犯罪者が死んだ歴史的瞬間だ」
と述べた。
 国際人権監視団体『ヒューマン・ライツ・ウォッチ』は1月12日、シャロン
元大統領が1982年にレバノンのサブラとシャティラの2カ所の難民収容所で
レバノン部隊による数百、数千人の一般市民虐殺に果たした役割に関し、正義の
裁判にさらされることなく死去した、として、その殺害は、戦争犯罪と人道に対
する犯罪だと指摘した。
 サラ・リア・ウィットソン中東・北アフリカ部長は「シャロンが、サブラとシ
ャティラで果たした役割についての裁判を受けることなく墓に行ってしまったこ
とは恥ずべきことだ。彼の死去は、人権侵害に対する罰を受けずに過ごした年月
がイスラエル・パレスチナ間の和平促進に何ももたらさなかったことを、まざま
ざと思い起こさせる」と語っている。□

――――――――
◎聖書の「フィクション」ラベル論議収まらず

 【CJC=東京】米小売り大手『コストコ』が2013年11月、カリフォル
ニア州シミバレーの店舗で、聖書を「フィクション」のラベルで販売していたこ
とについて謝罪するという騒ぎがあった。
 店側は単なるミスだったとしており、火付け役のシミバレー『ディスカバリー
教会』のカレブ・カルテンバック牧師も引き続き『コストコ』でショッピングす
る、と言ったものの、ネット上には信仰に篤い人たちからの非難が相次いだ。
『コストコ』に対する不買運動を呼びかける人まで現れる一方で、「正しいジャ
ンル分けだ」「聖書は人類最高のフィクションだ」といった、擁護や称賛の意見
も多くあった。
 さらに『クリスチャン・サイエンス・モニター』紙は「簡単に見えるジャンル
分けについて考えさせられた」とし、歴史ものなどフィクションとノンフィクシ
ョンの境界の微妙さも指摘、ジャンル分けによって売り上げにも影響するとした。
 カルテンバック牧師もネットで議論に加わった。産経新聞は、牧師が「信仰に
ついて神が話題を提供してくださった」などと書き込んでいたが、やがて反響の
大きさに少し戸惑いも見せるようになり、今度は火消し役に回るかのように、
「コストコや誰かに聖戦を仕掛けようとしたわけではありません。大変なことに
なって申し訳なく思っています」と書き込んだことを報じている。□

――――――――
◎ブラジルで福音派牧師狙撃

 【CJC=東京】英BBC放送が1月10日報じたところでは、ブラジル南東
部ベロオリゾンテの福音派『神の王国のウニヴェルサル教会』に銃を持った男2
人が押し入り、チャールス・ヴィダル・ドスーザ牧師(34)の頭部を銃撃、自
動車で逃走した。事務室で倒れていた牧師は病院に運ばれたが、死亡が確認され
た。
 狙撃された理由は不明だが、事務室には争った跡があった。□

――――――――
◎米の蛇遣い牧師は不起訴処分

 【CJC=東京】米テネッシー州ラフォレットの『タバーナクル・チャーチ・
オブ・ゴッド』のアンドリュー・ハンブリン牧師は、危険な毒蛇を所持している、
として起訴されていたが、同州キャンベル郡大陪審は1月8日、同牧師を不起訴
処分にした。
 同牧師は教会で、信仰によって毒蛇も危険ではないと強調する独自の伝道を行
っていた。
 押収された毒蛇53匹はノックスビル動物園に預けられたが32匹は衰弱死し
た。残り21匹も環境の激変で衰弱している、と言う。□

――――――――
《短信》

〇オランド仏大統領が教皇と会見へ
 フランスのフランソワ・オランド大統領が1月24日、バチカンを訪問、教皇
フランシスコと会見する。同大統領は就任以来、ローマを3回訪問しているが、
教皇との会見は初めて。(CJC)

〇カンタベリー大主教がイスタンブール訪問
 ジャスティン・ウエルビー・カンタベリー大主教が1月13~14日にイスタ
ンブールを訪問、エキュメニカル総主教バルトロメオス1世と会見する。(CJ
C)

〇聖書を持ち込めずアプリで宣誓
 米ニューヨーク州ナッソー郡行政官エドワード・マンガノさんは第2期目の就
任発表の場に聖書を持ちこめなかった事で代わりに自分のiPadを持ち込み、
聖書アプリで宣誓した。(CJC)

〇聖書アプリ「ユー・バージョン」が1億2000万ダウンロード
 米ライフ・チャーチが開発した無料の聖書アプリ「ユー・バージョン」がこの
ほど1億2000万ダウンロードを突破した。(CJC)

〇こどものための聖書アプリが1週間で100万ダウンロード
 米ライフ・チャーチが2013年12月にリリースした「こどものための聖書
アプリ」が1週間で約100万ダウンロードを記録した。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》
 カトリック新聞、キリスト新聞、クリスチャン新聞は年始特別休刊です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




skjweekly at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月06日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1198信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)        2014年1月6日(月)    第1198信 ☆
====================================

≪連絡≫2014年の配信を始めます。今年もよろしくご愛読のほど、お願いい
たします。
   ※
 『世界キリスト教情報』は、創刊以来、ボランタリー活動としてまいりました。
「無償」を前提としておりますが、活動が皆さまのお支えによっていることも確
かです。
 『世界キリスト教情報』に2013年の1年間お付き合いくださった方にお願
いします。年間1000円を1口として、出来れば数口ご支援いただけませんで
しょうか。ブログなどに転載使用されておられる場合は、「原稿料」としてご配
慮下されば幸いです。
   ※
 ご支援いただけます際は主宰者・郡山千里(コオリヤマ チサト)の下記口座
にお振り込みをお願いいたします。領収証を必要とされる方は上記へご連絡くだ
さい。
 ◆三菱東京UFJ銀行 支店番号422 口座番号3811065
 ◆みずほ銀行 支店番号282 口座番号0889492
 ◆ゆうちょ銀行 10170-39250661
 『世界キリスト教情報』は、個人の活動ですので、ご支援いただきましたもの
が主宰者個人の収入になることをご了承願います。また健康など一身上の事情で
活動を休止せざるを得なくなることも予想されます。今回ご支援いただいても、
それが今後の配信をお約束するものではないこともご理解をお願いします。(主
宰者)

           = 目 次 =
     ▼「世界のキリスト教・教会十大ニュース」2013年
     ▼米の富豪が「貧者を愛する」教皇に反発
     ▼教皇が5月にパレスチナとイスラエル訪問
     ▼教皇、新年の祈りで世界の連帯を訴える
     ▼被爆者の俳句を英訳した神父殺害される
     ▼マレーシア・セランゴール州で聖書押収される
     ▼比司教協が台風被災地復興への祈り続ける
     ▼カメルーンで拉致された神父釈放
     ▼北アイルランドで宗派間対立解消に向けた協議決裂
     ▼米メノナイト教会にも公然同性愛「牧師」
     ▼ハリウッド映画は聖書頼み?
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎「世界のキリスト教・教会十大ニュース」2013年

 『世界キリスト教情報』が1月2日、2013年の「世界のキリスト教・教会
十大ニュース」を選定した。

▽教皇ベネディクト16世が異例の生前引退
▽新教皇にアルゼンチンのベルゴリオ枢機卿
▽新カンタベリー大主教にウェルビー前ダラム主教
▽バチカンとルーテル世界連盟が共同文書『争いから交わりへ』。17年に「宗
教改革500年」記念行事
▽「同性愛」に取り組んで来た『国際エクソダス』が活動停止
▽バチカン銀行監視に教皇直轄調査委
▽7月下旬『世界青年の日』リオデジャネイロ大会
▽ヨハネ23世とヨハネ・パウロ2世の列聖決定
▽WCC世界大会10月30日から11月8日に釜山で開催
▽アパルトヘイト撤廃を主導したマンデラ元大統領12月5日死去

――――――――
◎米の富豪が「貧者を愛する」教皇に反発

 【CJC=東京】ニューヨーク名所の一つカトリック教会のセント・パトリッ
ク大聖堂が改修計画を立て、献金を募っている。しかし富豪として知られるメガ
ストア『ホーム・デポ』の創設者ケネス・ランゴン氏(78)が、このほどニュ
ーヨーク大司教のティモシー・ドーラン枢機卿に、ある匿名の寄付者が、7桁の
献金を取り止める考えだ、と伝えたことが明らかになった。
 ランゴン氏自身、敬けんなカトリック信徒だが、教皇フランシスコが使徒的勧
告『エヴァンジェリ・ガウディウム』で、教会が「貧しい人のための、清貧な教
会」であるよう説き、「強者の論理」が勝る現在の経済システムを根本から正し
くないもの、としたことに「排他的」と反発している。
 ランゴン氏は、ドーラン枢機卿に、富者がどの国でも同じように行動するわけ
ではないと訴えたという。枢機卿は、「それは教皇の言おうとすることを誤解し
ているのだ。教皇は貧者を愛するが、富者も愛している。正しく理解してほしい」
とテレビで語っている。
 『慈善援助ファウンデーション』(GAF)の調査では、寄付については米国
が首位。□

――――――――
◎教皇が5月にパレスチナとイスラエル訪問

 【CJC=東京】教皇フランシスコ教皇が、5月24~26日にパレスチナ、
イスラエルなどを訪問する。アンマン、ベツレヘム、エルサレムを歴訪、エルサ
レムでは、東方正教会のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世とともにミサ
を行う。
 バチカンのサンピエトロ広場の信徒に向けて語りかける「正午の祈り」で1月
5日、教皇自身が発表した。教皇にとっては昨年7月のブラジル訪問に次ぐ2度
目の外国訪問。□

――――――――
◎教皇、新年の祈りで世界の連帯を訴える

 【CJC=東京】教皇フランシスコは1月1日、バチカンのサンピエトロ広場
で、教皇就任後初の新年のお告げの祈りを行った。集まった巡礼者らを前に、教
皇は世界の連帯をいっそう大きく強くするよう呼びかけた。
 AFP通信によると、さらに教皇は、世界の「平和を求める叫び」が対話を促
し、「敵同士がお互いを兄弟と見なすのを妨げている壁を取り壊す」ことを望ん
だ。
 また、教皇は同日、ローマ市内サンタマリア・マッジョーレにある教会を予定
外に訪問、聖母マリア像の前で祈りを捧げた。昨年3月の教皇選出後の最初の朝、
フランシスコ教皇が訪れた教会。□

――――――――
◎被爆者の俳句を英訳した神父殺害される

 【CJC=東京】米カリフォルニア州ユーレカでカトリック・セントバーナー
ド教会のエリック・フリード神父が1月1日、司祭館で殺害されているのを発見
された。着任以来、現地の日本人コミュニティなどへの司牧に務めた。また州立
ハンボルト大学で宗教学を講じていた。
 同神父は、原爆投下時、広島市立第一高等女学校4年生だった高梨曠子さんが、
被爆50年を区切りに自らの被爆体験と向き合い、詠んだ俳句を英訳し、『被爆
体験を俳句に』を執筆した。2009年に広島カトリック教会関係者の手で出版
された。
 同神父は2002年夏、高梨さんに出会い、「美しい日本語の詩に被爆者の思
いが凝縮され、米国人の心に響く」と俳句の英訳を決意した。句中の言葉の解説、
多数の生徒が原爆の犠牲になった女学校の沿革、高梨さんの思いにも触れながら
まとめたという。□
     ◇
 【CJC=東京】米カリフォルニア州ユーレカのセントバーナード・カトリッ
ク教会のエリック・フリード神父が1月1日、司祭館で殺害されているのを発見
された事件で、現地警察が2日、同州ハンボルト郡の住民ゲイリー・リー・バロ
ック容疑者(43)を逮捕した。神父が運転していた自動車も付近で発見された。
 ロサンゼルス・タイムズ紙によると、警察は、司祭館で「激しい格闘」の後に
容疑者がフリード神父を殺害したものと見ている。動機はまだ明らかでないが、
双方のこれまで関係がなかったことから、偶発的な犯行の可能性がある。
 バロック容疑者は12月31日昼過ぎ、公共の場で泥酔しているとして逮捕さ
れ、病院での検査の後、収監されたが、元日早朝に釈放されている。午前2時ご
ろ、教会に不審者がいるとの通報を受け、警察がバロック容疑者を発見したもの
の、緊急保護施設に送付した。容疑者はそこからまた教会に立ち戻ったと見られ
る。□

――――――――
◎マレーシア・セランゴール州で聖書押収される

 【CJC=東京】マレーシア・セランゴール州イスラム宗教局が1月2日、ペ
タリンジャヤにあるマレーシア聖書協会からマレー語の聖書321冊とイバン語
版の聖書10冊などを押収した。その聖書では「神」の表現に「アラー」を使用
していることが理由とされている。
 マレーシアでは、カトリック教会が2008年に機関誌で神を「アラー」と表
現したことから、内務省が「アラー」の使用を禁止した。これに対し教会が提訴、
高裁で勝訴していたが、13年10月、控訴審で逆転敗訴した。ただ判決の解釈
をめぐって政府内でも意見の不一致があるとも報じられ、混乱、論争が続いてい
る。
 セランゴール州ではスルタンのシャラフディン・イドリス氏が、州内で非イス
ラム教徒は「アラー」との表現を使用してはならないとの命令を発したが、マレ
ー語版の聖書で「アラー」が使用され続けていた。
 今回の措置は、一連の問題の発端となったキリスト教系週刊誌『ヘラルド』の
編集者ローレンス・アンドリュー神父が12月27日、インターネット上で、セ
ランゴール州で行うマレー語の礼拝で「アラー」を使用すると宣言したことを受
けてのものと見られる。□

――――――――
◎比司教協が台風被災地復興への祈り続ける

 【CJC=東京】フィリピンのカトリック司教協議会(CBCP)のビリェガ
ス議長は1月1日、新年を迎えたメッセージを発表し、台風「ヨランダ」(台風
30号)やボホール地震被災地のいち早い復興を祈り続けると述べた。邦字紙
『マニラ新聞』が2日報じた。
 「もう一度始めよう」と題したメッセージで同議長は、「神の恵みに対する感
謝の気持ちで昨年を振り返り、新年が最高の1年になるよう期待を込めて新しい
始まりを神に祈ろう」と信者に呼び掛けた。□

――――――――
◎カメルーンで拉致された神父釈放

 【CJC=東京】カメルーン北部で2013年11月にイスラム教武装勢力
『ボコハラム』系集団に拉致されたフランス人ジョルジュ・バンデンブシュ神父
(42)が1月1日釈放され、2日パリ郊外の空軍基地に着陸した。基地にはフ
ランソワ・ホランド大統領が出迎えた。
 釈放に至る経緯は明らかにされていないが、フランス政府、ボコハラム側双方
とも身代金授受については否定している。□

――――――――
◎北アイルランドで宗派間対立解消に向けた協議決裂

 【CJC=東京】英国と北アイルランドで行われていた、カトリック系住民と
プロテスタント系住民の代表者による宗派間対立の解消に向けた協議が決裂した。
北アイルランドでは1998年の和平合意以降、宗派間での対立が激化している。
 協議を仲介した米外交問題評議会のリチャード・ハース会長は、6カ月にわた
る交渉を締めくくる協議が12月31日に終了し、合意が成立しなかったと明ら
かにした。協議再開の日程は決まっていない。□

――――――――
◎米メノナイト教会にも公然同性愛「牧師」

 【CJC=東京】米メノナイト教会マウンテン・ステーツ会議は、コロラド州
デンバーの第一メノナイト教会で奉仕しているシーダ・グッドさんが提出してい
た『宣教ライセンス』申請を11月24日受理した。『メノナイト・ワールド・
レビュー』が報じた。
 同性愛者であることを明らかにしていたグッドさんは、2月2日に免許証を受
け取り、第一メノナイト教会の牧師に就任する。□

――――――――
◎ハリウッド映画は聖書頼み?

 【CJC=東京】2014年のハリウッド映画の主役はスーパーヒーローでは
なく聖書ではないか、と英紙『テレグラフ』が報じている。
 ハリウッドでは聖書を題材とする映画の製作が続いており、イエスの母マリア
や「ノアの方舟」のノアなどが主人公になると予想される。
 新作『マリア=キリストの母』は、16歳のオデイヤ・ラッシュがマリアを演
じるということが注目されている。マリアとヨセフ、イエス・キリストの家族を
新たな視点で描いた作品だという。ポスターの最上部には「あなたは信じる」と
刺激的な言葉が書かれている。
 3月に全米公開が予定されているのがラッセル・クロウ主演の『ノア=約束の
舟』。エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンズなどが出演、動物が方舟に乗り
込むシーンや洪水のシーンなどVFX(特撮技術)を駆使して描く大作。方舟は
ニューヨークのロングアイランドに建設されたという。
 続いてクリスチャン・ベールが主役のモーゼを演じる『エクソダス』。聖書・
出エジプト記を題材にしている。ファラオの妻を演じるのはシガニー・ウィーバ
ー。古代エジプトの情景はスペインで再現された。
 さらに、「ドル箱俳優」の1人ウィル・スミスが聖書・創世記のカインとアベ
ルの物語の映画化を進めているとも伝えられる。
 「ハリウッドはフェミニストや環境運動家などの特別なグループに支持されよ
うとして来たが、ここへ来て米国には9100万人の福音派キリスト者がいるこ
とに気づいたようだ」と映画作家のフィル・クークは語っている。
 宗教的なことより、金銭的なことに関心を寄せるハリウッドにとっては、聖書
の著作権を主張する人がいないことも大きい。原作料を払う必要がないからだ。


――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(1月5日)=http://www.cwjpn.com
★平和と正義の実現=きょうだい愛なしに不可能=教皇=「世界平和の日」メッ
セージで
★「日米地位協定」で社会問題研修会=“平和を学ぶ場”として=10人の司教、
沖縄に集う
★戦国時代のクリスマス=熊本・玉名で朗読劇とシンポ
★真生会館 建て替えへ=青年ら育て続けた拠点
★「国際移住者デー」に向け=外キ協など初のイベント=東京・新大久保

 =キリスト新聞(年末・年始休刊)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(1月5日)=http://jpnews.org
★歴史超えた民が祈る責任=KGK“キボコク2”ネットで千人超連帯
★日本バプテスト連盟59回総会=「憲法改悪許さない」決意
★バックストン聖会で郷家一二三氏=「心の底岩を砕かれよ」=聖化のパリサイ
化を警戒
★東京基督教大学=次期学長に小林高徳神学部長

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)