2014年06月

2014年06月30日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1223信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2014年6月30日(月)     第1223信 ☆
====================================

               = 目 次 =
     ▼武装集団がナイジェリアで教会襲撃、数十人死亡か
     ▼米長老教会保守派グループが同性婚容認する総会決議に抗議
     ▼バチカンが同性愛者にも配慮促す文書
     ▼駐ドミニカ教皇庁大使に性的虐待で厳重処分
     ▼8月訪韓の教皇が元従軍慰安婦と面会も
     ▼教皇訪問へ韓国芸能・文化人がビデオ制作
     ▼カトリックは「アラー使用は不可」マレーシア連邦裁
     ▼米長老教会がサイトからシオニズム主題の小冊子撤回
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎武装集団がナイジェリアで教会襲撃、数十人死亡か

 【CJC=東京】この4月に女子生徒200人以上が学校から拉致される事件
が起きたナイジェリア北東部ボルノ州チボク付近の4カ所の村で6月29日、イ
スラム過激派組織『ボコ・ハラム』と見られる武装集団が複数の教会を襲撃した。
AFP通信が報じた。数十人が死亡した模様。
 地元住民らの話によると、オートバイに乗った武装集団が信者らに向け発砲。
周辺の茂みの中へと逃げる信者たちを追い回した。また目撃者の話では、礼拝中
の教会の中に爆発物が投げ込まれ、いくつかの建物には火が放たれた。
 チボクの指導者エノク・マルク氏は、AFP通信の取材に対し「こうして話し
ている間も攻撃が続いている」「少なくとも三つの教会が全焼したと聞いている」
と説明。襲撃があった地域から逃れた人々からの情報として、「男性や女性、子
どもを含む数十人の信者が殺害された」と語った。また、通報を受けた軍は「現
場に出かけて行って茂みの中に隠れただけ」で、何の対応もしなかったという。

――――――――
◎米長老教会保守派グループが同性婚容認する総会決議に抗議

 【CJC=東京】米ミシガン州デトロイトで開催された米長老教会(PCUS
A)は6月19日、ゲイとレスビアンの結婚式を教会で牧師が執行することを認
める議案を76%対24%で採択したが、これに対し保守派グループ『フェロー
シップ・オブ・プレスビテリアンズ』は20日、抗議文書を発表した。
 文書には、信者は決議を受けて、同派を去ることを考慮した方がよいかもしれ
ない、とも記されている。□

――――――――
◎バチカンが同性愛者にも配慮促す文書

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は6月26日、同性愛者のカップ
ルにも教会が配慮するよう促す文書を発表した。今年10月5~19日に「家族」
をテーマにバチカンで開かれる世界代表司教会議(シノドス)臨時総会に備えた
もの。各国司教協議会に求めたアンケートの回答を受けて作成した。
 臨時総会は「福音宣教との関連から見た家庭の司牧的問題」を協議するための
ものだが、今回の準備文書は、同性婚については「男女による結婚の再定義には
反対」としながらも「過激な対応」を戒めている。同性婚が認められている国で
は「多くの信徒が同性婚者に対して偏った態度を取るべきではないと考えている」
と記している。
 さらに同性愛者のカップルが養子を取ることには反対を表明したものの、教会
からの回答のほとんどが「同性愛者カップルが子どもの洗礼を求めた場合には、
他の子どもと同様の配慮を受けるべきだ」と主張している。
 教皇フランシスコは、同性婚を認めないカトリックの教義を維持しつつ、同性
愛者差別には反対する立場。今回の文書は、同性婚を法律的に認める国が増えて
いる現状を踏まえ、同性愛者を排除しない姿勢を示したと言える。□

――――――――
◎駐ドミニカ教皇庁大使に性的虐待で厳重処分

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は6月27日、ジョゼフ・ベゾロ
ブスキ元駐ドミニカ共和国大使(65、大司教)を児童性的虐待に関する罪で有
罪とし、聖職者の地位を剥奪したと発表した。教皇フランシスコは、聖職者の児
童性的虐待を深刻に受け止めており、今回の処分となったと見られる。
 ベゼロブスキ元大使は在任中の2008年以降、任地で複数の少年に性的虐待
を加えたとされる。13年8月、問題を把握したバチカンが召還し、取り調べて
いた。□

――――――――
◎8月訪韓の教皇が元従軍慰安婦と面会も

 【CJC=東京】教皇フランシスコが8月14日から18日まで韓国を司牧訪
問する際、元従軍慰安婦に会うべきだ、という主張が米カトリック誌『アメリカ』
のサイトに掲載された。
 訪問期間中に迎える15日は、日本の終戦記念日だが、韓国にとっては日本か
らの独立を祝う『光復節』。さらにカトリック教会では「聖母被昇天の祝日」に
あたる。
 米下院外交委員会専門委員も務めた、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係
大学院(SAIS)招聘研究員のデニス・ハルピン客員研究員は6月28日寄稿
した中で、「元慰安婦は、何人かが問題を公表する勇気と持つまで、嘲弄と苦痛
の中で沈黙を強要されたまま半世紀を耐えてきた」として「教皇は、被害女性を
抱擁することで立ち直るのを助けられる」と主張している。ハルピン氏は米政府
の『ピース・コープ』(平和部隊)の一員として韓国に滞在したことがある。
韓国紙『中央日報』は、カトリック側の見解として「教皇が訪韓期間中、慰安婦
被害女性に会うかは確定したものではない」としつつも「8月18日、教皇が明
洞聖堂で執典するミサに慰安婦被害女性を招くのかをめぐって宗教界内部で前向
きに検討中」と報じている。□

――――――――
◎教皇訪問へ韓国芸能・文化人がビデオ制作

 【CJC=東京】この8月に教皇フランシスコが訪韓するのを記念し、カトリ
ック信者の芸能人・文化人・スポーツ選手らがミュージックビデオを作成した。
韓国天主教(カトリック)教皇訪韓準備委員会が「俳優アン・ソンギ氏ら信者た
ちが出演したミュージックビデオ『コイノニア』を7月7日に公式ホームページ
で公開する」と明らかにした。朝鮮日報(日本語電子版)が報じた。
 ミュージックビデオ制作は、準備委員会の文化行事分科(委員長パク・キュフ
ム神父)の要請により実現した。作詞・作曲はノ・ヨンシム氏が手掛けた。俳優
のアン・ソンギ、キム・ヒエ、キム・テヒ、キム・ハヌル、キム・ミンジョン、
キム・ガンウ、イ・ユンジ、キム・ウビン、歌手パダ、ユン・ゴンら多数の芸能
・文化人やスポーツ選手が参加している。□

――――――――
◎カトリックは「アラー使用は不可」マレーシア連邦裁

 【CJC=東京】マレーシア・カトリック教会の情報誌『ヘラルド』が神の表
現として「アラー」を用いたことの是非が争われていた裁判で、連邦裁判所は6
月23日、「使用不可」とした2013年10月の控訴審判決を支持する判決を
下した。これにより同裁判は「使用不可」との判決が確定する。
 マレーシア情報を伝える日本語サイト『マレーシア・ナビ』によると、連邦裁
判決は7人の裁判官による多数決で、控訴審判決支持が4人、不支持3人だった。
裁判官のうち裁判長を含む5人がイスラム教徒であるマレー系で、非ムスリムが
2人という構成。ザイヌン・アリ連邦裁裁判官だけがイスラム教徒ながら控訴審
判決に不支持票を投じ、後の不支持票はいずれも非ムスリム裁判官。
 教会側の弁護人は、14年にわたって「アラー」を使用していたが何ら公的機
関からクレームがつけられることはなかったと主張。「アラー」使用に対する圧
力が高まったのは、2009年の高裁判決が出てからのことに過ぎないとしてい
た。
 連邦政府は使用禁止は『ヘラルド』に限定したこと、と強調しているが、今後
の他への影響は否定し難く、特にキリスト者が多いサバ・サラワク州では不満の
声が高まる、と『マレーシア・ナビ』は見ている。
 カトリック教会側は「少数派の基本的な信教の自由に触れられていない」と述
べ、判決に対しておおいに失望したとコメントした。一方、連邦裁前に押し掛け
たイスラム系非政府組織(NGO)、ペルカサのメンバー数百人は「アラーはム
スリムだけのもの」と歓喜の声を上げた。□

――――――――
◎米長老教会がサイトからシオニズム主題の小冊子撤回

 【CJC=東京】米長老教会(PCUSA)がウエブサイトに掲出していたシ
オニズム(ユダヤ教復興運動)に関する小冊子を撤回した。ユダヤ教団体から批
判の的とされていた。
 小冊子は、『イスラエル・パレスチナ宣教ネットワーク』がこの1月刊行した
もの。中東問題を教会で論議する際の資料として作成されたが、シオニズムを
「不当な神学」としており、同派が公式に推奨したものではない。しかし刊行以
来、批判が強まり、同派総会で、イスラエルとパレスチナで使用される物品を製
造する企業への投資引き揚げを決定したことで、批判が最高潮になった中での撤
回決定。
 投資引き揚げに反対するユダヤ教組織や長老派グループは、小冊子の販売自体
が反イスラエル、反ユダヤの立場だ、と指摘していた。
 小冊子はサイトからは削除されたが、販売は継続する。□

――――――――
《短信》

〇教皇は激務で疲労か体調不良
 教皇フランシスコが6月27日、体調不良を理由に、予定していたローマの病
院でのミサを直前に中止した。最近、公務の取りやめが相次ぎ、「激務の疲れが
出ているのでは」との臆測を呼んでいる。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(6月29日)=http://www.cwjpn.com
★教皇フランシスコ=一般謁見で 教会について講話=神の愛といつくしみで 
一つの家族に
★2014年度 定例司教総会=「司牧の手引き」内容など検討
★「国家神道」時代のバチカン指針検証=司教の集い
★沖縄「慰霊の日」=戦争放棄 世界に発信=「血に染まった」土地を平和巡礼
★群馬・桐生市小学生いじめ自殺事件裁判=支援する会立ち上げ=神奈川の定時
制高校教諭ら

 =キリスト新聞(6月28日)=http://www.kirishin.com
★花子とアンとキリスト教=ゆかりの教文館で「村岡花子の生涯」展示
★WCC総幹事が8月に来日=仙台・東京・広島・京都を訪問
★学術研究の信頼性と公正性を 東神大が研究倫理規程を制定
★聖公会がヘイトクライブ根絶誓う声明
★米南部バプテスト連盟新議長にフロイド氏

 =クリスチャン新聞(6月29日)=http://jpnews.org
★平和求める具体的な行動を=日基教団有志で「戦争をゆるさない東京キリスト
者の会」設立
★サッカーW杯を伝道の機会に=日本代表 みんなで応援=神奈川みどり野キリ
スト教会
★チーズ作りで“人”を再生=北海道・共働学舎新得農場開設35周年
★ワールドカップ・ブラジル大会開催に合わせ=被災地にスポーツ伝道ツール=
『サッカーバイブル』など支援教会に配布
★豊かなタラントを再認識=自然体験と子どもの居場所=スコテとや開設

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月23日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1222信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2014年6月23日(月)     第1222信 ☆
====================================

               = 目 次 =
     ▼米長老教会が同性婚容認へ
     ▼米長老教会がイスラエルに圧力?
     ▼カンタベリー大主教が教皇訪問
     ▼麻薬合法化の動きに教皇が反対を表明
     ▼教皇の韓国司牧訪問の日程発表
     ▼「押収した聖書返還しない」とマレーシア宗教局
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎米長老教会が同性婚容認へ

 【CJC=東京】米長老教会(PCUSA、信徒180万人)はデトロイトで
開催した総会で6月19日、ゲイとレスビアンの結婚式を教会で牧師が執行する
ことを認める議案を76%対24%で採択した。併せて同派の『ブック・オブ・
オーダー』(教会規則)の結婚に関する規定の中で「男性と女性」とある個所を
「2人」に修正する議案も採択された。
 正式決定には、同派を構成する172中会の大多数が批准する必要があるが、
総会での3対1という比率での採択から、批准も順調に進むと見られる。□

――――――――
◎米長老教会がイスラエルに圧力?

 【CJC=東京】暗礁に乗り上げたイスラエルとパレスチナ和平交渉の打開に
向けて、米長老教会(PCUSA)はデトロイトで開催した総会で6月20日、
保有する米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)、建設機械の
キャタピラー、通信機器のモトローラ・ソリューションズなど3社の株式計21
00万ドル(約21億円)の売却を310票対303票の僅差で決定した。3社
がイスラエルによるパレスチナ占領に加担していることを理由としている。
 イスラエルが西岸地区と東エルサレムに入植地を建設しようとしていることに
歯止めを掛けるねらいという。
 同派は米国では主流派教会の一翼とされており、米聖公会などと並んで歴代米
大統領の信徒が多い。今回の決定はイスラエルにとって一定の圧力となりそうだ。
 イスラエルの政策に反対しての投資引き揚げは、米国ではメノナイト中央委員
会とクエーカーが行っており、合同メソジスト教会年金会もイスラエルの刑務所
と契約のある1企業の株を売却した、と発表している。□

――――――――
◎カンタベリー大主教が教皇訪問

 【CJC=東京】英国国教会のジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主
教は6月16日、バチカン(ローマ教皇庁)を訪問、教皇フランシスコと会見し
た。大主教は、「現代における新しい奴隷制」への反対運動のためにローマを訪
れていた。
 前日の三位一体の祝日、ウェルビー大主教はローマのサン・グレゴリオ・アル
・チェリオ教会で夕べの祈りを行った。バチカン放送(日本語電子版)は、教皇
が、聖大グレゴリウス教皇による修道士アウグスティヌスのイングランドへの派
遣から始まった英国のキリスト教の歴史を回想。その栄光の歩みに、深い共通の
伝統と、兄弟としての固い基盤を指摘したと報じている。
 教皇は大主教に、『アングリカン・カトリック国際委員会』を通してエキュメ
ニカルな取り組みがより深まることを要望した。
 また、教皇は人身売買と今日における様々な新しい奴隷形態について大主教と
共通の関心を示し、人間の尊厳に対するこれらの赦しがたい悪と闘い、その悲劇
的売買の犠牲となった人々の苦しみを和らげなければならないと強調した。
 バチカン放送は、教皇が最後に、「三つのPを忘れてはなりません」と言い、
「Prayer(祈り)、Peace(平和)、Poverty(貧しい人々)」
を挙げたと報じている。「わたしたちは共に歩むべきです」と言う教皇に、ウェ
ルビー大主教も「共に歩まねばなりません」と答えた。
 教皇フランシスコは、昨年6月に同大主教とバチカンで最初の会見を行ってい
る。□

――――――――
◎麻薬合法化の動きに教皇が反対を表明

 【CJC=東京】教皇フランシスコは6月20日、ローマで開かれた麻薬規制
に関する国際会議の参加者との接見で、麻薬の常用は邪悪であり、屈服や妥協が
許されるべきものではないと主張、世界で麻薬を合法化するなどの動きが広がっ
ていることに、「極めて悪い考え」と反対する立場を表明した。
 マリフアナなどを合法化する傾向は立法的な見地から問題があるだけでなく、
社会に好ましい影響を与えるものでもない、と教皇は指摘した。
 米国では、CNN放送と世論調査機関『ORCインターナショナル』が今年1
月に発表した麻薬に関する世論調査によると、55%がマリフアナ合法化を希望。
1987年の同様調査と比べ、16ポイント激増していた。□

――――――――
◎教皇の韓国司牧訪問の日程発表

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)広報事務所は6月18日、教皇フ
ランシスコの韓国司牧訪問の日程を発表した。
 教皇は韓国の大田(テジョン)教区で開催されるアジアの若いカトリック信者
の集い、第6回アジア・ユース・デーに参加のため、同国を8月14日から18
日まで訪問する。
 教皇は8月13日午後にローマを出発。14日午前にソウルに到着する。午後、
青瓦台で歓迎式、朴槿惠大統領を表敬訪問の後、同国要人らと会見する。夕には、
韓国カトリック司教評議会本部で同国の司教団と会見する。
 15日朝、教皇はソウルから大田に移動。ワールドカップ競技場で、「聖母の
被昇天」の大祝日のミサを行うと共に、正午のアンジェラスの祈りを唱える。こ
の後、現地の大神学校で若者たちと昼食後、聖アンドレア・キム・デゴン(金大
建)の出生地、忠清南道唐津郡のソルメ聖地で若者たちと会見、夜、ソウルに戻
る。
 16日午前、教皇は、パウロ・ユン・ジチュン(尹持忠)と123人の殉教者
の列福ミサをソウルの光化門で行う。午後、忠清北道陰城郡のコットンネ『希望
の家』における障がい者リハビリセンターを訪問。その後、コットンネの『愛の
学校』で韓国の修道会関係者、霊性センターで信徒使徒職の指導者たちと会見、
ソウルに戻る。
 17日午前、教皇は海美(ヘミ)聖地でアジアの司教らと会見する。午後は、
海美邑城(ヘミウプソン)で、第6回アジア・ユース・デーの閉会ミサを司式、
ソウルに戻る。
 18日午前、ソウルの旧大司教館で、諸宗教代表者らと会見。続いて、明洞
(ミョンドン)の司教座聖堂で平和と和解のためのミサ。正午過ぎ、ソウルの空
軍基地で送別式に臨み、ローマへ向け出発する。
 教皇フランシスコの海外司牧訪問は、昨年7月のブラジル、今年5月の聖地に
続き、3回目。□

――――――――
◎「押収した聖書返還しない」とマレーシア宗教局

 【CJC=東京】マレーシアのセランゴール州イスラム宗教局と、同州イスラ
ム宗教委員会は6月13日、今年1月にマレーシア聖書協会から押収した聖書を
返還しないと発表した。
 セランゴール州政府から聖書を返還するよう指示があったが、「イスラムに対
する破壊行為に当たる」として、1988年非イスラム宗教法に基づき返還しな
いことを決定した。
 押収されたのは、マレー語とイバン語の聖書300部。イスラム宗教局が「非
イスラムにも関わらずアラーという表現を使っている」との理由で聖書協会を家
宅捜索し、聖書を押収した。
 セランゴール州ではスルターン(君主)のシャラフディン・イドリス氏も州内
で非イスラム教徒は「アラー」との表現を使用してはならないとの命令を発して
いたが、マレー語版の聖書で「アラー」が使用され続けていた。
 同州のアブドル・カリド・イブラヒム首相は、問題解決に向け話し合いを行う
方針を明らかにした。
 マレーシアでは過去にも、2009年には同国政府がマレー語聖書5000冊
を押収、2011年には新約聖書と旧約聖書の詩篇、箴言など合わせて3万冊が
押収されている。□

――――――――
《短信》

〇マフィアを「破門にする」と教皇
 教皇フランシスコは6月21日、犯罪組織マフィアの拠点となっているイタリ
ア南部カラブリア州ピアナ・ディ・シバリを訪れ、10万人以上の信者が集まる
なか、屋外でミサを行った際、教皇として初めてマフィアを「破門にする」と述
べた。(CJC)

〇教皇一般接見は7月中行われず、8月再開
 教皇フランシスコによる水曜恒例の一般接見は7月中は行われず、8月に再開
される。ただし8月13日は教皇は「アジア・ユース・デー」のため韓国を司牧
訪問中のため行われない。(CJC)

〇教皇、9月21日にアルバニア訪問
 教皇フランシスコは6月15日、日曜正午の祈りの集いの席で、今年9月21
日(日)にアルバニアのティラナを訪問する旨を発表した。過去のイデオロギー
によって長く苦しんだこの国に慰めと愛を伝えたいと語った。(CJC)

〇オバマ大統領をネットで脅迫したサヴィノ容疑者に懲役1年
 インターネットにオバマ大統領を脅迫文を書き込んだ米ペンシルバニア州のニ
コラス・サヴィノ容疑者(42)に、連邦地裁は6月18日は懲役1年、居住監
視2年を言い渡した。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(6月22日)=http://www.cwjpn.com
★教皇フランシスコ=聖霊のたまものについての講話=主への畏敬=神の愛の力
 認めること
★教皇フランシスコ=人身売買や強制労働、軍需産業従事者を非難
★ナイジェリアの枢機卿=ボコ・ハラム投降者の大統領恩赦を支持
★9月アルバニア訪問=教皇、自ら明らかに=イラクの平和も祈る
★西日本の助祭・司祭ソフトボール大会=長崎教区が優勝=信徒や園児たちも応

 =キリスト新聞(6月21日)=http://www.kirishin.com
★日本聖書協会=新翻訳作業40%終える=「次世代に向けた聖書」=2018
年完成目ざす
★イエスと共に「いのち」を大切に=キリスト教再定義に向け、荒井献氏が講演
★42年の「声の歴史」は貴重な財産=盲伝による音の雑誌『おとずれ』
★安倍首相が教皇に来年の訪日要請

 =クリスチャン新聞(6月22日)=http://jpnews.org
★ローザンヌ・シンポ「真実の愛に歩む教会を目指して」=悔い改めの共同体へ
★絵本『アンを抱きしめて』トーク&サイン会in教文館=孫の恵理さん=村岡
花子への思い語る=「祖母は愛情の人だった」
★詩とメロディーが見事に融合=Samuell星野富弘詩歌う=4月にお披露
目コンサート
★ミッションあどない・いるえ=比貧困地区子ども支援=ゴミの山の幼稚園運営
引き継ぐ
★カンバーランド高座教会 礼拝堂献堂式

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月16日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1221信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2014年6月16日(月)     第1221信 ☆
====================================

               = 目 次 =
     ▼ユニオン神学校が化石燃料関係の投資引き揚げ
     ▼米南部バプテスト連盟新議長にフロイド氏
     ▼教皇が一般接見で「児童労働反対世界デー」に言及
     ▼退位の時期は「神の助言を乞うて」と教皇
     ▼オーストリアは「空飛ぶスパゲティ教」を認定せず
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ユニオン神学校が化石燃料関係の投資引き揚げ

 【CJC=東京】ニューヨークのマンハッタン地区北西部にある、著名なユニ
オン神学校が6月10日から、1億840万ドル(約108億4000万円)の
資産の内、化石燃料関係への投資全額を引き揚げる計画を開始した。石油・石炭
を中心とした化石燃料が気候変動という「罪」を犯しているとして、その償いの
一端とする。
 「聖書は、世界の全てが神の尊い創造であり、そこでのわたしたちの位置は、
全体の健全さに配慮し尊敬すること」であり「社会正義に献げられた神学校とし
て、この世界でわたしたちの価値を全うするという重要な召しを受けている。気
候変動は破滅的な脅威であり、神の創造の管理人として、ただ行動しなければな
らないのだ」とセレーン・ジョーンズ校長。投資引き揚げは、理事会が一致して
決定したもので、米国の神学校では、初めての措置という。
 ユニオン神学校は資産の11%に当たる約1200万ドル(約12億円)を化
石燃料関係企業に投資している。
 ユニオン神学校は、これまでもタバコ、アルコール飲料、賭博関係への投資に
は反対の立場を貫いてきた、と同校投資委員会議長のマイケル・ジョンストン氏。
同氏は世界最大の投資会社『キャピタル・グループ・カンパニーズ』の元副社長。
大規模ファンドに寄託しているため、具体的な投資先は確認していない。
 今回の措置は、この9月23日にニューヨークで開催される国連気候サミット
に先立だって、同校が「地球のための宗教」会議を開催することにも関連づけて
いる。
 1980年代、南アのアパルトヘイト(人種隔離)政策反対のために発動され
て以来、投資引き揚げは米国の主流プロテスタント各派の戦略となっている。2
013年夏には合同キリスト教会が、化石燃料企業への投資を引き揚げる決定を、
主流教派としては初めて決定した。
 少なくとも100の宗教団体、大学、市、郡などが投資を引き揚げたり、引き
揚げ検討を始めている、と言う。
 ユニオン神学校は、米国の革新的なプロテスタント神学校とされており、ポー
ル・ティリッヒ、ラインホルド・ニーバー、ディートリッヒ・ボンフェッファー
なども教えていた。現在、同神学校には学生250人が在籍、教授陣は30人。

――――――――
◎米南部バプテスト連盟新議長にフロイド氏

 【CJC=東京】米国では最大のプロテスタント教派、南部バプテスト連盟
(SBC、本部=テネシー州ナッシュビル)は標語に「祈りによる修復とリバイ
バル」を掲げ、メリーランド州ボルチモアで6月10、11日に年会を開催した。
年会は10日、フレッド・リューター議長の後任に、アーカンソー州にあるメガ
チャーチ「クロスチャーチ」の主任牧師ロニー・フロイド氏を選出した。任期2
年。
 リューター氏はニューオーリンズの黒人主体のフランクリン・アベニュー・バ
プテスト教会牧師。圧倒的に白人主体の同派では創立以来167年で最初の「黒
人」議長だった。
 議長選挙では、「メッセンジャー」と呼ばれる年会代議員5294人のうち3
000人以上が投票したと見られる。フロイド氏は第1回投票で51・62%の
票を獲得して当選した。2位がメリーランド州のデニス・マンプーン・キム氏4
0・70%、3位ケンタッキー州のジャレッド・ムーア氏5・91%だった。
 フロイド新議長は記者会見で「イエス・キリストの教会にリバイバルが起きる
のを見たい。多くの人が信仰に導かれ、イエス・キリストを救い主と信じる所で、
アメリカは、力ある御心によって覚醒させられる」と語った。
 年会は10日、トランスジェンダー(性同一性障がい者)の「倫理的妥当性確
認」に反対することを決めた。「神の本来のデザインは、二つの別個で補完的な
性を創造することだ。性別は、生物的な性によって決定するので、人の自己認識
によってではない」とする提案は、トランスジェンダーに「キリストを信じ、福
音における革新を経験するよう」勧めている。□

――――――――
◎教皇が一般接見で「児童労働反対世界デー」に言及

 【CJC=東京】教皇フランシスコは6月11日、バチカン(ローマ教皇庁)
のサンピエトロ広場で水曜恒例の一般接見を行った。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は6月12日の「児童労働に反
対する世界デー」に言及、劣悪な状況下で搾取される多くの子どもたちへの関心
を世界に呼びかけた。そして、すべての子どもたちの尊厳と健全な成長が守られ
るよう、家庭をはじめ皆の努力を訴えた。
 教皇は接見中、カテケーシス(教会の教えの解説)で、これまで「聖霊の賜物」
をテーマに、聖霊の七つの賜物を考察し、「上智」「聡明」「賢慮」「勇気」
「知識」「孝愛」を解説してきたが、この日はその締めくくりとして、「主への
畏敬」を取り上げた。
 教皇は「主への畏敬」について、わたしたちを愛される父なる神を恐れる理由
はないと述べつつ、むしろ神への畏敬は自分を小さい者と思わせ、「自分のお父
さんの腕の中にいる子ども」のように感じさせると話した。
 また、神への畏敬は、わたしたちを神の愛に捕らえられた確信と情熱を持つキ
リスト者にすると共に、わたしたちを注意深い者にもすると指摘。この聖霊の賜
物が根深い罪に対する「警報」ともなると説いた。□

――――――――
◎退位の時期は「神の助言を乞うて」と教皇

 【CJC=東京】AFP通信によると、教皇フランシスコは6月13日、スペ
イン・バルセロナの地元紙ラ・バンガルディアのインタビューに応じ、前教皇ベ
ネディクト16世と同様、自身も退位の時期については「神に助言を乞う」考え
であることを明らかにした。AFP通信が報じた。
 教皇は「寿命が延び、われわれは物事をそれまで通りにやっていけなくなる年
齢まで生きるようになった」と語り、前教皇ベネディクト16世の生前退位につ
いて、「偉大な行動」だったと述べた。ベネディクト16世は昨2013年、中
世以降で初めて自らの意思によって生前退位し、名誉教皇となった。
 教皇は、「わたしも前教皇にならうつもりだ。その時がいつ来るのかお示しに
なり、どう行動すべきか教えて下さるよう神に祈る。神は必ず、それらを知らせ
てくれるだろう」と述べた。
 教皇はまた、専用車「ポ-プモービル」に乗らなければ命を失う危険もあるこ
とを認める一方で、専用車の防弾ガラスを「壁」と表現。「たとえガラス張りで
も、イワシの缶詰のように窮屈な車の中からでは人々にあいさつをすることも、
愛していると伝えることもできない」と述べた。
 「私の身に何か起こり得るというのは事実だ。だが、現実的に考えれば、私の
年齢なら失うものはそれほど多くない」と語ったとAFP通信は報じている。□

――――――――
◎オーストリアは「空飛ぶスパゲティ教」を認定せず

 【CJC=東京】既存の宗教を揶揄(やゆ)することを目的の一つとして創始
された『空飛ぶスパゲティ・モンスター教会』が、正式な宗教団体としての認定
をオーストリア宗教関係当局に申請していたが、6月11日に拒否された。AF
P通信が報じた。
 当局は、同教会がキリスト教でないことを理由に、正式な「教会」とは認めら
れないとの判断を下した。
 同教会オーストリア支部の「上級マカロノ」を務めるフィリップ・セイガー氏
は声明で、当局の決定を残念に思うものの、当局から決定を直接聞いていないの
で、それ以上のコメントはできないと述べた。
 『空飛ぶスパゲティ・モンスター教会』は、既存の宗教教義を笑い飛ばし、学
校で天地創造説の一種「インテリジェント・デザイン」説を教えることに異議を
唱えるために、米国で創設された。現在は数か国に支部がある。
 「空飛ぶスパゲティ・モンスター」は、支持者が「信仰」する創造主。同教会
は別名を「パスタファリアニズム」と言い、支持者は「パスタファリアン」と呼
ばれる。
 AFP通信によると、「創造主」が初めて登場したのは2005年に、学生の
ボビー・ヘンダーソンさんがカンザス州教育委員会に送った公開書簡の中だった。
 ヘンダーソンさんは、知性ある存在が世界の設計に関与したとする「インテリ
ジェント・デザイン」説に科学的根拠があると言うなら、「空飛ぶスパゲティ・
モンスター」が宇宙を創造したという信仰も同程度に根拠がある、と主張した。

――――――――
《短信》

〇米アリゾナ州の教会で銃撃、神父死亡

 アリゾナ州フェニックスのカトリック教会で6月11日夜、銃撃事件が発生、
神父1人が死亡、別の神父1人も重傷を負った。教会所有の車1台が盗まれ、乗
り捨てられていたのが発見された。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(6月15日)=http://www.cwjpn.com
★聖地の平和祈る=教皇フランシスコ「神の助け必要」=イスラエル・パレスチ
ナ指導者に
★教皇、安倍首相と会談=迫害時の「魔鏡」受け取る
★岡田司教協会長=首相の教皇訪日要請受け=教会の要請理由を説明=被災地で
の祈り/平和のメッセージ発信
★釜石=新ベース開所=地元NPOと運営するスペースも=岩手
★佐世保地区に新小教区設立=聖堂は倉庫改修で=長崎教区

 =キリスト新聞(6月14日)=http://www.kirishin.com
★東京地裁=牧師による性加害を認定=女性信者らに計1540万円賠償を
★日基教団奥羽教区、集団的自衛権行使に反対
★「信仰の起点は〝受け取る〟」=ICUキリスト教週間で内田樹氏講演
★フクシマを共に生き、祈り合う=「宣教フォーラム・福島」の書籍化を記念

 =クリスチャン新聞(6月15日)=http://jpnews.org
★「ムスリム世界のための30日の祈り」6月28日から=拡大するイスラム教
★好評のドラマ「花子とアン」=ゆかりの場、教文館で「村岡花子」展
★職業は生活の糧を得る手段ではない!=使命が分かると天職が分かる=東京・
練馬グレースチャペルで職業観セミナー
★山梨=墓で困っている人に=クリスチャン共同墓地建設
★聖書考古学資料館20周年=モーセが対峙したエジプト王の実像に迫る

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月09日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1220信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2014年6月9日(月)      第1220信 ☆
====================================

               = 目 次 =
     ▼イスラエルとパレスチナ首脳がバチカンで祈る
     ▼安倍首相が教皇に来年の訪日招請
     ▼教皇がアルメニア教会のアラム1世と会見
     ▼2025年の超教派会合をバチカン確認せず
     ▼モスクワ総主教は教皇の呼びかけに応答せず
     ▼北朝鮮が聖書残した、と米国人拘束
     ▼伊オーディション番組で「歌う修道女」優勝
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎イスラエルとパレスチナ首脳がバチカンで祈る

 【CJC=東京】パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース議長(大統領)
とイスラエルのシモン・ペレス大統領は6月8日夕、教皇フランシスコの招きを
受けてバチカン内の庭園で会談、共に平和への祈りをささげた。教皇はイエス・
キリスト生誕地ベツレヘムで5月25日に行ったミサでアッバース大統領とペレ
ス大統領を平和への祈りに招くと表明していた。
 会談には、教皇フランシスコの招きで、コンスタンチノープルのエキュメニカ
ル総主教バルトロメオス1世も参加した。
 米CNN放送によると、ペレス大統領は、「平和が遠く離れて見える時でも、
それを近付けようと希求しなければならない」と指摘、アッバース大統領は「主
よ、聖地、パレスチナとエルサレムに平和を」「パレスチナとエルサレムがすべ
ての信者にとって安全な地となり、祈りと礼拝の場となりますように」と祈りの
言葉を述べた。
 教皇は今回の会談について、敵としてではなく兄弟姉妹として生きたいという
人たちの願いに応えたと述べ、「これが我々を結び付けるものへの旅となり、分
断の克服に向けた旅となることを願う」と語った。
 会談後、アッバース大統領とペレス大統領は互いの頬にキスを交わし、教皇、
バルトロメオス1世と共にオリーブの木を植樹した。
 今回の会談は、暗礁に乗り上げた和平交渉の前進を目指し、教皇がペレス、ア
ッバース両首脳に開催を呼び掛けて実現した。両首脳は象徴的存在としての性格
を強めているものの、教皇と共に両氏が祈りをささげたことで、中断している和
平交渉再開に向けた機運の高まりも期待される。□

――――――――
◎安倍首相が教皇に来年の訪日招請

 【CJC=東京】教皇フランシスコは6月6日午前、バチカン(ローマ教皇庁)
を訪れた安倍晋三首相と会見した。首相は来年の訪日を招請、教皇は「ぜひ日本
を訪れたい」との意向を示した。
 安倍首相は、ベルギーで開催された先進7カ国(G7)サミットを終えた5日
午後イタリア入り、翌朝、バチカン(ローマ教皇庁)に教皇を訪問した。
 バチカン報道事務所の発表によると、教皇と安倍首相の会談では、日本と教皇
庁間の友好関係、特に国内の教育・社会・医療分野などにおけるカトリック教会
との協力が想起された。さらに、アジア地域と国際情勢上のテーマとして、アジ
アの平和と安定を推進する取り組み、アフリカでの協力をはじめ、発展のための
日本の国際協力、環境への配慮、核軍縮などが取り上げられた。首相は国務長官
ピエトロ・パロリン枢機卿と外務局長ドミニク・マンベルティ大司教とも会談し
た。
 教皇フランシスコが日本の首相と会見するのは今回が初めて。日本の首相のバ
チカン訪問としては、2009年7月のベネディクト16世と麻生太郎首相との
会見以来5年ぶり。
 アジアニュースによると、安倍首相は和鏡を教皇に贈った。光を当てると、そ
の反射光の中にキリスト像が浮かび上がるこの金属鏡は、日本のキリスト教禁教
時代、隠れキリシタンが使っていたのと同様の技術で作られたもの。
 首相が贈り物に和鏡を選んだのは、教皇フランシスコが「日本に司祭はいなく
なってしまいました。……250年の後、日本に宣教師が戻った時……、何万人
ものキリスト者が隠れ場所から出てきたのは、洗礼のおかげで生き残った」と述
べたのを憶えていたからだという。
 首相はまた、1615年、慶長遣欧使節としてローマを訪問した支倉常長と、
その時、使節と会見した教皇パウルス(パウロ)5世の肖像画2枚を贈った。2
015年は同使節のローマ到着から400年にあたる。
 教皇からは、聖ペテロの肖像が描かれたメダルが首相に贈られた。
 教皇と会見した際、安倍首相は、2011年に日本を襲った津波の被害者に教
皇が慰めメッセージを贈ったことに感謝を表明した。
 報道事務所の発表では触れられていないが、安倍首相は教皇に来年の訪日を招
請、教皇は「ぜひ日本を訪れたい」との意向を示した。
 首相は、「隠れキリシタン」の存在が明らかになって、来年で150周年にな
ることから「こうした節目に来ていただきたい」と招請した。 
 首相はまたアフリカ支援について、力を入れていく考えを表明。教皇は「アフ
リカは大きな問題。弱者も健康な暮らしを送れるようにする取り組みが重要」と
述べた。□

※画像参考=http://en.radiovaticana.va/news/2014/06/06/pope_francis_meet
s_with_prime_minister_of_japan/1101451

――――――――
◎教皇がアルメニア教会のアラム1世と会見

 【CJC=東京】教皇フランシスコは6月5日、アルメニア使徒教会のキリキ
アのカトリコス、アラム1世と会見した。
 バチカン放送によると、教皇はアラム1世への挨拶で、アルメニア教会とカト
リック教会間の友好関係の進展に感謝しつつ、キリスト者の一致に向け今後の一
層の取り組みを期待した。
 また、アルメニア教会が前世紀に受けた大規模な迫害が今も信者たちの間に深
い傷を残していることに言及した教皇は、「わたしたちはこの傷をキリストの体
の傷として見つめ、そこから神の憐れみにおける固い希望と信頼を汲み取らなく
てはならない」と述べた。
 この後、教皇とアラム1世は、バチカン宮殿内のレデンプトリス・マーテル礼
拝堂で、共に祈りの時を持った。
 アラム1世は、教皇ヨハネ・パウロ2世(1997年)、ベネディクト16世
(2008年)とも会見している。□

――――――――
◎2025年の超教派会合をバチカン確認せず

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は、教皇フランシスコとコンスタ
ンチノープルのエキュメニカル総主教バルトロメオス1世が2025年にイズニ
ク(ニケア)でエキュメニカルな会合を行うと合意したことに6月3日現在、確
認を避けている。
 バルトロメオス1世は、イスタンブールでアジアニュースに、イズニクでの開
催計画を明らかにした。ニケアは「信条が最初に宣言された最初の正当な公会議
を開催した」場所。合同会議はニケア公会議1700周年を記念するものとなる。
 しかしバチカン報道事務所のトマス・ロシカ神父は「この催しに関する正式発
表とか招集とかをバチカンは行っていない」と注意を促した。同神父はバルトロ
メオス1世の発言を否定はしないものの、「一気に結論に飛ぶためには、とても
早すぎる」と付け加えた。□

――――――――
◎モスクワ総主教は教皇の呼びかけに応答せず

 【CJC=東京】教皇フランシスコがロシア正教会の最高指導者、キリル・モ
スクワ総主教に、「どこででも会合したい」というメッセージを伝えていたこと
が明らかになった。
 教皇メッセージは、モスクワで公演中のシスチナ礼拝堂聖歌隊の指揮者によっ
て、私的に伝えられたという。キリル総主教はメッセージに感謝の意を表したも
のの、応答はしなかった。
 教皇が聖地を巡礼訪問した際に、正教会コンスタンチノープルのエキュメニカ
ル総主教バルトロメオス1世と会見していることから、今回のメッセージの重要
さが浮かび上がっている。モスクワ総主教座は、バルトロメオス1世が正教会の
指導者であると主張することに神経を鋭敏にしている。
 これまでも教皇とモスクワ総主教との会合を図る動きが見られたが、実現には
至っていない。正教会側は、ローマとモスクワ間の緊張が解決するまで「サミッ
ト会談」の機は熟さないと言う。
 緊張はこの所、ウクライナ問題でさらに強まっている。ウクライナのビザンチ
ン典礼カトリック教会指導者が政治的緊張に火を付けてきた、と正教会側は苦情
を訴えている。ウクライナを自身の「教会領域」とするモスクワ総主教座にとっ
てはカトリック教会の強力さが頭痛のタネなのだ。□

――――――――
◎北朝鮮が聖書残した、と米国人拘束

 【CJC=東京】北朝鮮の朝鮮中央通信は6月6日、4月29日に入国した米
国人のジェフリー・エドワード・パウリー氏を当局が拘束し調査していると報じ
た。観光目的とそぐわない「反共和国敵対行為」をし、北朝鮮の法律に違反した
としている。
 共同通信が在ワシントン外交筋の情報として伝えるところによると、パウリー
氏は観光ツアーに個人参加して訪朝したとみられる。北朝鮮側は、宿泊先のホテ
ルに聖書を残していたことを拘束理由に挙げたという。
 米国務省は5月20日、北朝鮮への渡航警戒情報を更新し、訪朝しないよう強
く勧告していた。米政府関係者は「金正恩体制は外貨獲得のため外国人観光客の
誘致を進める一方で、滞在中の行動監視を強化している可能性がある」と語った。

――――――――
◎伊オーディション番組で「歌う修道女」優勝

 【CJC=東京】イタリア・ミラノで開催されたイタリア放送協会(RAI)
のオーディション番組「イタリアの声」で6月6日、カトリック修道女クリステ
ィーナ・スクッチャさん(25)が優勝した。
 黒の修道服を着て十字架を首に掛けたクリスティーナさんは、『ウルスラ修道
女会』会員。AFP通信によると、栄冠を勝ち取るとすぐに神への感謝の言葉を
口にし、控えめな口調で「イエスにここに来て欲しい!わたしがここにいること
は、私自身ではなく、天上にいるあのお方のおかげです」と喜びを語った。会場
ではクリスティーナさんが所属するウルスラ会の修道女らも応援した。
 クリスティーナさんはこの3月に米歌手アリシア・キーズの曲「ノー・ワン」
を歌って一躍有名になったが、6日の決勝でもこの曲を歌った。その歌声はアリ
シア・キーズも「純粋なエネルギー」と称賛しているという。
 クリスティーナさんは既に『ウニベルサル』とのレコード契約を結んでいるが、
音楽の道に進むつもりはないとか。□

※画像参考=http://i2.wp.com/www.thenewportbuzz.com/wp-content/uploads/2
014/03/Sister-Cristina-The-Voice-Italy.jpg?resize=610%2C400

――――――――
《短信》

〇WCC総幹事が8月訪日へ
 世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ=トゥヴェイト総幹事が8月1
日から7日まで来日する。東京・仙台・広島・京都を訪問する計画。(CJC)

〇中国内モンゴルで「門徒会」15人の身柄拘束
 中国内モンゴル自治区オルドス市警察は6月6日までに、中国政府が「邪教集
団」に指定する門徒会のメンバー15人を拘束した。門徒会はキリスト教の一派
を名乗るが、創始者の個人崇拝などを行うなど独自の教義が多い。(CJC)

〇アイルランドで「忘れられた子」800人の集団墓地発見
 アイルランド・ゴールウェイ州チュアムにあった、カトリック修道女らが運営
していた未婚の母のための施設『セント・メアリーズ』の近くに、乳幼児約80
0人が埋葬された集団墓地が見つかったとの調査結果が6月4日発表された。
(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(6月8日)=http://www.cwjpn.com
★教皇、機内記者会見で公表=性虐待被害者と面談へ=来年1月にスリランカと
フィリピン訪問も
★東日本大震災被災地 復興支援=全ベース会議/仙台教区サポート会議=福島
の情報、国内外へ=CTVCが近くサイト立ち上げ
★「自死」の現状知る=NPOライフリンク招き講演会=神奈川・藤沢教会
★殉教400年を記念=福者アダム荒川たたえる=熊本・天草
★名古屋の「AJU自立の家」=〝わだちまつり〟開く

 =キリスト新聞(6月7日)=http://www.kirishin.com
★人の痛み悲しみ共にする宣教を=大原猛神父インタビュー=なぜいま「学習セ
ンター」?
★「信仰の起点は〝受け取る〟」=ICUキリスト教週間で内田樹氏講演
★フクシマを共に生き、祈り合う=「宣教フォーラム・福島」の書籍化を記念
★東京基督教大学、2015年度より入学金廃止
★教皇が聖地訪問、紛争の平和的解決訴え

 =クリスチャン新聞(6月8日)=http://jpnews.org
★知識・援助・希望を運ぶ=ロゴス・ホープ号=日本初寄港
★新改訳全面改訂が編集段階へ=教会代表ら訳例検討
★行使範囲はむしろ拡大=宗教者ら集団的自衛権に反対アピール第2次集約集会
★TCU初年度の費用負担軽減=15年から入学金制度廃止へ
★〝ふるさと〟でつなぐ宣教=クリクチャン県人会 国内外の同郷人集まる

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1219信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
・           (ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2014年6月2日(月)      第1219信 ☆
====================================

               = 目 次 =
     ▼教皇がエルサレムでコスタンティノポリス総主教と会見
     ▼2025年に「ニケア公会議」?
     ▼教皇、聖地巡礼終えてバチカンへ
     ▼イエスはヘブライ語話したか
     ▼北朝鮮が金ジョンウク宣教師に無期労働教化刑
     ▼教皇がスリランカとフィリピン訪問へ
     ▼「背教」で死刑判決受けたスーダン女性が出産
     ▼米国の著名な黒人女性作家マヤ・アンジェロウ死去
       ▼《短信》
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇がエルサレムでコスタンティノポリス総主教と会見

 【CJC=東京】聖地巡礼中の教皇フランシスコは5月25日午後、テルアビ
ブ経由でエルサレムに入った。
 教皇はテルアビブ空港でシモン・ペレス大統領、ベンヤミン・ネタニヤフ首相
らに迎えられ、歓迎式に臨んだ後、エルサレムに移動、バチカン大使館でコスタ
ンティノポリスのエキュメニカル総主教バルトロメオス1世と約30分会見した。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇の今回の聖地訪問は、1964
年に行われた教皇パウロ6世の聖地におけるアテナゴラス・コスタンティノポリ
ス総主教との歴史的会見から50周年を記念することが主な目的。
 両者は会談後、ローマ司教とコスタンティノポリス総主教の深い兄弟的きずな
を確認し、教会の一致に向けた歩みを続ける上で、神学的対話や共通した神の愛
の証しなどにおける協力を記した共同声明に署名した。
 続いて、聖墳墓教会で教皇フランシスコとバルトロメオス1世参列のもと、カ
トリック教会と正教会によるエキュメニカルな祈りの集いを行った。□

――――――――
◎2025年に「ニケア公会議」?

 【CJC=東京】教皇フランシスコとエキュメニカル総主教バルトロメオス1
世は5月30日、エルサレムの聖墳墓教会で会談し、共に祈りを捧げたが、紀元
325年に「ニケア公会議」(全地公会)が開かれた縁の地、イズニクで202
5年に両教会の合同会議開催で合意した。実現すれば、両教会の司教(主教)が
集まる「公会議」として注目を集めることになろう。
 合同会議開催は、バルトロメオス1世が、エルサレムから帰還後、イスタンブ
ールでアジアニュースに語ったもの。
 「わたしたち自身と後継者への遺産として、2025年に合同会議開催に合意
した。『信条』を初めて公表した最初の真のエキュメニカルなシノドス(司教会
議)を、17世紀も経て、記念するため」と言う。
 聖墳墓教会での会談は、カトリック教会と正教会との対話を活性化させ、秘跡
と使徒伝承について展望を共有することになった。
 バルトロメオス1世は「カトリックと正教徒の一致のための対話は、エルサレ
ムから始められる。この秋に、カトリック・オーソドックス合同委員会が、ギリ
シャ正教会総主教テオフィロス3世の主催で開催される。見せかけなしに全員が
取り組まなければならない長旅だ」と言う。さらに「エルサレムは、神と人とが
対話する地だ。そこは神の言が受肉した所だ。わたしたちの先達であるパウロ6
世とアテナゴラスは、この地を、二つの姉妹教会の間に何世紀も続いた沈黙を破
る場所として選んだ」と付け加えた。
 「わたしは兄弟フランシスコと聖地を共に歩んだ。ルカとクレオパがエマオへ
の途上で感じた恐れはなく、わたしたちの主から学んだ生きる希望によって力つ
けられてのことだった」とバルトロメオス1世。□

――――――――
◎教皇、聖地巡礼終えてバチカンへ

 【CJC=東京】バチカン放送(日本語電子版)によると、3日間にわたる聖
地巡礼の最終日の5月26日、教皇は早朝、岩のドームを訪問、次いでイスラム
最高評議会の建物内で、イスラム教関係者と会見した。
 教皇は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教において尊敬の対象とされるアブ
ラハムがこの地で生き、旅したことを想起、神の呼びかけに常に従順であったア
ブラハムのように、神が計画される未来に向かって常にわたしたち自身を開いて
いかなければならないと述べた。
 そして、「兄弟姉妹として互いに尊敬し、愛し合い、神の名において誰も暴力
を行なうことがないように、平和と正義のために共に働きましょう」とイスラム
教関係者に呼びかけられた
 教皇は、続いて、ヘロデ大王時代のエルサレム神殿の遺構、「西の壁」とも呼
ばれる『嘆きの壁』に移動した。教皇は自らの手で「主の祈り」をスペイン語で
書いた紙を手にしていたが、沈黙の祈りに続いて、この主の祈りを唱え、伝統に
従って、祈りを記した紙を壁の隙間に差し込んだ。
 この訪問には、教皇の大司教時代からの友人、ブエノスアイレスのユダヤ教指
導者とアルゼンチンの諸宗教対話研究所の事務局長を務めるイスラム教指導者の
2人が付き添っていた。
 教皇は、大統領官邸にシモン・ペレス大統領を表敬訪問。大統領との個人会談
に続き、庭園で平和を象徴するオリーブの植樹を行なった。
 この後、官邸で、大統領と教皇の公式の挨拶交換が行われた。この中で教皇は、
「エルサレムが真に自由の都市であるように」と述べ、全人類の遺産であるその
アイデンティティー、神聖さ、宗教と文化の普遍的価値が輝き渡ることを希望。
巡礼者や住民が自由に聖なる場所を訪れ、宗教行事に参加できることを要望した。
 そして、平和はすべての人の自由と尊厳を尊重することから生まれると教皇は
述べ、平和の追求と尊重ある共存を妨げるすべてのもの、暴力やテロリズム、民
族・宗教上の差別と断固として排除しなければならないと強調された。
 教皇はベニヤミン・ネタニヤフ首相とも会見、ホロコースト記念館『ヤドバシ
ェム』を訪問された。ペレス大統領、ネタニヤフ首相、エルサレムの主席ラビも
参列。強制収容所で餓死したルーマニアの若いユダヤ人女性の手紙の朗読に教皇
はじっと聞き入った。ホロコーストの生存者6人と会見した教皇は、一人ひとり
の手を取り、言葉を交わされた。この中にはカトリックの家族の中で成長したポ
ーランド人男性もいた。
 教皇は、「最後の晩餐の高間」で現地の司教らとミサを行い、3日間にわたる
聖地訪問を終えた教皇は、現地時間の夜8時過ぎ、テルアビブ空港を発ち、バチ
カンに戻った。
 教皇は一夜明けた27日午前、ローマのサンタ・マリア・マッジョーレ教会を
訪問、聖母画「サルス・ポプリ・ロマーニ」の祭壇に花を捧げ、聖地巡礼の無事
終了を感謝し、祈りを捧げた。□

――――――――
◎イエスはヘブライ語話したか

 【CJC=東京】ロイター通信によると、教皇フランシスコが5月26日、イ
スラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とエルサレムで会談した際、イエス・キ
リストが約2000年前に話していた言語について、首相の説に教皇が異論を挟
む場面があった。
 ネタニヤフ首相は、「キリストはこの地で、ヘブライ語を話していた」と述べ、
ユダヤ教とキリスト教には強い関連があると指摘したが、教皇はキリストが話し
ていたのは、ヘブライ語に近い「アラム語」だと異なる説を主張。これに対して
首相は「アラム語を話していたが、ヘブライ語も知っていた」と補足した。
 ロイター通信は、イスラエルの言語学者ギラード・ザッカーマン氏が、「キリ
ストはアラム語を母国語としていた」としながらも、「ヘブライ語で書かれた当
時の宗教文書が現存していることから、ヘブライ語も分かっていたはずだ」と説
明したと報じている。□

――――――――
◎北朝鮮が金ジョンウク宣教師に無期労働教化刑

 【CJC=東京】北朝鮮が昨年10月以来抑留中のバプテスト派の韓国人宣教
師、金ジョンウク氏に、無期労働教化刑を宣告した。朝鮮中央通信が、5月30
日に開かれた裁判で、金氏は平壌に「地下教会」を作るために北朝鮮へ入国した
事実など、自身の罪を認めたとして、報じた。
 金氏は、中国遼寧省丹東で数年前から脱北住民らに生活必需品や医薬品を支援
する一方、布教活動に当たっていたと見られる。韓国政府は、許可なく北朝鮮に
入国することを禁止している。□

――――――――
◎教皇がスリランカとフィリピン訪問へ

 【CJC=東京】教皇フランシスコが「アジア訪問予定が二つある。一つは韓
国で、もう一つは1月に2日間、スリランカとフィリピンの津波被災地域を訪問
する」と聖地訪問の帰途5月26日、機中記者会見で語った。
 この2月、コロンボのマルコム・ランジス枢機卿がスリランカ訪問を招請した。
教皇はバチカン(ローマ教皇庁)を訪問したスリランカ巡礼団に招請歓迎の意向
を示していた。
 教皇は8月、韓国大田教区が主催する第6回アジア青年の日に合わせて韓国を
訪問することが決まっている。□

――――――――
◎「背教」で死刑判決受けたスーダン女性が出産

 【CJC=東京】スーダンで、背教行為を理由に死刑判決を受けた女性キリス
ト者が、拘置所内で出産した。女性の夫が5月27日明らかにした。AFP通信
が報じた。
 妊娠8か月のメリアム・ヤヒア・イブラヒム・イシャグさん(27)は5月1
5日に首都ハルツームの裁判所で死刑を言い渡された。
 イシャグさんは、ハルツーム近郊のオムドゥルマン市にある女子刑務所に勾留
され、そこで女児を出産した。イシャグさんには1歳8か月の息子もおり、その
男児も一緒に収容されているという。
 父親がイスラム教徒のイシャグさんは、同国で1983年に施行された、改宗
者は死刑に処すと定めたイスラム法(シャリア)に基づいて有罪が言い渡された。
 人権団体『国際アムネスティ』によると、イシャグさんの母親は正教会のキリ
スト者で、イスラム教徒の父が不在だったことからイシャグさんは母と同じ正教
徒として育てられたという。イシャグさんは判決に先立ち、「私はキリスト教徒
です、背教行為を犯したことはありません」と述べていた。□

――――――――
◎米国の著名な黒人女性作家マヤ・アンジェロウ死去

 【CJC=東京】米国の代表的黒人女性作家で詩人のマヤ・アンジェロウが5
月28日、ノースカロライナ州ウィンストンサレムの自宅で死去した。86歳。
 1928年4月ミズーリ州セントルイス生まれ。米国を代表する黒人女性作家
の1人。子ども時代にレイプされた経験や1930~40年代に直面した人種差
別を描いた自伝「歌え、翔べない鳥たちよ」(1969年)は米国文学の名著と
されている。
 キリスト者としての祖母の影響で、宗教への関心は強かったが、さまざまな遍
歴の後、キリスト教信仰を公言するまでになったものの、特定の教派に属すこと
はなかった。公民権運動に関わり、故マーティン・ルーサー・キング牧師やマル
コムXと親交があった。1993年のビル・クリントン大統領の就任式では詩を
朗読した。□

――――――――
《短信》

〇中央アフリカの教会襲撃11人死亡
 首都バンギで5月28日、イスラム教徒の武装集団が教会を襲撃、銃を乱射し、
手投げ弾を投げ込んで、少なくとも11人を殺害した。(CJC)

〇カンタベリー大主教が16日に教皇と会見
 ローマ訪問の最後にバチカン(ローマ教皇庁)を訪問。人身取引問題を協議す
る、とランベス宮殿(大主教公邸)が発表した。(CJC)

〇イスラエル・パレスチナ両首脳の祈りは8日
 教皇の宿舎で、とバチカン広報事務所が5月29日発表。(CJC)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(6月1日)=http://www.cwjpn.com
★教皇 聖地を訪問
★イエズス会総長=80歳辞任を示唆
★バチカンの評議会発表=諸宗教対話で新指針
★古い教会の新宣教=福祉・人権活動グループの拠点に=山梨・山城教会
★移転先で初ミサ=仙台教区サポートセンター「福島デスク」

 =キリスト新聞(5月31日・休刊)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(6月1日)=http://jpnews.org
★“ゆるし”から平和へ=シンポジウム「分断と憎しみを超えて」
★宗教者らが集団的自衛権容認に反対の声--平和をつくる者は幸い
★オペレッタで伝道=大阪でイエス・キリストフェスタ2014=BGEA・ハ
ム副総裁が講演
★「友よ歌おう」をみんなで=フェイスブック友達で「歌う会」=山内修一さん
追悼の意味込め
★アジアとの和解の遺志継ぐ=隅谷三喜男先生召天10周年講演会=姜尚中氏ら
講演

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
ckoriyama@gmail.com=ご連絡いただく際は「@」を半角にしてください
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)