2015年11月

2015年11月30日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1297信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2015年11月30日(月)     第1297信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼教皇がアフリカを初訪問
     ▼教皇がケニアからウガンダへ
     ▼教皇が中央アフリカへ

     ▼カトリックの国アイルランド初の同性カップル誕生
     ▼米でキリスト降誕場面に新生児遺棄
     ▼アレクサンドル3世遺体からDNAサンプル採取

       ▼《メディア展望》

====================================
◎教皇がアフリカを初訪問

 【CJC=東京】フランシスコ教皇は11月25日、初めてのアフリカ訪問に
出発した。訪問先の東アフリカのケニアなどではイスラム過激派組織がキリスト
教徒を狙った大規模なテロを繰り返している中でも、訪問の決意は固かった。教
皇がテロの脅威や紛争が続く各国を訪れることに対しては、治安上のリスクを指
摘する声も出ており、各地で厳重な警戒態勢が敷かれた。

 教皇はまず最初の訪問国ケニアに向けローマを25日早朝出発、現地時間同日
夕方、同国の首都ナイロビに到着した。その後、大統領官邸で歓迎式、ウフル・
ケニヤッタ大統領との会談、次いで各界要人と会見した。

 翌26日午前、教皇はナイロビ市内のバチカン大使館で諸宗教指導者と会見。
続いて、ナイロビ大学構内でミサを捧げた。午後、カトリック系学校での教会関
係者との出会いと、国際連合ナイロビ事務局への訪問を行なった。□

――――――――
◎教皇がケニアからウガンダへ

 【CJC=東京】教皇フランシスコは11月27日午前、最初の訪問国ケニア
のナイロビ・カンゲミ地区のスラム街を訪問。その後、カサラニ・スタジアムで
若者たちとの集いを行った。

 同日午後、ケニアを後にし、第2の訪問国ウガンダに移動、ウガンダのエンテ
ベに到着した教皇は、空港での歓迎式の後、エンテベ市の大統領官邸でヨウェリ
・カグタ・ムセべニ大統領と会談、要人との出会いを行なった。夕方には首都カ
ンパラ郊外のムニョニョでカテキスタや教員らと会見、その後カンパラ市内に入
った。

 28日午前、教皇はカンパラ近郊ナムゴンゴの聖公会とカトリックの殉教者聖
地を訪問した。カトリックの殉教者聖地ではミサを司式。午後はカンパラのコロ
ロ地区で若者たちとの出会いを行った。また、貧困者のためのケア・センターを
訪問、教会関係者と交流した。□

――――――――
◎教皇が中央アフリカへ

 【CJC=東京】アフリカ歴訪中のローマ教皇フランシスコは11月29日午
前、ウガンダから最後の訪問国、中央アフリカの首都バンギに到着した。

 教皇はバンギの空港で歓迎式、続いて大統領官邸でカトリーヌ・サンバ・パン
ザ暫定政府大統領と会談、さらに政府要人・外交団と会見。午後からは、バンギ
市内の難民キャンプを訪問。さらに、福音教会の共同体との出会い、カトリック
司教座大聖堂でミサと、いつくしみの特別聖年の開幕に先立つ「聖年の門」の開
門を行った。教皇はミサで、「武器の誤った使い方をする全てのものに呼びかけ
たい。武器を捨て、愛と慈悲を身につけてほしい」と訴えた。

 教皇による紛争地訪問は異例。警備上の懸念があることから、バチカン(ロー
マ教皇庁)は訪問中止を検討したが、教皇の強い意向で実現したという。教皇到
着の際、空港では軍用ヘリが周囲を警戒、駐留しているフランス軍なども警護に
あたった。□

――――――――
◎カトリックの国アイルランド初の同性カップル誕生

 【CJC=東京】アイルランド南部クロンメルでこのほど、同国初の同性婚の
カップルが誕生した、と米メディア『CNN』が報じている。結婚したのはコー
マック・ゴログリーさんとリチャード・ダウリングさんの男性同士のカップル。
11月17日に結婚式が行われた。

 アイルランドは「カトリック国」と見なされるほどにカトリック教会の影響力
が強く、同性愛行為は自然法に反し、性行為を生命の恵みから遠ざけるものとさ
れている。そこでこの5月22日、同性婚を認める憲法改正の賛否を問う国民投
票を行い、開票の結果、賛成が多数を占めた。同性婚の法制化を国民投票で決め
た国は世界で初めて。

 CNNによると、世界に先駆けて2000年に同性婚を法律で認めたのはオラ
ンダだった。現在、世界では20カ国以上の国々で同性婚が法制化されたか、も
しくは法制化されることが決まっている。米国でも6月、連邦最高裁が州法で同
性婚を禁じることは認められないとの司法判断を下した。□

――――――――
◎米でキリスト降誕場面に新生児遺棄

 【CJC=東京】米ニューヨーク市の教会で、キリスト降誕の場面を再現した
展示の飼い葉おけの中に遺棄された生後数時間とみられる男児が見つかった。男
児にはへその緒がついたままだったという。地元警察が11月25日、明らかに
したとして、AFP通信が報じている。

 男児はクイーンズ区にあるホーリー・チャイルド・ジーザス教会で11月23
日、昼休みから戻った管理人によって発見された。男児は病院に搬送されたが、
健康状態に問題はないという。

 ニューヨーク州の法律では、赤ちゃんの身に危険を及ぼさない限り、生後30
日以内の新生児の遺棄は犯罪行為とはならない。遺棄が認められている場所とし
ては病院、警察署、消防署がある。□

――――――――
◎アレクサンドル3世遺体からDNAサンプル採取

 【CJC=東京】ロシア捜査委員会の代表者らが、ロマノフ朝の皇帝アレクサ
ンドル3世の遺骸と、息子ニコライ2世皇帝のものと推定される遺骸から、比較
のため、それぞれDNAサンプルを採取した。タス通信が報じた。

 サンクトペテルブルクのペト・パブロフスク大聖堂にある墓所を、専門家らが
掘り起こした。皇帝一家殺害をめぐる刑事捜査の一環で、遺伝学的鑑定用のサン
プルを採取するのが目的。

 ニコライ2世は十月革命直後の1918年、家族とともに銃殺された。その「
遺骸」は2007年、エカテリンブルク近郊の埋葬地で発見されたが、ロシア正
教会はその信憑性に疑義を抱いている。2015年10月、キリル総主教は政府
に対し、ニコライ2世とアレクサンドル3世の遺骸を比較する遺伝学的調査を行
うよう求めた。ロシア正教会の見解では、鑑定で肯定的な結果が出れば、ニコラ
イ2世とその家族の遺骸がまぎれもなく本人のものであることの、議論の余地な
き証明となるという。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(11月29日)=http://www.cwjpn.com
★神と教会は扉を開け放つ=教皇=「主が入って来られるように」
★米司教団移住委の委員長=シリア難民の先行き懸念
★長崎・ゆりの会=自死した人を追悼=髙見大司教がミサ司式
★皆、神の子だから=さいたま教区共愛会の活動=“障がい”がつくる教会
★長崎・ゆりの会=自死した人を追悼=髙見大司教がミサ司式

 =キリスト新聞(11月28日)=http://www.kirishin.com
★仏テロ 教会にも衝撃=WCC常議員会など祈り呼びかける声明
★SEALDs学生殺害予告にバプ連が抗議
★缶バッジに母親の平和への思い=「戦争しない」というバトンを次世代へ
★安保法成立後にできること フェリス女学院大学教員有志の会
★北朝鮮で南北宗教団体による平和大会

 =クリスチャン新聞(11月22日)=http://クリスチャン新聞.com
★パリ&レバノン無差別連続テロ=現場近くの日本語キリスト教会 15日少数
で礼拝=報復でなく平和の福音を
★WEA=WCC=暴力避け、正義・尊厳・友愛で
★三浦綾子戯曲「したきりすずめのクリスマス」公演=森下辰衛氏 「ありがと
うを言わない“お化け”だった」
★日本バプテスト教会連合創立50年=キリスト教を日本の文化に
★日本ナザレン教団全国牧師会が沖縄平和宣言=軍事力によらない平和の道を共
に作り、歩み、呼び掛ける

====================================



skjweekly at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月23日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1296信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2015年11月23日(月)     第1296信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼世界規模の「宗教戦争」再燃に懸念も
     ▼『B・グラハム緊急応答チーム』がパリへ
     ▼『イスラム国』が「聖年」期間にローマ攻撃の可能性

     ▼「バチリークス」ヌッツィ氏はバチカンの召喚無視
     ▼「バチリークス」でバチカンが5人告発

     ▼韓国『平和行動牧師団』の牧師が北工作員と接触か

     ▼バチカンのクリスマスツリーは12月8日から


       ▼《メディア展望》

====================================
◎世界規模の「宗教戦争」再燃に懸念も

 【CJC=東京】フランスの首都パリで11月13日、イスラム過激派の組織
『イスラム国』による連続襲撃事件が発生した。

 世界史を揺るがした数々の「宗教戦争」の再燃を示すような動きも見られる。

 世界中に大きな衝撃をもたらした今回のテロだが、パリ以外にも『イスラム国』
による攻撃が発生、中東を中心に死者、負傷者が多数出ている。

 これまで、シリアとイラクにまたがる国家の建設に力を注いできた『イスラム
国』が、西側での無差別攻撃に方針を大転換した可能性がある。過激派による暴
力の封じ込めという課題が新段階に入った。

 国際政治では「文明の衝突」が最も目立つようになるだろうと故サミュエル・
ハンチントンが予言したのは1993年。この理論は熱烈な支持者を獲得してき
たが、その中には好戦的なイスラム主義者も含まれている。こう指摘したのは、
17日付けの英フィナンシャル・タイムズ紙。パリで大量殺人の挙に出たテロリ
ストらは、イスラムと西側諸国は避けられない死闘を繰り広げていると考える勢
力の一派だとしている。

 『イスラム国』は16日、米国の首都ワシントンとイタリアのローマを標的と
する攻撃を予告する動画をインターネット上に公開した。パリでのテロと同様の
攻撃を行うと警告した。

 キリスト教世界も大きな衝撃を受けている。教皇フランシスコは14日、「こ
のようなことを人間が行うとは理解できない」と述べ、非人道的行為だと非難し
た。

 特に宗教が正当化の理由になってはならないと強調。犠牲者や家族ら「全ての
人々のために祈る」と語った。

 世界教会協議会(WCC)常議員会は、パリとベイルートにおける最近のテロ
攻撃を14日、強く非難した。中東教会協議会(MECC)は、レバノンのベイ
ルートにある混雑した民間の商店街で12日に起きた爆破事件に対し、同情と怒
り、そして同国の平和と安定のために働くという変わらぬ決意を、WCCと共に
表明した。

 ルーテル世界連盟(LWF)も「LWFはベイルートとパリの襲撃における大
規模な命の喪失を非難する」と公式サイトで発表した。

 英国国教会ジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主教は、パリのテロ事
件を「深刻な悲劇という絶望的なニュース」とし、「被害を受けた人たちと共に
泣き、助けと正義を求めて祈る」と述べた。

 世界メソジスト協議会も「このテロリストによって動機づけられた多発的な爆
破や発砲、そして人質をとるパリ襲撃を非難する」などという声明を発表した。

 世界福音同盟(WEA)は、テロ攻撃を非難するとともに、フランスとレバノ
ンのために祈るよう諸教会に呼び掛けている。

 大規模テロ事件が発生したフランスでは、政府の国を挙げて喪に服すのに、カ
トリック教会も加わることを明らかにした。合同プロテスタント教会も、犠牲者
への同情とともに、命の力である福音への信頼を表明している。福音同盟(CN
EF)も、負傷者と犠牲者の遺族たちへの憐れみと連帯を表すとともに、教会員
に対し、犠牲者やフランス全体とその当局を支えて祈るよう呼び掛けている。□

――――――――
◎『B・グラハム緊急応答チーム』がパリへ

 【CJC=東京】『ビリー・グラハム伝道協会』(BGEA)は11月13日
夜のパリ・テロ事件で、生きながらえても衝撃を激しく受けている人に心情的な
ケアを行うため、専門の『ビリー・グラハム緊急応答チーム』の派遣を決めた。

 フランクリン・グラハム総裁の指揮のもと、米、加、英の連合応答チームで、
フランス語を話せる、危機対応の訓練を受けたチャプレンを派遣する。

 応答チームのジャック・ムンデイ国際担当は「第二次大戦以来、フランスでは
最悪の悲劇。被害者を力づけ、支援するためにわたしたちがいることを知らせた
い」と語った。□

――――――――
◎『イスラム国』が「聖年」期間にローマ攻撃の可能性

 【CJC=東京】イタリアのアルファノ内相は11月16日、過激派組織『イ
スラム国』が12月8日から始まるカトリック教会の「聖年」期間中、ドローン
を使ってローマを攻撃する可能性がある、と指摘した。内相は行事期間中、ロー
マ上空のドローン飛行を禁止する考えを議会で明らかにした。

 「聖年」期間中は、ローマに国内外から多数の観光客が訪れると見込まれてい
る。□

――――――――
◎「バチリークス」ヌッツィ氏はバチカンの召喚無視

 【CJC=東京】「バチリークス」と呼ばれるバチカン(ローマ教皇庁)の秘
密文書を暴露したイタリア人ジャーナリスト、ジャンルイージ・ヌッツィ氏がバ
チカン検察当局の召喚に応じることを拒否した。

 カトリック通信CWNは、『十字架の道』(仮訳)の著者であるヌッツィ氏が、
バチカンの規則では、情報源の秘匿を認められていないことを拒否の理由に上げ
たと報じている。

 同氏は、容疑を掛けるまえに、自著で明らかにした不正財務についてバチカン
自身が捜査すべきだ、と語った。□

――――――――
◎「バチリークス」でバチカンが5人告発

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)判事が11月21日、秘密を漏洩、
暴露したとして関係者5人を告発した。

 財務部次官のスペイン人聖職者、モンシニョール・ルシオ・アンヘル・バジェ
ホ・バルダとニコラ・マイオ助手、イタリア人の広報コンサルタント、フランチ
ェスカ・イマコラータ・シャウキ容疑者、それに、漏洩された情報を元に暴露本
『十字架の道』(仮訳)を発表したイタリア人ジャーナリスト、ジャンルイージ
・ヌッツィ氏と、『
強欲』(仮訳)を発表した『レスプレッソ』紙エミリアーノ・フィッティパルデ
ィ記者の5人。

 モンシニョール・バルダとシャウキ容疑者は、教皇フランシスコがバチカンの
財政・金融改革のために設置した委員会のメンバー。□

――――――――
◎韓国『平和行動牧師団』の牧師が北工作員と接触か

 【CJC=東京】脱北者のキム・リョンヒさんを北朝鮮に送還しようとしてい
る韓国の『基督教平和行動牧師団』に所属する牧師が、北朝鮮の工作員と会うな
ど、国家保安法に違反する行為をしているとして、警察が捜査を始めた。
 警察庁保安捜査隊は11月13日、ソウル市鍾路区の韓国基督教会館にある牧
師団の事務局と、牧師自宅を家宅捜索した。警察によると、牧師は、北朝鮮への
送還を求めているキムさんの送還を進める過程で、北朝鮮の工作員と数回接触し
ていsた疑いが持たれているという。朝鮮日報日本語版が伝えた。□

――――――――
◎バチカンのクリスマスツリーは12月8日から

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場に毎年立てら
れるクリスマスツリー、ことしは12月8日から公開される。

 カトリック教会はこの12月8日から「いつくしみの特別聖年」を2016年
11月20日まで設定していることから、ツリーの公開を合わせた。

 今年のツリーは独バイエルン地方から寄贈されたもので、高さ32メートル。

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(11月22日)=http://www.cwjpn.com
★教皇フランシスコ「昼の祈り」で=テロの正当化はできない
★教皇=紛争の中央アフリカへ=訪問の延期・短縮求める声も
★“冷たい教会”終わらせて =教皇=訪問先のフィレンツェで訴える
★日韓司教、横浜で交流=戦後70年をテーマに=横須賀の基地、逗子の米軍住
宅前で現地学習も
★“自分らしさ”堂々表現=「ラルシュかなの家」恒例たぶん25回目の祭り=
静岡市

 =キリスト新聞(11月21日)=http://www.kirishin.com
★戦後70年企画連続インタビュー「本紙標語の実質を問う」(8)安海靖郎氏
=宣教の地で知った平和の尊さ
★第23回日本福音功労賞顕彰者=中島秀一、三森春生、三木晴雄の3氏に
★小林節氏=首相の靖国参拝に異議=新宗連「信教の自由」で公開講座
★社会の中で平和語る使命がある=イグナチオ9条の会で英隆一朗神父が講演
★アジア基督教・景教研究国際大会=日本景教研究会会長・川口一彦氏報告

 =クリスチャン新聞(11月22日)=http://クリスチャン新聞.com
★若者と高齢者つなぐ=ローザンヌ・シンポジウム=キ教学校と教会の協力探る
★福音功労賞に中島氏、三森氏、三木氏=中島氏・早天祈祷会続けた祈りの人=
三森氏・機会を十分に用い今日まで =三木氏・日本の石鹸洗剤業界に貢献
★キリスト教功労者に小塩氏、加藤氏=小塩氏・独キ教芸術等の普及に尽力=加
藤氏・比の貧しい子どもらを支援
★若者に受け入れやすい曲を礼拝時にも歌って=福音讃美歌協会讃美セミナー 
ワーシップ・ゴスペル編
★放射線測定器組み立てワークショップ=日本基督教団東京北支区青年部

====================================



skjweekly at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月17日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1295信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2015年11月16日(月)     第1295信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼教皇がパリ同時テロを「神に対する侮辱」と非難
     ▼「バチカン暴露本」の背後に改革への抵抗も

     ▼南北宗教団体による平和大会が北朝鮮で開催

     ▼ブラジルで『十戒』が大ブーム=モーセの紅海割りで高視聴率
     ▼米の『ノアの方舟』テーマパークが来年7月オープン

     ▼ルーテル世界連盟が石田順朗牧師死去で弔意

       ▼《メディア展望》

====================================
◎教皇がパリ同時テロを「神に対する侮辱」と非難

 【CJC=東京】パリ同時多発テロを受け、ローマ教皇フランシスコは11月
14日、「このようなことを人間が行うとは理解できない」と述べ、非人道的行
為だと非難した。イタリアのテレビの電話取材にコメントしたもの。

 教皇は、このような行為が「正当化されるいかなる理由もない」と批判し、特
に宗教が正当化の理由になってはならないと強調。犠牲者や家族ら「全ての人々
のために祈る」と語った。

 教皇は「どうして人間の心がこのような恐ろしいことを思いつくのか」と述べ
、「暴力と憎しみの道は問題を解決しない」と指摘した。□

――――――――
◎「バチカン暴露本」の背後に改革への抵抗も

 【CJC=東京】カトリックの総元締めとされるバチカン(ローマ教皇庁)が
機密文書漏えい事件で揺れている。

 文書を暴露したジャーナリスト2人の著書が11月5日、イタリアで発売され
た。長年にわたる放漫財政や一部聖職者の「強欲ぶり」が明るみに出て、改革を
進める教皇フランシスコへのバチカン内部の抵抗が浮き彫りになった。バチカン
は11日、漏えい容疑で2日までに逮捕した高官ら2人に加え、ジャーナリスト
2人の捜査を開始したと発表している。

 暴露本は、イタリア人ジャーナリスト、ジャンルイージ・ヌッツィ氏(46)
の『十字架の道』(仮訳)と、『レスプレッソ』紙エミリアーノ・フィッティパ
ルディ記者(41)の『強欲』(仮訳)の2冊。

 バチカン当局は今月2日、財務部次官のスペイン人高位聖職者(モンシニョー
ル)ルシオ・アンヘル・バジェホ・バルダ容疑者(54)と、イタリア人広報コ
ンサルタント、フランチェスカ・イマコラータ・シャウキ容疑者(32)を文書
漏えい容疑で逮捕したと発表した。11日にはジャーナリスト2人に協力した高
官も捜査対象とする方針を表明した。

 暴露本によると、世界各地の教会から貧窮者支援のために寄付された義援金「
ペトロのペンス」の6割がバチカンの財政赤字の穴埋めに回されていた。また、
カトリックの崇敬対象である「聖人」や「福者」の認定のために届いた巨額の寄
付金が使途不明になっている。

 バチカンが保有する不動産は市場価値が約27億ユーロ(約3550億円)と
評価されているが、その管理もずさんで、アパートが聖職者らに格安で賃貸され
ていた。またベルトーネ前国務長官(80)の床面積数百平方メートルの「豪華
アパート」の改修費の一部として、20万ユーロ(約2640万円)がカトリッ
ク系小児病院の財団から拠出されていた、という。

 社会的弱者に寄り添う「貧者の教会」を掲げる教皇は就任以来、バチカンの構
造改革に取り組んでいるが、内部には不満がくすぶる。ヌッツィ氏は自著『聖堂
の中の商人たち』発表会で「50平方メートルの小さなアパートに暮らす教皇は
改革を進めようとしているが、多くの困難に直面し、抵抗に遭っている」と障害
を指摘した。

 バチカンでは10月、再婚信徒や同性愛者の処遇を巡り保守派が教皇に反旗を
翻し、教義の厳格適用を求める保守派と、現実路線の改革派の対立が表面化した
ばかり。教皇は8日、日曜恒例の祈りの集会で、漏えい事件について「機密資料
を盗み出すことは罪だ」と非難する一方、「事件で、改革から注意がそらされる
ことはない」と改革路線の推進を強調した。

 しかし教皇は「皆さんの支援により前進している改革の足が引っ張られること
はない」と強調、多数の参列者らを前にバチカンの組織改革を進めていく意思を
示した。□

――――――――
◎南北宗教団体による平和大会が北朝鮮で開催

 【CJC=東京】韓国の対外放送KBSワールドは、南北の宗教団体の代表ら
が参加する「平和大会」が11月9日から2日間、北朝鮮東南部の金剛山で開か
れたと、北朝鮮の朝鮮中央通信が10日報じたことを紹介している。

 平和大会で南北の宗教団体の代表らは、自主統一、平和と繁栄への道は南北共
同宣言を実行してこそ開かれるという意見で一致したという。

 大会には、北朝鮮の宗教人協議会会長で、朝鮮カトリック教会中央委員長のカ
ン・ジヨン氏ら、北側の代表団と、キリスト教、カトリック、仏教など韓国の7
宗教団体の代表約140人が参加している。□

――――――――
◎ブラジルで『十戒』が大ブーム=モーセの紅海割りで高視聴率

 【CJC=東京】ブラジルの邦字紙『ニッケイ新聞』が、現地のTVドラマ界
では今、『レコルデ』局で放映中の『十戒』を題材にした大河ドラマが空前のヒ
ットとなり、話題を呼んでいる、と11月10日付の現地紙『フォーリャ』のサ
イトを紹介した。

 今年3月から放送を開始した「オス・デース・マンダメントス」で、旧約聖書
のモーセの「十戒」を題材にしている。

 月~土のブラジルの夜9時以降はこの50年間、『グローボ』局のドラマが独
占していた。ところがこの「十戒」は、この時間の『レコルデ』局の番組として
は前例がないくらいに健闘し、最近では『グローボ』局の視聴率を抜く事態まで
起きていた。

 特に10日の放送がかねて話題となっていたのはこの日、主人公モーセが紅海
の中を渡る「出エジプト」の回が放映されることになっていたから。

 宗教界にも影響を及ぼした。ペンテコステ派の実力者、シラス・マラファイア
牧師はこの日、「十戒」の放送時間中に行う予定だった集会の時間を、「これで
は信者が来ない」との理由でずらしたという。マラファイア牧師はこれを「レコ
ルデ局の陰謀だ」とまで語っている。

 サンパウロ大都市圏での視聴率は、最高で31ポイント、平均でも28ポイン
トを記録した。これに対し『グローボ』局の番組は最高21ポイントで平均19
ポイント。同局のお膝元リオデジャネイロでも、「十戒」が最高34ポイントだ
ったのに対し、21ポイントに留まった。

 『レコルデ』局でモーセが紅海を割ったその瞬間、『グローボ』局はニュース
の時間で、別名「赤線」と呼ばれるリオのジョアン・グラール高速道で起こった
銃撃戦の模様を流していたという。□

――――――――
◎米の『ノアの方舟』テーマパークが来年7月オープン

 【CJC=東京】ロイター通信などによると、旧約聖書に登場する物語『ノア
の方舟』を題材にしたテーマパークが米ケンタッキー州で計画され、設立団体は
2016年7月7日にオープンの予定で、年間140万人の来場者を見込んでい
る。

 テーマパーク『アーク・エンカウンター』(方舟との遭遇)は、同州北部ウィ
リアムズタウンで現在建設中。方舟をかたどった実物大の木造レプリカもある。

 関係するキリスト教団体『アンサーズ・イン・ジェネシス』のケン・ハム代表
は11月12日の記者会見で、「間違いなく、世界最大のキリスト教アトラクシ
ョンの一つ」と言う。

 同団体は「創造博物館」も運営しており、天地創造をはじめ、聖書に記載され
た通りの出来事が実際に起きたとの立場をとっている。

 州当局は2014年夏、開発計画に税控除措置を与えると決めたが、12月に
なってそれを取り消した。開発業者が同じ原理主義的なキリスト教信仰を持つ労
働者しか雇わないと表明したことが、当局の懸念を招いたようだ。□

――――――――
◎ルーテル世界連盟が石田順朗牧師死去で弔意

 【ジュネーブ=LWI・CJC】ルーテル世界連盟(LWF)は、11月4日
、87歳で死去した同連盟元神学研究局長の石田順朗牧師に弔意を表明した。

 「これまで2回、石田博士は、わたしたち世界規模の共同体に、大きな貢献と
栄誉をもたらした。2回目はわたしたちの歴史の中でも重要な時であった。彼は
、アジアの教会とルター神学に消すことの出来ない足跡を残した」と同連盟のマ
ルチン・フンヘ総幹事がLWI通信を通じ、弔意を示した。

 石田氏は1928年、沖縄・宮古島で仏教徒の家庭に生まれ、キリスト者にな
った後、55年に日本福音ルーテル教会牧師に叙された。同派稔台、久留米、市
ヶ谷各教会を牧会後、64年から4年間、LWF・アジア担当幹事を務めた。

 さらに78年から86年まで研究部門で活動したが、その最中、77年には、
福音の尊厳に関する教会の立ち位置を明らかにする「ステータス・コンフェッシ
ョニス」を宣言した。これは当時行われていた南アの人種隔離政策「アパルトヘ
イト」は信仰の問題として否定すべきだ、としたもの。

 石田氏は、キリスト者とマルキストの関係、ルーテル派と他宗教信徒、キリス
ト教と人権、礼拝の文化的コンテキスト、などの分野の研究で指導力を発揮した

 その後、シカゴ・ルーテル神学大学院世界宣教室室長、九州ルーテル学院大学
学長、九州ルーテル学院大学長などを歴任した。神学博士。

 遺族はグロリア夫人(58)。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(11月15日)=http://www.cwjpn.com
★教皇フランシスコ=家庭はゆるし合う場=「一日をけんかで終わらせない」
★教皇フランシスコ=迫害は全キリスト者を一致させる共通の体験
★神戸から宮崎へ=新聖堂に被災ステンドグラス=宮崎教会
★科学者、宗教者が対話=核兵器廃絶に向け協力確認=世界パグウォッシュ会議
を受け長崎カトリックセンターで開催
★バチカン=文書漏えいで逮捕

 =キリスト新聞(11月14日)=http://www.kirishin.com
★いのり☆フェスティバル2015=神奈川・相模大野で初開催=能楽・弦楽器
と響き合う聖書
★「季刊『教会』」100号で記念礼拝=歴代編集委員らが25年の歩み回顧
★11年ぶりに日韓NCC共同協議会=NCC議長・小橋孝一氏が報告
★いのちなきところ正義なし=聖エジディオ共同体が死刑考えるシンポ
★バチカンが代表団の訪中を確認

 =クリスチャン新聞(11月15日)=http://クリスチャン新聞.com
★全面改訂の新しい翻訳=名称は『聖書 新改訳2017』に=宗教改革500
年にちなんで
★英ケンブリッジ大に欽定訳聖書の草稿が
★キリシタンゆかりの地に福音=明日への希望届け=決心者101人=ラブソナ
タ大分
★飢餓、貧困の子どもたちに靴箱を=サマリタンズパース=オペレーションクリ
スマスチャイルド
★セレブレーション・地域別決起集会=「あなたが石を動かして」

====================================


skjweekly at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月09日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1294信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com

(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2015年11月9日(月)     第1294信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼アルバニアのティラナで「迫害世界フォーラム」

     ▼就任直後の教皇がバチカン放漫財政に激怒
     ▼機密漏えいでバチカン高官ら2人逮捕
     ▼「機密資料を盗み出すことは罪」と教皇

     ▼米聖公会に最初のアフリカ系総裁主教

     ▼中国が宗教示す服装を規制対象に

     ▼チェチェン大統領が暗殺計画者らを許す

       ▼《メディア展望》

====================================
◎アルバニアのティラナで「迫害世界フォーラム」

 【CJC=東京】「差別、迫害、殉教=キリストに共に従う」をテーマにアル
バニアの首都ティラナで11月2日から4日まで「グローバル・クリチャン・フ
ォーラム」が開催された。

 「差別、迫害、殉教=キリストに共に従う」をテーマにしたこのフォーラムに
は、カトリック、正教会、プロテスタントの教会関係者が集い、世界のキリスト
者の現状を語る声に耳を傾けた。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、3日間の開催期間中、参加者らは毎
朝ティラナの正教会の司教座聖堂、アルバニア福音教会センター、カトリック司
教座聖堂に集い、ただ一つの苦しむ教会としての歩みに一致、連帯できるよう祈
った。

 フォーラム参加者に宛て教皇フランシスコはメッセージを送った。メッセージ
は、教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿によって読み上
げられた。

 この中で教皇は、中東や、アフリカ、アジアなど各地で広がるキリスト者に対
する差別と迫害に、深い悲しみと憂慮を示した。

 時に命を犠牲にするまでに、キリストを証しする多くの兄弟姉妹たちの苦しみ
にわたしたちは無関心でいることはできないと教皇は強調した。

 これらキリスト者たちの苦難と殉教は、カトリックや、正教会、聖公会、プロ
テスタント諸教会にとって共通の体験であると述べた教皇は、洗礼を受けたすべ
ての人はキリストの体、キリストの教会に属しているということを、今日の殉教
者たちがわたしたちに理解させてくれるようにと祈った。

 そして、すべてのキリスト者たちがこの深い真理を一つの招きとして、より一
層の愛と相互理解のうちに、キリスト教一致への歩みを続けていくことができる
ようにと願いを示した。□

――――――――
◎就任直後の教皇がバチカン放漫財政に激怒

 【CJC=東京】2013年に選出された直後、バチカン(ローマ教皇庁)の
「手に負えない」体制を目の当たりにした教皇は、教会の幹部らを前に、膨れ上
がる人件費、チェックなしの支出、そして不当な代金を請求する業者との裏取引
のせいで教会の財政は破たんに向かっているとして、怒りをあらわにした、とA
FP通信が報じた。

 教皇の怒りの声を耳にしたのは、一握りの枢機卿やバチカン経済部門機構改革
委員会の委員だけのはずだった。だがこの時、ひそかに発言が録音されていた。

 それから2年、録音された音声が、イタリアの著名な調査報道ジャーナリスト
、ジャンルイージ・ヌッツィ氏の新著『聖堂の中の商人たち』の中で再現された


 11月4日に出版記念会見を行なったヌッツィ氏によると、フランシスコ教皇
とバチカン内部の利権享受者との消耗戦は現在も続いており、教会変革に向けた
闘いに教皇が勝利できるかどうかはまったく不透明だそうだ。

 ヌッツィ氏は、世界各地のカトリック信者が「ペトロのペンス」という献金制
度を通じてバチカンに寄せた献金のうちの6割がバチカンの赤字の補てんに使わ
れ、2割が準備金口座に回されており、本来の目的である慈善活動のために教皇
が受け取るのは2割に留まっているという。

 このほど刊行されたエミリアーノ・フィッティパルディ氏の著書も、「ペトロ
のペンス」について同様の指摘をしている。2013年の同制度での献金総額は
3億7800万ユーロ(約500億円)という。□

――――――――
◎機密漏えいでバチカン高官ら2人逮捕

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は11月2日、イタリア人ジャー
ナリストに機密文書を漏えいした疑いでバチカン高官ら2人を逮捕したと発表し
た。2人とも、教皇フランシスコがバチカンの財政・金融改革のために設置した
委員会のメンバー。

 伊紙『スタンパ』(電子版)によると、両容疑者はコンピューターに保存され
ていた機密文書を持ち出し、イタリア人ジャーナリスト2人に漏えいした疑い。
機密文書に基づき、教皇の進める改革への抵抗勢力の存在などを暴露したジャー
ナリストの最新刊が5日に出版されることが明らかになったため、逮捕に踏み切
ったと見られる。

 逮捕されたのは財務部次官のスペイン人聖職者、モンシニョール・ルシオ・ア
ンヘル・バジェホ・バルダ(54)と、イタリア人の広報コンサルタント、フラ
ンチェスカ・イマコラータ・シャウキ容疑者(33)。

 バチカンは漏えいについて「教皇が寄せた信頼の重大な裏切り」と非難した。
シャウキ容疑者は捜査協力に同意したため2日に釈放された。

 バルダ容疑者は保守的な活動で知られる『オプスデイ』の会員。教皇が201
3年7月に設置した改革委員会の取りまとめ役を務めた。シャウキ容疑者は同委
員会のメンバーだった。委員会は昨年、バチカン財政・金融の透明性を向上させ
るための機構改革について教皇への助言をまとめ、解散している。□

――――――――
◎「機密資料を盗み出すことは罪」と教皇

 【CJC=東京】教皇フランシスコは11月8日、バチカン(ローマ教皇庁)
の聖職者らによる機密情報漏えい事件に関し「機密資料を盗み出すことは罪だ」
と非難した。バチカンのサンピエトロ広場で開かれた日曜恒例の祈りの集会で語
った。

 しかし教皇は「皆さんの支援により前進している改革の足が引っ張られること
はない」と強調、多数の参列者らを前にバチカンの組織改革を進めていく意思を
示した。□

――――――――
◎米聖公会に最初のアフリカ系総裁主教

 【CJC=東京】米聖公会はマイケル・カリー主教(62)を総裁主教に任命
した。任命式は11月1日、首都ワシントンのナショナル大聖堂で行われた。信
徒約200万人強を数える同派では最初のアフリカ系総裁主教。

 人種間の一致と経済的な不平等の克服を訴えたカリー総裁主教は、「わたした
ちは神の子だ。わたしたち全てがそうだ。わたしたちの人種は問題ではない、宗
教も、階層も、ストライプも、タイプも問題にならず、わたしたちは神の子なの
だ」とあいさつした。

 そして「わたしたちがこの世に召し出され、遣わされたのは、今あるものを守
るためではなく、あるべきものを夢見て、そのために働くためだ」と述べた。

 カリー総裁主教はニューヨーク州バッファロー出身、同州ジェネバのホバート
大学、エール神学校などで学び、ノースカロライナ大主教を15年間務めた。□

――――――――
◎中国が宗教示す服装を規制対象に

 【CJC=東京】新疆ウイグル自治区の独立を目指す「過激派」対策の一環と
して、中国の最高裁判所は11月1日、一定の衣装着用を規制した。国営メディ
ア『環球時報』(グローバル・タイムズ)が報じた。

 「そのような衣服の着用を他人に強要するものは、監視の対象とされ、拘留、
または最高3年の禁固刑に処す」という。□

――――――――
◎チェチェン大統領が暗殺計画者らを許す

 【CJC=東京】ロシアのメディア『スプートニク』によると、チェチェン共
和国のテレビ局『グローズヌィ』は、同共和国の治安維持機関はラムザン・カデ
ィロフ大統領の暗殺計画を未然に食い止めたことを明らかにした。暗殺計画は1
0月末に実行される計画だったという。

 同テレビ局は、悪意を持った計画は明らかであったにもかかわらず、カディロ
フ大統領は未遂者の若者らを許し、更正のチャンスを与えたと報じた。

 テレビ報道によれば、チェチェンの都市アルグンにはワッハーブ主義者らが多
く、今回カディロフ大統領暗殺計画を練っていた20人の若者らもその影響を受
けていた。同大統領は『イスラム国』戦闘員らの影響もありえるとしている。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(11月8日)=http://www.cwjpn.com
★各大陸代表の司教団=気候変動への対応訴える
★教皇の特別一般謁見=世界が期待している諸宗教の平和への協力
★韓国の7大宗教=死刑廃止で共同声明
★人身取引 過酷な現状=バチカンで国際シンポジウム
★「地上の平和」学校開く=安保法反対行動を振り返る=東京=日本カトリック
正義と平和協議会

 =キリスト新聞(11月7日)=http://www.kirishin.com
★戦後70年企画連続インタビュー「本紙標語の実質を問う」(7)=手束正昭
氏=「現実的平和主義」を求めて
★平和のための宗教者の使命とは=カトリック司教協議会諸宗教部門がシンポ
★功労者に小塩節氏、加藤信子氏=日本キリスト教文化協会が顕彰★聖書的世界
観から地上の生を考察=D・ホリンジャー氏が「創造の神学」語る
★安保法廃止求め、日基教団議長声明

 =クリスチャン新聞(11月8日)=http://クリスチャン新聞.com
★長期にわたる「おとなのひきこもり」深刻化=役割与え、自信を持たせる=M
CC特別講演会で回復した当事者語る
★セレブレーション大会まであと1か月=フラッシュモブで街中アピール
★北朝鮮・調査に死亡裏付け無し=「第16回横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会

★対立こえて平和の道筋示す=来年香港で開催「第6回東アジア青年キリスト者
大会」
★死者4千人 昨年の2倍=8日に「迫害下教会のため祈祷日」

====================================



skjweekly at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月02日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1293信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com

(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2015年11月2日(月)     第1293信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼バチカンが代表団の訪中を確認
     ▼教皇が信徒・家庭・生命を扱う新組織創設を発表
     ▼教皇、カトリック教育を促進するための基金創設
     ▼教皇がカトリック系ラジオ放送関係者と会見

     ▼中東難民に「安全な道」を教会関係者が呼びかけ

     ▼カナダ合同教会とキリスト合同教会が「フルコミュニオン」に

     ▼韓国カトリック司祭団体が約7年ぶり訪朝
     ▼韓国で宗教への信頼度が急落

     ▼『シティ・ハーベスト教会』の会員はコン・ヒー牧師支持

       ▼《メディア展望》

====================================
◎バチカンが代表団の訪中を確認

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)国務省と福音宣教省の代表ら6人
が、協議のため中国を10月11日から16日にかけて訪問した。バチカン国務
長官のピエトロ・パロリン枢機卿が29日明らかにした。

 同枢機卿によると、6人の代表は中国滞在中、北京の大聖堂を訪問、ジュセッ
ペ・リ・シャン司教と会談した。同司教は「聖座」(バチカン)と中国政府双方
から司教として認知されている。また代表団は、北京政権当局者とさまざまな問
題について協議した。

 バチカン代表団訪中の噂が事実だったことをバチカンの責任者が明らかにした
形。またパロリン枢機卿は、報道陣に、バチカンは中国当局との対話を「非常に
前向き」と評価していることを示した。

 教皇フランシスコは、かねて訪中の希望を明らかにしている。しかし中国政府
は、宗教に関しても外国の影響を排除する意向を強めており、今回の協議の結果
について、具体的な内容は明らかにされていない。メディアの関心をさらに呼ぶ
ことは確か。□

――――――――
◎教皇が信徒・家庭・生命を扱う新組織創設を発表

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、信徒・家庭・生命を扱う新しい教皇庁
組織の創設を発表した。

 教皇は、これまでの信徒評議会と家庭評議会に代わるものとして、教皇庁立生
命アカデミーともつながりを持つ、信徒・家庭・生命を扱う新しい省を開設した
いと述べた。10月22日、シノドスの全体会議の席で、新組織創設の計画に言
及したもの。□

――――――――
◎教皇、カトリック教育を促進するための基金創設

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、カトリック教育を促進するための基金
を創設した。バチカン放送(日本語電子版)が報じた。

 教皇は10月28日付けの自筆文書で、第2バチカン公会議公文書「キリスト
教的教育に関する宣言」(グラヴィッシムン・エドゥカティオニス)の1965
年10月28日の発布から50周年を迎えるにあたり、これを機会とした教皇庁
教育省の要望に応え、同公文書の名を冠した基金『グラヴィッシムン・エドゥカ
ティオニス』を設立する旨を記した。

 『グラヴィッシムン・エドゥカティオニス基金』は、世界のカトリック教育推
進に向けた学術・文化的目的を持つもので、本部はバチカンに置かれる。□

――――――――
◎教皇がカトリック系ラジオ放送関係者と会見

 【CJC=東京】教皇フランシスコは10月29日、カトリック系ラジオ放送
『ラジオ・マリア』の関係者と会見した。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、各国から集った『ラジオ・マリア』
関係者約200人を迎えた教皇は、挨拶の中で、福音宣教のために教会を助ける
という、同放送局誕生以来の目的を想起した。

 そして、常に人々の不安や苦しみに寄り添い、信仰の実り、連帯のしるしとし
ての希望と慰めを与えてきた同放送局の奉仕を歓迎した。

 教皇は、これからも福音と教会の教えに忠実にこの真のミッションを続け、社
会の声、特に貧しく疎外された人々の声に耳を傾け、すべてのリスナーの心のよ
りどころとなって欲しいと励ました。

 イタリアの『ラジオ・マリア』放送局長リヴィオ・ファンザガ神父は、現在迫
害下にあるキリスト者たちのために、アラブ語のWEBラジオを準備しているこ
とを報告した。

 『ラジオ・マリア』は1882年、北イタリアの小教区で創立されたカトリッ
ク系ラジオ局。次第にイタリア全土をカバーするようになり、現在は世界70カ
国に広がっている。□

――――――――
◎中東難民に「安全な道」を教会関係者が呼びかけ

 【CJC=東京】欧州各国のカトリック、正教会、聖公会、プロテスタント諸
教会指導者35人が独ミュンヘンで10月29日、中東から相次いで到着する難
民と教会の務めについて協議、難民の保護安全策をまとめ提案した。

 世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ=トゥヴェイト総幹事は、飢餓
に襲われている人に対しては、それ以外の尺度に捕らわれず、助ける責任を取ら
なければならない、と語った。□

――――――――
◎カナダ合同教会とキリスト合同教会が「フルコミュニオン」に

 【CJC=東京】カナダ合同教会とキリスト合同教会が10月17日、オンタ
リオ州ナイアガラフォールズのセント・アンドリュース合同教会で行われた礼拝
で、「フルコミュニオン」(完全相互聖餐)協約を結んだ。

 双方は、「宣教(ミニストリー)と伝道(ミッション)を共に行なうという共
通のビジョンを持って歩む」ことに合意した。□

――――――――
◎韓国カトリック司祭団体が約7年ぶり訪朝

 【CJC=東京】韓国の聯合ニュースは、カトリック司祭の団体『天主教正義
具現全国司祭団』に所属する司祭が北朝鮮の朝鮮カトリック教会協会の招きで訪
朝していたことが10月27日分かった、と報じている。

 韓国政府統一部と同団体によると、司祭12人が23日に中国・北京経由で訪
朝した。25日に平壌市の長忠聖堂で開かれた平和統一祈願ミサに出席したほか
、市内のカトリック関連の施設も見て回ったという。

 同団体の訪朝は2008年9月以来約7年ぶり。韓国政府が訪朝を承認したこ
とについて、聯合ニュースは、南北間の民間交流活性化に向けた第一歩ではない
かとの見方が出ていると報じた。

 『天主教正義具現全国司祭団』は、現政権に批判的なことから、ほかの左派系
団体の訪朝も認められるのではないかと予想する見方もあると言う。

 政府当局者は「今回の司祭団の訪朝は純粋な南北の宗教交流であるため承認し
た」と説明している。□

――――――――
◎韓国で宗教への信頼度が急落

 【CJC=東京】韓国国内で宗教への信頼性が急落している、と韓国の聯合ニ
ュースが伝えたことを情報サイト『レコード・チャイナ』が紹介している。

 韓国・曹渓宗仏教社会研究所が16歳以上の国民1200人を対象に実施した
 世論調査」によるもので、 宗教への信頼性は11・8%と、昨年(25・0%
 )から大幅に下落した。

 宗教別で見ると、「信頼する」との回答が高かったのはカトリック(39・8
%)で、仏教32・8%、プロテスタントは10・2%。

 聖職者に対する信頼度も神父が51・3%で最も高く、僧侶は38・7%、牧
師は17%だった。□

――――――――
◎『シティ・ハーベスト教会』の会員はコン・ヒー牧師支持

 【CJC=東京】教会財産である慈善事業のための資金を流用したとして起訴
されたシンガポールのメガチャーチ『シティ・ハーベスト教会』(CHC)のコ
ン・ヒー主任牧師ら教会幹部は10月21日、資金流用の証拠は十分あると全員
に有罪判決を受けた。

 しかし同教会が運営するニュースサイトは、コン・ヒー牧師を支援する意思を
表明する教会員たちを映した動画(英語)を公開した。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(11月1日)=http://www.cwjpn.com
★家庭シノドス最終報告=状況に応じて「寄り添う」
★奉仕の喜びを生きるように=教皇フランシスコ=テレーズの両親列聖式で
★枢機卿、ギリシャに=カリタス要員と難民援助
★聖地 やまぬ流血=教皇も「平和への行動」訴え
★原因より「次」が大事=“ひきこもり”映画の主人公 講演
東京・麹町教会=「七十二人の集い」の大会

 =キリスト新聞(10月31日)=http://www.kirishin.com
★「現代世界憲章」発布から半世紀=〝積極的平和〟へ憲法9条こそ=カトリッ
ク「正義と平和」全国集会東京大会
★堤防決壊から1カ月の常総市=クラッシュジャパンなど救援に
★「心の病」作り出していないか=日基教団埼玉地区アーモンドの会で石丸昌彦

★教派を超えて軽妙トーク=七人七様の牧師・神父像を披露
★教皇が一連のスキャンダルに公式謝罪

 =クリスチャン新聞(11月1日)=http://クリスチャン新聞.com
★元中国人「慰安婦」描いたドキュメンタリー映画製作=声なき人たちに光を=
映画「太陽がほしい」監督  班忠義さん
★互いに知り合い安心ネットワークづくり=町田市内の教会で「防災フェスタ」
★日本聖化協力会30周年 第1回聖会講師オズワルド氏招き=供え物として捧
げなさい=「聖化のリバイバルを目指して」テーマに記念大会
★キングス・ガーデン宮城創立20年=地域の人たちに寄り添う働きを
★ライフワークス社就終活セミナー「メメント・モリ」=死を通して与えられる
力=就活の実践と意義を学ぶ

====================================



skjweekly at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)