2018年04月

2018年04月30日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1423信

・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2018年4月30日(月)     第1423信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼両親の訴えむなしく呼吸器外し重病の英男児死亡

     ▼南スーダンで国連の支援職員ら10人行方不明

     ▼「政治活動の権利はない」とマニラで豪修道女拘束

     ▼「ユダヤ教徒の帽子かぶらない方がいい」と独の団体代表 

     ▼パレスチナのアッバース大統領「問題解決まで大使館移転させない」

     ▼米誌『GQ』が聖書を「不要な」本に選定

       ▼≪メディア展望≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎両親の訴えむなしく呼吸器外し重病の英男児死亡

 【CJC】英リバプールのアルダーヘイ小児病院に重病で入院、人工呼吸器に
よって生命が維持されてきたアルフィー・エバンスちゃん(1歳11カ月)は4
月28日、呼吸器が外され、死亡した。

 父親のトム・エバンスさんと母親のケイト・ジェームズさんは『フェイスブッ
ク』で発表した声明で、「午前2時30分(日本時間同日午前10時30分)私
たちの息子に翼が生えた(天使になった)。私たちは悲しみに打ちひしがれてい
る。これまで支援してくださった皆さん、ありがとう」と述べた。

 アルフィーちゃんは、まれな神経変性疾患で慢性てんかん発作があり、206
年12月から入院していたが、人工呼吸器停止が死に直結する状態だった。

 両親は、アルフィーちゃんの延命を『フェイスブック』で呼び掛け、病院がア
ルフィーちゃんの人工呼吸器を停止しようとするのを阻止し、治療継続のために
イタリアのローマにある小児病院に転院させるため、司法にも訴えてきた。

 両親は、裁判所が延命治療の中止を支持する判断を下した後も、最高裁に対し
て再審請求していたが、最高裁は20日請求を棄却した。人工呼吸器は23日に
取り外された。

 教皇フランシスコは28日、『ツイッター』上で、アルフィーちゃんの死の知
らせに「深い感傷を覚えている」とコメントした。

 教皇は「私は小さなアルフィーの死に深い感傷を覚えている。父なる神が彼を
優しい抱擁で迎え入れる今、特に彼の両親のために祈りをささげる」と投稿した。

 教皇はこれまで数回にわたりアルフィーちゃんに言及した。これが世界中で反
響を呼び、イタリアとポーランドでは祈祷集会が行われた。

 アルフィーちゃんの父親は18日、バチカン(ローマ教皇庁)で教皇と面会し、
「息子を救ってほしい」と嘆願した。

 教皇は、両親の「新しい治療法を探したいという願いが聞き入れられること」
を望んでいるとツイートし、「生まれてから自然な最期を迎えるまで、命の主は
神だけであり、われわれの務めは命を守るために万事を尽くすことだ」と強調し
ていた。□

――――――――
◎南スーダンで国連の支援職員ら10人行方不明

 【CJC】南スーダン南部の中央エクアトリア州内を車列で移動中だった国連
の支援職員や人道援助活動家10人が4月25日から行方不明になっている。

 国連人道問題調整官アラン・ヌデホウ氏は、車列は25日早朝、州南部イエイ
を出発し州西部トレに向かっていた、10人の所在確認を急いでいる、と語った。

 国連人道問題調整事務所(UNOCHA)が26日発表した声明によると、1
0人は全員、南スーダン人。内訳はUNOCHA職員1人、国連児童基金(ユニ
セフ)スタッフ2人、子どもの自立を支援する国際NGO『プラン・インターナ
ショナル』3人、キリスト教援助団体『ACROSS』メンバー2人、『南スー
ダン開発機構』(SSDO)1人、児童支援NGO『アクション・アフリカ・ヘ
ルプ』(AAH)1人。

 UNOCHAは「南スーダン支援のために働いているのに、武装勢力に拉致さ
れるのは4月だけで2件目だ」と訴えている。□

――――――――
◎「政治活動の権利はない」とマニラで豪修道女拘束

 【CJC】オーストラリア人修道女パトリシア・フォックスさん(71)が、
マニラで滞在資格をめぐる論争の渦中の人となっている。現地邦字メディア『ま
にら新聞』が報じた。

 フォックスさんは宣教師ビザで滞在していたが、人権活動家として、マニラや
ダバオで反政府集会に参加している姿を写真に撮られていた。

 フォックスさんは入管に呼び出され、1日拘束された。入管は宣教師ビザで政
治活動をすることは許されないと彼女に通告した。

 外国人がビザを持つことは「特別扱いだが、外国人の権利ではない」としてモ
レンテ入管局長は宣教師ビザを「宣教師の活動をする際のみに特別扱いされるが、
政治活動をする権利はない」と述べている。

 入管がフォックスさんに30日以内の国外退去が命じたことに対し、フォック
スさん側は再考を求めている。彼女の弁護士は、本人の申し立てを聞く機会が与
えられるべきだったとしている。□

――――――――
◎「ユダヤ教徒の帽子かぶらない方がいい」と独の団体代表 

 【CJC】ドイツ最大のユダヤ人団体『ユダヤ人中央評議会』のヨゼフ・シュ
スター会長が4月24日、ユダヤ人は攻撃の標的にされる危険性を回避するため
にユダヤ教徒であることを示す帽子を身に着けるのはやめるべきだとの考えを明
らかにした。

 AFP通信が報じたもので、同国内では最近、反ユダヤ主義による攻撃が相次
いでいる。

 シュスター会長は、ベルリンの公共ラジオで、ドイツで暮らす20万人のユダ
ヤ人は警戒する必要があるとして、「自分の立場を敢然と示すことは基本的には
正しいが、国内の大都市ではキッパ(ユダヤ教徒の男性がかぶる帽子)をかぶっ
ておおっぴらに歩かない方がいい」と語った。

 これに対して欧州ユダヤ教会のラビ(ユダヤ教指導者)長を務めるマーゴリン
師は、発言の撤回を要請。「残念ながら彼の対処法は間違っている」と述べ、
「反ユダヤ主義を恐れてキッパを着用しなければ、かえって欧州で反ユダヤ主義
を実現させてしまうことになる」と指摘した。

 ドイツでは、極右勢力や2015年以降に大量流入したイスラム教徒の難民に
よる、反ユダヤ主義が再燃する可能性について警戒を促す事件がここ数カ月の間
に相次いでいる。□

――――――――
◎パレスチナのアッバース大統領「問題解決まで大使館移転させない」

 【CJC】パレスチナのマフムード・アッバース大統領は、いかなる国にも大
使館の「エルサレム」移転を許さない、と4月22日表明した。

 『パレスチナ解放通信』(WAFA)によるとして『トルコ・ラジオ・テレビ
協会』(TRT=日本語電子版)が伝えるところでは、ラマッラー(ラマラ)に
ある大統領官邸でアラブ人医師たちの代表団と会談したアッバース大統領は「パ
レスチナ政権は、アメリカのドナルド・トランプ大統領、またはそのほかの国の
首脳が『クドゥス(エルサレムのパレスチナ側の呼称)はイスラエルの首都であ
る』と言うことを認めない。パレスチナは、トランプ大統領の発言と戦い、イス
ラエルとパレスチナの問題が解決されるまでいかなる国にも大使館をクドゥスへ
移転させることを許さない」と述べた。

 解決策は東エルサレムがパレスチナに、西エルサレムがイスラエルに譲渡され
ることによってもたらされると述べたアッバース大統領は、「東エルサレムは3
大宗教(イスラム教、キリスト教、ユダヤ教)の発祥地である。3大宗教の信者
はここへ来て祈りを捧げることができる。なぜなら我々は、当初から東エルサレ
ムは我々の国家の首都であり、全宗教に開かれていると宣言して来たからだ」と
述べた。□

――――――――
◎米誌『GQ』が聖書を「不要な」本に選定

 【CJC】米誌『GQ』が、聖書は過大評価されており、必ずしも『読む必要
のない21冊』に選出した、と全国紙『USAトゥデー』が4月23日伝えてい
る。

 同誌編集部は、「キリスト教の聖書は馬鹿げていて、くどく、矛盾しているか
ら『読む必要のない21冊』に入れた」という。

 「聖書が非常に高く評価されるのは、聖書に基づいて生きているとは言うもの
の、実際には読んだことのない人が皆支持しているからだ」と、作家・詩人ジェ
ス・ボールは述べている。

 「名著」にはレイシスト的、性差別的なものもある。だが大半は単に、非常に、
非常に退屈だ」と指摘する。

 聖書のほかに『読む必要のない』作品にはJ・R・R・トールキンの『指輪物
語』、アーネスト・ヘミングウェイの『老人と海』と『武器よさらば』、J・D
・サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』、マーク・トウェインの『ハックル
ベリー・フィンの冒険』などが選ばれた。

 聖書の代わりに、同誌は第2次世界大戦中の2人の兄弟の人生を語ったアゴタ
・クリストフの『悪童日記』を読むよう勧めている。

 「聖書が神の霊感によっていると信じなくても、この50年間で39億人が読
んでいる」としてフォックス・ニュースの宗教担当ジョナサン・モリス神父(ニ
ューヨーク大司教区)は4月22日、テレビ番組『フォックス・アンド・フレン
ズ』で聖書をリストに入れたこと自体が「馬鹿げており、恥ずかしい」と語った。

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(4月29日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
★教皇と正教会指導者=シリアへの攻撃を非難
★空爆後もシリアでカリタスは援助を続行
★教皇「世界広報の日」メッセージ=「フェイクニュース」を拡散しない
★教皇の一般謁見講話=洗礼名が与える帰属意識
★修道女ら街頭で呼び掛け=会の枠超え、改憲反対署名活動

 =KiriShin(4月21日=既報)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(4月29日)=http://クリスチャン新聞.com
★熊本・大分地震から2年=信徒、教会 フェスタでつながる=高森で第1回復
興支援イースター
★震災経験を今後の防災に活かす=熊本YMCA=4・14熊本地震復興祈念プ
ログラム
★20言語で初の聖書訳出=聖書協会世界連盟が年次報告
★米メガチャーチ牧師 ビル・ハイベルズ氏辞任=不正行為疑惑拡大受け
★ニューヨークの教会が金属探知機設置=「世界が安全になるまで」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ◆世界キリスト教情報◆ご案内

 『世界キリスト教情報』(週刊)と『CJC通信』(不定期刊)のご購読は、
次の各サイトで既刊号をご覧願います。

・メールマガジン(各行を最大全角36文字に整形してあります。パソコン(P
C)の画面でご覧いただくことを想定しています)
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/

・同報メール(各行の整形は行っていません。ケータイ、スマートフォンなど、
それぞれの画面の範囲でお読みいただくことや保存、転載されることを想定して
います)
http://cjcskj.exblog.jp/

・ニュースレター(かつてファクスでお送りしていた時と同様のイメージをPD
FにしてEvernoteに掲出しています。壁面展示、とじ込みなどを想定し
ています)
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/

☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/

……………………
●『CJC通信』(記事ごとにメディア向けに発信しています。しかし公開して
いますので、どなたでもお読みいただけます)

☆『CJC通信』ブログ
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/

☆『CJC通信』速報(各ニュースのタイトルをTwitterで配信しています)
http://twitter.com/cjcpress/

☆『CJC通信』RSS速報(利用されているリーダーから登録願いします)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

====================================



skjweekly at 20:18|PermalinkComments(0)

2018年04月23日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1422信

・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2018年4月23日(月)     第1422信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼ベルリンで一つの建物にシナゴーグ・モスク・教会が

     ▼教皇がイタリア『教区カリタス』全国会議にメッセージ
     ▼バチカンが「エクソシスト養成講座」

     ▼重病の子の生命維持求める両親の再審請求を英最高裁棄却

     ▼ナイジェリア拉致生徒の解放4年過ぎても難航

     ▼聖骸布のイエスの姿を3Dプリンターで復元

       ▼≪メディア展望≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ベルリンで一つの建物にシナゴーグ・モスク・教会が

 【CJC】ベルリン中心部のシュプレーインゼルに教会、モスク、シナゴーグ
が入った寺院が建設される。ベルリンに本拠を置くプロジェクト『ハウス・オブ
・ワン』のサイトで発表された。

寺院の建設は2019年に始まり、建設期間は2年の予定。

 『ハウス・オブ・ワン』プロジェクトの主な構想は、「異なる宗教の代表者間
でアイデアや意見を交換する」こと。対話には無神論者も招かれる。このような
会合は寺院の中央ホールで行われる。

 異なる宗教が一つ屋根の下に入ることになるが、各宗教の寺院の構造的特徴が
すべて考慮されるという。シナゴーグとモスクは東向きに造られる。

 建設費は4300万ユーロ(約57億円)と見積もられており、現時点でドイ
ツ連邦政府及び地方政府からの340万ユーロ(約4億5000万円)を含め8
60万ユーロ(約11億3800万円)の寄付が集まっている。□

――――――――
◎教皇がイタリア『教区カリタス』全国会議にメッセージ

 【CJC】教皇フランシスコは、北イタリアのアーバノ・テルメで開催された、
「第40回『教区カリタス』全国会議」に国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿を
通じメッセージを送った。バチカン放送が伝えた。

 イタリアの『教区カリタス』全国会議は、国内の各教区に属する司牧的組織で、
地域はもとより、国際的な広い視点を持って、支援事業を行い、地方教会に福音
的な愛(カリタス)を育むことを目的としている。

 『教区カリタス』は、イタリア司教協議会が運営する『イタリア・カリタス』
とも密接な協力関係にある。

 今回の会議には、イタリアのおよそ220教区から『カリタス』の責任者・運
営委員ら約600人が参加した。

 教皇は、かつて『教区カリタス』の発展に尽くした聖職者たちを想起し、イタ
リアの教会を豊かにしたこれらの先人の遺産が、今日も真の愛といつくしみの実
を結び続けていると感謝した。

 教皇は、『教区カリタス』が、現代社会の辺境へと向かいながら、正真の愛の
使徒となるために、社会の最も弱く貧しい人たちへの奉仕をより推進することを
要望した。□

――――――――
◎バチカンが「エクソシスト養成講座」

 【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)公認のレジーナ使徒大学で、4月16日
から21日までエクソシスト(悪魔払い)養成講座が開催され、司祭を中心に約
200人が受講している。ロイター通信が報じた。

 バチカンのエクソシスト養成講座はこれが13回目。今回は「悪魔払いと解放
の祈りに関する講座」と題され、必要に応じて携帯電話を通じた悪魔払いの方法
も講義されるほか、悪魔つきと精神疾患の識別方法、段階を踏んだ悪魔払い案内
などのテーマで講義や話し合いが行われる。

 講座を主催した同大学のジュゼッペ・フェラーリ教授は、「悪魔払いの要請が
増えており、悪魔つきが明らかに増えている」と述べた。

 受講者には修了証が発行されるが、フェラーリ教授は悪魔払いの資格を与える
ものではないと強調。悪魔払いを行えるのは、司教の許可を得た司祭のみという。
ただ、女性を含む一般のカトリック信者は、「補助悪魔払い」として儀式に参加
することが可能で、悪魔払いを行う司祭に祈りや精神的支援を提供することがで
きる。

 バチカン放送は、同大学のペドロ・バラヨン教授が、「開講は神父たちの強い
要請を受けたもの。彼らは悪魔払いに関する知識体験が十分でないことを痛感し
ている」と語ったことを紹介している。21世紀に入って、世界の教区からエク
ソシスト派遣を要請する声が以前の3倍以上増えたという

 同教授は「エクソシスト養成講座は真剣であり、科学的、神学的なものを学ぶ
場だ。悪魔払いはマギー(魔術、魔法)ではない。聖業であり、隣人愛、慈愛の
行為だ」と述べている。□

――――――――
◎重病の子の生命維持求める両親の再審請求を英最高裁棄却

 【CJC】英国で、幼い息子の人工呼吸器が取り外されるのを阻止するために
法廷で争い、教皇フランシスコの支持も得ていた両親の再審請求が4月20日、
最高裁で棄却された。AFP通信などが報じた。

 父親のトム・エバンスさんと母親のケイト・ジェームズさんは、イングランド
北西部リバプールのアルダーヘイ小児病院が、1歳11カ月のアルフィーちゃん
の人工呼吸器を停止しようとするのを阻止するため、最後の望みをかけて最高裁
に対して再審請求していた。

 両親はイタリア・ローマの病院でのアルフィーちゃんの治療を希望しており、
父親がアルダーヘイ小児病院に息子の退院を求めた際には、病院前で数百人が抗
議デモを行った。

 父親は18日にバチカンで教皇フランシスコと面会し「息子を救ってください」
と訴えたと、フェイスブックに投稿している。

 教皇は4日、ツイッターに「アルフィー・エバンスちゃんに哀れみの心を寄せ、
これからも付き添い続けることができるよう、必要なあらゆる手だてがなされ、
両親の深い心痛が聞き入れられることを心から願う」と書き込んでいた。□

――――――――
◎ナイジェリア拉致生徒の解放4年過ぎても難航

 【CJC】ナイジェリア北東部チボックでイスラム過激派『ボコ・ハラム』に
拉致された女子生徒らの解放交渉は、丸4年が過ぎた今も難航している。米メデ
ィア『CNN』によると、ムハンマド・ブハリ大統領は4月13日、交渉の遅れ
は『ボコ・ハラム』側の仲間割れが原因だと述べた。

 チボックの全寮制女子学校では2014年4月14日、生徒276人が『ボコ
・ハラム』に拉致された。生徒たちの一部は昨年解放されたが、依然として10
0人以上が拘束されたままだ。

 ブハリ大統領は声明で、政府と『ボコ・ハラム』の交渉が「予期せぬ」壁にぶ
つかったことを認め、その主な原因は犯行集団内部の意見対立だと述べた。

 チボックの事件からちょうど4年がたつ14日には、生徒らの解放を求める団
体が旧首都ラゴス市内で行進した。□

――――――――
◎聖骸布のイエスの姿を3Dプリンターで復元

 【CJC】イタリアの研究者たちがトリノの聖骸布を元に3Dプリンターで作
ったイエス・キリストの等身大の像がネット上に4月7日、『キリスト教放送網』
(クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワーク=CBN)によって公
開された。

 十字架に磔(はりつけ)にされたイエスの体を包んだと信じられている聖骸布
の研究から導いたもので「地上におけるイエス・キリストの精密なイメージ」を
初めて形にしたという。

 磔にされた後の死後硬直の姿勢をとっている遺体の身長は約178センチ。

 像はイタリア・ヴェネト州にあるパドヴァ大学とパドヴァ病院が、彫刻家のセ
ルジオ・ロデッラと協力して制作した。

 三次元モデルを作ったのは、パドヴァ大学で20年間にわたり聖骸布を研究し
ているジュリオ・ファンティ教授。

 問題の聖骸布は、トリノの聖ヨハネ大聖堂に保管されている麻の布で長さ4・
2メートルほど。磔刑になったイエスの体を包んだと信じられている。

 今回発表された像はその布の正確な寸法に基づき、その姿を3Dプリンターで
カーボン素材に転写したもので、等身大のイエスを立体的に表しているという。

 研究によると聖骸布に写し出されたイエスは美男子で、手足が長く非常にたく
ましい体つきだったようだ。 

 ファンティ教授は、聖骸布の汚れの中に血液を見つけて、それが重傷やひどい
痛みに苦しんでいる者の血であることをも突きとめている。

 さらにその聖骸布と傷ついた男性の体の三次元映像を確認し、鞭打ちによる3
70カ所の傷を数えた。

 ただその聖骸布は体の前と後ろしか覆っていないため、側面を考慮すると実際
には鞭で600回以上は打たれたのではないかと考察している。

 イエスの肩が神経を損傷するほど脱臼し、死の瞬間に右側に傾いたことも発見
したという。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(4月22日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
★教皇の使徒的勧告=日常的に聖性を生きる 
★「世界召命祈願の日」教皇メッセージ=今日、呼び掛けに応える
★米国とメキシコの国境=両国司教団 派兵を批判
★レバノンの枢機卿=シリア介入激化を憂慮=外交努力での解決望む
★スウェーデン=ルーテル教会大聖堂でカトリックのミサ

 =KiriShin(4月21日)=http://www.kirishin.com
★バッハ愛用の聖書、いま眼前に=完全復刻版=教文館で特別展示
★「首相退陣」求め国会前に怒りの声=シスターらは新宿駅前で署名活動
★中国が宗教対策を党中央直轄へ=夏寶龍氏が政協の秘書長に
★「信教の自由保障の政策と実践」 中国国務院が白書発表
★「聖性」テーマに教皇が使徒的勧告発表


 =クリスチャン新聞(4月22日)=http://クリスチャン新聞.com
★「思春期の子育て」とは=握り締めていた手を放して=「家庭回復リバイバル
セミナー」でイ・キボク氏講演
★しあわせなら賛美、感謝、祈り=CD「しあわせなら手をたたこう」発売記念
おはなし&コンサート
★教会の祈祷会で初の試み=クリスチャン新聞で祈り会
★島根県西部で震度5の地震=現地教会、信徒宅に被害なし
★キリスト教「中国化」の動き=習体制強化後、教会、ネット各方面で

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ◆世界キリスト教情報◆ご案内

 『世界キリスト教情報』(週刊)と『CJC通信』(不定期刊)のご購読は、
次の各サイトで既刊号をご覧願います。

・メールマガジン(各行を最大全角36文字に整形してあります。パソコン(P
C)の画面でご覧いただくことを想定しています)
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/

・同報メール(各行の整形は行っていません。ケータイ、スマートフォンなど、
それぞれの画面の範囲でお読みいただくことや保存、転載されることを想定して
います)
http://cjcskj.exblog.jp/

・ニュースレター(かつてファクスでお送りしていた時と同様のイメージをPD
FにしてEvernoteに掲出しています。壁面展示、とじ込みなどを想定し
ています)
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/

☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/

……………………
●『CJC通信』(記事ごとにメディア向けに発信しています。しかし公開して
いますので、どなたでもお読みいただけます)

☆『CJC通信』ブログ
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/

☆『CJC通信』速報(各ニュースのタイトルをTwitterで配信しています)
http://twitter.com/cjcpress/

☆『CJC通信』RSS速報(利用されているリーダーから登録願いします)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

====================================



skjweekly at 18:57|PermalinkComments(0)

2018年04月16日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1421信

・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2018年4月16日(月)     第1421信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼中国が宗教対策を政府から党中央直轄へ
     ▼中国が国家宗教事務局を中央統一戦線工作部に吸収

     ▼教皇が「聖性」をテーマに使徒的勧告発表
     ▼教皇、チリ聖職者による未成年者への性的虐待で謝罪

     ▼20言語で初の聖書訳出、聖書協会世界連盟が年次報告

     ▼ロシア保安庁がサイエントロジー教会指導者を資金洗浄で起訴

     ▼韓国プロテスタント信者半数弱は「他の宗教にも真理がある」

       ▼≪メディア展望≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎中国が宗教対策を政府から党中央直轄へ

 【CJC】中国はこれまで宗教組織と宗教活動の統制、管理を国務院国家宗教
事務局(宗教問題事務局)の管轄としていた。それが3月21日、最高権力機関
『全人代』(全国人民代表大会)での決定に伴い、共産党中央統一戦線工作部担
当に変わった。カトリック系『アジア・ニュース』が報じた。

 中央統一戦線工作部は、共産党と非共産党員との連携、チベットや台湾に対す
る反党勢力への工作を含めた祖国統一工作などを担う部署。宗教統制の強化によ
って、信者たちの思想を祖国統一へのパワーに結びつけるのは中国共産党の任務
という。

 国務院から中央統一戦線工作部へ移管するとの決定は、2月に開かれた共産党
の最高指導機関『中央委員会』の総会で承認された。移管は2018年内に完成
の予定。

 今回の移管は、2017年10月の党大会で、習近平総書記(国家主席)が打
ち出した宗教管理を強化する方針に沿ったもの。習氏は『全人代』大会初日の1
8日、党トップとして初の政治報告で、宗教活動を「社会主義社会に適応するよ
う積極的に導く」と表明した。宗教活動を党の政策や指導方針に適合させる「中
国化」を強調、宗教政策を担当する党幹部も「国家の利益や社会の公益に関係す
る宗教事務の管理を強化する」と明らかにした。

 国家宗教事務局元副局長の陳宗栄氏は、この機構改革について「宗教の中国化
方針を堅持し、統一戦線と宗教資源を統率して宗教と社会主義社会が相互に適応
するよう積極的に指導することを党の宗教基本工作方針として全面的に貫徹する」
と説明している。

 今回の移管で、キリスト者に衝撃を与えたのは、教会堂からの十字架強制撤去
を行った浙江省の夏寶龍(シャ・バオロン)前党書記(66)が3月14日、人
民政治協商会議(政協)の第13回第1回会議で秘書長兼副主席に選出されたこ
と。習近平国家主席派で『全人代』環境・資源保護委員会の副主任委員(副委員
長)だった夏氏が、党中央への助言組織とされる同会議の権力者の地位に就いた
のだ。

 夏氏が17年4月に浙江省から異動になった時には、引退を待つだけで、政治
生命は終わったと見る向きが多かった。

 浙江省で夏氏は2003年から活動していた。当時の4年間は集近平氏が同省
の党書記だった時期に当たる。夏氏は12年から17年4月まで同省党書記だっ
た。その時の3年間、十字架撤去と教会堂破壊が都市計画のためとして行われた。

 13年末から16年4月まで、プロテスタント教会を中心に約1500の十字
架が撤去された。十字架を守ろうとした牧師、信徒は拘留、脅迫、告発され た。
その弁護に当たった弁護士も告発された。□

――――――――
◎中国が国家宗教事務局を中央統一戦線工作部に吸収

 【CJC】中国が「宗教」を主要課題として共産党中央が直接取り組む姿勢で
あることが明らかになった。

 中国国務院(政府)国家宗教事務局がこの3月に中国共産党中央統一戦線工作
部(中央統戦部)に吸収された。

 2009年以来、国家宗教事務局長を務めていた王作安(ワン・ツォアン)氏
(59)は新体制の下で留任、さらに副首相格と見られている中央統戦部副部長
に昇任した。

 今回の王氏昇任は、「宗教監視」を国務院を通じてではなく、党中央が直接行
うことで強化するとの意思表示であり、その対象がキリスト教とイスラム教とい
う「西側宗教」にあることは確かで、指導者としての地位を固めた集近平国家主
席の意向に沿ったもの、とカトリック系『アジア・ニュース』などは見ている。

――――――――
◎教皇が「聖性」をテーマに使徒的勧告発表

 【CJC】教皇フランシスコは4月9日、「聖性」をテーマにした使徒的勧告
「ガウデーテ・エト・エグズルターテ、現代世界における聖性への招き」を発表
した。

 主題は、マタイによる福音書の「喜びなさい、大いに喜びなさい」(5・12)
からとっている。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、序文と5章の本文、全177節から
なるこの勧告で、すべての人が聖性に招かれていることを強調する教皇は、イエ
スの山上の説教の「真福八端」を聖性への道として示し、現代社会において聖性
を生きるための秘訣を述べている。□

――――――――
◎教皇、チリ聖職者による未成年者への性的虐待で謝罪

 【CJC】南米チリでのカトリック聖職者による未成年者への性的虐待問題を
めぐり、教皇フランシスコは4月11日までにチリの司教らに宛てた手紙で、
「状況の評価と把握において重大な過ちを犯した」と謝罪を表明した。

 また被害者代表3人に直接謝罪する意向も示した。教皇は3人を4月28日に
自分の住居『カーサ・サンタ・マルタ』に迎え入れるという。

 教皇はこれまで、虐待を知りながら沈黙してきたとされるフアン・バロス司教
をかばう発言をしていた。□

――――――――
◎20言語で初の聖書訳出、聖書協会世界連盟が年次報告

 【CJC】聖書協会世界連盟(UBS)が、世界の聖書翻訳の状況をまとめた
2017年の年次報告書を発表した。世界各地域の聖書協会の事業を集計すると、
全体で49言語(話者5億8千万人)に、何らかの形で聖書が届けられたことに
なる。

 一部分とは言え初めて聖書が翻訳されたのは20言語(話者1400万人)。
一方、モザンビーク、ミャンマー、南スーダン、台湾、トルクメニスタン、ベト
ナムで使用されている7言語で新旧約そろった聖書全巻が完成した。4言語で新
約が完成、ヨハネによる福音書など「部分訳」が初めて完成したり、増加したの
が9言語。

 さらに、時代に合わせた新しい翻訳の作成や改訂も進められている。2017
年は2言語で新旧約聖書、8言語で新約聖書、7言語で聖書の一部が、新しい訳
で出版された。また9言語で改訂版聖書が出版され、スタディ版聖書は7言語で
出された。

 この他、手話訳聖書や点字聖書の事業も世界中で行われており、近年の技術革
新に伴う聖書のデジタル化も進んでいる。

 聴覚障がい者のための手話訳聖書の翻訳も世界で行われている。報告書による
と、世界には400以上の手話が存在するが、そのうち聖書が一部でも手話に訳
されているのは1割程度しかない。手話を第1言語とする人は世界に7000万
人いるとされている。聖書の手話訳は現在、世界で26事業が行われており、さ
らに新たに10事業が計画、準備段階にある。これらが完成すれば、1290万
人の聴覚障がい者が聖書に接触可能となる。

 視覚障がい者のための点字聖書の製作も行われている。UBSによると、世界
には約2億8500万人の視覚障がい者がいると推定され、このうち4000万
人はまったく目が見えない。点字聖書は44言語で新旧約聖書が完成しており、
聖書の一部だけが完成しているのは200言語以上と、手話訳聖書よりも進んで
いる。

 ただ点字聖書は新旧約全巻では40冊以上になり、印刷費用も1冊600ドル
(約6万4000円)近くになる。音声聖書も普及しているが、点字聖書の需要
は依然として高い。UBSは、点字聖書は視覚障がい者が聖書を深く読む最も効
果的な方法だとしている。2017年は27の聖書協会で点字聖書に関わる事業
が行われ、ガンダ語(ウガンダの主要言語)とカシ語(インドのカシ族の言語)
ので、一部分ではあるが初の点字聖書が製作された。

 UBSは、各言語の聖書を電子データで保存し共有する『デジタル聖書図書館』
(DBL)を進めている。2033年までに世界のすべての言語の聖書を電子デ
ータで保存することを目標としており、テキストデータは昨年までに1269言
語1735訳が集まった。また、音声データは前年と比べて3倍も増え、732
言語1078訳が集まった。DBLに保存された聖書のデータは、米国聖書協会
が運営する聖書検索サービス「バイブルサーチ」や無料聖書アプリ「ユーバージ
ョン」(英語)などで利用されている。

 世界には現在、7079言語(話者76億人)が存在する、とUBSは推定し
ている。このうち674言語(同54億人)で新旧約聖書が、1515言語(同
6億3100万人)で新約聖書が完成している。また1135言語(同4億60
0万人)では、聖書部分訳が刊行されている。しかし、3773言語(同2億9
00万人)ではなお聖書が翻訳されていない。□

――――――――
◎ロシア保安庁がサイエントロジー教会指導者を資金洗浄で起訴

 【CJC】ロシア連邦保安庁サンクトペテルブルク市局は宗教団体『サンクト
ペテルブルク・サイエントロジー教会』の指導者1人を起訴したと発表した。
ロシア・メディア『スプートニク』(日本語電子版)が報じた。

 捜査担当者は、同団体が2013年から16年にかけてサービスの対価として
2億7600万ルーブル(約5億円)を違法に取得した証拠を得た。

 逮捕状の発行申請書は、過激主義的だと以前判決が出た出版物を同団体のメン
バーが出版していることを理由に、『サンクトペテルブルク・サイエントロジー
教会』を過激団体だとしている。

 メンバーは違法な企業活動によって得た資金を洗浄していたという。少なくと
も1700万ルーブルと、現金で得られた1億4000万ルーブルが資金洗浄さ
れたとみられる。□

――――――――
◎韓国プロテスタント信者半数弱は「他の宗教にも真理がある」

 【CJC】韓国プロテスタント信者800人を対象に行われたアンケート調査
の結果、回答者の47・2%が「他の宗教にも真理がある」と考えており、また
「他の宗教や教えも善だ」と考える信者も58%に上ることが分かった。朝鮮日
報(日本語電子版)が報じた。

 これらの結果は、韓国キリスト教社会問題研究院「社会問題に対するプロテス
タント信者の認識」(2018年度版)で4月9日公表された。

 プロテスタント信者の45・6%が「救いはキリスト教にしかない」と回答し
たが、一方で「他の宗教や教えにも救いはある」との回答も28・4%2に達し
た。また20・1%は「聖書にも間違いがあり得る」と回答した。「同性愛は罪
か」との質問に「そう思う」との回答は53・5%だった。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(4月15日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
★イスラエルのエリトリア難民=カトリックの信仰だけが慰め
★教皇の一般謁見講話=ミサ後は神をたたえて
★トレビの泉のコイン=カリタスローマが継続管理=貧しい人の希望つなぐ
★ベトナム人司牧者研修会=技能実習生の現状学ぶ
★熊本地震の被災者とフグ鍋でパーティー=広島教区山口地区の信徒・司祭ら

 =KiriShin(4月11日)=http://www.kirishin.com
★“教派愛”は永遠に=「教派擬人化マンガ ピューリたん」=最終回記念so
noさんインタビュー
★NCCが第40回総会=新議長に渡部信氏
★カルヴァン合同研究発表会=シンポジウムに翻訳者らも参加
★賛育会100周年で記念礼拝=「隣人愛」の実践から職員数2千人へ
★イースターに教皇メッセージ=「平和の実を求めたい」

 =クリスチャン新聞(4月15日)=http://クリスチャン新聞.com
★4/14の窓=グローバルサミット=「世界から世界へ」連携 
★柔らかく温かな音色に感動・笑顔=救世軍ニューヨーク・スタッフ・バンド大
阪公演
★心・身体・性守れる環境 日常的に整うスウェーデン=「あなたは悪くないと
言って」=ノット・フォー・セール・ジャパン企画「日常に潜む性の搾取から子
どもを守るには」
★新議長に渡部信氏、新総幹事に金性済氏=日本キリスト教協議会第40回総会
★「私には夢がある」=米で銃規制へ数十万人「命の行進」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ◆世界キリスト教情報◆ご案内

 『世界キリスト教情報』(週刊)と『CJC通信』(不定期刊)のご購読は、
次の各サイトで既刊号をご覧願います。

・メールマガジン(各行を最大全角36文字に整形してあります。パソコン(P
C)の画面でご覧いただくことを想定しています)
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/

・同報メール(各行の整形は行っていません。ケータイ、スマートフォンなど、
それぞれの画面の範囲でお読みいただくことや保存、転載されることを想定して
います)
http://cjcskj.exblog.jp/

・ニュースレター(かつてファクスでお送りしていた時と同様のイメージをPD
FにしてEvernoteに掲出しています。壁面展示、とじ込みなどを想定し
ています)
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/

☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/

……………………
●『CJC通信』(記事ごとにメディア向けに発信しています。しかし公開して
いますので、どなたでもお読みいただけます)

☆『CJC通信』ブログ
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/

☆『CJC通信』速報(各ニュースのタイトルをTwitterで配信しています)
http://twitter.com/cjcpress/

☆『CJC通信』RSS速報(利用されているリーダーから登録願いします)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

====================================



skjweekly at 21:50|PermalinkComments(0)

2018年04月09日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1420信

・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)       2018年4月9日(月)      第1420信☆
====================================

              = 目 次 =

     ▼中国「信教の自由保障の政策と実践」白書を発表
     ▼中国ネット通販から聖書消える=宗教への締め付け強化?
     ▼『キリスト教中国化5年工作計画要綱』を公布か

     ▼正教会は8日に復活祭(パスハ)祝う 

     ▼教皇、シリアでの化学兵器攻撃情報に「正当化できない」

     ▼米南部バプテスト連盟のペイジ執行委員長辞任

       ▼≪メディア展望≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎中国「信教の自由保障の政策と実践」白書を発表

 【CJC】中国のニュースサイト『人民網』(日本語版)によると、中国国務
院新聞弁公室は4月3日、「中国の信教の自由保障の政策と実践」白書を発表し
た。

 白書は約8000字。序文と結語の他に「信教の自由保障の基本政策」「信教
の自由の権利の法的保障」「宗教活動の秩序ある実施」「宗教界の役割は十分に
発揮」「宗教関係は積極的で健全」の5部で構成されている。

 白書は「中国は共産党の指導する社会主義国家だ。中国は終始自国の国情と宗
教の実情に立ち続け、信教の自由政策を実行し、公民の信教の自由の権利を保障
し、積極的で健全な宗教関係を構築し、宗教的調和と社会的調和を維持している」
と指摘する。

 「第18回党大会以来、習近平同志を核心とする党中央の揺るぎない指導の下、
中国は法に基づく国家統治を全面的に推し進め、宗教政策を国家ガバナンス体制
に組み込み、宗教の関わる様々な社会関係を法律を用いて調節し、宗教活動の法
治化水準を高め続けている。宗教を信仰する公民と宗教を信仰しない公民は尊重
し合い、むつまじくつきあい、改革開放と社会主義現代化に積極的に身を投じ、
中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に共に力を捧げている」とした。

 また「中国は宗教の発展・変化を宗教政策の実際と結びつけ、国内外の正反両
面の経験を汲み取り、法に基づき信教の自由を保障し、宗教関係の調和を促し、
宗教界の積極的な役割を発揮するという成功の道を歩み出した。第19回党大会報
告は、党の宗教政策の基本的方針を全面的に貫徹し、宗教の中国化という方向を
堅持し、宗教の社会主義社会との適応を積極的に誘導すると明確に指摘した。中
国はこれまで同様に公民の信教の自由を尊重し、保障し、富強・民主・文明・調
和の美しい社会主義現代化強国の建設に努力する」と指摘した。□

――――――――
◎中国ネット通販から聖書消える=宗教への締め付け強化?

 【CJC】中国のインターネット通販サイトから、聖書が一斉に姿を消した。
米政府系放送局『ラジオ・フリー・アジア』(RFA)報道によるとして時事通
信が伝えた。

 中国当局が3月末、通販各社に販売禁止を命じたという。4月3日に発表した
宗教政策に関する白書は、中国共産党による指導への支持を宗教界に求めるなど
宗教の「中国化」を要求している。販売禁止も締め付け強化の一環と見られる。

 ネット通販大手の『京東』で4日、「聖書」をキーワードに検索すると、「関
連商品は見つかりません」とのメッセージが表示された。イスラム教の聖典「コ
ーラン」も同様だ。


 最大手の『淘宝』(タオバオ)と、書籍に強い『当当網』では、「聖書百科事
典」や「漫画聖書物語」など関連書籍は購入できるが、聖書は扱っていない。

 4日、北京の王府井新華書店で店員に尋ねると、「聖書はもともと置いていな
い。欲しいなら教会に行って」と言われた。□

――――――――
◎『キリスト教中国化5年工作計画要綱』を公布か

 【CJC】中国政府と対立している気功集団『法輪功』系のメディア『大紀元』
の伝えるところでは、中国政府公認の中国基督教協会と中国基督教三自愛国運動
委員会で形成される『基督教全国両会』が3月28日、『キリスト教中国化5年
工作計画要綱(2018~2022)』を公布した。

 同要綱は、中国共産党による指導と「社会主義の核心価値観」を堅持していく
と提唱している。

 また同要綱は、信者が中国当局の指示通りに「正しい聖書観」を樹立すること
が重要だと主張した。また、今後聖書の再翻訳・発行、聖書の解釈の再編集も示
唆されている。

 中国で販売されている聖書の多くは、基督教三自愛国運動委員会が出版元とな
っている。□

――――――――
◎正教会は8日に復活祭(パスハ)祝う 

 【CJC】世界の正教会など東方諸教会はキリスト教の重要な祝日「復活祭」
(パスハ)を4月8日に祝っている。パスハとその後に続く1週間「光明週間」
には、特に厳かなパスハの祈祷が行われる。

 パスハにかけての夜の祈祷は特に厳かで、正教会の主要部分を構成しているロ
シア正教会のすべての小教区で行われ、モスクワ総主教座管区だけでもその数は
3万を超える。

 エルサレムの旧市街では正教会の信者らが復活祭前夜の恒例行事、「聖火の奇
跡」の儀式を7日行った。聖墳墓教会にある空洞から「聖なる火」が出現すると
される儀式では、今年も信者たちがろうそくで火を受け渡し合った。

 イスタンブールでは、聖母マリア・ギリシャ正教会とアヤソフィア正教会でミ
サが行われた。

 聖母マリア・ギリシャ正教会のムサ・パパズ司教とアヤソフィア正教会のジェ
ブライル・クシュオール司教によって進められたミサの一部は教会の中で、一部
は庭で行われ、ミサの参加者はろうそくに火を灯して祈りを捧げた。

 ギリシャのコルフ島で、パスハ恒例の壺投げ祭りが行われた。

 町の中心で、数千人が見物する中、家庭のバルコニーから水を満たした陶器製
の壺が投げ落とされ、路上で粉々に砕けた。

 島民は、この祭りで悪霊が退散すると信じており、見物人たちは幸運のまじな
いに壺の破片を持ち帰るという。□

――――――――
◎教皇、シリアでの化学兵器攻撃情報に「正当化できない」

 【CJC】教皇フランシスコは4月8日、シリア・東グータ地区での化学兵器
攻撃情報を受け「良い戦争も悪い戦争もない。無防備の人々を皆殺しにする兵器
の使用は一切正当化できない」と非難した。

 数千人が集まったバチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場での演説を時
事通信が伝えた。

 教皇は「対話だけが、死や破壊ではなく平和をもたらすことができる」と強調、
「政治や軍事の指導者たちが対話の道を選ぶよう祈ろう」と呼び掛けた。□

――――――――
◎米南部バプテスト連盟のペイジ執行委員長辞任

 【CJC】米プロテスタントでは最大教派とされる南部バプテスト連盟執行委
員会のフランク・ペイジ委員長兼CEOが3月27日辞任した。宗教専門RNS
通信が報じた。

 当初、辞任の理由は明らかにされなかったが、同派の公式メディア『バプテス
ト・プレス』は「最近の倫理的に不適切な関係」について判断したと報じている。

 ペイジ氏は、「個人的な失敗の結果、わたしの家族、わたしの主、わたし自身、
そして神の国(ザ・キングダム)を惑せた」とし「わたしの家族やわたしが傷つ
けてしまったものを守ろうとの願いから、最初の引退発表では、完全な説明をし
なかった。しかし、わたしの個人的な判断が良かったのか思い悩んだ末に、事情
をもっと率直に認めてもらうべきだと判断した。これからわたしの妻と娘たち、
わたしのことをもっともよく知り、わたしをもっとも愛してくれた人たちとの信
頼の織物を織り直したい」と述べた。

 執行委員会議長のスティーブン・ラメッジ牧師はペイジ氏の辞任を27日に知
ったが、執行委員会は前日にペイジ氏と電話会議を行ったと言う。

 ペイジ委員長は2013年、救済論を巡って交わされた同派内の論議でカルヴ
ァン主義者と非カルヴァン主義者の和解に努めた。2017年には、『倫理と信
教の自由委員会』委員長を務める倫理学者ラッセル・ムーア氏が大統領選挙に名
乗りを上げていたドナルド・トランプ氏を批判したことから、所属教会の中でS
BC支持を打ち切ると脅す動きが出て来た時には、ペイジ氏はムーア氏と会い、
一致を示す声明を発表してもいる。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(4月8日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
★教皇=復活祭メッセージ=「神の愛の力」が世界を変える
★教皇、世界の司祭たちに=人々に寄り添う「街頭の説教者に」
★教皇の一般謁見講話=腐敗は決して許されない
★国際カリタス事務局長 来日=すべてのキリスト者は「愛のわざに関わる」
★藤学園=3事業体を札幌教区母体の法人に移管=「北海道カトリック学園」へ

 =KiriShin(4月1日・既報)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(4月8日)=http://クリスチャン新聞.com
★青年ら千人以上参加「リフォユース500」開催=“神があなたを選ばれた”
★第18回国家晩餐祈祷会=石破茂氏挨拶、天野弘昌氏メッセージ=現実を諦め
ず祈り続けなさい 
★ITCN月曜集会=11年の歴史に幕=さらに遣わされ福音を

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ◆世界キリスト教情報◆ご案内

 『世界キリスト教情報』(週刊)と『CJC通信』(不定期刊)のご購読は、
次の各サイトで既刊号をご覧願います。

・メールマガジン(各行を最大全角36文字に整形してあります。パソコン(P
C)の画面でご覧いただくことを想定しています)
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/

・同報メール(各行の整形は行っていません。ケータイ、スマートフォンなど、
それぞれの画面の範囲でお読みいただくことや保存、転載されることを想定して
います)
http://cjcskj.exblog.jp/

・ニュースレター(かつてファクスでお送りしていた時と同様のイメージをPD
FにしてEvernoteに掲出しています。壁面展示、とじ込みなどを想定し
ています)
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/

☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/

……………………
●『CJC通信』(記事ごとにメディア向けに発信しています。しかし公開して
いますので、どなたでもお読みいただけます)

☆『CJC通信』ブログ
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/

☆『CJC通信』速報(各ニュースのタイトルをTwitterで配信しています)
http://twitter.com/cjcpress/

☆『CJC通信』RSS速報(利用されているリーダーから登録願いします)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

====================================



skjweekly at 23:18|PermalinkComments(0)

2018年04月02日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1419信

・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・   (c)世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com
(連絡先:ckoriyama@gmail.com=ご連絡の際は「@」を半角にしてください)
====================================
(週刊)      2018年4月2日(月)      第1419信☆
====================================

              = 目 次 =

     ≪イースター関連≫
     ▼聖金曜日に教皇「主の受難の儀式」
     ▼教皇がイタリアの「移民の英雄」に洗礼
     ▼イースターに教皇のメッセージと祝福「ウルビ・エト・オルビ」
     ▼教皇がイタリアの刑務所で「洗足式」
     ▼ニューヨーク5番街で恒例のイースターパレード

     ▼司教任命めぐる合意「今すぐではない」とバチカン側が見解
     ▼中国がバチカン承認の司教を一時拘束

     ▼ニューヨークの教会が金属探知機設置、「世界が安全になるまで」

     ▼ボローニャ国際児童図書展で福音館書店が最優秀児童書出版社賞

     ▼ホーキング博士葬儀に友人ら500人参列

       ▼≪メディア展望≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪イースター関連≫

◎聖金曜日に教皇「主の受難の儀式」

 【CJC】イエス・キリストの十字架上での死を記念する「聖金曜日」の3月
30日、教皇フランシスコは「主の受難の儀式」を行った。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、30日夕方、サンピエトロ大聖堂で
の「主の受難の儀式」では、ことばの典礼と、十字架の崇敬、聖体拝領式が行わ
れた。

 説教を行った教皇付説教師ラニエーレ・カンタラメッサ神父は、イエスの十字
架の下に聖母と共にいて、イエスの受難の証言者となった福音書記者聖ヨハネに
注目、聖ヨハネはイエスの受難と死を目の前で見ただけでなく、イエスの復活後、
聖霊の光のもとに、これまで起きたすべてのことを見つめ、「成し遂げられた」
(ヨハネ19・30)と言ったイエスの最後の言葉の意味を理解した人であった
と指摘した。

 カンタラメッサ神父は、今年開催される若者をテーマにしたシノドスに言及。
この機会に、イエスに早くから従い、イエスの受難と死と復活を目撃したことで、
完全に人生を決定付けられたこの若い弟子、ヨハネのメッセージから多くを汲み
取るよう招いた。

 説教に続いて、聖金曜日のこの儀式の特徴の一つ、「盛式共同祈願」が行なわ
れた。

 後半の十字架の崇敬では、十字架を手にした助祭が祭壇に向かって歩みつつ、
3回立ち止まり、その度、十字架を高く掲げ、世の救い主キリストがつけられた
木の十字架であると述べ、人々を崇敬へと招いた。

 祭壇手前で最初に十字架を迎えられた教皇は、頭を垂れ、十字架上のイエスに
接吻された。これに枢機卿・司教、そして司祭・修道者・信徒の代表が続いた。

 最後に、教皇は祭壇前で十字架を高く掲げ、会衆はひざまずき、沈黙の中に崇
敬を表した。

 聖金曜日にはミサが捧げられないため、この儀式の中ではパンとぶどう酒の聖
別は行なわれないが、前日、聖木曜日の「主の晩さんの夕べのミサ」で聖別され
た聖体を参加者は拝領した。□

……………………
◎教皇がイタリアの「移民の英雄」に洗礼

 【CJC】教皇フランシスコは3月31日夜、イタリアで「移民の英雄」と呼
ばれるナイジェリア人男性に自ら洗礼を授けた。

 英公営BBC放送などが伝えるところでは、教皇はサンピエトロ大聖堂で司式
したイースター(復活祭)のミサで、ジョン・オガーさん(31)に洗礼を授け
た。ナイジェリア出身のオガーさんは昨年暮れ、ローマのスーパー前で物乞いを
していた。覆面の男が大きな刃物を持ってスーパーに強盗に入ろうとしたところ
を阻止し、警察が駆けつけるまで取り押さえていた。この行動が称えられ、後に
オガーさんは正規の在住許可を得ることになった。

 カトリック教会の洗礼は、新しくカトリック教徒となる者と神との契約を意味
する。教皇がオガーさんの頭に聖水をかける間、契約の証人を意味する「ゴッド
ファーザー」(代父)として、イタリア人警官がオガーさんに付き添った。□

……………………
◎イースターに教皇のメッセージと祝福「ウルビ・エト・オルビ」

 【CJC】カトリック教会始め「西方教会」は4月1日、イースター(復活祭)
を祝った。

 前夜、バチカンのサンピエトロ大聖堂で「復活の聖なる徹夜祭」を司式した教
皇フランシスコは、この朝、「復活の主日」のミサをサンピエトロ広場で捧げた。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、土曜日は、時おり激しい雨を伴う不
安定な空模様となったが、主の復活の日曜日を迎えたローマは、一転して美しい
青空に恵まれた。

 大聖堂前には、毎年のようにオランダから寄贈された花や木々で人工庭園が設
けられ、広場にひときわ明るい色彩をもたらした。

 教皇は朝のミサの後、正午に「ウルビ・エト・オルビ」(ローマと世界に向け
た教皇の祝福とメッセージ)を大聖堂の中央バルコニーから送った。

 教皇は、復活祭メッセージで、「わたしたちキリスト者は、キリストの復活が
世の真の希望、決して失望させることのない希望であると信じている。それは一
粒の麦の力、へりくだり、完全に、あますところなく自らを捧げ、本当に世界を
刷新する愛の力であり、この力は、今日も、多くの不正義と暴力に見舞われたわ
たしたちの歴史の畝に、実を結ぶ。貧しさと疎外のあるところ、飢餓や失業のあ
る場所、切捨ての文化によって拒否されがちな難民や移民たちの間に、麻薬売買
や人身取引、現代の奴隷制の犠牲者の間に、希望と尊厳の実をもたらす。今日、
わたしたちは全世界のために、平和の実を求めたいと思う」と述べた。□

……………………
◎教皇がイタリアの刑務所で「洗足式」

 【CJC】教皇フランシスコは3月29日、ローマにある刑務所で「洗足式」
を行い、イスラム教徒2人、正教徒、仏教徒を含む受刑者らの足を洗った。

 洗足式はイースター前の「聖木曜日」に行われる儀式で、教皇が刑務所で洗足
式を行ったのはこれで4度目。

 受刑者たちに対し教皇は「人生を変える機会は常に誰にでもある、人が(人を)
裁くことなどできない」と語り掛けた。

 同日、教皇に足を洗ってもらったのはイタリアをはじめフィリピン、モロッコ、
コロンビア、モルドバ、シエラレオネ、ナイジェリア出身の受刑者12人だった
という。□

……………………
◎ニューヨーク5番街で恒例のイースターパレード

 【CJC】ニューヨークで4月1日、恒例のイースター(復活祭)パレードが
開催され、色とりどりの帽子をかぶった人々が5番街を埋め尽くした。ロイター
通信によると、政治問題への認知向上を狙った帽子も見られた。

 1800年代に始まったこのイベント。女優ジュディ・ガーランドが出演した
ミュージカル映画「イースター・パレード」の舞台ともなった。□

――――――――
◎司教任命めぐる合意「今すぐではない」とバチカン側が見解

 【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)は3月29日、司教任命をめぐって中国
政府と歴史的な合意に達する可能性があるとの中国紙『環球時報』報道について、
「今すぐ」というわけではないとの見方を示した。

 バチカンのグレッグ・バーク報道事務所長は、「バチカンと中国との間で今す
ぐ結ばれる合意はないと言明できる」とし、「教皇は今も、中国問題をめぐる協
力者たちと連絡を取り続けており、進行中の対話の段階を踏んでいるということ
を強調した」と述べた。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(英語版)が、バチカン(ローマ教
皇庁)と中国政府が長年対立している司教任命の主導権を巡り、早ければ31日
にも合意に達する可能性があると報じていた。□

――――――――
◎中国がバチカン承認の司教を一時拘束

 【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)が中国政府と中国国内での司教の任命権
について合意を進める中、バチカンに正式に承認されている中国人司教が福建省
にある自身の教区で、当局に一時身柄を拘束されていたことが分かった。

 カトリック教会の関係筋によると、中国南東部・福建省■(門構えに虫)東
(ミンドン)教区の郭希錦司教(59)は3月26日午後に身柄を拘束され、翌
27日午後に住まいに戻ってきたという。拘束された理由は不明。

 『ミラノ外国宣教会』が運営するウェブサイト『アジア・ニュース』は、郭司
教が26日に同区の別の職員1人とともに身柄を拘束されたと伝えた。同司教は
バチカンは認めているが、中国当局には認められていない。

 中国の地元警察と福建省の宗務当局はAFP通信の取材に対し、拘束について
は把握していないと述べている。

 『アジア・ニュース』によれば、郭司教は26日午後、宗務当局に出頭を命じ
られ、夕方に荷物をまとめるために住まいに戻った後、現地時間午後10時ごろ
に連行されたという。郭司教は昨年も20日間行方が分からなくなっていた。

 香港在住の国際人権団体『国際アムネスティ』職員、潘嘉偉氏はAFP通信の
取材に対し、「司教に嫌がらせをし、正当な理由もなく連行するのは恥ずべき行
為であり、信教の自由の侵害」だと話した。□

――――――――
◎ニューヨークの教会が金属探知機設置、「世界が安全になるまで」

 【CJC】受難週の初日に当たるパームサンデー(枝の主日)の3月25日、
ニューヨークのマンハッタン区ローワーマンハッタンにある聖公会セントポール
ズ教会を訪れた人々は、空港の保安検査場ような入場検査を受けた。地元メディ
ア『ABC7』が伝えた。

 主教代理のフィリップ・ジャクソン牧師によると、金属探知機の設置は「この
世界が安全になるまで」続くといい、「このような措置を誰も望まないが、探知
機の設置は現代を反映するもので、人々の安全を守るためのもの」と説明した。

 教会関係者によると、トラックが自転車専用レーンに突っ込み8人が死亡した
昨年10月のテロ事件がきっかけで金属探知機の設置を検討し始めた。特定の脅
威に対する対応ではないという。

 同時多発テロ以降、ニューヨーク市では各所で警備体制が強化されてきた。自
由の女神像や『9・11記念博物館』、『ワン・ワールド・トレード・センター』
の展望台には金属探知機が設置され、ニューヨーク証券取引所は観光客の出入り
を禁止した。しかし、金属探知機が設置された教会はまだ少なく、年間500万
人が訪れる同区ミッドタウンの『セントパトリック大聖堂』(カトリック)にも
設置されていない。□

――――――――
◎ボローニャ国際児童図書展で福音館書店が最優秀児童書出版社賞

 【CJC】イタリアのボローニャで3月26日から開かれた国際児童図書展で、
福音館書店が日本の出版社では初めて最優秀児童書出版社賞をアジア部門で受賞
した。

 同賞は2013年にボローニャ国際児童図書展50周年を記念して創設された。
前年の出版活動において創造性などが優れているとされた出版社に授与する。ア
フリカ、中南米、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアの6地域から各1社が
選ばれる。□

――――――――
◎ホーキング博士葬儀に友人ら500人参列

 【CJC】「車いすの天才科学者」として知られ、3月14日に76歳で死去
した英物理学者スティーブン・ホーキング博士の葬儀が31日、博士が長く在籍
した英南部のケンブリッジ大学のセント・メアリー・ザ・グレート教会で行われ
た。

 伝記映画『博士と彼女のセオリー』(2014年)でホーキング博士を演じ、
ケンブリッジ大卒の後輩でもあるエディ・レッドメイン、同作品でホーキング博
士の最初の妻を演じたフェリシティ・ジョーンズ、ロックバンド『クイーン』の
ギタリストで天文学者のブライアン・メイら約500人が葬儀に出席した。教会
の外にも数百人の市民が集まり、病と闘いながら独創的な宇宙論を発表した博士
を悼んだ。

 生前は無神論者だった博士だが、長女のルーシーさんと長男のロバートさん、
次男のティムさんは、葬儀会場として同教会を選んだ。子どもたちは「信仰心を
持つ人にとっても、そうでない人にとっても、父の生涯と研究が意味したものは
たくさんあった」と述べ、それだけに「出席者を制限せず、かつ伝統を踏襲して、
父の生涯の幅の広さや多様性を反映させたかった」と説明した。

 博士のひつぎが到着すると、沿道に詰めかけた数百人から拍手が湧き起こった。
ひつぎは博士の研究活動の拠点だったケンブリッジ大学ゴンビル・アンド・キー
ズ・カレッジの関係者6人によって運ばれ、博士の年齢に合わせて教会の鐘が7
6回鳴らされた。

 葬儀ではエディ・レッドメインが、聖書「伝道の書」の1節を引用して弔辞を
読んだ。

 博士の遺骨はこの6月15日に、ロンドンのウェストミンスター大聖堂にある
科学者アイザック・ニュートンやチャールス・ダーウィンらの墓のそばに納めら
れる。この日、同大聖堂で追悼礼拝が行われる。□

――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(4月1日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
★青年シノドス準備会議=活気ある教会を期待
★教皇の一般謁見講話=聖体拝領は主との一致
★EU司教協議会委員会=オロリッシュ大司教が会長に就任
★被災地で育んだ友情=「さよならカフェ」で感謝=支援主導した札幌カリタス
=今後は“地元”に協力=岩手・宮古市
★被災住民のNPО「阿蘇」=教会が祝福、支援=拠点建物の起工式行う=熊本
・西原村

 =KiriShin(4月1日)=http://www.kirishin.com
★加藤一二三九段×片柳弘史神父=棋士として信仰者として
★プレ・イースター・フェスティバル=芦屋市内から教派超え10教会参加
★日基教団主催「リフォユース500」=教団・教派超え1千人が参加
★核兵器禁止条約への批准求めカトリック司教協が要望書
★カルト被害に備えるために=統一協会の「今」~その知られざる実態

 =クリスチャン新聞(4月1日)=http://クリスチャン新聞.com
★日基教団青年大会=超教派で「リフォユース500」開催
★7年前の被災体験分かち合う=FCC3・11記念集会
★過去を思い起こし、未来を展望=記念礼拝&震災の記憶を語り継ぐ会
★カンボジアへ幸せ届けたゴッちゃん神父の物語=映画「father」4月7
日より公開
★北朝鮮で拘束の牧師ら米人3人解放で大筋合意か

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ◆世界キリスト教情報◆ご案内

 『世界キリスト教情報』(週刊)と『CJC通信』(不定期刊)のご購読は、
次の各サイトで既刊号をご覧願います。

・メールマガジン(各行を最大全角36文字に整形してあります。パソコン(P
C)の画面でご覧いただくことを想定しています)
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/

・同報メール(各行の整形は行っていません。ケータイ、スマートフォンなど、
それぞれの画面の範囲でお読みいただくことや保存、転載されることを想定して
います)
http://cjcskj.exblog.jp/

・ニュースレター(かつてファクスでお送りしていた時と同様のイメージをPD
FにしてEvernoteに掲出しています。壁面展示、とじ込みなどを想定し
ています)
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/

☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/

……………………
●『CJC通信』(記事ごとにメディア向けに発信しています。しかし公開して
いますので、どなたでもお読みいただけます)

☆『CJC通信』ブログ
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/

☆『CJC通信』速報(各ニュースのタイトルをTwitterで配信しています)
http://twitter.com/cjcpress/

☆『CJC通信』RSS速報(利用されているリーダーから登録願いします)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

====================================



skjweekly at 22:24|PermalinkComments(0)