アナログ

October 19, 2009

高画質と3D

アナログテレビの時はアナログ画質向上化技術を駆使し、目をみはる技術製品開発に翻弄してきたが、このごろデジタルになってちょっと画質向上に興味が薄れてきた。 

職業上よくテレビを見るが、根本的にMPEG2@HLでビットレートが15Mbit/s 程度では42インチ、50インチのテレビでは荒が見えすぎ。。

画質向上にお金をかけるより市場は安いテレビを要求しているので、今回CETECで3Dのテレビが各社からでてきた。やはりグリコのおまけか。。
コンテンツの充実はメーカーはどう考えているのだろうか?

次の機能アップとしては音なのではなかろうか?  
機能の普及にはハードとコンテンツ共同体で進めないといけない。
一番費用が少なくて済むのは音かなとこのごろ思う。



sknet_blog at 15:27|Permalink