この文章はあまり面白みのあるものではありませんが、全国紙面で誤ったそして挑発的な文章が書かれたことを意識し、早さを重視してアップします。私自身が当該の問題について先月何を言ったかは、このブログの過去記事
http://blog.livedoor.jp/sknkmt/archives/16733380.html
をお読みください。


 2017年7月24日の朝日新聞「短歌時評」の題は「歌会こわい」である。書いたのは歌人の大辻隆弘。

 これはその前月にツイッター上を賑わせた騒動について振れつつ、大辻自身の主張を行うものであるが、内容がひどい。

 まず、事実認識が完全に間違っている。

――――
 この事態は「歌会は真剣な批評の場であるべきだ」という主張がツイッター上に載せられたことから始まった。
――――

 いきなり重要な部分をすっ飛ばしている。この問題は歌会の席で、

「巧いとは思うけど好きじゃないので採らない。好きな歌を採る」
「それは不誠実だ」

 ということから始まったのだ。そのことは、発端となった灼風のブログhttps://note.mu/shakufu/n/n8c6f68bffa12
に書いてある。
 なにしろ出発点が間違っているので、一見意味のあることを書いているようで、すべてがあやふやな一般論である。
 そして、結論はこうだ。

――――
 批評は怖い。が、作品をそこにさらすことでしか文学は成立しない。
――――

 この結論でわかるのは、大辻の文章は、先月の歌会論争が「批評されるのが怖い」という話題だと思っていることである。
 違う。
 自分の歌が批評されるのが怖いという話ではない。

 そうではなくて、選や評のあり方が、技術的な巧拙を語る「批評」を目指すべきなのかという話題だったのだ。

 もう完全に認識が誤っているので、こんな文も出てくる。

――――
何も、リアルな歌会に出て、他人の批評を受けて傷つく必要はない。
――――

 だから、批評を受けて傷つく傷つかないの話ではないのだ。そんな低次元の話をしているのではない。

 大辻の意見は、一応「批評」側に立っているものだが、問題の把握自体が間違っているので、先月の論争のどちらのサイドに対しても失礼なものである。


 新聞紙面から先にこの問題を知った人は確実に論争の内容を誤解するだろう。それを少しでも防ぐべく、(その防壁をネット上につくることの有効性がうすいことを知りつつ)早めにこの記事を書いておく。