NPO法人こころ塾|新着情報ブログ

NPO法人こころ塾

うつ病などのメンタルヘルスサポートを愛媛県松山市で行っているNPO法人こころ塾の新着情報です。

コラム:『長時間勤務の弊害』

 さて今日は働き方の話です。akusyu_man_woman

 私自身、今までに共働き・専業主婦、そして今また共働きをしています。
さらには、民間企業の方とのやり取りも増え、行政職の人の苦労も垣間見て…。知らない世界を知るにつれ、相互理解思いやることの大切さを感じています。また、自分の世界を広げることが、相手を理解するうえでとても大切だということに思い至っています。

 この厳しい時代に、定時に気持ちよく帰れる人はどれくらいいるでしょうか。
決まった時間に退社するためには、かなりの努力と根性が必要です。
では仕事に費やす時間が長ければ仕事の成果は得られるのかというと、それも違うでしょう。

 先日、出張の後、どうしても翌日に仕上げなくてはいけない仕事が二つあり、疲労の実感はあったものの、こころ塾に戻りました。
 まず30分の休憩をし、何とか仕上げて帰宅しました。その成果の仕事を持って翌日県庁に行ったのですが、公印まで押して提出しようとしたその書類が、なんと裏紙!
何度も仕上げる前にチェックしたのに、用紙の裏から透けている文字に気がついていなかったのです。担当の方は気の毒に思ってくださいましたが、急ぎ作り直して再提出です。isogashii_man

 疲れている時の仕事のミス率は、意識をして確認したとしても高いです。
だから「長くやればいい」とか「仕事オンリー」間違っているのですね。

 今日も山積みの仕事を必死に片付けます。
今日やりきれるかに休日の気持ちの安定がかかっているのと、疲れが残ると後に響くからです。
しっかり優先順位、しっかり段取り実行。いい仕事をしたいですね。

コラム:『同じことができますか?』

pawahara_woman パワハラ、セクハラの判断基準について、
 こころ塾の若いスタッフの考えは明快です。
「自分の娘や息子に、または上司のご子息に同じことができますか?」です。

 
こころ塾には、ハラスメントで辛く感じている人からの相談もあります。
ストレスになる出来事が重なり、サポートも十分に得られないまま時間が経つと、睡眠などに影響が出始め、脳の働きが低下、メンタル不調を起こします。
その結果、「自分が悪いから上司にこんなことをされるのだ。周りの人は皆自分を『使えない奴だ』と思っているのだろう。辞めてもきっと次の仕事は見つからない。この状態を我慢しなければ」と、ものごとの考え方が否定的になっていきます。

 そうした不調を抱えた状態では、こころ塾に「辛いから話を聞いてください」というのが精一杯で、結局追いやられるように被害者が会社を辞めていきます。未だかつて、加害者が罰を受け、被害者が堂々と今までの職場にいられたという事例にはお目にかかっていません。kaisya_okorareru

 そこには上司部下強者弱者という図式が見えます。
加害者と思われる人の多くは自分の価値を勘違いし、力技でねじ伏せてきます。
この理不尽さをなくすには事実の記録が大事ですが、こころ塾に相談に来る人にはその知識がなく、調査する人の「証拠は?」という言葉にすくんでしまいます。

 自分の子供、父親や母親に、そんなことができますか?
 そんなことが言えますか?
家族や大切な人にできないことはしてはいけないのがハラスメントの基準。
そして「最初の一歩が大事。もっと早めの相談を!」皆で啓発をしていきましょう。

愛媛経済レポート こころ塾塾長「働く人の心なう!」より


次回更新予定日 8月16日

松野町山村開発町民センターにて『仕事に役立つメンタルヘルスーストレスを元気に変える秘訣ー』を実施しました。

平成29年7月11日、8月8日に、松野町山村開発町民センターにて
『仕事に役立つメンタルヘルスーストレスを元気に変える秘訣ー』
を実施しました。
松野町の職員の皆さんを対象に、7月に40名、8月に43名の計83名の皆さんにご参加いただきました。

今回の内容は
ストレスの意味
働く人のストレスモデル図
ストレスの種類
ストレス反応
 
身体面・心理面・行動面
うつ病発症モデル

他、です。

2回に分けて多くの職員の方に受けて頂くセルフ研修です。
毎年実施しているメンタルヘルス研修ですが、今年度は基礎研修を復習することを目的としました。
大事なことは虫食い状態になっていて、記入式のレジュメを活用し、グループで話す時間を多く持ちました。
話すことで大事なポイントが記憶に残りやすくなります。
研修で学んだことを日常に生かしてください。

株式会社JAえひめ総合情報センター様にて『仕事に役立つメンタルヘルス研修ーセルフケアの基礎ー』を実施しました。

平成29年8月3日・4日に、株式会社JAえひめ総合情報センター様にて
『仕事に役立つメンタルヘルス研修ーセルフケアの基礎ー』
を実施しました。
3日には22名、4日には19名の計41名の皆さんにご参加いただきました。

今回の内容は
ストレスは悪いもの?
職業性ストレスモデル
ストレッサーの種類
ストレス反応
 
身体面・心理面・行動面
心身の疲れとその影響
メンタルヘルスの基本
睡眠について

他、です。

健康診断結果等、全国健康保険協会愛媛支部から報告や課題の説明があったその後について、メンタルヘルスの中でも重要な睡眠についてお話ししました。
皆さん熱心に聞かれていました。
税所 弘氏の睡眠チェックシートをお渡しして、今後の面談に持参してもらうように呼びかけもさせていただきました。

松山男女共同参画センターコムズにて『職場の労働安全衛生メンタルヘルス対策と対応』を実施しました。

平成29年8月5日に、松山男女共同参画センターコムズにて
『職場の労働安全衛生メンタルヘルス対策と対応』
を実施しました。
自治労連愛媛県支部様の依頼で、32名の皆さんにご参加いただきました。

今回の内容は
ストレスとその影響
脳の機能不全がうつ病発症へ
ストレスサインに気づく
ストレス反応
うつ病の人への接し方のポイント

他、です。

四国四県から集った行政現業職の方たち向けの研修でした。
不調が窺われる仲間への気づきや対応方法を、セルフケアの内容も加味してお伝えしました。
特に関心が高かったのは「うつ病とは」「うつ病の人への接し方」「医療へのつなぎ方」でした。
是非職場に持ち帰り、活用していただきたいです。
Archives