2011年03月26日

9

21:59 2011/03/25
22日は何してたか忘れた

23日
午前中は姉のアパートの片付け手伝い
モノが少ないウチと違って、旦那と子供と3人暮らしな
アパートは非常に多くのものが散乱していた
台所では多くの食器が割れ、本棚は前のめりに倒れ
服なども散乱していた。
ゴム手袋をしてセトモノの食器を片付ける
細かいのは掃除機で吸う。シンクには10日ぐらい前の
煮物があり、紫色に変色していた。おお怖い
姉はずっと夫の実家にいたため、随分と部屋を空けていたようだ
続いて部屋にある本棚周辺を片付ける。
片付けてる間に本を読みふけってしまうのはご愛嬌である
「ジャイアントキリング」一巻だけ読んだけど、
結構面白かった。サッカーなのに監督メインってのが珍しい

昼食。姉の家にあったカップラーメンをごちそうになる
札幌一番辛とんこつラーメン。非常においしゅうございました

続いてたまってた洗濯物をコインランドリーへ。
乾燥もあったので待ってる間暇。
近くを散策しているとドラッグストアで卵が買えた。
なんという幸運。震災から数えて買えたの初めてだわ。

その後実家へ向かう・・・
途中、雪が降ってきて姉が息子を守っているのが
印象的だった。さっさと直せよ東電。

実家がある地元へ戻ってきた。凄い光景だった。
田んぼにモノ。モノといっては失礼か、
津波で流れてきた使い物にならなくなった家電、
家具、そしてアルバムやら車。何でもあった。
家はガラスが割れ、ドアが無く、瓦が落ち、
本来の機能を果たしていない。

これが地元なのか・・・地獄絵図や。

実家へ戻ってきた。予想以上に酷かった。
・・・が他に比べたら大分マシではあった。
これも数日前に親戚が集まった結果だろう。
家の前には使い物にならなくなった家電やら
机、畳などが無造作に置かれていた。

幸いな事に、家の外観はまったくもって無事で、
家の周りの塀や、他扉など異常は無かった。
しかも、2Fは無傷。幸運としか言いようが無い。
また、ウチの周りには多少大きな木が無数にたっているのだが
それらが折れず(ちょっと折れてるのあったけど)
津波で運んできたモノをせき止めてるのも運が良かった。
だいぶ勢いも弱まったんだろう。

中から親父とおかんがでてきた。
親父とか先月、大腸の手術したばっかなのに動きすぎだろ

水と電気は通ってなかったがガスは通っていた。
少しだけ片づけを手伝い、19時には布団に入っていた。
電気がないため、活動ができない。
ろうそくの炎をゆらゆら見つめながらラジオ聞いてた
なんかもう、普通の放送も結構やってるんだな…

途中地震が起きて、親父とカーチャンの行動の早さにビビった
津波”警報”が起きたらいつでも車は走らせるぜ!
的な。まあ大丈夫だった。余震多いのう・・・

22:30 2011/03/25
24日
朝は8時に起きた。寝すぎ。起きて、
湯たんぽのぬるま湯で顔を洗う。どんだけリサイクルだよ。
朝飯もそこそこに、地元の避難所へ炊き出しを貰いに行く。

相変わらず道にはモノが溢れていた。
物置(スーパーハウスみたいなやつ)が完全に横転して
中身が全て飛び出していたのは不幸としかいいようがない

避難所には多数の自衛隊の方々がおりました。
向かう途中にも一杯いたので道ばたのモノは
自衛隊の方々が片付けたのかな?
よく考えたら最低限の道は出来てたし。

避難所ではお菓子とかおにぎりとか
カイロとか歯ブラシとか果物とか。すげー色々貰った。
給水車は福岡から来てた。すげー。
とりあえずもってきたポリタンクに水を詰めまくる。

避難所の掲示板は俺の避難所とは比べ物にならないぐらい
多数の掲示物が張られていた。惨状を物語る。

2Fには避難民が大部屋にいた。
俺、小学校の時ここにアニメ映画見にきたんだよな・・・
たしかドラゴンボールのボージャックのやつだったか。
あれから20年近く、まさかこんな形でまたここに来るとは。
内装はあまり変わってなかったが寂しくなった

色々いただいて避難所を後にする。
帰り、店屋はほとんどしまっていた。というか開いてる
店がなかった。田んぼ道を走っていて、
まだ見つかってない遺体がそこらにあるんだろーなー
とか考えてたら背筋が寒くなった。

家帰ってきて手伝い。まだ使えそうな家具、思い出深い家具を
カーチャンの命により戻す。そして磨く・・・
そんな作業を延々と繰り返す。
次に風呂掃除。昨日は暗かったから見えなかったが、
掃除してない部屋は相当なものだったわ。
泥だらけ。しかも水道が使えないって言うね。

さっき組んできた水を少しづつ使いながら
ブラシでコスって雑巾でふき取る作業。
・・・おお、大分綺麗になったんじゃないか。
おおざっぱにやって後は水道来てから流しまくればいいか

現時点では下水が終わってる状況で、水を流すと
凄まじく泥が逆流するかもとの事なので慎重にやった
よくわからんが、水が通った時にという事かな

昼飯を食う。メニューは札幌一番味噌ラーメンにおにぎり
懐かしいね、この組み合わせを家で食うのは。
15年位前、土曜は親父が昼飯を作ってたんだが
決まってメニューはこれ。
当時の俺は袋ラーメンすら作れなかったんだよなあ。
時は流れ、同じ家族と同じ飯が食べられる事に
幸せを感じた。とてもおいしゅうございました。

午後になって帰ることにした。
聞いた話だと、母方のばーちゃんはやはり家が無いので
仮設住宅に住むことになったそうな
しかし、経てる場所が福島県の同じ町だそうな・・・
よくわからんね。もちろん海の方ではなく山の方だが。

福島は今後わからん。
政府は避難避難といってるが避難するためのガスは無い
車も無い人もいる。というか流された人のほうが多い
電車は無い。ましてや財産無い人に避難避難って
どうしろってんだよおおおおおおお

トラックバックURL

楽天市場