秋保大滝植物園


1.すだれ滝
6月2日のすだれ滝


 

 令和2年の「すだれ滝だより5月 第4号」でもお話ししましたが、植物には同じ個体(株)にオス(雄花)とメス(雌花)が備わっているものが多く、そのような植物を「雄花と雌花が同じ株で咲く」ので雌雄同株といいます。そして雌雄同株の中にも一つの花の中に雄しべと雌しべがある両性花、更に雄花と雌花がそれぞれ別の株に咲く雌雄異株(雌雄別株)とがあります。 

 さて、秋まつりのクイズラリー並みの難しい問題を出します。

ツルウメモドキの花はは次のどれに当てはまるでしょうか?
雌雄同株   ②両性花   ③雌雄異株   

  1. 正解発表~~~~正解は③雌雄異株で~す(=゚ω゚)

(やった~(*´▽`*)  あ~ぁ残念(>_<) と、ここは各自、各家庭でリアクションし盛り上がってください) 

 

園内に自生しているのはツルウメモドキの変種で、葉の裏面脈上にうねうねした隆起と小突起毛があり、『オニツルウメモドキ』という名前がついています。5月下旬から6月上旬が開花の目安ですが、今年は他の植物同様、少し早く開花しました。

ツルウメモドキというと皆さんは、秋にお花屋さんや観光地で売られている「実」のほうが馴染みがあるかと思います。「あんなにきれいな実なのだから花もさぞや奇麗なことでしょう」と思いますよね。でも、残念ですが、雄花も雌花もいつ咲いたのかわからないほど、地味で目立たないんです。ア~ッ( ゚Д゚)、一気に興味が失せたのではないですか・・・・でも私がお伝えしたいのはここからですので。

オニツルウメモドキの花は地味で目立たない花ですがよくよく観察すると「まぁ可愛い(^^♪」雄花雌花ともにそれぞれの特徴と個性を持っています。

3.オニツルウメモドキ(雄花)DSC049564.オニツルウメモドキ(雌花終わり)DSC04958 (2)
  雄株の花                          雌株の花

真ん中に雌しべは無く数個の雄しべが見える                  花数は雄花の方が多い。真ん中に雌しべが見える、
 


          
             2.オニツルウメモドキ(雌花)DSC04955           5.オニツルウメモドキ(実)245

雌株の花が終わりを告げ、実となる子房が膨らみ始める           待ちに待った実が熟すのは10月下旬から

 

普段あまり見ることの無いツルウメモドキも、このように自分の役割を担いながら健気に花を咲かせています。更に興味を持った方はルーペで観察するとまた別の世界が広がりますよ。
 園内には偶然にオニツルウメモドキの雄株と雌株が一緒に生えている場所がありますので、比べてみるのにおすすめです。 

 

園内ではこの時期、他にどんな花が咲いているのか紹介しますね。


8.エゴノキ003@       7.コアジサイ(シバアジサイ)DSC01973@     6.ウリノキDSC05004                                 
   エゴノキ       コアジサイ         ウリノキ

9.スイレン     11.ムシトリナデシコ(シレネ)@  10.カキツバタDSC01830@
   スイレン       ムシトリナデシコ       カキツバタ

     
皆さまのご来園をスタッフ一同お待ちしております。
それではまた~(*^^)v   秋保大滝植物園 佐藤










 
       1.すだれ滝     2・みぞれ滝

516日のすだれ滝とみぞれ滝

滝見台から見えるシロヤシオ(ゴヨウツツジ)の純白の花も過ぎ、清々しい新緑の季節を迎えた園内です。

 秋保大滝植物園のユリノキは、約20年前に芝生広場の南側(現在の四季の散策路通路沿い)に植栽しました。このユリノキは特別に苗を求めたものではなく、仙台市野草園よりいただいたサクラソウの鉢に混じっていた実生苗です。高さは10㎝、マッチ棒ほど細いうえにまだ春早い時期だったので、葉も出ていませんでした。「これは何の木かな(。´・ω・)?」・・・とても気になりそのまま様子をみていたら、やがて葉が展開しユリノキと判明しました。園内にはユリノキがなかったのでうれしい気持ちで鉢に移し替えて大切に管理し定植しました(*^-^*)。ユリノキは成長が早い樹木です。思った通りスクスクと成長してくれました。途中「ユリノキは大木になるからこの場所には不向きです。早々に伐採しなさい」と指示を受けながらも何とか難を逃れて現在に至っています(*^▽^*)。

 ユリノキはどんどん枝葉を広げて、暑い日には木陰をつくり、心地よい風とともに木漏れ日が差し、周辺に咲く草花や昆虫に潤いを、私たちの心には安らぎをもたらしてくれます。青空に向かって真っすぐに伸びた樹形、青々とした葉。見ているだけで元気がでます。初開花はまだ見られませんが、きっと奇麗な花を咲かせてくれるでしょう。そのときはまたお知らせしますので、ぜひ見に来てくださいね(*^^)v

3・ユリノキ冬芽  4・ユリノキの葉  5・青空とユリノキ

ユリノキ冬芽      ユリノキ葉      青空+ユリノキ

5月も中旬を迎えて、園内で咲く花も次々と移り変わっています。現在見ごろの花~これから見ごろの花を紹介します。

6・レンゲツツジDSC04677@ 7・マルバアオダモ@ 8・ササバギンランDSC04684@
  レンゲツツジ     マルバアオダモ     ササバギンラン



  
9・アブラツツジ @ 10・タニウツギDSC04844@ 11・ギンリョウソウ

アブラツツジ    タニウツギ     ギンリョウソウ

 

皆さまのご来園をスタッフ一同お待ちしております・

それではまた~(*^^)v         
        秋保大滝植物園 佐藤





  
 

秋保大滝植物園は、
本日(5月11日)まで臨時休園となっておりましたが、

明日(5月12日)から開園いたします。

お待たせいたしました。
おいでになる場合は、マスク着用など感染拡大防止にご協力をお願いします。

このページのトップヘ