1    2
        すだれ滝                   入口前の雪像
  植物園の開園まで、あと1ヶ月です。もう少々お待ちください。
  2月18日に行なわれました「冬の秋保大滝植物園で雪とあそぼう」は、おかげさまで120人を超える方々にお越しいただき、盛況裏に終わりました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。来年もいっしょに雪と遊びましょう。

 各コーナーの様子を紹介いたします。
◎そり滑り・ストラックアウト・スラックライン
 そり遊びは、やはり人気でしたね。開園期間中ずーっと途切れることなく子供たちの歓声がありました。
   3 4
      そり滑り台     肥料袋にチャレンジする子もいました
 ストラックアウトは、当てた数で景品がもらえました。雪だまは事前に作っておきましたが、何回かチャレンジして夢中になり、自分で作りたいと言ってくる男の子もおりました。
  5  6
   玉数は12球。当たるかな?    見事!1番に命中
 スラックラインは木と木の間に渡したベルトの上を歩きます。難しそうで最初は尻込みしますが、コツをつかむと上手に渡れるようになります。
    7  8
    最初は恐る恐るですが、渡りきるとほんとにうれしそうでした
◎雪あ~とコーナー(ミニ雪だるまor雪うさぎ作り)
  お一人で熱心に作られるお子さんや親子で仲よく取り組まれている方など、見ていてこちらが楽しくなりました。
  かわいい作品がたくさんできました。雪の芸術はすぐに溶けてしまうので、作品は写真に撮らせていただき2月21日に臨時のブログを立ち上げ、早めに発表させていただきました。参加した皆さんありがとうございました。
   9 10
   雪をかためてから、作ります    木の実や木の枝いっぱい使いました
◎宝さがし
 宝さがしはやっぱり楽しいね。
 雪の中にジュースの缶が埋められていました。それを制限時間内に探します。この日の雪は少し固くなっていましたので、なかなか掘り出せない子もいました。掘り当てたジュースは、景品交換所で缶の種類によって様々な景品がもらえました。木のコースターやキーホルダー、中には秋保大滝レストランのソフトクリーム無料券などもありました。もちろんジュースはそのまま持ち帰りです。
   11 12 
   まずは子供たちから,子供たちの捜し残しは大人たちが後から
◎もちつき
 昔ながらの杵と臼で、もちつきをしました。つきたてもちはお雑煮にして、皆さんにふるまわれました。秋保産の野菜もたっぷり入っていました。
  13 14
    最初は職員がお手本      ちびっこもチャレンジ


◎自然観察会:かんじき体験会
 人気のクロスカントリースキー体験と同じ時間帯だったので参加者が少なかったのは残念でしたが、自然をたっぷり感じることができました。
 かんじきを履く体験コーナーもありました。
  16 15
  自然観察の達人が案内しました  これで雪の上もラクラク
◎クロスカントリースキー体験会
 多くの方が参加されました。特に家族連れが多かったです。
  17 18
    まずスキーの装着     スキーを履いたら、いよいよ出発
 「雪とあそぼう」は今年初めて開催しました。今年の反省点を踏まえて、来年以降、より楽しめるイベントにしていきたいと思っています。また来てくださいね。            <副園長 八巻 恵市>