植物園4月1日(土)開園します。        
1
         すだれ滝
 今年の開園まで、あと半月となりました。
 2月のイベント「雪であそぼう」の時はだいぶ雪が残っていましたが、訪れたこの日、雪は日陰だったところに残るのみで、土の色が大きく広がっていました。1ヶ月でこんなに様子が変わるんですね。
234
  春、真っ先に咲くセリバオウレンとフキノトウが期待を裏切らず咲いていました。開園のころは、もっと多くの花が顔を出します、ご期待ください。
     5 6 
 秋保大滝植物園は、植物の名前を知ってほしいとの思いから、植物の名前を書いた名札をたくさん付けています。家の近くに咲いている花の名前を知りたくなった時、昔覚えていた花の名前を思い出したいのに思い出せなくなった時などなど、植物園に来てみてください、その植物見つかるかもしれませんよ。
 植物が育っている時は、葉っぱに隠れて目に入らない“名札”も、今のこの時期は、ごらんのとおり、たくさん立ててあるのがわかると思います。これから、どんどん暖かくなると、名札のそばから、その植物が芽を出してきます。楽しみです。
789
   秋保大滝は知っていても、秋保大滝植物園の存在を知らない方もまだまだおります。一度入った方々には「いいとこですね」「また来ます」と言っていただきます。四季を通じて、植物も楽しめますが、風景も楽しめる植物園ですので、ぜひ一度足を踏み入れてみてほしいと思います。
 植物園を担当して3年経ちました。私のお気に入りは、入口から入ってすぐの中央広場です。ここの木々が作り出す木陰を眺めるのが好きなのです。また、あづまやの風情は、この植物園にとても似合っています。私の好きなこの場所の四季を見に来てください。
 【中央広場】
  10 11
         春の芽吹き                 夏の木陰
  12 13  
          紅 葉                         雪
 【あづまや】  
  14 15
         ツツジ咲く5月                     ガマズミ咲く6月
  16   17
          ガマズミの実がなる9月              雪の中の2月
                                                                    <副園長 八巻 恵市>
≪植物園おりおり≫  
 植物園にもゆっくりと春の足音が聞こえるようになりました。私たちも開園準備を進めているところです。
 園内を巡回し、ふと足元を見ますと、小さな花を見ることができます。ふきのとう、福寿草、そして春蘭の蕾が目に付きます。また、樹木を見上げるとマンサクの花が咲き誇っています。
 植物園の開園にはもうしばらくお待ちください。   
                                                     <秋保大滝植物園 川島 幸男>