秋保大滝植物園に足を運ぶ機会がなかなか取れず、植物の情報が滞っておりました。
先日秋保に行った際に確認した植物を紹介しますよ!

DSCF0403_R
痛恨のピンボケ!!
☆キンラン☆です。
キンランやギンランは人工栽培が困難とされています。それは菌類との共生関係にあるため、外的な環境が整わなけれ育つことが出来ないからです。ですので、繁殖はもちろんのこと、移植を行うことも困難なのです。

そのような気難しい植物が・・・・



何と!

同じエリアで見ることが出来るのです!

DSCF0402_R
ササバギンランです!

キンランとササバギンランの奇跡のコラボ!

わずか半径1mくらいの範囲にこの2株が共演しているんです。
昨年はササバギンランは開花しなかったそうですので、今年は当たり年!

植物園によると、あと1週間くらいは見ることが出来るのでは、とのことでしたので取り急ぎご報告いたします。

その他にもサラサドウダンなどのツツジ類、コアジサイも咲き始めてきましたね。

だけどやっぱりおススメは金さん銀さん

こんな機会はめったにありませんので、ご都合の良い方はぜひ秋保大滝植物園にお越し下さい!

それではまた!

(副園長 近藤晋也)

追記
※今年度の金さん銀さんの共演は終了いたしました!