すだれ滝DSC03569 (2)      みぞれ滝DSC03568

11月9日(土曜日)のすだれ滝         みぞれ滝


「あったか・ほっこり秋保大滝植物園まつり」無事終了しました(*^^*)

 113日(日)に開催した「あったか・ほっこり秋保大滝植物園まつり」は天候にも恵まれ多くの皆様にご来園 いただき、大盛況で終えることができました。
 ご来園いただきました皆様ありがとうございました(*^▽^*)。
まつりの、ひとコマ

まつり・全景PB031619 (2) まつり・クイズラリーCIMG2047
 まつり全景          ・大好評のクイズラリーに挑戦中の皆様


まつり・工作教室CIMG2054  まつり・参加者作品DSC03536 (2)
・大盛況 工作教室の様子 ・参加者が独自の発想で作成し提供してくださいました。素晴らしい~(^^♪  

        

秋保大滝植物園は12月1日より冬期閉園になりますが、

冬のイベントとして、特別開園や雪あそびを計画しています。
決定したらまたお知らせしますので楽しみにお待ちくださいね(‘◇’)ゞ


 11月中旬に入りますが、11月中旬は晩秋なのでしょうか?それとも初冬なのでしょうか?・・・一般的に初冬とはだいたい11月から12月を指すようです・・・

植物園ではすでに雪虫を確認しました。カメムシやテントウムシが壁や窓の隙間に入

り越冬を始めました。何度か弱い霜も降りました。

でも、紅葉は例年よりも遅れていますし・・・最後に秋保の山を彩るナラの木の紅葉もまだですし、初雪の到来もありません。

 初冬という雰囲気にはまだまだのような気がします。ですので、秋保大滝植物園は「初雪が降るまでは晩秋」とします(#^.^#)

晩秋ともなるとお花はもちろんのこと、見頃の木の実や草の実もだいぶ減り、花や実の名残が風に吹かれてカラカラと音を立てて寂しい感じのする園内です。

しかし、園内をじっくり観察しながら歩くとまだハッと目を引くものに出会うことができますよ。


ウリハダカエデDSC03589  イタヤカエデDSC03555 (2)

芝生広場のウリハダカエデの紅葉 と スイレン池から見えるイタヤカエデの黄葉



すだれ滝への道DSC03571 (2) 炭焼き小屋通路DSC03563 (2)
・すだれ滝への道             ・炭焼き小屋前通路    

スイレン池(ウメモドキ)DSC03556 (3)

スイレン池とウメモドキの実


ノササゲDSC03585 (2)

紫のノササゲの実が弾けました


ベニシタンDSC03582
ベニシタンの実は鮮やかな赤です
ヤブコウジDSC03503
ヤブコウジの小さな赤い実も熟しました


キヨスミコンギクDSC00048 ハナイソギクDSC03560 (2) キクDSC03597

キヨスミコンギクやハナイソギクや園芸種のキクもまだ見ることができます(*^^*)

以前紹介したサルトリイバラ、オニツルウメモドキ、赤実のマユミ、ツルリンドウの実もまだまだ綺麗ですので、秋保の紅葉と共に見に来てくださいね(*^^*)

 

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

それではまた~(*^-^*)                 秋保大滝植物園 佐藤