秋保大滝植物園

2011年11月

Img_3206

秋保の秋を楽しんで…

Img_3148

Img_3149

Img_3147

Img_3145

Img_3142

 秋保大滝植物園まつりがこの11月3日から5日まで開催しました。おかげさまで1,500人ほどの入園者があり、様々な催し物に満足して帰られました。

Img_3168

<大滝のお寺の近くの案内>

Img_3143

<入口では入園プレゼントが…>

あったか、ほっこり

秋保大滝植物園まつり

日時 平成23年11月3日(木)~6日(日)  

  午前9時から午後4時まで 6日は3時30分まで

「あったかほっこり」は、秋保の主題です。おいでになった方々を迎えるのは、自然。それから、人情もちろん炭焼窯があることは、この言葉の下地です。見学者には、竹炭が配られました。下のすだれ滝庵でも囲炉裏に炭を熾してお客様にお茶をお出ししました。

Img_3156

Img_3158

Img_3183

Dscn9124

<すだれ滝庵のお接待の様子>

 秋保大滝植物園には、2基の炭焼窯があります。祭り期間中は、片方は取り出した窯でもう片方は、いま焼き上げている窯の様子を見ていただきました。材料の竹は、野草園と地元のものです。長い竹炭や、切りそろえたものをもらっていかれました。また、希望者には、竹酢液も配布しました。

p>Img_3177

<材料のモウソウチク>

Img_3153

<クイズラリーは写真からヒントが>

Img_3154

<出来上がった竹炭>

Img_3151

<窯の内部も見学できます>

  

 穏やかな秋日和の期間中は、工作教室も盛況でした。様々な木の実や竹・木の枝・蔓などが豊富に準備された材料の中から、自由に選んで参加者は、思い思いに作っていました。

Img_3139

<工作教室の風景>

Img_3187

<熱心に作っていました>

Img_3172

<すてきなリースですね>

Img_3191

<クイズラリーの最後は賞品がもらえました>

 今年の秋保大滝植物園まつりは、予想を超える皆様にお出でいただきまして本当にありがとうございました。秋保大滝植物園まつりは、いつもは5月の連休後におこなっていたものですが、今回の東日本大震災の為に秋に延期されたものです。この時期がふさわしいか元にもどすか、よく相談してまたお示ししたいと思います。

 秋保大滝植物園は、自然の山野草を中心に植物の生態をお見せしています。また、すだれ滝という名取川の滝もあり、季節ごとに趣を変えています。季節の草木は、私たちに潤いと癒しを与えてくれます。不動尊のお参りの後には、ぜひおいで下さい。

冬支度  

~11月一杯で

今年の営業は終わりです。~

 11月になり冬支度をする時期になりました。

秋保大滝植物園でも冬支度として毎年、雪囲いや松の雪吊りを職員とアルバイトの人たちで行なっています。

今年は11月3日~6日までの<あったか、ほっこり秋保大滝植物園まつり>が終わってから雪吊りなどの準備をする予定です。

職員で野作業ですので、どうしても本職の人達と比べると見劣りしてしまいますが、松の雪吊りなどはそれなりの出来になっていると思います。

11月だと開園中でも雪が降ることがあり写真の様な雪景色も見ることが出来るかもしれません。

<二瓶 徳宗>

Photo

Photo_2 

秋保大滝植物園は、11月30日で閉園です。来年は4月1日より開園致します。しばらくの間お待ち下さい。

1

Photo_3

Img_3093

 すだれ滝はこのごろの晴天続きで水量が少なくなり、木々の葉も落ちたので、すだれ滝の下流の白い瀬々が紅葉に映えてきれいに見えます。

いよいよ秋保大滝植物園まつり

 例年春の連休に行われていた秋保大滝植物園まつりが、今年は震災の影響で開催できずにおりましたが、この11月に開催することになりましたのでお知らせ致します。

あったか、ほっこり

秋保大滝植物園まつり

1 日時 平成23年11月3日(木)

            ~6日(日)  

     午前9時から午後4時まで 

     6日は3時30分まで

2 内容 ①記念品配布・・・

      先着200名の方に花苗配布

     ②竹炭作り体験・・・

      炭焼見学・炭切体験 他

     ③自然観察クイズラリー・・・

      10問のクイズ 得点に応じて賞品

     ④スタンプラリー・・・

      小中学生対象7箇所巡り 

3 主催 仙台市公園緑地協会  秋保大滝植物園 

4 問い合わせ 022-399-2761

        (秋保大滝植物園)

賞品は十分に準備しておりますので、多くの皆様にお出でいただきたいと思います。

炭窯の様子 

 炭焼窯は2基あります。片方は焼きあがり、もう片方は今火入れしています。二瓶さんと柴田さんが見事に焼き上げました。

Img_3082

Img_3106

Img_3086

秋保の秋

 秋保に来る途中の景色も見ごたえがあります。まずは生出に入る前の坂道から見える名取川。生出地区を通るとたわわになった富山柿が何本もあります。今は干し柿にもしないで鳥の恵にしているのですね。磊々峡の色付き境野の里山風景それからこの森安地区の眺め。遠くに大東岳を見る景色の雄大さが惹きつけます。

Img_3060

Img_3061

<秋保の里山風景・・・森安地区:刈り田が整然と広がり、山霧が晴れてきました。>

Img_3063

Img_3065

<秋保大滝は紅葉が終わりかけてきました。見事な滝です。遊歩道も開通しています。>

園内の紅葉の様子

 秋保大滝植物園では、木々の色づきも様々です。これから紅葉するヤマモミジも多いようです。ナラ枯れのお陰?で林内が明るくなったところもあります。

Img_3091

Img_3096

Img_3092

Img_3128

Img_3130

Img_3095

園内を散策すると思いがけない風景にも出会うことが出来ます。私の捉えた景観の一部をお知らせしています。ぜひみなさまも園内で素晴らしい景色を見つけて下さい。

なお、今回の秋保大滝植物園祭りでは、お客様の撮った写真展もしています。場所は「すだれ庵」です。ここには、いろりに炭火を熾しています。散策の合間にお休み下さい。あたたかいお茶も用意しています。

Img_3104

Img_3122

Img_3103

赤い葉っぱは、いろいろあります。

Img_3127

シラキ    

Img_3132

オオモミジ    

Img_3113

メグスリノキ    

Img_3131

ハウチワカエデ    

Img_3115

ヤマボウシ    

Img_3116

ゴヨウツツジ    

先ほどの二瓶さんと柴田さんに伺った話

 

大滝に通って来る仙台山寺線という道路は、11月6日まで、山寺に抜けられるとのことです。今年の紅葉は特に見事だったとのことでした。お二人が昔大東岳に登った頃、噴火口辺りが湿地帯になっていて、そこにキャラボクが生えていて、枝を挿し木してきたとお話していました。また鷹の巣山には大蛇がいるというので見に行ったものだ。とか、磐司岩付近には、貝や昆虫の化石が出るところがあるとか、猿や熊やカモシカのことなど興味あるお話が聞けますよ。猿や熊もいる秋保地区です。炭焼の見学には、そんなお話で盛り上がるかもしれませんね。

Img_3071

<園長 伊深 正文>

 

このページのトップヘ