平成24年11月26日
Photo
 いよいよ12月から冬季休園です。
 11月30日まで秋保大滝植物園は、開園しますが、12月から
3月いっぱいまではお休みとなります。これまで来て下さった皆
様ありがとうございました。
 初冬の冬景色になった、植物園をごらんください。
Photo_2
Photo_3
Photo_4
 これは、11月26日に写した風景です。冬支度は雪つりに加えて、
さつきやツツジ類の雪縛りも終わりました。すだれ滝には岩床に赤
っぽいミズゴケが広がっているようで川底が赤く見えます。周りの木
々もすっかり枯木となりました。
Photo_5
 11月は、20日間ですっかり景色が変る月でもあります。
こちらは11月3日に写した紅葉です。23日間でこんなに変り
ます。特に今年はあっという間に木の葉が散ったようですね。
1
2
3_2

植物園まつりの様子
 去る11月3日(土)4日(日)に行われました、秋保大滝植物園まつりの
様子をご報告しましょう。天候にも恵まれて、大勢の方にお出でいただき
ました。
Photo_6 景品所でクイズのご褒美
Photo_7 工作教室
Photo_8 みんな熱心に
Photo_9  
Photo_10
竹炭を焼いて来園者に配ります。この日の為に、ずいぶん前から
材料となるモウソウチクを準備したり、火を焚いて炭を作ったり、
竈を冷やしておいたり、なかなかのコツが要る作業なのです。
1_2
2_2
 すだれ庵では、夏の写生会の絵の展示をしました。おばさん2人が
お茶に誘ってくれました。風が強い日でしたが、暖かいお茶に一息つ
いて休んでいかれました。
1_3
2_3
3_4
工作教室では、準備された山の恵を存分に使って様々なものが作ら
れました。お客様のアイディアには感心するばかりです。

植物園おりおり
 11月3日、4日に行われた「あったか ほっこり秋保植物園まつり」
も盛況に終わり、今は、11月末の閉園に向け、ツツジやサツキ等を雪
囲いする作業で大忙しです。11月になると「今年の紅葉は如何でした
か」と来園されるお客様に良く聞かれます。我々に体調があるように木
にも体調ならぬ木調があるようです。ですから「去年はカエデが良く色
づいたのに今年は・・・」と云うのがあったり、逆に「今年はコシアブラや
タカノツメの黄色が鮮やかだねえ・・・」と言われたりします。ですからお
客さんには「今年もきれいでしたよ。緑の中に赤があざやかで、」とか、
「黄色に染まった葉っぱの透明感が夕日に映えて、何とも言えません
でした。」などと、その年の紅葉のポイントをお話しています。燃え立つ
ような秋保の秋に、来年は是非いらして下さい。
 おっと、その前に春の新緑の匂い立つような緑のコントラストも一見
の価値が有ります。来年には、掲載している写真のビューポイントに
名前をつけて頂こうと思っています。
Photo_11
すだれ滝の下流にある名無しの滝です
是非いらして下さい。お待ちしております。< 徳田 正喜 >
Photo_12

季節の彩り
Photo_13                                    
 秋保への道すがら、ドウダンツツジの紅葉と、ピラカンサの実とで
見事な眺めを作っているお宅がありました。秋ならではの、あたたか
さを感じさせる景観ですね。
Photo_14
 こちらは、羽山橋の風景です。すっかり木の葉も落ちてしまって岩肌が
きれいに見えます。紅葉時期にはこの河原は芋煮会の人達でさぞかし
賑わったことでしょう。大東岳には雪が積もりました。冬がすぐそこまで
きました。秋保に行く時は、これからは普通タイヤでは不安ですね。
  秋保大滝植物園では、25日にタイヤを替えました。
Photo_15 大滝の橋から
Photo_16 大東岳を見て

  秋保大滝も、紅葉はすっかり終わり、滝の白さだけが目立ちます。
今年は、橋のところもきれいに掃かれていて、ケンポナシの実も落
ちていませんでした。秋の実りを十分に終えた落ち着いた風景が
見られます。このブログも、しばらくお休みします。これまでごらん
くださいましてありがとうございました。    <園長:伊深正文>
Photo_17