1
         すだれ滝       
  夏の渇水期に入っているため水量が落ちて、手前の落差に“すだれ”は見えませんが、逆に奥の落差は水が水玉となって落ちて、良い“すだれ”になっています。
植物の実
    先月のブログで「これから実を膨らませたり、色付いてくる植物が見ごろとなります。」と書きましたので、植物園を訪れたこの日に目に付いた植物を紹介しましょう。
    まずは代表的な植物たち。
234
               ミツバアケビ                   サンショウ                     キササゲ
ミツバアケビ:まだ固かったです。もう少し経つと実を包む皮が紫色になって自然に割れて食べごろ
                     となります。植物園のアケビは展示用ですので採らないで下さいね。
サンショウ  :この実がふくらんでくると、つい手にとってつぶして匂いを嗅いでしまいます。あの嗅
                    ぎ慣れた香辛料の香りが手のひらに広がります。
キササゲ  :これぐらいに育つと、ほんとに野菜の「ササゲ」に大きさも色もそっくりになりますね。
                    キササゲは漢方薬としては利用されているようです。                 
                 57
                                     コアジサイ                  実の拡大
コアジサイ :アジサイ属の学名はHydrangea。ズバリ水がめの意味です。これはアジサイが根か
                    ら非常に水をよく吸うからとか、果実の形が水がめの形に似ているからなど諸説があ
                    りますが、私は水がめ説を採りたいです。
                    コアジサイの実、一つ一つは小さいですから近づいてよーく見てください。水がめに似
                    てませんか?
89   1011
                    キンミズヒキ(花と実)                                  ヌスビトハギ(花と実)
キンミズヒキ・ヌスビトハギ:上の二つは、秋に野山を歩くとズボンや服にその実が貼りついてくるの
                    で、嫌がられる植物です。今ちょうど花と実が同時に見られます。よく見ると花はきれ
                    いですよ。もう少し実が熟して固くなると、独特の鉤を使って動物や人に貼りついて来
                    るんです。
             20  21
                                       マタタビ(虫こぶ)                通常の実
マタタビ  :植物園に入ってあずまやに向うとすぐに、つる植物の棚がアーチ状に迎えてくれます。
                  それがマタタビです。今年、実をたくさん作ったのですが、全部虫こぶになりました。薬
                  効としては通常の実より効能があるということで、漢方薬ではこちらが珍重されます。
                  展示する側としては、通常の実も出来てほしかったのですが、アブラムシは全部の花
                  が好きだったんですね。
今見頃の花たち
 222524
                  カンナ               ブットレア                   フヨウ
232627
      ヤブミョウガ              ツユクサ                ミソハギ
 
 282930
     ヤマジノホトトギス          イヌキクイモ              オミナエシ
秋保大滝植物園 イベント案内
〇平成28年10月1日(土)~16日(日)  
「秋保炭焼き伝承・体験会」  
 炭焼き技術が代替燃料の普及とともに途絶えつつあることから、植物園内の炭窯を活用して、炭焼きを実際に体験していただき、技術の習得と後継者育成を目指します。
 本格炭焼きです。ぜひご参加ください。(市政だより9月号に掲載予定)
     〇日程 10月1日(土)  炭焼き準備とオリエンテェーション(全員)
           10月2日(日)  炭焼き準備、窯の火入れ(全員)
           10月3日~8日頃 窯の火焚き(希望者)
           10月15日(土) 窯だし(全員)  
                        10月16日(日) 予備日 (15日が雨天の場合等)
     〇募集人員 20歳以上で2回以上参加できる方 20名
     〇費用   600円
          ※申込受付 9月6日より電話で                            副園長 八巻 恵市
≪植物園おりおり≫   林の中にひっそりと咲くジンバイソウ
    ジンバイソウは、一般にはブナ樹林下に群生する日本固有のランの一種ですが、植物園内の自然林の一角でも見ることができます。だいぶ前から葉の存在は知っていましたが、初めは花期が分からず・・・それに加えて花の時期らしい頃には毎年立ち枯れのような症状が見られてなかなか開花を確認することができませんでした。それが数年前にほとんどの個体が綺麗に開花し、ようやく来園者に堂々と案内できることになりました。毎年立ち枯れのような症状はありますがその中でも比較的綺麗に咲く株もありますのでご安心ください。
名前の由来は・・・残念ながら知ることができませんでしたが、花の様子をよく見るとおじぎをしながら拝んでいる姿にも見えます。別名の水面蘭(ミズモラン)は「ツヤツヤした光沢のある葉が、水面の光の反射のように見える」というところからのようです。クモキリソウの葉にも似ていますが、クモキリソウの葉はジンバイソウほど光沢がありません。
    その年によって花期は様々ですが、8月上旬から下旬まで見ることができます。花がなくても光沢のある葉を見るだけでも価値がありますので、来園された方は是非観察してみてくださいね。
                3132
                                                                                              秋保大滝植物園  佐藤紀美子