1
        すだれ滝       
 この日は雨、先月の渇水期の滝とは打って変わって濁流でした。
萩の見どころ
 9月のこの時期は、やはり萩が見ごろとなります。植物園でも、萩が園路のあちこちを縁取っています。植物園に来て秋を感じてください。
234
   秋保街道側園路      シャクナゲ園の西側        炭窯前
567
 彩(いろ)とりどりの花畑              ミヤギノハギ
ミヤギノハギ:萩の中でも一番有名です。萩もいろいろ種類があり、花もみんな同じよう
         に見えて、 どれがミヤギノハギなのか、なかなか区別がつかないところ
         ですが、一つ大きな特徴は、葉先がとがっているところです。写真のハギ
         は見事にとがっています(もちろん微妙なものもあります)から、間違いな
         くミヤギノハギです。
         ミヤギノハギとその他のハギの区別さえ付けば「物知り」と言われますの
         で、この特徴覚えておいて損はないと思います。
ヒョウタン池
 入口を入って右手、レストハウスの手前の一角に、小さな生けすのようなものを設置
いたしました。ひょうたんのような形をしていますので「ヒョウタン池」と呼んでください。
当然水を張っています。スタッフが、田んぼなどで見られる身近な植物をお見せしたい
という思いから、手作業で設置しました。
            8
                    ヒョウタン池
ここに植栽した主な植物
91011
     アケボノソウ           イボクサ             オモダカ
121314
         コナギ            サワギキョウ          タカサブロウ
今見頃の植物たち
 151617
     カリガネソウ          フユノハナワラビ   ベニバナヤマシャクヤク(実)
 181920
    ニシキギ(紅葉)         ワレモコウ          ツリバナ(実)

イノシシ被害地復活
 「小さな高山区」周辺がイノシシの被害にあったことは、7月15日号のブログに掲載いたしましたが、このたび植物の植栽も増やし、復活いたしました。
   2122 23
    ブログ7月15日号掲載写真             名札も増えて復活しました
炭窯に長~い煙突設置      
    24 25
 炭窯に「炭焼き保存会」の方々により、煙突をあたらしく設置いたしました。煙突の根元に取り付けられた下向きの筒は、木酢液を取り出すものです。10月1日から実施の「秋保炭焼き伝承・体験会」でも、活躍することでしょう。        副園長 八巻 恵市
≪植物園おりおり≫  
 今年で3年目の川島です。
 9月に入り台風が多く発生しています。全国で大きな被害も出ています。植物園でも木々の枝が折れたり、溝に枯葉が溜まったりと大変です。でも、昔から台風の多い年とカミナリの多い時期はキノコが沢山採れると聞いていました。そのせいか、植物園でも近年になくお化けのように大きくなったキノコを見かけるようになりました。このキノコがマツタケならと思うのは、食いしん坊の私だけでしようか?
 園内を見渡すと少しながら色づき始めた木があります。例えば、ニシキギやナナカマドなどです。
 少し早い秋を見つけに秋保大滝植物園にお出かけ下さい。初秋の植物園もなかなかいいものですよ。お待ちしております。
          2627
          2829
                                 秋保大滝植物園  川島 幸男