青葉の森緑地

今朝はシーズン初の雪景色でした。
今シーズン初の雪景色
青葉の森管理センターは冬季も開館しています。
落葉した森は明るくて歩きやすいですよ!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
青葉の森では、各種イベントを開催しているほか、個別に森のガイドも受け付けております.
ガイド内容はお客様のご要望にあわせてカスタマイズできますので、ぜひお友達同士やご家族でご利用下さい。
(都合により対応できない場合がございますので、必ず事前のお申し込みが必要です)

青葉の森管理センター 022-263-2101

イベントのお知らせ
冬の森を楽しむ!森の香りと木の実のキャンドル作り』
森の素材を使ったちょっと大人のクラフト体験イベント!
ボタニカルキャンドルとアロマワックスサシェを作ります。
ボタニカルキャンドル点火イメージアロマワックスサシェリース型
クルミ型アロマキャンドルボタニカルキャンドル作品例
※ボタニカルキャンドル:ろうそくの側面を植物や木の実で飾った火を灯すキャンドル
※アロマワックスサシェ:火を灯さず飾って香りや見た目を楽しむ板状のキャンドルクラフト

日  時:平成28年12月18日(日)午後1時~4時
場  所:青葉の森緑地 青葉の森管理センター(宮城教育大学正門からさらに西(青葉台方面)へ徒歩5分)
費  用:おひとり様500円
対  象:一般(お子さんを同伴される場合はご相談ください。)
持ち物:エプロンなど汚れてもよい服(蝋がつくと落ちません)
     :暖かく動きやすい服装と靴で(素材集めを兼ねた散策を予定しています)
     :飲み物、おやつなど


☆申込み、お問い合わせは電話で(022-263-2101)青葉の森管理センターまで。

アロマワックスサシェお正月風アロマワックスサシェ3
お正月風にも作れます。

12月最初の日曜日に実施したイベント「森からかりるクリスマスツリー」
12モミの実生 (800x800) のコラージュ
芽生えてから数年のちいさなモミの木を鉢植えにして、
森でひろった木の実や葉っぱで飾り付けしました。

イベントの最初から順を追ってご紹介します。
1開始 (2) (800x532)
どんなツリーを作るのかな?楽しみだね。
5歩く (2) (800x535)
午前中は鉢植えに使うモミの木を探しに森の中を探検です。4森でさがしものゲーム (2) (800x533)
木の実などを探したり
13モミを”かりる” (1) (800x534)
大きなモミの木の周りにはモミの木の実生がたくさん!
13モミを”かりる” (4) (800x533)
気にいったモミの木を抜き取ります。
根っこを傷つけないよう慎重に・・・
13モミを”かりる” (5) (800x534)
大きなモミの木のお母さんから、モミの木の赤ちゃんを分けてもらいました。
14カメムシを見つけた (1) (800x533)
管理センターへの帰り道もいろいろなものを発見しました。
たとえば
15解放されて触角の手入れをする (800x533)
日向ぼっこ中のカメムシ(子供たちの興味から解放されて触角の手入れをしているところ)

お弁当を食べたら
19作る (3) (800x534)
いよいよ植えつけ
19作る (7) (800x800)
ひろってきた木の実などの配置を考え
19作る (9) (800x535)
枝を整えて
19作る (13) (800x800)
木の実や葉っぱで飾り付け
19作る (10) (800x534)
落葉をクラフトパンチで抜いて、小さな葉っぱのオーナメントも作りました。22森のサンタが登場 (800x534)
最後は森のサンタがやってきて、小さなプレゼントをもらいました。
※モミノキは明るいところだとグングン成長します。
地植えにする大変なことになるので、鉢植えで楽しむことをおすすめします。
※青葉の森は採取禁止です。
イベントでは緑地の管理上林床が混み合い今後枯れてしまうと予想される場所でモミの実生を採取しました。



このページのトップヘ