2017年06月


 今日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。
講義と刈り込みなどの実演を伴った2時間の講習で
した。講師は,樹木医の行方 博様です。
 講義の中では,木を育てる上で,剪定の前に大事な
ことは何かということをしっかり教えていただきました。
 また,生垣の剪定の実演では,剪定の基本である切
り詰め剪定や切り透かし剪定の仕方を教わり,刈り込
みばさみの正しい使い方まで教えていただきました。
 

DSC_4050
DSC_4052
DSC_4059

DSC_4058
◎ワンポイントアドバイス
 
葉が黄ばんだりしていて,樹勢の弱った木の
   剪定はしない。枯れ枝だけを整理する。
DSC_4063

 ○生垣に植栽されているものは,裾を弱く
  天端を強く刈り込む。
DSC_4066
 ○刈り込みバサミの使い方(右手が利き手の人)
  ハサミの金具に近い部分を持ち,左手を支点
  にして,右手だけを動かして刈り込んでいく。

 
旺盛な成長期の今が剪定の適期だそうです。
 皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。




  




  今日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。
講義と植え替えの実演を交えながら,1時間半にわたって
講座を行いました。
 今がコチョウランの植え替えの適期です。
DSC_4035
 
◎ ワンポイントアドバイス
   植え替えの手順
① 黄色い葉や枯れた葉を取り除き,花茎を根元から
   切り取る。(ハサミは,消毒をして使用します。)
DSC_4037

② 根を整理する。(枯れた根や針金状の根を取り除く)
DSC_4038
DSC_4032

③ ミズゴケを巻き,根を傷めないように,回しながら
   素焼き鉢に入れる。
DSC_4040
DSC_4033
DSC_4042
DSC_4044

④ 植え替え後,2週間は水をやりません。



 今日の午前中,上記の市民園芸講座を事前申込み者の
12名を対象に行いました。
本日の講師は,仙台市緑の活動団体「グリーンサポーター
クラブ」代表の伊藤直美様と5名の会員の皆様です。
 1時間半の講座でしたが,すてきな多肉植物のリースが
完成しました。
DSC_4001
DSC_4002
DSC_4006
DSC_4007
DSC_4008
DSC_4012
DSC_4011
  講師の皆様,ありがとうございました。

 今日の午前中,上記の市民園芸講座を事前申込み者の
20名を対象に行いました。
 講義と剪定や病害虫防除の仕方の実演なども交えて行
いました。参加者からもたくさんの質問があり,講師が丁寧
に答えていました。
DSC_3990
DSC_3989
DSC_3994
◎花後の管理のワンポイントアドバイス
 ・花後は,5枚葉の上で剪定をする。
 ・ベイサルシュートの処理→先端を摘み取る。
 ・お礼肥えをやる。
 ・病害虫予防の消毒を行う。




↑このページのトップヘ