2017年12月

  今日が今年最後の市民園芸講座でした。
 
 門松は,歳神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や
 幸せをもたらす神様)が迷うことなく,家にいらっしゃるよう
 に目印になるものだと考えられています。

 午前10時から講座が始まりましたが,1時間ほどですてきな
ミニ門松が出来上がりました。
 これを飾って,よいお正月を迎えてください。
DSC_5410
DSC_5394
DSC_5398
DSC_5400
DSC_5389

  

 今日,午前と午後の2回に分けて,上記の市民園芸講座を
行いました。
 お正月飾りは,新しい年の神様を迎え,家々の生きる力や
幸せを願うお飾りです。
 飾りに使われるものには,そさぞれ意味があります。
    ・「稲わら」は,五穀豊穣
    ・「マツ:松」は,神の宿る木
    ・「ダイダイ:橙」は,代々栄える
    ・「ユズリハ:ゆずり葉」は,子孫繁栄
    ・「ナンテン:南天」は,難を転じる

 手作りのお正月飾りで,すばらしい新年を迎えられますよう
心からお祈りしております。
DSC_5388
DSC_5370
DSC_5372
DSC_5373
DSC_5377
DSC_5382



  去る16日(土)は,宮城教育大学交響楽団弦楽アンサンブルの
演奏がありました。
 団員5名による演奏がサンルーム内に響き渡りました。バッハの
「主よ,人の望みの喜び」の演奏に始まり,くるみ割り人形からの
「花のワルツ」など4曲。そして,「津軽海峡冬景色」も演奏してくだ
さいました。最後は,アンコールの声に応えて,ビートルズの「Let
it Be」を演奏してくださいました。
 まさに,イルミネーション&キャンドルナイトにふさわしいすてきな
夕べになりました。
 5名の皆様,本当にありがとうございました。

DSC_5326
DSC_5296
DSC_5344
DSC_5192
 噴水と「ぺネロープ」

  今日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。
  講師は,樹木医の行方 博様です。
  植物の成長おいて,欠かせないのが土です。手間を
惜しまず,この土づくりを積み重ねていけば,植物は,し
っかり育つということです。特に,土に負担をかけない
有機物を使用しての土づくりが大切というお話を詳しくし
ていただきました。また,講座の最後には,質問コーナー
ということで,受講者の皆さんからの質問に懇切・丁寧に
答えていただきました。
 講師の行方様,2時間にわたる講座をありがとうござい
ました。
DSC_5229
DSC_5235

 

 クリスマスフラワー展に合わせて,上記の市民園芸講座
行いました。
 冷え込みが日に日に増してくると,部屋の中のシクラメンや
ポインセチアの色鮮やかさに心が和みます。
 今日は,そんなシクラメンやポインセチアの水やりなどの管
理方法を紹介し,多くの花をつけて長く楽しめるポイントをお
伝えした1時間30分でした。

DSC_5213
DSC_5226

◎管理のポイント
  ・シクラメン・・・・・・①水やりは,鉢の淵からたっぷりやりましょう。
                ②花後の花は,こまめに摘み取りましょう。
  ・ポインセチア ・・・①鉢の表面が乾いたら,たっぷり水やりをしましょう。

DSC_5223
 クリスマスフラワー展から
           

↑このページのトップヘ