2018年04月

  今日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。58名の
参加がありました。
 最初の1時間は,育て方のポイントを詳しく説明しました。
後半は,実習園に出て,畝作りの仕方や苗を植えるときの注意点
マルチングの効果などについて講師が実演を交えながら説明しま
した。
 これからが野菜作りの適期になります。是非,挑戦してみてください。
DSC_5956
DSC_5963
DSC_5967
DSC_5974
DSC_5976

◎ワンポイントアドバイス
=栽培ポイント=
 ① ナス・トマト・キュウリの定植は,露地の地温が15℃以上になり,
  晩霜の心配のなくなる5月中旬以降に植えましょう。
 ② 上手な苗の選ぶ方(接ぎ木苗を購入する。
   ナス:茎が太く,節間が均等で間のびしていない。
       :葉色は濃緑色で,みずみずしい。
       :長く収穫するには,接ぎ木苗を購入する。
  トマト:最初のつぼみが開き始めている。
      :葉色が適度に濃い緑色で,つやがある。
       :節間が均等で間のびしておらず,葉柄は上を向いている。
   
    キュウリ:本葉の数が3~4枚。
       :葉が厚く,緑色でつやがある。
       :子葉が残っている。


   18日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。
シャコバサボテンの年間を通しての管理や植え替え,
挿し穂の仕方などについて,実演を交えながら説明
しました。
DSC_5903
葉つみの仕方
◎ワンポイントアドバイス
 ・生育時期に入りますので,株のバランスを整えるために
  行います。葉つみをする茎節(葉に見える部分)のすぐ下
  の茎節を優しく抑えながら,手でねじり取ります。

DSC_5906
葉つみの完成
DSC_5908
植え替え
◎ワンポイントアドバイス
 ・植え替え前は,水やりを控え,鉢土を乾かしておきます。
  植え替え後は,直射日光の当たらない場所に置き,2~
  3日経ってからたっぷり水やりを行いましょう。

DSC_5909
DSC_5911
DSC_5912
DSC_5915
DSC_5917
植え替えの完成
DSC_5919
 ・植え替え後2週間経ったら,肥料を与え始めます。
   6月末までは,明るい軒下に置き,しっかりと施肥
  をして,株を充実させましょう。


 今日の午前中,新緑で美しい公園内で楽しい寄せ植えづくりの
今年度最初の市民園芸講座を27名の参加でにぎやかに行いました。
 寄せ植えをするときには,テーマを決めて行うことが大切です。その
ために,今回使用する5種類の花苗の性質を説明してから,植え込み
を行っていただきました。
 最後に,枯れた雲竜柳の枝を利用してアーチを作ったり,鳥かごの
ようなものを作ったりしてバードピンクを挿し,楽しいメルヘンの世界を
作りました。
DSC_5864
DSC_5849
DSC_5848
DSC_5857
DSC_5858


↑このページのトップヘ