2019年01月

DSC_8047
  本日は,最近話題のハーバリューム(植物標本)を
バレンタインの贈り物として,24名の方に挑戦してい
ただきました。
  バラやカスミ草,アジサイなどのプリーザーブドフラワー
を瓶の中に入れていきます。それぞれの花の顔を生かし,
特殊オイルを入れて作りました。
 出来上がった自分の作品を見て,「うっとり」。とても満足げ
にしておられるが印象的でした。
DSC_8028
DSC_8030
DSC_8035
DSC_8032

DSC_8042
〈作るポイント〉
 ○  どの花を主体にしたいのか,また,瓶の中で
  各々の花が固定されているか,という点に気を
  付けて作りましょう。

 

 今日の午前中,上記の市民園芸講座を事前申し込み者の
27名を対象に行いました。
 バラの基本的な育て方の話から始まり,植え替えや剪定の
実演を交えながら,そしてまた,質問を受けながら講座を進め
ました。剪定の実演では,講師が剪定バサミやノコギリで剪定
する場所を真剣に見入っていました。
DSC_7980
○植え替えと剪定の仕方
DSC_7982
DSC_7984
DSC_7994
DSC_8000
DSC_8011
 ※枝を剪定する場合,切り口に水などがたまり
   枝の中に入っていかないように切ります。

ワンポイントアドバイス
 ○ 木立性バラの剪定と植え替えは,1~2月頃が
  最適で,一度バラをリセットできる時期になります。
 ○  剪定は,株全体の1/2~1/3程度に切り詰め,
  同様に,鉢から抜いた根も1/3に切り取り,新しい
  用土に植え替えすると,春から元気のよい花が
  咲きます。

 今日は,上記のイベントで,17種類の野鳥を
確認できました。
 1トビ 2チョウゲンボウ 3ミサゴ 4ハシブトガラス
 5シジュウカラ 6ヒトドリ  7ツグミ  8スズメ
 9ハクセキレイ 10セグロセキレイ 11カワラヒワ
12シメ  13アオジ  14コゲラ  15ホシハジロ
       16カルガモ   17マガモ
今日の午前中は風が強い上に,昨年の冬よりも見かける
鳥の数も少なかったようです。それでも,参加された皆さんは,
普段見られない野鳥をレンズを通して確認したり,案内人
(青葉の森:高橋レンジャー)の話を聞いたりと,楽しい2時間を
過ごすことができました。
DSC_7958
DSC_7963
DSC_7966
DSC_7968
DSC_7973
 シジュウカラのオス,メスの見分け方の説明をしています。
 ※ 喉から下腹にかけて黒い縦線があります。太いのオスで
   細いのがメスです。


 次回の「野鳥をさがそう」は5月下旬を予定しています。
 


↑このページのトップヘ