カテゴリ: 講座

  今日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。
  この季節ならではの花を長く楽しむ方法を,実物の
鉢花をお見せしながら,詳しく説明しました。
DSC_7645
DSC_7642
 長く楽しむためのワンポイントアドバイス
  ①  シクラメンは,花が咲き続けるので,液肥や置き肥で追肥を
    しましょう。部屋が暑すぎると,早く咲き終わってしまうので,
    20℃以下で管理しましょう。
  ②  ポインセチアは,寒さに弱いので,10℃以上を保ちましょう。
  ③  冬の鉢花は,暖房機の風に直接当たらないように管理しましょう。
      
 

 今日の午前中,上記の市民園芸講座を事前申込者の
30名を対象に行いました。
DSC_7639

 作物を育てる上で,土づくりはとても重要です。そのことを
前半は講義形式で説明し,後半には,実際に畑に出て,講
師が天地返しの実演をしました。
 最後に,受講者からの質問にしっかり答えました。
DSC_7635
DSC_7636
ワンポイントアドバイス
 ① 菜園の土壌酸度(pH)を測定しましょう。
     私たちが作る野菜は,pH6.0~6.7ぐらいの弱酸性から
    中性pH7.0に近い土を好みます。
 ② 天地返しをしましょう。
     寒気に耕地の表層と深層を入れ替えることで,深層で冬越し
    しようとしている害虫や雑草の根,土壌病原菌を寒さにさらして
   退治します。(土の活性化)

 今日の午前中,上記の市民園芸講座を行いました。
DSC_7561
 講師は,目黒真佐子様です。事前申込者の15名を対象に行いました。
 主な材料は,アケビとクズのつる,シュロ毛です。
DSC_7551
 最初に,鉢受けの底の部分から作り始めました。
やたら編みということで,一人一人が自由に編んで
いきました。
DSC_7549
DSC_7557
DSC_7558
DSC_7559
1時間半ほどですてきな鉢カバーが完成しました。
ご指導をいただいた目黒様ありがとうございました。
DSC_7562






 

今日の午前中,上記の市民園芸講座を開催しました。
DSCN2634
七北田公園で花壇づくりの活動をされいている
「仙台花と緑の会」の皆様にご指導いただき,
16名の方にご参加いただきました。

前半,ペットボトルのリメイク。
後半は,苗の植え付けです。
DSCN2628

今日は,日差しも暖かく,サンルーム内はとてもぽかぽかです。
参加者の皆様も,和気あいあいと楽しく作っていらっしゃいました!
DSCN2632
DSCN2633
最後に講師の先生からアドバイスがありました。
 ・ 植え付け後,たっぷり下から流れ出るまで水遣りをしましょう。
 ・ 液肥や固形の粒肥を与えておくと、花付きがよくなります。

ご参加いただいた皆様,仙台花と緑の会の皆様,
どうもありがとうございました!


【イベントお知らせ】

『クリスマスフラワー展』
日時:12月7日(金)~24日(月・祝)
    9:00~16:30(下記イベント中は、夜間も観覧できます。)

イルミネーション&キャンドルナイト in Nanakita Park 2018
日時:12月7日(金)~24日(月・祝)の金土日祝日
    17:00~20:00(日曜のみ19:30まで)

↓こちらの記事でも紹介しています↓
http://blog.livedoor.jp/skrk2-houru/archives/1073170186.html



昨日の午前中,上記の市民園芸講座を,事前申込者の40名を
対象に行いました。
 前半は,講義形式で,つるバラとはから始まり,剪定や誘引の
仕方や時期について詳しく説明しました。また,プランター栽培の
つるバラを使って,剪定と誘引の実演も行いました。
 後半は,花壇に出て,庭植えのつるバラの剪定と誘引の仕方に
ついて,参加者への質問も交えながら進めました。
 講座終了後にも,個別に熱心に講師に質問をして,納得の表情で
帰られる姿が多数見られました。
DSC_7525
DSC_7528
DSC_7531
DSC_7537

 ワンポイントアドバイス
 ・ つるバラは,12月から1月頃に向けて一度リセットする時期に
    なります。リセットしたときに新しい枝と古い枝を新旧交代させる
      剪定がポイントです。



【イベントお知らせ】

イルミネーション&キャンドルナイト in Nanakita Park 2018

日時:12月7日(金)~24日(月・祝)の金土日祝日
    17:00~20:00(日曜のみ19:30まで)

イルミポスター2018
↓こちらの記事でも紹介しています↓
http://blog.livedoor.jp/skrk2-houru/archives/1073170186.html



↑このページのトップヘ