コマクサとバイケイソウがよく咲いています
 梅雨入りが話題になる季節になりました。
今年はいろいろな花が当たり年でしたが、現在は、例年になくバイケイソウの花が多く見られます。他にコマクサ、マルバダケブキ、コアジサイや貴重なキリガミネヒオウギアヤメなどが見頃です。
園内は面積が9・5ヘクタールと小学校の敷地の4つ分ほどあり、高低差も50メートル以上あります。地形が起伏に富み池や湿地があり、陽当たりの良い広場や各種樹林地など環境が多様なため、いろいろな植物がみられるほか、同じ植物でも開花状況が1~2週間ずれることがあります。
 園内を歩くとき、草や木の匂いや鳥の声などにも注意していただくと楽しみが増えます。ハマナスやノイバラ、エゴノキなどは花のピークを過ぎましたが、近くを通るといい香りがします。
また、ウグイスやキビタキの素晴らしいさえずりやヤブサメ、ホトトギスなどの個性的な鳴き声にも耳を傾けてみてください。都心部とは思えない心地よい散歩が楽しめます。

DSC_001DSC_002
       コマクサ(高山植物の女王と呼ばれます)
DSC_003
 バイケイソウ(今年は花をつけた株が多い)
DSC_003 (2)
キリガミネヒオウギアヤメ(貴重種です)
DSC_004
コアジサイ(最も早く咲く清楚なあじさい)
DSC_005
サイハイラン(林内に咲く目立たないラン)
DSC_006
カザグルマ(野生種としては大きな花をつける)
DSC_007
ハクイサンフウロ(ゲンノショウコの仲間)
DSC_008
 ミヤマヨメナ(ミヤコワスレの原種、林下のあちこちに)
DSC_009
 ヒメサユリ(花は優しいピンク色で美しい)
DSC_010
オキナグサ(果実は翁を思わせる、タンポポの綿毛のよう)
DSC_011
マルバダケブキ(葉がフキに似る、暗い林が明るく感じる)
DSC_013
サルナシ(日本のミニキウイフルーツ、)

 野草園では、毎週土曜日の午前11時から12時と13時30分から14時30分まで、一般の来園者向けにボランティアが季節の花の見どころをガイドしております。他に団体の皆さんが園内ガイドをご希望になる場合はご相談ください。
DSC_015 (2)
ボランティアによる園内のガイド 6月2日(土)
DSC_016

イベント情報
① ボタニカルアート展
●期間=6月7日(木)~6月22日(金)午前まで
② 野草園植物講話「高山植物の魅力ー蔵王を中心に」
●日時=6月16日(土) 午前10時40分~12時
●直接会場へ
③ こもれびペアヨガ
●日時=6月17日(土) 午前10時半~正午
●対象=ヨガ初心者、中学生以上10組20名[抽選]
●費用=1組 2,000円(別途入園料が必要)
●持ち物=動きやすい服装で
④アジサイ観察会
●日時=6月23日(土)、24日(日)
      各日 午前11時~正午、午後1時半~2時半
●直接会場へ(入園料が必要です)
⑤こもれび親子ヨガ
●日時=6月30日(土) 午前10時半~正午
●対象=子どもとその保護者10組20名程度[抽選]
●費用=1組 600円(別途入園料が必要)
●持ち物=動きやすい服装で
⑥星空を楽しむ会(夜間開園)
●日時=7月6日(金) 17:30~21:00
●内容=夜の芝生広場や移動天文台車「ベガ号」での天体観察。
●当日午後5時半以降は入園無料。
●直接会場へ

③ ⑤のお申し込みは往復はがきまたはファックスに申込時の必要事項(1通につき1組まで)と参加希望日を記入して6月10日(日)までに
《申し込み時の必要事項》
①応募内容②住所③氏名(フリガナ)④参加希望日⑤☎・FAX
《申・問》 野草園 
〒982-0843仙台市太白区茂ケ崎二丁目1番1号
         ☎222ー2324 FAX222-9155  


      《野草園長 篠崎 淳》