5月24日は閉園のため大変ご迷惑をおかけいたしました。
25日からは通常どおり開園しております。

少しブログを更新しないうちに夏の気配を帯びてきました。
初夏から夏にかけては、何故か白い花が多くなりますが、園内でも白い花々の饗宴が見事です。
濃い緑の中に浮かび上がる白い花たちは本当に美しいです。

まずは名前の由来は諸説あるナンジャモンジャの木(本名:ヒトツバタゴ)。
細長い花びらを糸でつづったような繊細な花です。
ヒトツバタゴ
アブラツツジは控えめで小さな花がとてもカワイイです。
アブラツツジ
まだ咲き始めですが、ヤマボウシの十文字状の総苞も白さを増してきています。本当の花は十文字の中心で小さな黄緑色の花が球状にまとまって咲いていますので、よ~っく見てみましょう。
ヤマボウシ
小さな白い花がまとまって咲くといえば、コデマリやコゴメウツギも可愛らしく咲いています。
コデマリコゴメウツギ
「のばら区」でも白いナニワイバラが満開を迎えています。
ナニワノイバラ

白い花以外では、アツモリソウが優し気な紫色の花を風に揺らしています。
アツモリソウ
強い陽射しが作る濃い木陰の中で一際目を惹かれるのはゼンテイカ(別名ニッコウキスゲ)。
ゼンテイカ

花ではありませんが、春に花を咲かせていた樹木たちの若い実もみのりはじめてきています。足元や頭の上も気を付けて歩いてみて下さい。
エゾイタヤ翼果エゾイタヤ翼果②

これらのほかにも、ユリノキやアヤメ、エビネなど、まだお知らせしたい花々があるのですが、上手に撮影できませんでしたので、ぜひご自分の目でご覧になって下さい。お待ちしております。

【現在見頃の花情報】
アヤメ(白花も)、カキツバタ、キリガミネヒオウギアヤメ、コマクサ、ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)、トチノキ、ニガナ、ハクサンフウロ、フタリシズカ、ホタルカズラ、ミヤマヨメナ など

5月28日現在の「おすすめスポット」は↓
20190528おすすめスポ