毎日蒸し暑い日々が続く中、中学生が職場体験に来てくれました。
彼らには苗の植え替えや咲き終わったアジサイの剪定、イベントで使う「苔玉」の見本を作る作業などを手伝ってもらいました。
職場体験④職場体験①

中学生たちが一番驚いていたのは、園内を巡回中に見つけたキノコ?でした。「針葉樹区」をはじめ、園内のところどころで普通に観察できる謎の白いキノコ?
セミタケセミタケアップ
実はこれ「ツクツクボウシタケ」というキノコで、ツクツクボウシの幼虫の体から生えています。
園内で土を掘ることはできないので、他の場所で見つけたキノコの全体をお見せするとこんな感じです
ツクツクボウシタケアップ
幼虫の体全体が白い菌糸で覆われ、頭の先から子実体(一般にキノコと呼んでいる部分)が出ています。
このキノコが場所によっては足元一面から出ています。セミにキノコが寄生することと、多数のツクツクボウシが寄生されているのに、頭の上ではさらにたくさんのツクツクボウシが鳴いていることに中学生は驚いていました。


ここからは話題を変えて、植物をご紹介します。
サワギキョウ
「高山植物区」ではサワギキョウ(上・左)が見ごろです。ひとつの花は先端が深く裂けた唇形花冠を広げ、その上にフック状に曲がったオシベとメシベを付けます。
サワギキョウ花ミゾカクシ
サワギキョウに見とれていると、足元にもそっくりの花が咲いているのを見落とすのでご注意を。
こちらはミゾカクシ(右)という花で、花のつくりはサワギキョウとまったく同じですが、サワギキョウのように茎が立ち上がらず地面を這って伸びていくタイプですので、足元の岩の隙間を丁寧に探してみて下さい。

園内でみられる花の一部を紹介します。
ウド花
ウドの花。
マツカゼソウ
マツカゼソウ。
萩
少しずつ萩の花も咲き出しました。
ススキ
ススキの花は今盛り。

さまざまな木の実も実りつつあります。
ツクバネ実
ツクバネの実。
カンボク実
カンボクの実。
サルナシ実
サルナシの実。とても美味しい山の恵みですが、野草園では実も展示ですので残念ながら味見はできません。


小人
今、見頃の花たちです。ご来園の参考にして下さいね。

【見頃】
オトコエシ、オミナエシ、コバギボウシ、コマツナギ、サギソウ、サワギキョウ、タカネナデシコ、ツユクサ(白花タイプも)、トチバニンジン(実)、フシグロセンノウ、ミズタマソウ、ミズヒキ、ミソハギ、ユウガギク、レンゲショウマ、ワレモコウ、ウド など

【咲き始め】
アカソ、アキノキリンソウ、ガンクビソウ、キレンゲショウマ、ゲンノショウコ、シラヤマギク、シロバナハギ、ツクシハギ、ツリガネニンジン、ナンブアザミ など

◎お問い合わせ:野草館 022-222-2324