1月12日と2月9日は冬季特別開園でした。雪もなく寒さが厳しい日でしたが、両日で261人ほどに来園していただきました。ありがとうございました。

両日に行われた自然観察会は定員20名がすぐにいっぱいになりました。
1月12日はコゲラが枯れ木をつついた痕や開きかけたマンサクの蕾、クヌギの幹に産み付けられたカメムシの卵や枯草の中で越冬中のキタキチョウをみつけました(キタキチョウの写真は2月11日の積雪があった日に撮影したものです)

IMG_0460IMG_0471
IMG_0481IMG_0491
_IGP1790

2月9日はリスの巣を望遠鏡で観察。ルーペでアジサイやイヌブナの冬芽を観察し、芝生広場でケヤキの根の広がりを実感しました。アジサイの冬芽を観察中、茎に昆虫が卵を産んだ痕を発見しましたよ。
IMG_0531IMG_0534
IMG_0554IMG_0576
_IGP1799

咲いている花はほとんどありませんでしたが、春を待ちわびる様々な生き物の息遣いを感じることができました。あと1ケ月少々、3月20日にはいよいよ開園となります。それまで楽しみにお待ち下さい。

仙台市野草園 022-222-2324(午前9時~午後4時45分)