こんにちは。仙台市野草園です。
肌寒さが増すにつれ木々の葉も色づき始めました。今回はそんな野草園の紅葉の進み具合をお届けします。


ケヤキ広場①
「芝生広場」の大ケヤキは樹冠付近が黄色くなってきました。足元には真紅に色付いた葉も落ちていますので、これからが楽しみです。

コマユミ紅葉カツラ紅葉
次は「高山植物区」のコマユミ(赤)とカツラ(黄)を紹介します(すべての画像はクリックして拡大できます)。どちらも青空に映える鮮やかな色です。

マンサク紅葉ヤマボウシ紅葉②
高山植物区から「めがね池」へと降りていくと頭上には黄金色のマンサクの葉が、足元には紅色のヤマボウシの葉が落ちていました。

ひょうたん池紅葉
さらに園路を下って「ひょうたん池」に降りてみましょう。水面に映る紅葉も日に日に色彩を増しています。水面に散った落ち葉と合わせて景色を楽しんで下さい。

ガマズミ類紅葉
「ひょうたん池」から「彫刻広場」へ抜ける途中、先端から紅葉が始まったガマズミに出会いました。陽の光が透過してきれいです。日増しに赤みが増していくでしょう。

彫刻広場紅葉②彫刻広場紅葉
「彫刻広場」では鮮やかなダンコウバイが目を惹きます。目が覚めるようなレモンイエローです!
遠くに目をやると紅(くれない)に染まったヤマザクラと、まだ緑のコナラを背景にオオウラジロノキのダークイエローの葉が目立ちます。

ヤマボウシ紅葉
園路をたどって、また「芝生広場」に戻ってきました。あずまや近くのヤマボウシは赤く染まっていますが葉脈は黄色です。まだ緑色も残っていて、1枚の葉に様々な色を含んでいます。

樹木の紅葉は、その木の健康状態や陽の当たり具合、気温の寒暖差など様々な要因で多彩に変わります。これから寒さが増すにつれ、紅葉も鮮やかになっていくでしょう。緑~黄~オレンジ~赤が織りなす美しいグラデーションをお楽しみ下さい。



マユミ輪投げ
最後になりましたが「野草館」を出て目に前にあるマユミの薄桃色の実がきれいです。たくさんのメジロが実をついばむ様子も観察できます。また、大人も楽しめる遊びもご用意しておりますので、ぜひお越し下さい。

旬の花情報は、ほぼ毎日インスタグラムにアップしておりますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お問い合わせ:仙台市野草園 022-222-2324