野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2010年07月

緑陰読書
~仙台駅から20分の軽井沢!!~

Photo_2

芝生広場の木々は色を濃くし、涼しい木陰を作っています。ケヤキの大木の下は、心地よい日陰があります。ねっころがって樹下涼風を感じるのもよし、小鳥の声を聞きながら読書に耽るのも良いでしょう。真夏こそ緑陰読書がふさわしい季節でもあります。ご自分の自由な時間を野草園で充実させてください。
 さて、真夏日が続いた先週7月21日に園内の気温を測って見ました。気温は34℃です。

深山区のサワガニ

Photo_3

 一番涼しい場所は水琴窟のところで27℃でした。ここは深山区で木陰ですし、常に水が流れているので気化熱も奪われ、温度が低いのです。が・・・・。ヤブカが大変多くて長居は出来ませんので。お勧めできないのが残念です。
次に気温の低い落ち葉焚き広場は、うっそうとした木々に囲まれ暗い感じです。3番目に低いのは、芝生広場のケヤキの木陰でした。芝生広場の日向はなんと38℃!ところがケヤキの日陰は8度も低い30度でした。
 あるお客様は、「野草園仙台駅から20分の軽井沢の野草園」とおっしゃっていました。都会のオアシス、野草園に是非おいでください。(ただし、虫除けはご自分でご用意下さい。)
そして緑陰読書と休んでいかれてはいかがでしょうか。


 <今が花の盛りでもうすぐ盛りを過ぎる植物>
ヤマユリ・トリアシショウマ・クガイソウ・オオバギボウシ・タケニグサ・オオバジャノヒゲ・オカトラノオ・ヤブカンゾウ・ウツボグサ・チダケサシ・ハンゲショウなど

<これから見頃の花>
キキョウ・オミナエシ・ヒヨドリバナ・コバギボウシ・ノアザミ・ナンブアザミ・ヒルガオ・ソバナ・カラスウリ・キカラスウリ・モミジガサ・コオニユリ・クサレダマ・クズ・ハギ・など

Photo_4
<キキョウ>

Img_0276

<コオニユリ>  

Photo_5

<ソバナ>

<珍しい花> ツチアケビ

Photo_6
 アケビといっても食べられません。土の中から出てくるアケビのような実の成る植物です。この花をよく見ると、なんと黄色の蘭の花です。なかなかきれいな花です。この植物は腐生で地上部に葉っぱもありません。野草園では大事に育てています。どうぞご覧下さい。別名『山の神錫杖』というのは、この実のつき方が錫杖についている鈴に見立てることも出来るようです。

夏の行事
8月1日(日)親子押し葉教室

13:30~15:30
事前申し込み 残り2組分あります。

Img_6025
<昨年の親子押し葉教室の様子>

8月14日(土)植物の名前調べ方教室
13:00~15:00

8月22日(日)かんたんステンシル!    
8月6日から申し込み開始 先着20名


8月8日までは草木で遊ぼう展と7日までは仙台の野草展を開催しています。
(園長 伊深正文)

野草園観望会『芝生広場で夏の星座を見つけよう!』報告

 去る7月23日午後6時から野草園初の試みとして、天文台との連携事業で『芝生広場で夏の星座を見つけよう!」という催しを行いました。天候にも恵まれ、184人もの市民のみなさんが訪れました。21人のアンケートの回答では、8割の方が「とても楽しかった」とお答えくださいました。やってよかったと思いました。

 野草園に夕暮れが迫るころ、園内の蝉時雨は最高潮で、あわせて鳥たちもさえずりあって、その雰囲気に皆さん満足されたようです。合歓の花も満開で夕日に染まってよりあでやかに咲き誇っています。

011

「星型に見える花」のお話  

007

~~ さざめいて 星をまつころ ねむの花 ~~

2回目の説明のころは8時ですので、すっかりくらくなり、植物の絵の灯篭も映えています。いつもとは違う夜間開園に、感動された方も多いようでした。

017

萩の丘での金星観察       

019

絵灯篭の園路 

023

ベガ号での観測

(仙台市野草園園長:伊深 正文)

Img_9991_2

ヤマユリ全山に開花

Img_9992_2

野草園には、どこにもヤマユリが咲いています。7月11日に5つ咲き出してから、次々に咲いてきました。中には花の重みで茎が折れるものもあります。ヤマユリの魅力はなんといっても花の大きさと見事さと、香りの良さです。ぜひ野草園でヤマユリの香りを嗅いで下さい。きっと長生きのたしになりますよ。

アジサイ花盛り

大変露けき季節となりました。植物にとっては、気温が高く水分も十分補給されるこの季節は、たいへん育ちやすいころです。おかげさまで、孟宗竹はぐんぐんと生長するし、トチの実は木が実を選別するように、余分な実を次々に落としています。もちろん他の草も毎日伸び続けています。

 そんな中、この季節はアジサイが主役です。エゾアジサイは青い花を連ねて咲いています。ヤマアジサイの中には青から赤みがかった色に変えている株もあります。

10日、11日のアジサイ観察会には多数の方々においでいただきありがとうございました。甘茶のお味はいかがでしたでしょうか。改めて自然の造化の妙を味わわれたことでしょう。

Img_9856

<ベニガクアジサイ>

<今が花の盛りでもうすぐ盛りを過ぎる植物>

エゾアジサイ・ヤマアジサイ・ガクアジサイ・ノハナショウブ・イワガラミ・クガイソウ・ヨコグラノキ・シロウマアサツキ・イブキジャコウソウ・ヤマホタルブクロ・タマガワホトトギス・ウラベニダイモンジソウ・など

<これから見頃の花>

ヤマユリ・ヤナギラン・キキョウ・ノリウツギ・オカトラノオ・ヒルガオ・トリアシショウマ・ヤエドクダミ・ヤブカンソウ・ノカンゾウ・キスゲ・ムラサキシキブ・ネジバナ・ギボウシの仲間

Img_9860_2

<オオバギボウシ>   

Img_9851

<ノカンゾウ>紅萱草とも

<野草園開園記念日> 

 昭和29年7月21日に開園して、はやこの日から57年目に入ります。園内のモミの木がその歴史を見てきました。開園を記念して、先着100名の方には、「コアジサイ」の子苗をプレゼントしましょう。挿し木で育てたものです。

天文台とのコラボ?<芝生広場で夏の星座を見つけよう!  野草園観望会>

20100618_134335

 今年初めて、野草園と天文台との共同企画(コラボレーション)で夜間に野草園を会場にして行います。テーマは、「夏に見られる諸星座と誕生花、星型に見える花について」です。これに併せて天文台で野草園の宣伝コーナーも工夫して来ましたので、天文台においでの時はごらん下さい。

Photo Photo_2

 当日は移動天文台車「ベガ号」による天体観望と誕生月の花のお話をいたします。なお今年の夜間開園は、秋のお月見も予定しています。どうぞおいで下さい。

1 日時 平成23年7月23日(金) 午後5時~9時  

2 場所 野草園芝生広場 (芝生広場以外は立ち入り禁止)

3 市政だより7月号でお知らせしております。夜間の入園は無料です。

草木遊び

Img_9936

 7月10日から8月8日まで草木遊び展を開催しています。草木を使ったいろいろなあそびものを展示しております。もちろん体験コーナーもありますので、自分で作ることも出来ます。〔エビフライの釣堀〕という遊び場もあります。ぜひおいで下さい。

ガイドボランティア活動開始!

 いよいよ野草園ガイドボランティアの皆さんの活動が始まりました。7月のアジサイ観察会では、多くの方々に分かりやすくお話をされていました。

 梅雨の晴れ間で天候にも恵まれ、アジサイの盛りを楽しむことができました。参加した皆さんには、観察会の最後にアマチャの葉っぱから作られた『甘茶』が振舞われました。飲んでその甘さにどなたも驚かれたようです。

Img_9777

<アジサイ橋での観察会>

Img_9932

(園長:伊深 正文)

↑このページのトップヘ