野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2011年03月

Img_0108

<フクジュソウも満開です>

このたびの震災に際しまして

被害に遭われた方へ

お見舞い申し上げます。

野草園の開園はもうしばらくお待ち下さい。

 野草園のライフラインは、まだ市ガスが復旧しておりません。電気は早く通電したのでしたが、水道は3月26日(土)に復旧しました。すこしずつ回復しております。ガスが無いと館内暖房が出来ません。開園までもうしばらくお待ち下さい。いつでも開園できるよう職員一同がんばっております。

~早春の草花が次々と咲きだしました。~

 草花は自然の摂理に従って、日照時間が長くなると次々に芽を出し成長をし始めたり、中には花を咲かせたりしています。

Img_0106

*ミスミソウ・・・白い六弁花が清楚です。

Img_0132

*セリバオウレン・・・一面に咲いています。

Img_0111

Img_0109 

*カタクリ・・・蕾が下を向いて伸びています。もうすぐ花が咲きます。

Img_0126

*ショウジョウバカマ・・・放射状の葉の真ん中に桃色の花が咲きだしました。園内のあちらこちらに生えています。

Img_0117

*キクザキイチゲ・・・薄紫の花がとても上品ですね。

Img_0121

*ミズバショウはこのくらいの葉が出ました。

Img_0116

*ウバユリも特徴ある葉を広げました。

 野草園の地震による被害は、建物はサッシ戸のズレや入り口の段差などをはじめ、前回お知らせしましたとおりですが、安全に気をつけてただいま準備中です。それから開園できるよう願っております。

~~~1年間「野草園にどうぞ」をご覧くださってありがとうございました。

          仙台市野草園 園長 伊深正文~~~

Img_3593

<開園を待つ高山区>

東日本大震災野草園も被害!

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、沿岸部で想像を絶する被害が発生しました。未曾有の災害で大変な事態が発生しております。災害に遭われ亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 野草園でも被害がありました。天井のライトが落ちたり、地割れが起きたりしましたが、沿岸部の被害に比べれば、軽いほうと言えましょう。日本植物協会からも安否確認のお電話を頂きありがとうございました。職員は皆無事であることをご報告いたします。

Img_3601

<入り口付近>

Img_3599

<パンフレット散乱>

Img_3608

<引き出しが全て開く>

Img_3647

<とちのき広場の亀裂>

Img_3611

<敷き石にもズレが>

Img_3641

<標本室内部>

 たまたま私は、外で土作りをして篩をかけていた時です。ものすごく大きなゆれがあり、長い時間続きました。南側のNHKのテレビ塔がS字にゆれるので折れるのではないかと思った程です。

Img_3613

<圃場の鉢植え>

Img_3616

<さくらそう鉢>

Img_3619

<鉢置き場>

 この地震のため、仙台市内各施設は22日まで閉館となりました。野草園は「どんぐり庵」の被害が甚大で野草館内の保守点検ならびに修理に時間がかかりますので、大変残念ながら、開園は遅れることになります。開園を楽しみにされていたこととは存じますがどうぞよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は震災が無ければこのようなブログになる予定でした。

いよいよ開園!

 お待たせしました。仙台市野草園は、3月20日(日)午前9時に開園します。園内の植物も春の日差しに誘われてそれぞれの営みを開始しました。どうぞ早春の野草をご覧下さい。

 春の一番は、フクジュソウ。次にフキノトウ。次にはザゼンソウ。その次はセリバオウレン。などなど次々に花が咲きだしてきました。また、木々もロウバイはもう盛りを過ぎ、マンサクやコウバイが咲いています。

Img_3591

<フクジュソウ>

Img_3580

<セリバオウレン>

Img_3582

Img_3581

<ザゼンソウ 株によって初めから色が違うのですね。・・あやめ池>

Img_3588

<フキノトウ>

Img_3590

<コウバイ>

~~~野草園開園週間~~~

 開園を記念しましてこの週を開園週間と名付けており、次のような行事を予定しておりますので、みなさまおいで下さい。

早春観察会

3月20日(日)午前11時から12時 

 講師 植物標本室 上野 雄規 氏

午後1時から2時

 講師 名誉園長 管野 邦夫 氏

3月21日(月)午後11時から12時 午後1時から2時どちらも

 講師 植物研究会長 高橋 和吉 氏

開園プレゼント

 ことしから開園の1週間を「開園週間」として、入園された方には次のようなプレゼントがあります。

3月20日(日)~27日(日)

野草園特製コースター(クリ材)

毎日先着20個ずつ配付

3月20日(日)21日(月)

野草苗配付 先着100名分

この実 なんの実?

 イネの穂のようなものは、メタセコイアの花穂です。先日、東北電力さんが電線に架かる樹木の枝を払って行きました。野草園入り口のメタセコイアも、電線に架かるところはずいぶん切り取られてしまいました。その枝を拾って見ると、昨年の実とこれから咲く花穂を見つけました。

Img_3575

Img_3576

花穂はずっしりとして、スギの花よりたくさんついています。メタセコイアからも多くの花粉が飛ぶのでしょうね。

 早春の代表のミズバショウは、今は葉が出てきたところです。あの白い包はもう少し暖かくなって来たら出てきます。

Img_3584

(園長:伊深 正文)

↑このページのトップヘ