野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2011年10月

紅葉・黄葉・観楓会

Photo_3 <旧入口のイロハモミジ>

Photo_2 <彫刻広場のユリノキ>

野草園だってきれい・・・・!

写真は昨年の紅葉・黄葉の様子です。今年はどうでしょうか。

紅葉といえば秋の風物として古から名高いものです。古今集・新古今集には数多くの秋の歌が残されており、紅葉に関することが歌われています。野草園では「紅葉・黄葉・観楓会」を今年初めて企画しました。「こうよう」は黄葉もあると主張したいのですが、万葉集には「黄葉」と書いて「もみじば」と詠ませているのです。とっくの昔から紅葉への関心が高かったことが分かりますね。

めづらしとわが思ふ君は秋山の初黄葉(もみじば)に似てこそ有りけれ(一五八四)

黄葉(もみじば)の過まく惜しみ思ふどち遊ぶ今夜(こよい)は明けずも有らぬか(一五九一)

春は桜狩。秋は紅葉狩。日本の四季は私たちに豊かな恵みをもたらしています。これが私たちの心を癒してくれるのです。自然の中に人間があり、そこでいかされていることが実感できます。燃え上がるようなイロハモミジの紅葉をぜひご覧下さい。このごろの気象はやや変わっているので、色づきはどうでしょうか。秋の錦が見られるといいですね。野草園だってキレイに紅葉します。街中の紅葉名所、野草園にお出で下さい。

Photo_5 

紅葉:イロハモミジ・オオモミジ・ヤマモミジ・ハウチワカエデ・ウリハダカエデ・エゾイタヤ・ニシキギ・ナツヅタ・ウルシ・ツタウルシ・ハゼ・ヤマボウシ など

黄葉:コハウチワカエデ・マンサク・ユリノキ・トチ・ラクウショウ・サンショウ など

11月3日は、東北分化の日で各施設とも入園料が無料です。今回は、秋保大滝まつりと重なって野草園ではこの日の行事を行いませんが、5日(土)と6日(日)には、『紅葉・黄葉・観楓会』を行います。特に5日はお茶会をしますので、紅葉を見ての一服をご賞味下さい。また、今年初めて企画しました「観楓会」では、園内のガイドも行いますので、ぜひおいでください。

 さて例のDNAによる植物分類では、楓類は、ムクロジ科になってしまいました。誰がきめたのでしょう。

観楓会の催しのご案内

11月5日(土) お茶会 

10時~12時  13時~14時 裏千家千葉社中

11月5日(土) 6日(日) 観楓会

11時~12時  13時~14時

案内者野草園ガイドボランティアの方々・園長

晩秋の花見頃

いよいよ冬の花が咲きだしました。一番はツワブキでしょうか。次にはサザンカが咲きます。11月27日の植物感謝祭はサザンカの花に囲まれて」行われます。

<サザンカ>Photo_8

<ツワブキ>Photo_9

<コンギク>Photo_10

<ハナイソギク>Photo_11

<イソギク>Jpg

<ハンカチノキの実>Photo_12

ドングリよもやま話

さて、ここでお詫びいたします。今年はドングリが豊作と一時期テレビ放送で話しましたが、どんぐり山にもドングリの実は見当たりません。あのときは、コナラシギゾウムシがドングリの実」のなっている枝先をどんどん下に落としていた時期なのでした。それで「豊作」と話してしまいましたが、コナラシギゾウムシがあちらこちらのドングリの実を落としてしまって、今はあまり落ちていないのです。 九月頃は、たくさん小枝についているドングリが落ちていましたが、この虫が卵を産みつけて幼虫が育つというシステムです。すると来年はもっとコナラシギゾウムシが増えるかもしれません。それで結果としては「ドングリは不作」ということになってしまうのです。

野草園はどんぐりの宝庫と思ってせっかくおいでのお子さんには申し訳ないことです。ちなみにドングリには、1年で実るものと2年かけて実るものがあります。そのどちらも今回は不作です。来年はなってほしいですね。

1年で実るドングリ:コナラ、ミズナラ、カシワ、アラカシ、シラカシ、クリ

2年で実るドングリ:クヌギ、マテバシイ、アカガシ、ウバメガシ、スダジイ

<園長 伊深正文> 

野草園の紅葉も綺麗です。

Img_2242

 来る11月3日は、東北文化の日で入園無料です。この日を中心の週を「紅葉・黄葉・観楓会」と称して野草園での木々の紅葉を見ていただきたいと思います。

 11月5日(土)には、お茶会を開くことになりました。観楓会のあとにどうぞ一服お召し上がり下さい。担当は裏千家千葉社中の皆様です。

 期間中は、観楓観察会も行う予定ですので、どうぞおいで下さい。

どんぐりやまで遊ぼう!

 10月10日(月)体育の日で祝日には、「どんぐり山で遊ぼう」を開催しました。ご来園下さった方々には次のような催しに参加していただきました。

子供向け・・・・どんぐり独楽大会  

 仙台エコーライオンズクラブのご提供

自分で作ったどんぐり独楽がどれだけ長く回るか競いました。今回で26回目を数える伝統の行事です。近隣4つの小学校にチラシを配った効果?があったようで昨年より2倍もの参加者がありました。

開会式では、「どんぐりころころ」を草笛伴奏で歌いました。

Img_2747

<開会式>

草笛伴奏 神宮寺さん

歌 指導 菅野名誉園長

挨拶   伊藤仙台エコーライオンズクラブ会長

Img_2763

どんぐりごま第一位の人は39‘42であと2秒で新記録という好成績が出ました。

Img_2753

<どの子も真剣に回します。>

3img_2767

3回まわして一番よい成績が結果です>

大人向け・・・・苔玉つくり

Img_2721   

 お部屋のインテリアとして季節を感じさせる、コケと小木を使った置物が出来上がりました。

 苔玉には、ツワブキ・モミジ・ジャノヒゲ・イヌマキ・コナラ・コンギクなどを植えました。短時間で趣のある苔玉が出来上がりました。

Img_2733

Img_2694

大人・子供どちらにも・・・

    木の実どんぐり工作    

 自然の木の実や木の枝や葉っぱなどで、オブジェを作りましょう。作り方は、野草園職員がお手伝いしました。なかなか面白い作品が次々に出来上がりました。

Img_2731

Img_2730Img_2727 

<それぞれの素材をよく生かして作ってあります>

Img_2728 Img_2729

<気持ち良い秋空の下、親子連れで工作教室の参加していました。>

オーケストラと植物と

 先日「アジアオーケストラウィーク2011」の仙台公演を聴きに行きました。

 私は、併せて先日の萩まつりでの仙台フィルの演奏の御礼を役員の方々にしました。

 このコンサートの演奏団体はニュージーランドのクライストチャーチ交響楽団と仙台フィルハーモニーです。プログラム最後の曲はチャイコフスキーの交響曲第5番で、2つのオーケストラが合同で演奏しました。

 その時、ビオラの主席のお二人の女性奏者は、全く同じ動きで演奏していることに気付きました。曲もチャイコフスキーですから、曲の抑揚の幅が大きいわけですが、ニュージーランドと日本の団員のお国の違うおふたりの格別大きな体の振りを見て、音楽の情動は世界共通ということを更に強く印象付けられました。

 同時に私は植物を思い出していました。<さすが野草園勤務ですね>それは、ヤナギランのことです。

 これは、北半球に生えている山火事の後などに咲くという植物です。一面に咲く風景は、誰でも心ひかれるものです。私は尾瀬沼のほとりで見たのが印象深いのです。

 そこで、今年も植えているのですが、どうも野草園ではうまく根付いていません。ぜひ世界共通の野草で名高いヤナギランを一面に咲かせて見る人の心を動かしてみたいものと思っているのです。

 また、プログラムの初めは、日本とニュージーランドの作曲家の作品が演奏されました。曲想が全く異なります。これは、植物でいえばそれぞれのお国の固有種ではないか、と思わせられたのでした。 

こんな聴き方、みなさまいかがでしょう。

Img_1100

<芝生広場西のヤナギラン>

見頃の花

Img_2642

<センブリ>

Img_2646

<リンドウ>

Img_2782

<オオニガナ>

Img_2784

<センウズモドキ>

Img_2773

<オヤマボクチ>

Img_2827

<ハマギク>

Img_2813

<ダイモンジソウ>

Img_2837

<シュウメイギク>

(園長:伊深 正文)

P8020440

萩まつり後半

萩まつりの後半の3連休は晴天に恵まれ、大勢の方が来園されました。

***9月23日(金)萩の音楽会Ⅱ*** 

 Putit Ruxeの方々による演奏会を行いました。11曲約1時間30分に亘り演奏して下さいました。ピアノの演奏は、米澤美紀さん。ヴァイオリン大和香奈子さん菊池祥子さんの3人です。心いやされるプログラムにみなさん満足されてお帰りでした。

Img_2404

Img_2398

Img_2401

****24日(土)篠笛演奏会***

 篠笛山口流の社中のみなさんが午前10時~午後3時まで多くの曲を演奏して下さいました。篠笛の音色は萩の丘に響き心に染み入るようでした。ありがとうございました。

Img_2413

Img_2419

Img_2431

25日(日)野点:織田流煎茶道

ハーモニカ演奏会:いずこハーモニカクラブ 

花の詩のつどい:仙台童謡愛好会

 萩まつり最終日は、三つの団体がご協力下さいました。演奏の午前は、大河原の「いずこハーモニカクラブ」のみなさん。四人が75歳以上の方々とのことですが、息もぴったりでハーモニカの独奏や合奏を聴かせて下さいました。お使いになるハーモニカは、調によって楽器が異なるとのことで、10本くらい準備されておいででした。

Img_2467

午後の部は、「花の詩の集い」として仙台童謡愛好会やおてんとさんの会の皆様方のコーラスでした。萩の滝を背景に、懐かしい曲をご披露いただきました。最後は、聴いている方々とも手をつないで大きな輪になって「青葉城恋歌」や「ふるさと」を歌い上げました。

Img_2504

Img_2501

音楽が流れる中で、織田流煎茶道の渡邊南香さん社中のみなさんによる野点が行われました。お菓子はウサギの模様のあるお饅頭で、秋の風情を感じさせるお茶席でした。

Img_2508

Img_2480

Img_2468

また、当日はJR長町駅主宰の「小さな旅」の参加者もお出でになり、遠くは三春からおいでいただいた方もおられました。

台風15号の被害

 沖縄の東で一回転した台風15号は、日本列島を縦断し、野草園にも被害を与えて去って行きました。

 その被害の一つは、高山区上の針葉樹の林の中のカラマツが倒れたことです。樹齢は60年もあると思われますが、電線にも架かるように倒れたのですぐに伐採しました。

 

Img_2362

Img_2374

Img_2380

 また、米研沢の砂防ダムの上の斜面のニセアカシアが倒れて、民家の庭先まで倒れて消防にきったもらったとのことです。さらに大量の雨で、園路が掘り取られたり水琴窟が土砂に埋まったりしました。

Img_2441_2

Img_2353 Img_2354

木の実・草の実展

 草本54種・木本97種もの木の実や草の実を2階に展示しています。どうぞご覧ください。151種類もの実はすなわち実りの秋そのものです。変わった実や、薬になる実など様々な植物の変化をご覧ください。~14日まで展示します。

Img_2583

Img_2582

Img_2587

<お知らせ>

10月10日(月)体育の日で祝日

「どんぐり山で遊ぼう」を開催します。

子供向け・・・・どんぐり独楽大会  

   仙台エコーライオンズクラブのご提供

 自分で作ったどんぐり独楽がどれだけ長く回るか競います。ふるって参加して下さい。

大人向け・・・・苔玉つくりの体験

 お部屋のインテリアとして季節を感じさせる、コケと小木を使った置物を作ってみて下さい。

どちらも・・・・どんぐり工作

 自然の木の実や木の枝や葉っぱなどで、オブジェを作りましょう。作り方は、野草園職員がお手伝いします。

↑このページのトップヘ