野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2012年06月

Photo

アジサイが見頃です

 野草園には180メートルにわたって約1,000株12種類のアジサイが植えてあるあじさい区があります。主にエゾアジサイを中心に植えてありますが、ガクアジサイやヤマアジサイなども咲いています。一面に咲く様子は、アジサイ橋から見ると見事ですので、どうぞご覧下さい。

Photo_2 Photo_3

野草風譚

野草園誕生のころ

 園長の私が毎月第2土曜日に野草風譚という野草についてのあれこれをお話ししています。今回は「野草園誕生のころ」と題して、ゲストに名誉園長の管野邦夫さんをお招きして、野草園開設の頃の苦労話やエピソードをお聞きしたいと思っています。

 野草園の歴史にある「戦後荒れた大年寺・・・」と言う表現から何が読みとれるかとは、職場体験の中学生に私がいつも質問することです。空襲で物がなくなったこと、ご飯は釜で炊いたということ。そのために薪を山から切り出したということを、考え巡らしてもらわないと、この言葉が理解納得できないのです。これがあって、加藤多喜雄氏の山野草が絶滅することを心配して、野草園を作ったらどうかという提案になるのですから。

 考えと言うものは、考えるほど尽きないし、いろいろ考え尽くせないものなのですね。

 野草園は今年の7月21日に58歳の誕生日を迎えることになりました。58年間の成長は、振り返っても、波風の多い大変な時代を乗り切って来たものと推測します。どうぞお話しをお聞きにお出で下さい。入場は無料です。

 なお、誕生記念日を挟んで野草園誕生週間を設けます。野草園の歴史が分かる写真展を8日から16日まで開きますのでこちらもご覧ください。

<催事のお知らせ>

アジサイ観察会

6月30日(土)、7月1日(日)

星空を楽しむ会

7月16日(月・祝)午後5時から午後9時まで

 天文台とのコラボ企画で、今年で3回目になる企画です。夜間開園の入園は無料です。芝生広場で寝転がっての星の観察はいかがですか?

ヤマユリ観察会

7月21日(土)22日(日)

誕生祝い音楽会

7月21日(土)午前11時から正午まで

 とちのき広場で女声コーラスグループ・花音(カノン)のみなさんによる、季節の歌16曲が合唱されます。

7月22日(日)午前11時半から正午まで

        午後1時から午後2時まで

 オカリナ演奏グループ・ラピスの演奏があります。

「ねんりんピック宮城・仙台2012」のPR活動で、むすび丸が野草園に来るよ!

7月1日(日)午後1時半から午後2時半まで

 ねんりんピックキャラバン隊からのお知らせで、むすび丸が野草園で宣伝するそうです。メッセージを書いてくれた人には、プレゼントがあるそうです。みなさんお出で下さい。

<見頃の花>

Img_1163

ノハナショウブ・・・高山区、水生区

Img_1169

ヤエドクダミ・・・高山区

Img_9853

オカトラノオ・・・めがね池

Img_1555

ヤマブキショウマ・・・全園

 他にもいろいろな植物が花を咲かせていますので、みなさまどうぞお出で下さい。

いよいよ梅雨
 梅雨時は、白い花が似合う野草園です。雨の中もゆっくりと植物の発信を受けて気分を和らげていただければと思います。ぜひお出で下さい。
 今咲いている見頃の花は次の通りです。

Photo_4
<シモツケ>
Img_5452

<ウツギ:ウノハナ>

Photo_5
<ヤマホタルブクロ>

Photo_6
<ヤマブキショウマ>
 それから、香りの強い花もこの時期に咲き始めます。寿命が延びるような気がするから不思議です。

015
<スイカズラ>
薬草区に植えてあります。
<ハマナス>
彫刻広場で見られます。

***珍しい昆虫***
 先日台風3号の影響でしょうか。アサギマダラとモンキアゲハを見つけました。野草園では羽化しないのはアサギマダラです。台風の風に乗ってきたのでしょうか。と私は思っていますが、いかがですか。どちらも飛び方がゆっくりなので、愛好家に捕まえられたら大変と思っています。どうか捕まえないで静かに見守って欲しいと思います。また、野草園にはホタルがいません。水琴窟のせせらぎがありますので、ぜひホタルが生息すればいいなと思っています。

日本植物園協会大会
 日本植物協会第47回大会が東京で行なわれ、園長として出席してきました。全国の園から昨年のお見舞いや、励ましのポスターやメッセージについてお礼申し上げてまいりました。また、夢の折り鶴贈呈式を仙台で行ったことの報告もされました。
 総会・分科会の会場は東京大学の小柴ホールで、ちょうど安田講堂の北側の建物でした。東大の構内は広くて大木と大きなビルの風景で、三四郎池は、昔の大名屋敷の面影を残していました。

P1020294
 最終日は、神代植物公園に行きました。昨年50周年記念を行なったという事で、野草園の参考になると思って視察しました。園内は27haもある広大な敷地で、今回はバラ園と温室を中心に見てきました。

P1020400 2p1020397
<熱帯性のスイレン>

P1020418 2p1020389
<バラ園の様子>

野草風譚
毎週第2土曜日に行ないます。第3回『森の話』6月9日

P1020245
<岩沼の植樹祭>
 今回で3回目になる園長の『野草風譚』は『森の話』でした。ゲストに北山輪王寺のご住職の日置道隆さんをお招きして、野草園の森の話と輪王寺の森の話とご住職が積極的に活動されている「命の森作り」の海岸植林の話でした。

Img_5384 野草園の森は、この7月で58歳を迎える木です。欅(ケヤキ)や樅(モミ)の大木となってすばらしい緑を形成して、大都市仙台の緑の島を作っているのです。しかし、虫害や病気や台風や大雪で被害が出てきたことをお話しました。日置さんは、新しい道ができて参道の杉600本を伐採したあとの市民による森作りの話と、今回の東日本大震災の津波で流された海岸の松と人々の命を守る森作りの実践をお話されました。

Img_5408

 野草園で芽生えたトチノキやシロダモの苗を海岸の林の復興に協力したいものです。

<催事のお知らせ>

初夏のきのこ観察会 6月16日(土)

あじさい観察会 6月30日(土)、7月1日(日)

植物がつくったふるさとの風景展 6月16日(土)〜7月1日(日)

宮城県内の風景・主に歌津・志津川の景色

↑このページのトップヘ