野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2012年10月

いよいよ11月ですね。
Topimg_7433
 
野草園の木々も色づき始めました。モミジ・カエデ・ニシキギ・メグスリノキ・シラキ・ウルシをきれいな葉の代表株とすれば、二番手はトチノキ・サクラ・ケヤキ・ユリノキなど黄色く、紅く紅葉しています。街中の紅葉名所野草園にどうぞお出で下さい。
 
木の葉の色づきは、天候に大きく左右されます。ずっと温暖な気候で急に冷え込んで霜が降りるようですと、それは見事な紅葉になります。寒いのは苦手ですが、紅葉の為に我慢しましょうか?
 
しかし、こんな自分勝手なことを言うのも人だからで、他の動植物はそんなことには一切構わず自然のなりゆきに任せているのですね。
 
11月に紅葉・黄葉・観楓会をしますので、どうぞお出でください。

Img_7441_2

 

紅葉・黄葉・観楓会

●観楓会ガイド
11月10日(土)・11日(日)
    1回目 
11:0012:00

    2回目 
13:0014:00

園長とガイドボランティアによる解説と案内を行います。

●お茶会
11月10
日(土)
   午前の部 11:00
~12:00
   午後の部 
13:00~14:00
協力:裏千家千葉社中

11月11
日(日)
   午前の部 11:00~12:00

   午後の部 13:00~14:00
協力:織田流煎茶道 多田社中


●音楽会
「秋の草木の歌」バリトン独唱
11月
11日(日)
13:30~15:00
協力:草刈伸明氏ほか

Img_7439
<ゴヨウツツジの紅葉>
Img_7429
<ダンコウバイの黄葉>


ススキのフクロウ作り
 
10月24日に中野小学校の1年生が野草園にやってきました。ここは昨年の大津波で校舎も地域もすっかりやれられしまったところです。東日本大震災小学校学習活動支援で、体験学習をお手伝いしています。今回は昨年に続き2回目です。ジャンボタクシーで到着したのは、6人の1年生でした。みんな元気にまずはどんぐり拾いに行きました。次に、ススキのフクロウ作りをしました。実はオギの穂を名取川の河口近くで取ってきた物です。

P1110993
「みなさんの学校、中野小学校の蒲生干潟や七北田川の河原にはたくさん生えているものですよ。」と私が話すと、担任の先生が「この子たちは、今の校舎に入学したので、蒲生の校舎は分からないのですよ。」と教えてくれます。なるほど、平成13年に全国野生生物保護実績発表大会で環境大臣賞賞をもらった小学校も、あの津波で干潟を体験するすばらしい伝統すらも流されてしまったのです。たいへん残念なことです。
 
出来上がったフクロウには、幸福を呼んでほしいと切に思いました。
P1110997
<なんとか出来上がりました>


これからのイベント・展示案内

●園長の野草風譚
「どんぐりいろいろ」

◎日時=11月10日(土)11時~12時

◎ゲスト 滝口 政彦さん
 
今回のプレゼントは、もちろんどんぐりです。どんぐりを調べるといろいろなことが分かってきました。ます童謡の「どんぐりころころ」の作詩者はなんと松島町出身の青木存義さんであることや、戦前までドングリを常食にしていた山里があったなど興味深い話ができそうです。

ボタニカルアート展

◎期間=11月13日(火)~21日(水)

見頃の植物
 秋の終わりに向けて秋ならではの野草が咲き始めました。11月の最終日曜日25日には、「植物感謝祭」で一年を締めくくります。それまでの見頃の花や実をお知らせしましょう。

Img_7432  Img_7427
<ツワブキは咲き始め>  <コンギクとシュウメイギク>
Img_7390  Img_7419
<チャの花のスズメバチ注意!> <タイワンホトトギスもまだまだ>
Img_7373  Img_7408
<色とりどりのノブドウ> <ナツハゼの実は酸味があります>
Img_7394  Img_7379
<ガマズミの実は鮮やか> <ヒヨドリジョウゴは宝石のよう>

 現在野草館では、11月4日まで絵画展「森からの贈りもの」を展示しています。作者の浅野恭佑さんの自然と動物たちを描いたアクリル画です。浅野さんは作並に住んでおられるとか。自然の美しい一瞬を見事な集中力で描き出しています。

Img_7397  Img_7403
(園長 伊深 正文)

木の実・草の実展(21日まで)
Photo_3
 
秋の定例の展示「木の実・草の実展」が開催されました。120種の木や草の実を集めました。
 
この実は東北大学薬学部からいただいた普段見られない薬草や、野草園内で採取したものです。
Photo_4
 
木の実のバリエーションをお楽しみください。赤い実・黒い実・青い実・黄色い実・緑の実・橙色の実・
どうしてこのように色に違いが出るのでしょう。また、形も様々です。自然の不思議をごらんください。
 
もしよろしかったら、ナツメの実を味わって見てください。大きな瓶に挿してある枝からとってみてください。
 
野草風譚で安積先生は、ナツメと飴玉の面白い体験をさせてくれましたね。
実りの秋
 
テレビでは、山のブナやドングリが不作で、熊が里に降りてきているというニュースがしばしば流れています。ところが我が野草園では、今年はドングリは2年ぶりに豊作なのです。コナラも実が大きくて驚いています。またクヌギも2年目の実が落ちて来ました。
Photo
先日もどんぐり山から歓声が聞こえてきます。幼稚園児がドングリを見つけて先生に報告しているのです。お子さんがたが喜ぶドングリをぜひご家族で拾いに来て下さい。
Photo_2
 
ドングリの落ちているところは、どんぐり山と彫刻広場の周囲です。




どんぐり山であそぼうのお礼


 先日のどんぐり独楽大会では、今までにないような人出がありまして、嬉しい悲鳴を上げたところです。駐車場が15台待ちと言う状態になったこと、お待ち下さった方にお詫び申しあげます。677人ものお客様にお出でいただきまして、どんぐり独楽大会や苔玉つくりや工作教室の3箇所も参加者が多くて驚きました。また当日は、「ラブリーオカリナ」という団体と常連のみやぎ草笛愛好会の神宮寺さんも演奏をして下さいました。10月8日は、晴天に恵まれ、気持ち良く過ごしていかれました。
3
<どんぐりごま大会>
2
<苔玉作り・お気に入りの仕上がり
 
1
<ラブリー・オカリナの演奏>
Photo_5
<どんぐり山の工作教室>




≪これからの行事≫

①写真展「四季の花々」
期間=10
月15日(月)~27日(土)

②絵画展「森からの贈り物」
期間=10
月25日(木)~11月4日(日)


③紅葉・黄葉・観楓会
◎日時=11月10日(土)11日(日)
紅葉を楽しむ様々な催しを行います。
・茶会 10日・11日 各日11時~14時
・音楽会「秋の草木の歌」11日 13時半~15時
・紅葉ガイド 両日 11時~、13時~

④園長の野草風譚「どんぐりいろいろ」
◎日時=11月10日(土)11時~12時
◎ゲスト 滝口 政彦さん

⑤ボタニカルアート展
◎期間=11月13日(火)~21日(水)


<野草園園長  伊深 正文>

歌の集まり風 演奏会

11月4日(日)13:30~15:00

宮沢賢治 原作 「虎十公園林」
晴れるといいネ!
 
首都圏から30人もの合唱団が来て芝生広場で歌います。


萩まつりが終わりました。
9月30日の月見の会を最後に萩まつりは、予定された日程と内容を全て行うことができました。何回も足を運んで下さった皆さんもおいででした。本当にありがとうございました。
最終日の様子をお知らせしましょう。

9月30日(日)
ピアノとヴァイオリンの演奏
 
昨年に引き続き、プティリュクスのおニ人による演奏です。ピアノ米澤美紀さん、ヴァイオリン大和香名子さんによるデユオで15曲演奏されました。初めて聴くような新鮮な音楽にあふれた演奏会でした。1時間があっという間に過ぎていくひと時でした。
3011
3012


月見の会
 
夕方5時から無料開園となり、次々に入園者がありました。今回初めての、杜の都伝統文化親子茶道教室の皆さんが野点をして下さいました。集まった子どもさんの中には、着物を着た男子や女子の姿もあります。神妙な顔つきで、月見まんじゅうをお配りしたり、お茶を運んだりしました。また、これと並行して、童話の読み聞かせもありました。そして・・・向こうからは、オカリナの音色が響いてきます。
 D30_2356
とても静かで鈴虫の音が聞こえる中で6時45分まで開催されました。この日は台風17号が本州縦断するとのことで雲行きが怪しい天気予報でしたが、TBCの佐藤正則予報士さんからの情報もいただき開催を決断しました。雨は片付けが終わる8時過ぎにポツリポツリと降ってきましたが、無事全日程を終了してひと安心しました。
 
残念なのは、月が見られなかったのです。次の日は台風一過で抜けるような青空。十六夜の月を愛でた方も多かったものと思います。
 
おかげさまで、萩まつり期間中の入園者は4,705人で昨年よりも1,204人の増加となりました。皆さんおいで下さりありがとうございました。またご出演下さいました各団体の皆様に感謝申しあげます。

3021
<月見の野点のようす>

3022
<尚絅学院大学の茶道部のお手前>

3023
<オカリナ・ラピスの方々の演奏>

3024
<園路は絵とうろうに点火>

<野草風譚のお知らせ>
「リンドウと薬草」
 
こちらの手違いで、10月の市政だよりには載りませんでしたが、今月も第2土曜日10月13日に野草風譚を午前11時から行います。テーマは、「リンドウと薬草」

についてです。ゲストは自称「薬草案内人」の安積茉莉子さんです。もしよろしければお出で下さい。もちろんプレゼントは、リンドウの苗を上げたいのですが、あいにくなかなかリンドウは殖えなくて、別のものになります。お楽しみに。

10月前半の行事>

10月8日(祝・月)
秋のどんぐり山で遊ぼう!
時間
11:00~15:00
①どんぐりごま大会

Img_2753
 お子さん中心に自分でつくったどんぐりごまを回して競います。長く回った人にはチャンピオン賞をあげます。低中高と大人の部門で競い合います。景品の提供は、仙台エコーライオンズクラブからいただきました。場所は、芝生広場の石卓で行います。

②苔玉つくり
 来園者対象に苔玉作りを体験してもらいます。お部屋の小さなインテリアにふさわしいと思います。参加料は無料です。
③どんぐり山工作教室
 芝生広場のテントでは、工作教室を行います。木の実を使ったオブジェ。竹を組み合わせた飾り物。木の枝にまつぼっくりを付けた置物など自由に作ることができます。こちらも参加は無料です。

10月12日(金)~21日(日)
木の実・草の実展
 
秋の実りの様々な木の実や草の実を展示します。役立つものや遊べるものなどいろいろ興味深いことがあると思います。
10月14日(日)
秋のきのこ観察会
時間13:30~15:00
 
園内で採集したきのこを仙台きのこ同好会の会長の鑑定で見極めます。申し込みは10月6日(土)午前9時~電話受付。定員30名です。
10月15日(金)~27日(土)
写真展「四季の花々」
 
園内外の植物を写した写真展です。秋の風景や草木の美しさをごらん下さい。
10月28日(日)
草木染め教室
どんぐり山の染め工房

時間13:30~16:00
 
小学生の子どもと保護者対象の染め教室です。申し込みは10月6日(土)午前9時~電話受付。定員10名。

<見頃の花>
ヒガンバナがやっと咲きました。
Img_7137
Img_7138  
旧門に植えたものは、3年目ですが、こちらは今から咲きますので、お楽しみに。また今年白花のヒガンバナも芝生広場に咲いています。どうぞお出で下さい。
<仙台市野草園園長  伊深 正文>

↑このページのトップヘ