野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2013年05月

ホ ト ト ギ ス の 初 音
 いま、野草園では、毎日ホトトギスの声が響き渡りま
す。「ホッキョッキョゥキョー」と私には聞こえます。みな
さまのところにはホトトギスはいますか。この季節には
欠かせない鳥の声です。
 さて、ホトトギスが啼くと思い出すのは、伊達政宗の
最後のことです。政宗のホトトギスの初音を聞くという
習いは、和歌をたしなんだころからのようで、毎年のめ
ぐりの節目として、聞かないではいられないというよう
でした。政宗は4月20日に江戸御発足と決めていた
もののホトトギスの初音を聞いていないといって19日
もあちらこちらに出かけて、夕暮れに帰ったということ
が伝えられています。 20日の朝早く若林城を出て、
増田に来た時に時鳥(ホトトギス)の姿を見て、声を聞
いたのでした。そこでお供が「けさちかく初音きかせら
るる事御仕合よし」と申し上げると、 「をのをの申さる
る事なれども、旅人の門出には不如帰となく鳥なれば、
門出にかへらんにしかじは いむよし尤の義也。心に
かけての事にはなし。」と答えたとのこと。
            (「木村宇右衛門覚書」から。)
 今日5月30日は太陰暦で4月の21日ですから、伊
達政宗が、自分の余命いくばくもないことを悟り、江戸
に出立し白石城に泊まった日となります。家来思いの
ことが、ホトトギスの初音を通して教えてくれます。そ
の意味でも野草園でホトトギスが啼くたびに様々なこ
とを考えさせられます。
 ところで野草園の今年のホトトギスの初音は、5月
15日ですから、月の暦では4月6日となり、政宗の時
代に比べるとずいぶん早いこともわかります。
Photo
 野草園には、ほかに私の好きなキビタキや鳴き声の
珍しいガビチョウなどもいますが、仙台市の市の鳥で
あるカッコウは、私は聞いていませんが、職員が聞い
たというので安心しました。

エフエムたいはく「ほっとすてーしょん」の放送
 6月14日(金)の14:00~14:30にエフエムたいは
く(78.9MHz)「ほっとすてーしょん」の中で「野草園
花見頃・6月号」というタイトルで放送しますのでお聞き
ください。
 私が、6月6日に「6月の見頃の花、特集エゾアジサ
イ、これからのイベント」について収録します。

福島市松川町のクマガイソウ
 
野草園においでになるお客様方から、松川町のクマ
ガイソウの自生地を見て来たというお話を次々にいた
だきました。ぜひ見ておかなくてはと思って行ってきま
した。素晴らしい景色でした。
 
 
Photo_2Photo_3
 蔵王町の篤志家の栽培されているクマガイソウの群
生を昨年拝見したご縁で、今年は職員を連れて研修し
てきました。野草園のクマガイソウは、株分けして135
花が咲きましたので、栽培方法を学びさらに見どころを
増やすようにしたいと思っているところです。
 今回見て来た福島県松川町のクマガイソウ群生地は、
標高も高く、杉の林もうっそうとして森林浴にはもってこ
いの場所でした。急斜面にもかかわらずクマガイソウは、
生き生きとして見事に咲きそろっていました。

これからの行事
 6月8日(土) 野草風譚「あじさいの魅力」
    10:30~12:00 (
ガイドボランティア受講者は10:00から
 6月9日(日) 緑陰ヨガでリフレッシュ
    
10:30~12:15  先着20人 6月6日から受付
 6月12日まで ボタニカルアート展

野草園見頃の花
Photo_4Photo_5
  ニッコウキスゲ                 ヤマボウシ

Photo_6Photo_7
 
  ユリノキ                   マルバダケブキ


Photo_8Photo_9
  タカネバラ                 シシウド

 
その他にも、アヤメ、コマクサ、ミズキ、ササバギンラ
ン、シラン、ヤマオダマキなどなど様々な山野草の花
が次々に咲きました。みなさまどうぞおいで下さい。
              < 園長 伊深 正文 >






















ハンカチノキが見ごろです!
Photo

 5月になると今年もたくさんの花が見ごろになりました。連休の5月4日には783人もの方がおいでになりました。連休中の人出は4,256人で昨年より8%増えました。おいでくださいましてありがとうございました。
 さて、5月は花々が次々に咲く時期です。特に「ハンカチノキは咲きましたか。」というお問い合わせが、一日に5件ほどあります。本当にハンカチノキの開花を待ち望んでおられる方の多さに改めて驚かされます。寒さが続いているので、なかなか咲きませんでしたが、5月8日ごろから白い苞(ほう)が出てきて、今が見ごろになりました。
 また、ハンカチノキにも花の形としては勝るとも劣らないクマガイソウも咲き出しました。
 竹林と杉林に群生するように管理していますので、どうぞご覧下さい。
Photo_2
野草園のさくらそう展 ~5月20日まで
 野草園では、宮城県や仙台市に自生していたサクラソウの原種も展示することにしました。種類は、釜房・川崎・国見・越路・下愛子・仙台赤・坪沼・南光台・八木山の9品種です。野草園の調査研究事業として、さくらそうの保護育成の活動とするものです。 
Photo_3
 野草園にあるさくらそうの品種は、235種類、鉢数にして630鉢ほどあります。これまでは、圃場のみで育てており、みなさまにお見せしていなかったものです。江戸時代から改良が進んだ品種と、原種を比べると、人の営みの素晴らしさに気付かれることと思います。

トビの子育て
 園内の芝生広場の南西のアカマツの木の上にトビが巣を作って子育てしています。ヒナが2羽いるようです。ときどきお客さまから、お弁当を取られたという報告がありますので、お気をつけてください。このトビは強くてカラスを追い払ったようです。
Photo_4  Photo_5
思いついた時の園長だより
 「思いついた時の園長だより」というチラシを私は作成しています。発効日はまちまちで、それこそ思いついた時なので、不定期ですが、この時期は次々に花が咲くので、何回も作成しています。早いもので5月11日号で31号となりました。こちらもご覧ください。
35
 35号を載せてみました。これをB4版にして、ハードケースに入れたものを貸し出しております。主に見ごろの花をお知らせしようというわけですので、うっかりすると花がすでに終わっていることもあります。丹念に園内を巡って、どんな花を見ていただこうかと思って作っていますが、新しいパソコンでは、(私が慣れず)作成ソフトが変わって、難儀しています。以前花と植生場所を線でつないでいましたが、面倒なのでこれからは、手書きで引こうかなと思っています。「思いついた時の園長だより」は、受付入り口のところに置いてありますので、ご自由にお使いください。

見ごろの花
Photo_6  Photo_7

  バイカイカリソウ       コマクサ

Photo_8
     アズマシャクナゲ

募集します
野草園ガイド
1
応募される方は、野草園022-222-2324までご連絡を!
○野草園ガイド講座期間
 平成25年6月~平成26年3月の毎月第2土曜日、並びに指定する日 合計14単位

○会場
 仙台市野草園 

○内容
 分類・生体などの一般的なこと、観察の方法など

○対象
 ①20歳以上の仙台市・近隣の市町にお住まいの方
 ②受講後は野草園ガイドボランティアとして活動できる方
 ③原則として指定日程の研修参加が可能な方

○定員
 
 
 20名(応募者多数の場合は抽選を行います)

○受講料
 無料。ただし、入園料(200円)をご負担いただきます。

◎締切 6月7日(金)
2

エフエムたいはく「ほっとすてーしょん」の放送

 5月号は、5月17日(金)14:00~14:30
 エフエムたいはく 78.9MHz
 今年の4月から「野草園花見頃」というタイトルで、毎月1回金曜日の午後2時から30分間、放送させていただくことになりました。私は5月9日に、~5月の見頃の花、特集クマガイソウ、これからのイベント~について収録しました。スタジオで一人でマイクに向かって話すという慣れないことなので、お聞き苦しい点もあるかと思いますが、聞き取りやすい発音やイメージできる説明を心がけなくては、とこれでも思って取り組んでまいります。どうぞお聞きください。
<園長 伊深 正文>


 

↑このページのトップヘ