野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2013年06月

ア ジ サ イ 満 開 !
PhotoPhoto_2
  アジサイ                    エゾアジサイ
Photo_3
  ヤマアジサイ
 
アジサイは5月の雨不足でやや生育が遅れていま
すが、全園にアジサイの色が目立ってきました。開
花はいつといえば、エゾアジサイの真ん中の両性花
の雄蕊の花粉が出ているころを満開とみると良いと
私は思います。
 昨日、今日とあじさい観察会をしました。野草園に
は150メートルにわたってエゾアジサイを中心に多
くのアジサイが植えられております。来園された皆さ
んは、うす水色から紺・群青まで様々に変化するア
ジサイを堪能されたようです。

野草園のアジサイ
 仙台市野草園植物目録2004年版によると野草
園のアジサイは次の種類があることになっています。

コアジサイ一番早く咲く。装飾花がない。→あじさい橋・高山植物区       
タマアジサイ
一番遅く咲く。花の苞が玉になる。→あじさい区・旧入口         
アジサイ
いわゆるあじさい。葉に光沢あり→あじさい見本園    
セイヨウアジサイ
一般的なあじさい。葉に光沢あり→あじさい見本園・鉢植         
ガクアジサイ
装飾花をもち葉が厚く光沢がある。→あじさい区
ノリウツギ
高木になる。花穂のように伸びる。→のばら区の南側     
ツルアジサイ
他の木を伝って伸びる。装飾花は4枚→芝生広場       
シチダンカ
装飾花だけで花も小さい。→植物保護室北側       
ベニガク
葉が小さく、装飾花が赤くなる。→あじさい区・鉢植
アマチャ
が細長く、薄くかむと甘い。→あじさい見本園・鉢植  
アマギアマチャ
葉がさらに細長い。→あじさい見本園
エゾアジサイ
葉が大きくて薄い。光沢はない。→あじさい区。高山植物区
      
※ユキノシタ科の項目より引用 さらにヒメアジサイも
あるようですので、13種類を数えることができます。
これから7月中旬まで見頃ですのでどうぞご覧ください。
 さて、アジサイの植物学的な分類では、アジサイ科と
して独立しました。これによって、いままでユキノシタ科
として、ユキノシタやトリアシショウマ・ヤグルマソウの
草本やスグリヤバイカウツギなどの木本が一緒だった
のがわかれたことによりわかりやすくなったのは事実
でしょう。

Photo_4Photo_5
  シチダンカ                  エゾアジサイ
Photo_6
  イワガラミ
ところで、エゾアジサイとヤマアジサイの区別は大変
難しくあいまいなのが事実です。葉の裏に毛があると
かないとか葉が大きいとか小さいとか一応の目安はあ
りますが、個体変異が大きくまた中間種や生育場所に
よる成長差などで難しいのです。


 ~~ 癒しとしての行事 ~~
    ~植物で心を和ませてください。~
  7月 7日(日)  緑陰ヨガでリフレッシュ
    
おかげさまで定員に達しました。次回は8月11日(日)です。
  7月12日(金)~22日(月)  野草園歴史展
  7月13日(土)  園長の野草風譚「やまゆり名所野草園」
             
ゲストは管野邦夫名誉園長です
  7月20日(土)・21日(日)  やまゆり観察会
  7月20日(土)  「花野歌」女声コーラス花音によるコンサート


花の盛りをご案内しましょう
Photo_7Photo_8
  ササユリ                  ノハナショウブ
Photo_9Photo_10
  クガイソウ                  ノアザミ
Photo_11Photo_12
 ムラサキホタルブクロ            アマギツツジ
 今年は、機械刈をしない高山区北斜面には、ずいぶ
んササユリが出ました。手狩りはとても大変な作業で
すが、頑張って行っています。
 また、ノハナショウブも例年以上に咲きました。高山
区と水生区と西のあやめ区です。この花の江戸紫は
本当に素晴らしい色で、絵の具にはないものです。
 アマギツツジは、ツツジ区に咲いていますが、名前の
とおり伊豆半島に自生する種類です。皐月も咲いてい
ますが、天城躑躅のように灌木になる躑躅も素晴らし
いものです。
Photo_13Photo_14
 
トリアシショウマ              ヤマブキショウマ
Photo_15Photo_16
 シロバナトウウチソウ           チョウセンキハギ
Photo_17Photo_18
 ウツボグサ                  ヤエドクダミ

  こ れ は 不 思 議 !
 さて、これはどうしてこうなるのでしょう。
 
 オカトラノオが水生区では皆同じ方向に穂先を垂れ
ているのです。西向きにそろっているのが不思議です。
また、萩見本園では、東側に倒れています。ある人が
「テレビ塔の電波に誘われているんじゃない。」とおっ
しゃいましたが、水生区ではなぜ西側なのでしょう。ほ
かのオカトラノオの群生地ではあちらこちらに穂先が
向いているのです。みなさんお分かりの方がおいでで
したらお教え下さい。  < 園長 伊深 正文 >

Photo_19Photo_21
水生植物区の同じ向き           ほかの場所のあちこち向き






  



































  

梅雨が待ち遠しい!?

 今年の5月は、気象台観測史上最低の降水量であったとの報告がされました。野草園の植物にも影響は大きいのです。伸び盛りに水分がないのですから、思う存分伸びられないのです。特に大木の下にある野草は、伸び方が悪いようで、灌水しています。たとえばエビネは、葉がさっぱり伸びないので、来年への根茎の育ちが悪いのではと心配です。
 また、水生区の池の水位が下がり、底が見えてきました。
Img_2839

 しかし、野生の植物はどこから水を得ているのか、枯れもせず茂っているものもあります。特に山百合は、いつもの年よりも草丈が高くて蕾も見えてきました。土を掘ってもすっかり乾いているのにどのようにして水を得ているものか不思議です。
早く梅雨入り宣言が出て、雨がたくさん降って田畑の作物にも恵みを与えてほしいものです。
Img_2901
<水不足のエビネ>

これからの見頃の花
 この時期も様々な野草が咲いていますので、ご紹介しましょう。
Img_2698
<ミヤマヨメナ>
ミヤマヨメナは、ミヤコワスレの原種。
Img_2822

<ツルコケモモ>

Img_2773
<カザグルマ>

カザグルマは絶滅危惧種Ⅱ類の貴重な植物。
Img_2819 Img_2818 Img_2838
 <アサマフウロ>   <シロバナシラン>   <ノハナショウブ>
Img_2910 Img_2916_2

  <コアジサイ>  <ベニバナヤマシャクヤク>
コアジサイはいつもより早く咲きました。ベニバナヤマシャクヤクも絶滅危惧Ⅱ類です。
Img_2927

<タツナミソウ>


緑陰ヨガでリラックス
 69日に初めての試みで、芝生広場でヨガをしました。

P1000750
 
私も体験しました。前日の雨もやみすがすがしい天候になりました。ケヤキの木陰でヨガを始めます。
 私は体が硬いので前に曲げるポーズは四苦八苦です。講師の先生が体を前に曲げた姿勢で「はい!そのまま吸ってー。吐いてー。」と声掛けするとその苦しいこと!本当に体が硬いなと実感した次第でした。しかし、ヨガはポーズのあとにリラックスの時間があります。ウグイス・シジュウカラ・ホトトギス・ムシクイ・ヒヨドリなど様々な鳥の声がBGMで癒されました。
2p1000749

 参加者は1時間のヨガのあと園内散策ですっきりして帰られました。アンケートでも継続してという要望が多く、まずは1回目としては天候にも恵まれて成功でした。

6月後半の催し
 絵画展 「植物が作ったふるさとの風景」
 6月14日~30日


 木の実でキャンドルホルダー
 仙台市天文台とのコラボレーションイベントです。
 この日は天文台でキャンドルナイトがあります。
 キャンドルホルダーワークショップは午後2時から行います。

 天文台を会場に野草園の職員が作り方を指導します。

 あじさい観察会
 日時=6月29日(土)、30日(日)
 各日 午前11時~正午、午後1時~2時
 内容=園内のあじさいを職員と観察します。
 甘茶試飲、押し花しおり体験なども開催します。

 オカリナ「ラピス」演奏会
 日時=6月30日(日)
 1回目 午前11時~ 
 2回目 午後1時~
曲目
ハナサクハル

いのちの歌
すみれの花咲く頃
チキチキバンバン
小さな旅
アヴェ・ヴェルム・コルプス
士の道
赤い花白い花
Img_2804
 

<ツルアジサイ>

米研沢の除草
 毎年恒例の米研沢の除草を行いました。主に、オオイタドリが茂っている斜面を除草しました。
P1000901 P1000906


コウホネが咲きました。
 「コウホネ」が咲きました。野草園では、日陰とアシの繁茂で消えてしまったので何年ぶりかの復活となりました。今年は、水生区の上にあったアカマツが松枯れで伐採されましたので、池にも日がさすようになりました。きっとこれから増えていくことでしょう。
Img_2841

(仙台市野草園 園長 伊深正文)
 

↑このページのトップヘ