野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2013年11月






もっとお見せしたい紅葉
 12月1日から野草園は閉園です。しかし野草館・どんぐり庵・展示室は開いております。
 もう少し紅葉をお見せしたかったと思っていると、閉園に合わせたように紅葉の葉が急に散ってきましたが、まだまだ美しい紅葉は見ることができます。
 冬になりましたので、さすがにヒヨドリジョウゴの実もだらしなく垂れてきたように思います。来年の3月20日に開園しますので、しばらくお待ちください。


<こんなに素晴らしい紅葉の景色が野草園では見られるのですよ>
   Photo_2       Photo_3
 あじさい橋からの眺め:あじさい区   メグスリノキとコハウチワカエデ:つつじ区入口
   Photo_5       Photo_8
イロハモミジとコハウチワカエデ:彫刻広場   イロハモミジ:旧四阿下

 私は先日京都の紅葉名所10か所を見てきました。そして、野草園の紅葉も決して見劣りはしないのではないかと改めて思いました。京都の紅葉は、昔は黄色のオオモミジが主流だったとのことです。ハハソと万葉集に詠まれているものです。これがのちに、赤色が喜ばれるようになって、イロハモミジ(タカオモミジ)が植えられて、鮮やかな赤の紅葉が主流になったとのことです。
 野草園にもイロハモミジとコハウチワカエデが写真のように見事に紅葉しますので「町中紅葉名所・野草園」として売り出せるんではないかと思います。
 

「どんぐりの森づくり」がスタート
 震災復興支援と関連させて、どんぐりの森プロジェクトが始まりました。公益財団法人仙台市公園緑地協会の向山中央公園の催しです。11月26日は、向山小学校の1・2年の児童113名が一人5鉢ずつどんぐりを蒔きました。会場の向山中央公園には、立派な太いコナラの木があるので、その実から苗を育てて、将来海岸の森に植える活動まで行うということです。
P1010066_2   P1010107_2
   <渡邉専務の挨拶>                         <植え方の説明は私>
P1010124   P1040084
  <どんぐりはどこかな?>              <大きく育ってね>

  民放4社が取材に来てくださり、その日の夕方には放映されましたので、ご覧になられた方もおいでのことと思います。4年後の植樹の時にお手伝いください。


植物感謝祭の様子
 11月24日は植物感謝祭で、表彰式と落ち葉焚きを行いました。感謝祭においで下さった皆さまありがとうございました。
P1000951
 当日は21万4千人もの人々が楽天優勝パレードにお出でになったとのこと。その足で野草園に来てくださった方も何人かはおられましたが、バスが来なくて思ったほど人出はありませんでした。
Img_3837  Photo_9
                   <落ち葉焚きの様子>
 焚火を見ながら、サツマイモを味わったり、秋の歌を歌ったりして植物たちに感謝しました。


≪12月 これからの行事≫
*東北押し標本展 展示中
期間=11月26日(火)~12月10日(火)
 津波後に出てきた植物の標本や、新種の標本など180点が展示されました。今回は特に
1.宮城県で自生していることが初めて分かった植物
 ムカゴサイシン・シコクママコナ・マツザカシダ・アブクマトウヒレン・ハクウンラン
2.津波浸水地での植物 28点
3.新雑種 アケボノスミレ×スミレサイシン 自然交配種の標本
4.新帰化植物として モミジバセキワタ・オクモミジハギ
Img_3860  Img_3863
 その他にも興味深い植物を、生育場所に分けて標本にしていますので、どうぞご覧下さい。


その他の予定
*写真展「あなたが撮った野草園」
期間=12月5日(木)~27日(金)
内容=市民の皆さんが野草園で撮影した写真作品を展示。

*園長の野草風譚 植物分類法による新しいわけ方
とき=12月14日(土)午前10時半~12時
ゲスト:東北大学植物園 米倉 浩司先生

◎木の実でキャンドルホルダー
とき=12月15日(日) 1回目 午前10時半~11時半、2回目 午後1時半~2時半
内容=木の実を使ってオリジナルのろうそく立てを作ります。
定員=各回15名

◎冬のリース作り
とき=12月16日(月)午前10時半~12時
内容=自然素材を使ったリースを作ります。
定員=20名

◎のお申し込みは12月6日(金)午前9時~電話受付。
022-222-2324野草園まで。

<野草園 園長 伊深 正文>

植 物 感 謝 祭
 いよいよ野草園最後の行事・植物感謝祭が来る11月24日に
開催されます。この催しは、午後からですので、楽天イーグルス
の優勝パレードと重ならなくてよかったと思います。因みに楽天
優勝パレードの時刻は、午前11:00から30分間の予定で、東
二番町大通りを北から五橋に向かって進むとのことです。
 イーグルスのパレードの帰りは、ぜひ野草園で自然に浸っての
んびりしましょう。野草園では植物感謝祭を行っています。午後か
ら開始ですのでどうぞおいでください。ついでに落ち葉焚きに参加
して、秋の歌などを歌いながら薩摩芋を味わいましょう。日程をお
知らせします。

         
植物感謝祭 11月24日(日)午後1時より3時まで
午後1時より 表彰式  入賞・入選になられた皆さまおめでとうご
ざいます。
 植物の詩 入賞者 最優秀賞       1名  優秀賞5名
                               どんぐり山賞12名  花地蔵賞12名
 萩まつり  入選者  短歌 10名  俳句 10名  川柳 10名
 会場は野草館2階ですので、一般の方もぜひご参加・ご同席く
ださい。
  今年の「第35回植物の詩 作詩コンクール」の最優秀賞は、
次の作品です。
Photo
 Photo_2
   ジュウガツザクラ
午後14時10分より 落ち葉焚き
   
1. 開会のあいさつ
    2. 四季の精の入場
    3. 点火
    4. 黙祷
    5. 詩の朗読

    6. 最優秀作品朗読
    7. 秋の歌
    8. 草笛の演奏
    9. 焼き芋賞味

 焚火を見ながら、サツマイモを味わいましょう。秋の歌も大きな
声で歌いましょう。そして野草園の植物たちに感謝しましょう。
 このほかにも、「落ち葉当てクイズ」なども行いますので、みな
さま是非ご参加ください。

  ≪ 11月  こ れ か ら の 行 事 ≫
盆栽展「杜の彩り」  
開催中
 11月15日(金)~17日(日)
Photo_3Photo_4
Photo_5

 青葉愛蘭会の皆様による、山野草と斑入りの春蘭の展示会
です。野草館2階からは、真っ赤に色づいたイロハモミジを見
ながら、蘭の姿を楽しむことができます。イワシャジンや虫眼
鏡でみると形が楽しいウサギゴケなども展示しています。

園長の野草風譚「団栗の森づくり」
 11月16日(土) 10時30分~12時
 ドングリいろいろとどんぐりの実から森づくりをしている長山
宏哲(あつのり)さんのお話。


第7回東北押し葉標本展
 11月26日(火)~12月12日(木)
    

「あなたが撮った野草園」 作品募集中です
 募集期間 11月1日(木)~30日(金)必着 

 野草園で撮影した写真作品(一人三点まで)に所定の応募
用紙を貼付け、期間内に郵送または持参してください。
(要項・応募用紙は野草園にて配布)

大年寺山歴史散策会 申込みは締め切りました
 11月20日(水) 

 大年寺惣門から石段を上り無尽灯廟などを巡り、茂ケ崎庵
でお茶をいただきます。11月6日の申し込み日に開始1時間
で定員に達しましたので、参加ご希望の方は、申し訳ありませ
んが次の機会をお楽しみになさってください。

どんぐりの森づくり
 11月26日(火) 13時30分より

 仙台市公園緑地協会の事業として、向山中央公園のドング
リを向山小学校の児童と共に拾って種まきして、コナラの苗を
育てる活動をスタートさせます。場所は、向山中央公園広場
です。どうぞ興味のある方はご参加ください。


エフエムたいはくの放送
 11月29日(金) 14時から 「 野草園花見頃

 

  ≪ 見 頃 の 花 ≫
Photo_6Photo_7Photo_9
 赤や黄色の色づきは、この寒波で一段と濃くなってきました。
まだまだ野草園の紅葉は楽しめますので、ぜひおいで下さい。
<写真は、左からイロハモミジ、トチノキとマンサク、コハウチ
ワカエデ> 林の中のイロハモミジはこれから紅葉します。
 名残の花だけでなく、冬に向かって咲く花もあります。
Photo_10Photo_11
 サザンカ                         サザンカ
Photo_12Photo_13
 ヤブツバキ                       小菊
Photo_14Photo_15
 オヤマボクチ                     クヌギの実はまだ拾える

   

            < 野草園 園長 伊深 正文 



































↑このページのトップヘ