野草園

仙台市野草園のスタッフが書いているブログです。 東北地方に存在する貴重な植物を植栽しております。 広さは、95,000㎡(約東京ドーム2個分)園内全体を歩くと1時間くらいで回ることができる自然植物園です。 開花情報やイベントのお知らせ等をこのブログで行っております。野草園のスタッフによる植物に関する豆知識もあります。植物を知ればいつもの道がミドリの道に変わります。どうぞ仙台市野草園にお越しください。

2016年01月

    冬 の 自 然 観 察 会 が 好 評 で し た

 暦の上で小寒、大寒を迎え、一年のうちで一番寒い時期を迎えております。寒さも本番を迎えました。これまで、例年になく暖かい日が続いてきたので、早春に咲く植物たちも開花の準備を早めてきていたのに、さぞ、びっくりしていることでしょう。また、これまで降らなかった雪も何度も降るようになり、野草園内もきれいな雪景色が見られるようになりました。そんな雪景色もご紹介してまいります。

 さて、1月16日(土)は、冬季特別開園と合わせて自然観察会を行いました。野草館で冬の自然観察会のポイントの説明後、とちのき広場で見られる野鳥や、トサミズキ、マンサク、ミツマタ、フクジュソウなどの花芽の観察や、キタキチョウ、オオカマキリ、イラガ、クヌギカメムシなどの昆虫の冬の過ごし方などのほかオオタカの痕跡、カラスの古巣、アズマモグラの痕跡などを観察しました。観察会の最後に紅梅のつぼみが膨らみ始め、10輪程はほころんでいるのには驚きました。今回、観察会の参加申し込みが、数日で定員に達するなど冬の観察会の楽しさが皆さんに少しずつ浸透してきているようで、これからが楽しみです。

観察会 (1)観察会 (3)
 観察会 (5) 観察会 (6) 観察会 (7)
観察会 (2)観察会 (4)
 また、1月23日(土)は、蔓クラフト教室を行いました。今回の講師は、目黒真佐子さんで、クズやサルナシ、フジなどの材料でかごの製作を行いました。参加者それぞれがオンリーワンの独自性ある自分の作品に満足しておりました。
蔓クラフト (1)蔓クラフト (2)
蔓クラフト (3)蔓クラフト (4)
   冬 の 園 内 の 様 子

 最近、雪の降る回数が多くなってきたので、園内の雪の様子をご紹介します。

雪景色 (2)雪景色 (4)
雪景色 (6)雪景色 (3)
雪景色 (1)雪景色 (5)
  行 事 の お 知 ら せ
草木染め資料展
 2月7日(日)~2月29日(月) 
冬季特別開園
 2月11日(祝)
 当日は入園無料が無料となります
冬の野草園自然観察会
 2月11日(祝) 10:00~11:30
  定員:20
草木染め体験会「どんぐり山の染め工房」
 2月13日(土)14日(日) 10:00~12:00
 植物染料でハンカチを染めます
 定員:各日10
 持ち物:炊事手袋、エプロン
 費用:500円
③④のお申し込みは、2月6日(土) 9時から電話(022-222-2324)で。

現在、参加者募集中の秋保大滝植物園のイベントをご紹介します。
クロスカントリースキー体験会
 2月13日(土) 9:30~12:30
 歩くスキー用のスキー板を履いて、園内を散策します。
 小学4年生以上15人(先着)、費用500円
スノーシューで歩く冬の自然観察会
 2月14日(日) 10:00~12:30
 スノーシューまたはかんじきを履いて園内を散策します。
 小学4年生以上20人(先着)、費用500円
⑤⑥は野草園(022-222-2324)にて受付中です。
               ≪ 園長   篠 﨑 淳 ≫



 冬季特別開園 と 自然観察会
 例年になく暖かい冬を迎え、過ごしやすい日々を迎えておりましたが、間もなく大寒を迎える頃となり、本来の季節にふさわしい寒さがやってまいりました。おとといには園路を歩いていると、久しぶりで立派な霜柱が見られました。
 さて、現在、野草園は冬季閉園中ですが、来る1月16日(土)は、冬季特別開園を行います。どなたも無料ですので、この機会に真冬の野草園をご覧になってはいかがですか。午前10時からは、自然観察会も行われます(受付終了)。植物や動物たちの冬の様子などを観察します。
 今年は、暖かい日が多かったせいか早春の植物も早めに芽が動いているようです。ロウバイなどは昨年、年末から咲き始めており、現在、見頃の状態です。フクジュソウ、シュンランなどの花芽をみると今後の天候にもよりますが、早目に咲くかもしれません。また、この時期はクマザサの隈(クマ)が雑木林の中で映えるようになり、カンスゲの緑も目立ちます。
ロウバイヤブコウジ
クマザサカンスゲ
 園 内 の 管 理 作 業  
  この時期の園内維持管理業務についてもご紹介させていただきます。
① 丸太階段は現場の勾配に合わせて作ります  
施行前施行中施行後
   施工前                        施工中                          施工後
 また、解説版などもほとんどすべて手作りです。剪定・伐採した材料も展示やクラフト材料に利用するなど、なるべく有効活用しており、これは野草園の伝統でもあります。
解説板補修工作材料
② アカマツやクロマツが、毎年のように松くい虫に襲われております。
 昨年も100本近く伐採しましたが、今年も34本も伐採しました。おかげで園内は次第に明るくなってきております。今後も伐採が必要な状況が続いております。専門業者に作業をお願いしております。
松枯伐採2松枯伐採1
  大 木 の 冬 姿
 野草園の主役は野草ですが、冬のこの時期ほとんどの野草は地上部が枯れているため、見ることができるのは樹木です。ケヤキやモミジ類、サクラの仲間も本数は多いですが、コナラ、イヌシデ、ハンノキなどは大木になっても、なかなか目立たないものです。
 これらの樹木は、夏の強い日差しから植物を守ったり、風雨を和らげ、湿度を保つなど、野草の育つための穏やかな環境づくりに貢献しており、野草園を構成する大切な裏方でもあります。
 冬でしか見られない木姿と、普段はあまり注目されない樹木の肌を撮ってみました。
木肌は樹齢によって変わります。
オオヤマザクラオオヤマザクラ1イヌシデイヌシデ1
               オオヤマザクラ                                   イヌシデ
コナラコナラ1ケヤキケヤキ1
                  コナラ                                      ケヤキ
ホオノキホオノキ1  
                ホオノキ

 行 事 の お 知 ら せ
 野草園は閉園でも、野草館は開館しておりますので、是非ご利用ください。
 1月31日(日)まで、「ナチュ・フォト写真講座」受講者写真展を展示しております。この講座は初心者向きのもので、昨年2回行いました。その時の参加者の作品など56点を展示しておりますが、皆さん初心者と思えない作品ばかりです。是非、御覧になってください。
写真展1写真展2写真展3
 現在、参加者募集中の秋保大滝植物園のイベントをご紹介します。
 ① クロスカントリースキー体験会
   2月13日 (土)  9:30~12:30
  歩くスキー用のスキー板を履いて、園内を散策します。
  小学4年生以上15人(先着)、費用500円
 ② スノーシューで歩く冬の自然観察会
   2月14日(日) 10:00~12:30
  スノーシューまたはかんじきを履いて園内を散策します。
  小学4年生以上20人(先着)、費用500円
① 、②のお申し込みはお電話で野草園へ(022-222-2324
            ≪ 園長 篠﨑 淳 ≫


↑このページのトップヘ