皆さまこんにちは、協会事務局です。

 こちらは3月17日のパークゴルフ場でのことです。巡回中に貞山コース内の木の枝に、見かけない鳥が数羽とまっていました~とゴルフ場職員から報告が・・・

 キレンジャク?!4年~5年に1度、不定期で渡ってくる冬鳥のキレンジャクのようです!
 北海道旭川市の「市の鳥」にもなっていて、ユーラシア大陸に繁殖する鳥で、尾は短めで先が黄色、全長20㎝弱、スズメ目レンジャク科に分類され、スズメのようにずらっと並んで止まるので、連雀といわれるとか?!頭部の冠羽が特徴です!雄雌とも同じような色ですが、尾の先が赤いヒレンジャクもいるそうです。(黄)キレンジャク(緋)ヒレンジャク
 多い時は、100羽~200羽の群れでいることもあり、ヤドリギの実を食べつくすと、帰ってしまうそうで、パークゴルフ場では、初めてお目にかかる鳥とのことです~

 では、その姿をご覧ください!
DSC_3426_00001

DSC_3432_00001

DSC_3435_00001

DSC_3438_00001
DSC_3439_00001
DSC_3440_00001

DSC_3444_00001

DSC_3507_00001

頭部の冠羽が凛々しさを感じさせます!
DSC_3509_00001_01
 キレンジャクは、17日、18日の2日間見られたそうです。帰る途中にパークゴルフ場で、しばしの休憩だったのでしょうか?!
 傍に近づいても、逃げる様子もなかったとのことでした。
 海岸公園の自然もだんだん戻ってきているようですね~

                    (パークゴルフ場職員  土谷)
                    (事務局  伏見)