38の業務日誌

こってこてのヲタクな腐女子が、 日々の徒然や萌えなどについて、 うざいくらい熱く語ったりします。 随筆やSSなんぞもアップしてみたり。 古い記事でもコメント下さると、 踊り上がって喜びます。

怪異の王と初代怪異殺し

50代まで秒読み段階のアラフィフだというのにいつまでたっても私の厨二病はとどまるところを知らない。
今日も今日とて朝っぱらからずっと楽天市場で厨二色満載の洋服のページを次から次から開きまくりお気に入りに入れまくっている始末だ。
その中から私をときめかせてくれたアイテムをいくつか紹介させて欲しい。
不運にしてこのブログに辿り着いてしまった方々には興味はないかもしれないがww


まずはこれ。
これが今日一のときめきアイテムだ。


如何だろうか。
夏日の続くこの初夏に季節外れも甚だしいアイテムではあるが私はこのコートを一目見て西尾維新先生の作品に登場する某怪異の王を瞬時に思い浮かべてしまったのだ。

「彼女にこのコートを着てもらいたい!」。

某怪異の王は怪異なのだから寒さなどどこ吹く風ではあるだろうがいいじゃあないか。カッコイイんだから。
彼女を知る方はちょっと想像してみて欲しい。このコートは普段彼女が身につけている血の色を思わせる深紅のドレスに…いや、かつては神と名乗ったこともある彼女自身の神々しさにとても良く映えると思ってはいただけないだろうか。


では次のアイテムだがこれは前述のコートを見たので楽天からトップページでオススメされたものだ。


これは先ほどのコートの男性用のようだ。
なかなかに品が良くカッコイイとは思われないか。
先ほどの深紅のコートのせいで私の脳内は既に怪異の王に支配されてしまっているw
となると考えることはひとつしかない。

「これは初代怪異殺しに着ていただこう!」。

深紅のコートで身を包む怪異の王と漆黒のコートを身に纏う初代怪異殺し。
阿吽の呼吸のバディ二人が襲い来る有象無象の怪異どもと荒れ狂う吹雪の中背中合わせに対峙する姿はまるでひとつの芸術品のようではないか。

素晴らしい…。

この妄想はフリー素材にするので絵師の方のどなたか作品にしてくださらないだろうか。
そうしたら私が踊り狂って悦ぶこと請け合いだぞw


さてその次のアイテム。
これはもう私自身も笑うしかないw


な。
笑えるだろう。
予想どおりのものが来て。
そう。
怪異の王の眷属を眷属たらしむる逸品、貴族風マントである。
あ、いや、だが誤解しないでいただきたい。
別段私はコートを二揃いみつけたからといってそれらしく見えるアイテムを血眼になって探したりはしていないぞ。
これは前述の漆黒のコートと同じページにたまたま表示されていたものだ。
偶然、ほんの偶然目に入っただけなのだぞ。
まあみつけたときに

「ひゃっはぁ〜(ノ≧∀)ノ」

と小躍りしたのは否定しないがw


さて最後のアイテムだが…頭の良い読者のみなさんなら既にお気づきではないかと思う。
これである。


最初に詫びておく。
すまない。
これは探した。
かなり真剣に探した。血眼ってほどではないがw
だってそれは仕方がないだろう?
初代怪異殺しにピッタリのマントなんかみつけてしまったんだから。
そんな希有なものを見てしまったらそりゃあ

「じゃあ怪異の王のもっ!!」

と望むのは人情じゃあないか。
コートがペアなんだからマントも欲しいじゃないか。
もっともせっかくみつけたこれは些かペアとは言い難いデザインではあるが。
だが怪異の王は女性なのだから形が男性のそれとまったく同じである必要はない。
しかもこのマントは高名な女性吸血鬼カーミラを彷彿とさせるデザインだ。
怪異の王が身に纏うに相応しいと感じていただけないだろうか。


いやぁ、しかし楽天市場は何でも売っているものなのだなぁと感動しきりである。
お陰様で今日は一日実に有意義な時間をすごさせていただいた。
見るだけで買わずともこれだけ満足できるのだ。我ながら実に安上がりな女である。
これだからネットウインドウショッピングは辞められない。
そして私は明日もまた懲りずに楽天市場にアクセスするのだろう。
今日より一層素敵なアイテムに巡り逢えることを疑わず。

『深爪式〜声に出して読めない53の話〜』読書感想文

『深爪式〜声に出して読めない53の話〜』をたった今読了した。
未だ嘗てこれほど「買ってよかった」と思った本はない。
今私は目から鼻水が止め処もなく流れ落ちている。

鑑賞後(あるいは鑑賞中)不覚にも落涙させられてしまった物語は数知れない。
しかしそれらのどれとも今回の鼻水は違うように感じた。

かなり分厚い本だったので読書のスピードが遅い私には最後まで辿り着くのに長い時間を要した。
その間何度も「フフッw」とさせられたためよもや読後こんな有様になろうとは予測もしていなかった。不意打ちである。
そして私は悟った。
Twitterでの彼女のあの面白短文は精神(こころ)と肉体(からだ)を削るようにして産み出されたものだったのだと。

作中彼女はSNSのために必死で脳味噌を振り絞っている旨のことを書いている。
だがそこを読んでいたころの私はまだ何もわかっていなかった。
「こんなにふぁぼリツされるツイートを書くにはそりゃあそのくらいしなきゃ難しいよな」くらいにしか思っていなかったのだ。

誤解しないでいただきたい。
こんな感想を述べているからといって『深爪式』という本はけして重たい内容の書籍ではない。むしろその逆だ。
スナック菓子でもボリボリ貪り食いながら尻でもボリボリ掻きつつ「ガハハ」と笑いながら読める一大娯楽本である。
私がTwitterで幾度か
「下ネタばかり集めた本かと誤解していた」とツイートしたことを裏切らない程度に下ネタ満載でもある。
おそらくこの本は笑うために存在する。
深爪さんはきっと読者に笑ってもらいたいのだ。
そのために精神と肉体を犠牲にしているのだから笑わないと失礼である(とはいえ価値観は人それぞれ千差万別だからつまらなかったら笑う必要はないと思ってもいるが)。
だから私の反応は深爪さんにとっては本意ではないだろう。

という次第なので暫くインターバルをおいて私の感情(こころ)が落ち着いたらもう一度最初から読み返し今度は「ガハハ」と腹の底から大笑いしたいと思っている。



追記】
できるだけ多くの方にこの本を拡めたいと思っているのでネットで購入できる先のリンクを貼り付けておく。
私の懐に幾ばくかの電子マネーが転がり込んでくるシステム、アフィリエイトではあるがご容赦いただきたい。

【電子書籍】

【紙書籍】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

深爪式 深爪 KADOKAWA
価格:1296円(税込、送料別) (2017/1/18時点)


食べたいクリスマスケーキ(但し胃がブラックホールの場合に限るww)

【フランボワーズフロマージュ】
 
ヒャッハ〜(ノ≧∀)ノ
2段のクリスマスケーキだぁ〜ヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ
最近こんなにもボリューミーなケーキ見かけないよ。
たぶん核家族化どころか少子化で一家族の人数が激減しちゃったからだろうねぇ。
でもでも大人の私ですらこのケーキ見たらこんなにテンション上がったんだからこれがクリスマスに食卓にデーンと鎮座ましましてたらお子様のテンションはアゲアゲだと思う。
食べきれるかどうかは別としてw
年に一回のイベントなんだし食べ盛りのお子様がいらっしゃるご家庭は張り込んでみてもよくなくない?ww


【13層のクリスマスケーキ】
 
上記の2段ケーキもかなりすごいけどこれはそれの遙か斜め上を行ってるなww
上に乗せられているブッシュ・ド・ノエルがスタンダードサイズだとしたら土台の生クリームケーキはちょっとハンパないくらいのサイズだよ。
これは2段ケーキ以上にテンション上がるなぁ♪
めちゃめちゃ食べ応えあるぞ。
まあもっともそれなりのお値段ではあるけどねw
私ゃクリスマスケーキに限らずホールケーキに10000円なんて大枚はたいた経験ないよww
でも写真のインパクトを信じるならこのケーキに関してだけは10000円はけして高い買い物じゃない気がする。
ただ、我が家は4人しか家族いないからこれを買ってもきっと食べきれないwwwww


【華やかクロカンブッシュ】 
 
オォォー!!w(゚ロ゚)w クロカンブッシュ!!
ずいぶん前に近所の喫茶店でクロカンブッシュ的なパフェは食べたことあるけど本物のクロカンブッシュが売られているのを見るのは初めて〜。
これはかなり食べ応えありそう。
とはいえ本気で『本物』のクロカンブッシュはクリスマスじゃなく結婚披露宴で出すウエディングケーキがそれだからこんなにボリューミーでも『本物』よりはサイズ小さめなんだろうな。
しかし…クリスマスケーキにクロカンブッシュってみんなやりたくなるものなのね。
私はしたことないけど、よしながふみ先生の漫画『西洋骨董洋菓子店』にクリスマスにクロカンブッシュってシーン出てきたよ。
『西洋骨董洋菓子店』ドラマより原作の方が格段に面白いからこれを機会に良かったら読んでみてください(何の宣伝してるんだ(#゚Д゚))。


【クリスマスいちごタワー】
 
さて果たしてこれを『クリスマス【ケーキ】』とカテゴライズしてしまって良いものだろうか?
スイーツではあるけれどほぼ99%果物。
そのまた9割近くが苺。
『ケーキ』と呼んで良い『スポンジ生地』や『ビスケット生地』がまったくない上に白くはなくとも『クリーム』すら使ってない。
でも!
でもですよ。
この造形はどう見ても『クリスマスツリー』。
『生クリーム』ではないけれどちゃんと『ホワイトクリスマス』を喚起する『雪』も『わたあめ』と『粉砂糖』で再現されているし何より【クリスマスの象徴】であるところの『サンタクロース』がいるじゃあありませんか。
なので極めて個人的な見解により38の業務日誌に於いてはこの商品を【クリスマスケーキ】と看做します。
っていうかインパクトすごいから紹介したかっただけww


【銀座ル・ブランのXmasケーキ】
 
タルト!
タルトのホールケーキっすよ!!
それもベリーたっーっぷの。
私、タルトも好きだけどそれ以上にベリー系のフルーツが大好きなのぉ。
だからホントはクリスマスケーキもタルトを食べたいんだけど弟がスポンジケーキ好きだからなぁ…。
いや、まあ、クリスマスケーキ買うときのお財布係は私なんだから私のわがままとおしたってバチは当たりゃぁしないんだけどねw


【半熟ザッハトルテ】 
 
ザッハトルテ!
チョコレートケーキだったらこのくらいチョコチョコしいのを食べたいのよねぇ。
しかもこれチョコが半熟って。
そんなん食べてみるまでもなく美味しいって予想できてしまうや〜ん(o>艸<o)
我が家は四人家族だから大きさも調度良い!
ああ〜ん。
迷う迷う〜。
今年はほんとどのケーキを買えば良いのやら。
嬉しい悲鳴が上がってしまうわぁ♡


【パティスリー Taka Yanai のブッシュ・ド・ノエル】
 
またチョコかよww
いや、でもこれは違うの。
チョコ味っていうより
「これブッシュ・ド・ノエル!?」ってとこよ。
これの存在で今ちょっと私
「ブッシュ・ド・ノエルの定義って何???」って混乱してるww
いや、まあ、すごぉく美味しそうだし
「じっさい美味しかったら定義とかどうでもよくね?」とは思うけどねwwwww



さて、けっこういろいろ紹介させてもらったので今日のところはこの辺で。
どう?
紹介したケーキ(一部ケーキではないものも含むww)の中にあなたのハートを射止めるものはあったかしら?
お眼鏡に適っていると嬉しい。 

無題

自分の行動が自分の意図しない形で誰かに不快感を与えててそれがためにその誰かから加害者認定受けるともう二度と立ち直れないくらいのダメージ受けるんだね。
いや、想像はしてたけどね。
でも実際にそれに遭遇すると本気で生きてていいのかと思うくらいのダメージ受けたわ。
だから私は普段どちらかというと加害者側の味方をしたことばっかり言うんだけどね。
だって被害者はみんなから優しくされるんだもの。あらゆる人を敵に回して叩かれまくる加害者よりは少しはマシな立ち位置じゃない?

石田三成×滋賀県

今テレビを観ていて初めて知った情報。
滋賀県ってご当地PR動画に石田三成公を使ってたのね。
ぜんぜん知らなかった。
というかそもそも石田三成公が滋賀県の武将だということすら知らなかったよ。
いやいや。オイオイオイ。
38よ、お前この十ヶ月強の期間『真田丸』の一体何を観てきたんだよ。
毎週毎週早丸と本丸の二回も同じ話を観ておいてそのていたらくかよ。恥を知り給えよ。
申し訳ない。ホント申し訳ないかぎりっす。

というわけで申し訳なさと好奇心からくだんのPR動画をググったのでみつけたものをふたつばかり貼り付けておくよ。








CMとしてのクオリティーは「最高!!」と言ったらかなり嘘になってしまうけれど『敵役というポジションで描かれていない石田三成』を半年近く観てきてしまった今はCMの中でも言われているとおり
「そうそうそうそう。石田治部は『悪役』ってわけじゃないのよぅ。ホントは誰よりも豊臣のこと秀吉公のことそしてその嫡男秀頼公のことを第一に考え私利私欲は抱かずただただお家(豊臣家)のためだけに尽くした人なのよぅ〜。東軍眼鏡をかけてる人、どうかわかってぇ〜」と思わずにはいられないある意味では最高のPR動画だと思ったよ。

いやあ、しかし、今更ではあるけれど滋賀県さん、我らが治部省(じぶのしょう)が功績、世に知らしめてくださり誠にかたじけない。
この上は私めも僅かばかりの力ではあるが貢献していく所存。
なまあたたかく見守っていただきたいww 
Amazonサーチボックス
楽天市場
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
Recent Comments
skull_38jpをフォローしましょう
  • ライブドアブログ