破産手続で債権者への財産分配がいったん確定した後、破産した人が新たに得た財産(自由財産)は、破産者が債権者に対して任意に返済することはできるが、少しでも強制的な要素がある場合には、返済することはできないと最高裁判所が判断しました(平成18年1月23日,朝日新聞より)。