何人も、登記官に対し、ー己を成年被後見人等又は任意後見契約の本人とする登記記録⊆己を成年後見人等、成年後見監督人等、任意後見受任者、任意後見人又は任意後見監督人(退任したこれらの者を含む。)とする登記記録自己の配偶者又は4親等内の親族を成年被後見人等又は任意後見契約の本人とする登記記録な歔棺菠に係る登記記録で政令で定めるものの登記記録について、後見登記等ファイルに記録されている事項(記録がないときは、その旨)を証明した書面の交付を請求することができます(後見登記等に関する法律第10条第1項)。