相続の放棄は、既得財産の増加を消極的に妨げる行為にすぎず、かつ、このような身分行為については他人の意思による強制を許すべきではないから、詐害行為取消権行使の対象とはならない(最判昭49.9.20民集28.6.1202)。