Category: 宮城県

前払式特定取引業(冠婚葬祭互助会)の許可申請の添付書類である前払式特定取引契約約款(法第35条の3の3において準用する法法第12条第2項)は、内容が経済産業省令で定める基準に適合している必要があります(法第35条の3の3において準用する法第15条第1項第5号)。〜以Ъ案団蠎莪業者の名称及び住所契約に係る指定役務の種類又は範囲7戚鷆盂朖ち以Ъ案団蠎莪に係る各回ごとの支払金額、その支払回数並びに支払の時期及び方法が記載されていることが必要です(施行規則第14条の2第1項第1号)。

前払式特定取引業(冠婚葬祭互助会)の許可申請の添付書類である前払式特定取引契約約款(法第35条の3の3において準用する法法第12条第2項)は、内容が経済産業省令で定める基準に適合している必要があります(法第35条の3の3において準用する法第15条第1項第5号)。[亮書の発行に関すること∋慊衞鯡海梁于舛隆虻儻紊猟銘里亡悗垢襪海鉢指定役務の提供の時期に関することす愼者等が支払うべき契約金額以外の金銭に関することケ超畔歉擽眦の供託等に関することΡ超畔歉擽眦の還付に関することХ戚鵑硫鮟に関すること(購入者等の支払義務不履行による場合)┠戚鵑硫鮟に関すること(前払式特定取引業者の責に帰すべき事由による場合)契約の解除に伴う損害賠償等の額に関すること契約の問い合わせ等に関することが記載されていることが必要です(施行規則第14条の2第1項第2号)。

前払式特定取引業(冠婚葬祭互助会)の許可申請の添付書類である登記簿謄本(法第35条の3において準用する法第12条第2項)は、/柔粗前3ヶ月以内に交付されたもの∋業目的欄に「前払式特定取引業」の記載が必要です。

前払式特定取引業(冠婚葬祭互助会)の許可申請の添付書類である定款(法第35条の3の3において準用する法第12条第2項)は、仝極楙斂正擇哭∋業目的欄に「前払式特定取引業」の記載が必要です。

産業廃棄物の収集又は運搬を業として行おうとする者は、当該業を行おうとする区域(運搬のみを業として行う場合にあつては、産業廃棄物の積卸しを行う区域に限る。)を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし、事業者(自らその産業廃棄物を運搬する場合に限る。)、専ら再生利用の目的となる産業廃棄物のみの収集又は運搬を業として行う者その他環境省令で定める者については、この限りでない (廃棄物の処理及び清掃に関する法律第14条第1項)。前項の許可は、5年を下らない政令で定める期間ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う (廃棄物の処理及び清掃に関する法律第14条第2項)。

↑このページのトップヘ