2005年4月末に始まったこのブログも、ずいぶん記事が増えました。
サイドバーにちょびっと兄弟のプロフィールを載せてはいますが
どうしてオヤジ座りって呼ぶの?とか、
バーバーって何?とか、色々と質問をいただくことも多くなりました。

初めていらしてくださった方にもわかりやすいように
まとめのページを作ろうとずーっと思っていて、やっと。f(^_^;)
ちょいと長くなりますが
よろしければお付き合いくださいね。

ずっと見てくださっている方は、すっとばしてくださいませ〜。


アトムとの出会い

大切な家族の一員だった先代猫が6歳で急死。
泣いてばかりいた頃、
先代の病気のことなどを検索していてたまたま立ち寄ったサイトで
その日生まれたばかりという仔猫の写真を見つけました。

先代によく似た色合い…。
あまりにめそめそ泣いてばかりいるから、
先代が心配して生まれ変わってきちゃったのか?
そんな気さえしてきて、どうしてもその子に会いたくなりました。

それがアトムでした。
ちびアトム

弟・ルークがやってきた

大勢の猫さんたちに囲まれて育った寂しがりやのアトムには
遊び相手が必要だろうと感じていました。

アトムの両親である、アメリカンショートヘアのO次郎さんと
スコティッシュフォールドのチャイさんとの間に
きっかり11ヶ月後に仔猫が誕生した時、この子だ!と。
それがルークです。

我が家に迎えて2日目の夜。
眠ってしまったルークをそっとアトムの隣に。
お互いの体温が心地よくて、そのままぐっすり。
兄弟はあっという間になかよくなりました。
添い寝。

オトコの子育て

きっちり離乳したはずなのに、赤ちゃん返りしてしまったルークに
黙っておっぱいを吸わせてやる兄ちゃん。(何も出ないけど)
母猫代わりとなって、ルークを育ててくれました。
授乳?


バーバーアトム

バーバー」はbarber(床屋さん)のこと。
兄ちゃんがせっせと毛繕いをしてやるので
ルークはだいぶ大きくなるまで自分で毛繕いをしませんでした。
今でも、自分でするより兄ちゃんにやってもらう方が好き
バーバーアトム。

耳折れ兄弟

ブログが始まったのはルークを迎えてしばらくしてから。
成長記録として撮った画像数が膨大になり、
整理するつもりで始めました。

スコティッシュフォールドという猫は、同じ両親から生まれても
耳が立つ子と折れる子とがいるのですが
アトムとルークはたまたまどちらも耳折れになりました。
ブログタイトルは見たまんま。(安易ですな…)
肩を組んで。

↑この一緒に乗っているベッドは先代猫が愛用していたもの。
しょっちゅう落ちないように肩を組んで乗っているので、
同じようなものを探して購入したのですが
結局先代のベッドにふたり一緒に乗りたがりました。
今ではふたりとも大きくなって一緒に乗るのは無理ですが。(^_^;)

この頃に撮った、肩を組んだ兄弟の思い出の写真は、
単行本やDVDの表紙にもなっています。

オヤジ座り

一般的には「パンダ座り」とか「スコ座り」と呼ばれるこの座り方、
アトムは生後4ヶ月頃からしています。
「泥酔したオヤジのようだ」と言われたことから
我が家では「オヤジ座り」と呼ぶようになりました。
今も食後はこの座り方で。このまま居眠りしちゃうことも。
オヤジ座り。

飛ぶ猫

実は運動が大好きなルーク。
ブログの初期にはジャンプ写真も頻繁に撮っていました。
これはW杯の時にユニフォームを着て。
カテゴリーの「ネコリンピック」でまとめてご覧いただけます。
飛ぶ猫。

濡れ猫

シャンプーの様子はいつもたけが密着撮影
「兄ちゃん、たすけてー」と毎度大騒ぎするルークを
先に終えた兄ちゃんが自分の毛繕いもせずに待っていてくれます。
濡れ猫。

ひらき

耳折れ家名物・アトムのひらき。
ルークも小さい頃はしていましたが、今は兄ちゃんだけです。
リラックスしている時にすることが多いのですが
なぜか病院の診察台でもひらきます。
ひらき。

立つ猫

いつの間にかルークの得意技。
ジャンプで足腰を鍛えられたせいか、すくっと立つようになりました。
食後の洗顔は片手を壁について立ってするのが日課です。
立つ猫。

かぶりもの

耳が折れているせいか
締め付け感のないものなら、たいていは平気でかぶります。

以前は首輪さえ嫌がるほどで、アトムがケガをした時
エリザベスカラーを外そうともがいて流血騒ぎになったことが。
術後服や介護服なども
慣れない子はジタバタ脱ごうとして大変だということを聞き、
万が一に備えて普段からちょいと慣らしておこうかと
たま〜にTシャツなどの服も着るようになりました。

余裕の子パンダアトム。↓
かぶりもの。

カートで散歩

病院へ行くとなると
へっぴり腰の忍者のようにそそくさと隠れるアトム&ルークですが
玄関開けて〜!と要求し
顔を出して外のにおいを嗅いだり、空を眺めたりするのは大好き。
自宅のすぐそばに広い公園ができたことをきっかけに
カートに乗って散歩に出かけるようになりました。

カートに身を隠しつつ外を眺めることができるこの形式は
ビビリだけれど好奇心旺盛な兄弟には合っているようです。
カートで散歩。

以前、検査入院したことのあるアトムは
緊張のため病院で食事を摂ることができなかったようですが
散歩に出かけるようになってから
近くに大きなワンコさんがいても食べられるようになりました。
猫を外へ連れ出すことに否定的な方もいらっしゃいますが
安全対策さえきちんとしていれば
色々と経験しておくのは悪いことではないと思っています。

ノンキな毎日

ルークはふたつの障害を抱えていて
毎日の投薬と、定期的な検査が欠かせません。
また、アトムもルークと同じ腎臓の障害があることが判明しました。
でも、手遅れになる前に発見できたことは幸運だと思っていますし
こうして元気に過ごしてくれていることを幸せだと感じています。
猫らの様子を見ていて、あまり先のことを悩まずに
ノンキに毎日を楽しもうと思えるようになりました。

これからもノンキな兄弟を見守っていただけますように
よろしくね♪


【その後のこと】

2013年3月
闘病中だったアトム兄ちゃんが他界しました。

2013年5月
東京キャットガーディアンより新しい家族を迎え
アミと命名しました。

2013年9月
ブログタイトルが「耳折れ兄弟」から「ミミオレ。」に変わりました。

2014年1月
ルークが他界しました。

2015年11月
東京キャットガーディアンから
ユウを迎えました。



クリックで耳折れ兄弟に投票。
ブログランキングに参加しています。
クリックすると1日1回反映される仕組みです。
応援していただけるとうれしゅうございます。

 

管理人:たけ&サトコ
連絡先:atomluke25@gmail.com


コメントは確認後に反映されます。
非表示を希望される方はそのようにお書き添えいただければ
こっそり読ませていただきます。