5

余震と断水が続いています。

あ、揺れてきた!と思うと
寝室へすたたた〜と並んで駆けていく猫ら。

揺れの大きかった場合のルーちゃんの定位置は
たけベッドのふとんとカバーの間。
ふかふかOK



ふかふか苦手な兄ちゃんの隠れ場所は
ベッド足元のカバーの内側。
(たいていおシッポがちょろりと見えています)
ふかふかNG


猫らがすっかり怯えきっているかというと
そうでもなくて
ガスが止まっていた時に物置からヒーターを引っ張り出していたら
即座に確認にやってきたり(好奇心旺盛)
これなあに?


「ゴハンまだ〜?」と
お水のペットボトルにスリスリしていたり。(食欲も旺盛)
おなかすいたー。

地震による精神的動揺は
さほどではないようで、安堵。


いつも通りにゴハンを出してあげたいところですが
水道復旧の見通しが立っておらず洗い物ができないので
食器をラップで包んで使用し
食べ終えたらはがして捨てる、という方式に。
何するの?


警戒されるかと思ったのに
盛り付けるはしから食べようとしてるし。
ゴハン〜。

ラップまで食べやしないかと見張っていますが
今のところ大丈夫のようです。


ラップをはじめ、ウェットティッシュやお水や食品なども
耳折れ購買部長がきっちり備蓄していて
水が出ないなりになんとか暮らせていますので
どうぞご安心くださいね。
心配していただいて、本当にありがとうございます。


小さい揺れには動じなくなってきた猫ら。
ぐー。

寝顔を見ては、ほっとしています。


不安や悲しみの中にいる方たちが心穏やかに暮らせる日が
一日も早く来ますように。
そればかり願っています。



クリックでアトム&ルークに投票
ありがとうございます