シェルターのたくさんの猫さんの中から
ユウを迎えることになった経緯について
ご質問をいただいていたので
記しておきたいと思います。

アミに遊び相手を、と
東京キャットガーディアンへ面談に伺ったのは
昨年の1月5日、兄ちゃんの誕生日のことでした。
兄ちゃん、誕生日おめでとう。


大塚と西国分寺のシェルターを訪問し
久しぶりにアミ以外の猫さんたちに会って
もうぜんぜん視点が定まらない感じ。
(^_^;)

子猫の多くなるシーズンに
またゆっくり、と思っていたところ
春先にアミが猫風邪をぶりかえし
体調が万全になってからがいいだろうと
相棒を迎えるのは少し延期。
春先は気を付けないとね。



新入りちゃんが慣れるまで
しばらくお部屋を別々にする可能性があり
そうなると
エアコンなしの和室を閉めるのは
真夏じゃちょいと暑いかもしれないなぁと
涼しくなるまで、また延期。

延期、延期で秋になり
人間たちが揃って留守にする用事も終わり
またシェルターへお邪魔し始めた頃に
季節を間違えて
ルーちゃんの桜が開花。
ルーちゃんの桜。



ただ、暖かいから咲いちゃった、
それだけのことなのだけれど、
ルーちゃんからの
「シェルターへいってらっしゃーい!」の
メッセージのように思えてしまい
今でーす。




さっそく出かけたのが
ユウと出会った11月15日。
クッションかと思いましたよ。




たけも私も
ついついアミ似の子に
目がいってしまいがちなのですが
あそぼー。


勝ち気なアミの相棒選びについて
猫育て経験者の方々から
たくさんアドバイスをいただいた中で
茶系男子はおおらかな子が多いので
アミとうまくやれるのではないか
というご意見多数。

いつもきょろきょろ目移りして
結局決められずに帰っていたのですけれど
この日は茶系男子に絞って
どんな子かスタッフさんにお話を伺ったり
抱っこさせてもらったりすることに。

ちびっこたちは
ケージの隙間からアピールしてくれたり
腕の中でゴロゴロ喉を鳴らしてくれたりと
みんなとっても人懐こくて
どの子もかわいいなぁと決めかねていた時に
ここから出してー。




目が合ったのが
ユウでした。
ぎくり。




ハンモックに身を隠して
ちょいと警戒中?
シェルターデビューして1か月くらい、
かわいいのに里親さんが決まってないのは
ビビりん坊だからかなぁと。
どきどき。


スタッフさんに伺ったところ
やはりちょっと小心なところがあるけれど
お隣のケージの猫ちゃんに
チョイチョイと手を出していたりもして
フレンドリーな心優しい男子とのこと。

シェルターに来たばかりの頃は
おなかがぽっこりした体型のため
FIP(猫伝染性腹膜炎)の疑いがあったそうですが
その後、もりもり食べて順調に育ち
その疑惑は晴れています、と
笑っておっしゃっていました。

ぽっこりしたおなかにつまっていたのは
腹水なんかじゃなくて
母猫さんの愛情だったもよう。

お話を伺っているうちに
兄ちゃんのようにぽっこりなおなかも
ルーちゃんのようにビビりん坊なところも
とても愛しく思えてきました。

抱っこさせてもらったら
じたばたじたばた、しっかりした脚力。
これならうちの勝ち気女子と
取っ組み合っても大丈夫。

どう?うちに来る?なんてことを
しばらく話しかけているうちに
私たちに少し慣れてくれたのか
ハンモックに隠れることなく
じっと見つめてくれていて
なんだ、怖くないや。


この子が家族になってくれたらいいなぁと
もうすっかり
心は決まっていましたよ。
(*^_^*)



東京キャットガーディアン代表の山本さんは
アミがシェルターに収容される時にも
画像付きでツイートしてくださっていたので、
もしかしたらユウの収容日の画像も?と
検索させていただいたら、ありました!

シェルターの収容スペースに余裕のある時に限り
一般の方からも子猫を受け入れることがあるのですが
ユウもそういうケースだったようで
どなたかが保護して
目の治療までして
山本さんに託してくださっていたのでした。


助けていただいたおかげで
こんなに元気にしてますよー!と
お礼を申し上げたい気持ちです。
おなかぽっこり。


今もやっぱり
おなかはぽっこりですよ。(笑)


面談の日からもう1年。
今日は兄ちゃんの誕生日なので
ガレット・デ・ロワを食べたいと思います。



クリックでミミオレ。に投票
いつもありがとうございます。