苦手な爪切りをされた後で
自分の爪をなめたり噛んだりして
手入れの仕上げをしていたアミに
異変が!
ふんふんふ〜ん♪

口をくちゃくちゃ鳴らし
カリカリを食べようとしても
上手く噛めずに口からぽろり。
くちゃくちゃし過ぎて
口のまわりがよだれだらけに。

口の中に
何かが引っかかっているのだろうと
ジタバタするアミを
たけに保定してもらって
食いしばる口をなんとか開けて見てみたら
下の門歯の間に挟まる薄い板状のものを発見。
よだれで滑って素手では無理で
毛抜きでつまんで取り出すと
んぐぐ。
はがれ落ちた爪のさやでした。

「さや」ってどんなもの?という方も
いらっしゃるかもしれないので、写真を。
爪とぎ周辺に落ちています。
さや状になっている爪の外側の層で
爪とぎなどをするとぱらりとはがれます。

爪を噛んでいるうちに
これがたまたま小さな歯の間に
きっちりと入り込んでしまって
なんとか自力で取り出そうと
くちゃくちゃしていたというわけです。
いろんなことがあるもんですね。
人間たちの揃っている時でよかったですよ。
(・_・;)


姐さん、
爪はあんまり噛んではダメですよー。
また挟まっちゃうよー。

ユウもねー。
平気だもーん。
ってなことを思っているかは
不明ですが
キャットタワーの小窓越しに
見つめ合ってるふたりなのでした。


クリックでミミオレ。に投票
ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして
応援していただけると光栄なのです。