数年振りにホームベーカリーを出して
翌朝のパンを焼くために
材料をセットしていたら
興味津々のアミ姐さん。
なんだろー?
アトムとルークが元気だった頃は
時々焼いていました
減量などのため
パンをできるだけ(?)控えるようになって
ホームベーカリーを使うのは
アミを迎えてからは初めてかも。

怪しんで
近寄らないユウ。(笑)
なんか怪しい…。

そして、翌朝。

焼き上がったパンを
型から出して冷ましていると
足が濡れてもへっちゃらな姐さんが
パンを見せろとシンクを占領。
見せてー。

しょうがないから
お見せしますよ。
( ̄▽ ̄;)
ほー。

まだ熱いので
注意深くすんすんして
ようやく気が済んだもよう。
なんじゃこりゃ?

ビビりん坊は
猫城からひっそり様子見。
ボクはいませんよ。
ホームベーカリーが生地をこねる音とか
焼き上がりを知らせる電子音とか
初めての体験で
いろいろ怖かったと思われます。
(^_^;)


クリックでミミオレ。に投票
ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして
応援していただけると光栄なのです。